スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとりぼっちの夜

12月31日。


昨日の夜も別れた後、ずっとメールをしていた。


朝起きて、なんだか昨日の、ワンちゃんの言葉が気になった。


学校、一緒に来たら良いのに…。


と。




最後に良い別れ方が出来たから、その良い思い出のままにしておく事も良いのだけども。


今日という時間が少なからずあるのに、本当にこれで終わりにしていいのだろうかと。


ワンちゃんは、授業が終わり次第、新幹線で桃園市に帰る。



一方の僕は、もう台南での観光は一通り終わっていて、特にする事がある訳も無く…。


ただ、台北101で、カウントダウンで盛大に花火が打ち上がる為に、台北のホテルはどこも満席で仕方なく、宿が取れた台南にいるといったところだ。


なんとなく、ちゃんと朝起きれた〜?と、LINEしてみた。


起きれたよという、ワンちゃんに冗談っぽく、授業受けちゃおっかな〜。


時間あるなら、お昼ご飯食べる〜?なんて、返事してみた。




12時30分に昼休みになるよーという、ワンちゃん。


会えそうかな〜と聞いてみると、


ワンちゃんはどうやって待ち合わせるの?と返事が返って来た。


授業を受けてる事もあり、教室からいつもの待ち合わせ場所が、遠いか聞いたところで一旦、返事が途切れる。




午前11時30分。


宿から、いつもの到着地まで30分程、歩いてかかるので、とりあえず着いてからwifi拾って、連絡を取り合う事にして外に出た。


IMG_2706.jpg


いつもの高級ホテルの目の前でwifiを拾い、携帯を見ると、


教室から距離が若干あるらしく、休憩時間も30分しかないからゴメンね…。


と、返事があった。




大丈夫だよ!じゃあ、授業終わって、新幹線乗る前に、少し時間があるから、その時に話そうよ、と送り返す。




もしかして、やっぱり、新幹線で一緒に来たい?と、聞いてくるワンちゃん。


でも、ホテル無いもんな…。としか返せない。


だよね…。でも私、実家に帰らないと行けないし、お母さんは絶対に一緒に来る事、許してくれないもんな…。


と悩む、ワンちゃんに、台南駅で話すだけでもいいよ、と返事する。




たぶん人が多過ぎる上に時間あまり無いから厳しいよ…と、ワンちゃんから返事が返って来た。


それに、一緒に新幹線で来ても、その後、何も出来ない事を心配してくれるワンちゃん。


でも、そうなると、結論から言うと、もう会えないという事になる。


IMG_2707.jpg


心配してくれるワンちゃん。


結局の結論は自分次第だが、行く選択肢をしても、後の事を考えると、あまりにも体力的負担がデカい…。


でも、これで本当に終わりなのかという2つの選択肢があるが、どちらの結論も出せずまま、一旦、歩く事にした。




出発から、今日という日まで、いろんな経験や優しさに触れられ、充実した時間を過ごす事が出来、本当に今回の旅に満足している。


なのに、それ以上の満足を求めるのか否か…。


いや、男なら後先考えずに感情のままに突き進むあるのみだろ!!


と、思いつつも、結局のところ、結論が出せない…。


IMG_2708.jpg


ワンちゃんに結論をゆだねる事にした。


もし、ワンちゃんが一緒に行きたいって望むなら、僕は一緒に行くよ!!


と、言ったものの、どうして良いのか分かりませんでした…。


IMG_2709.jpg


もちろん一緒に行きたいけど…。


私は、桃園に着いたら、実家に帰らないと行けないし…。


あなたにとっては、私と一緒に来ても何も出来ないし、良いアイデアとは思わないよ…。


到着時刻も夜遅いし…。


それに新幹線に乗る時間も分からないし…。


私を、待ち続ける時間を失って欲しくない…


あなたは、今回の台湾の旅をもっと楽しむべきだよ。


私達は、また次会えるから!!絶対に会おう!!


あなたと過ごせた時間は、本当に嬉しかったよ…。




ワンちゃんに、そう言われて、ようやく自分自身に諦めをつけました。


また台湾に来るまでは、会う事が出来ないんだと…。


IMG_2713.jpg


なんだか、きちんと受け止めたものの、寂しさと切なさで、悲しい気持ちになりました。


それと、同時に、今回の旅で、こんなに気持ちが熱くなると思いもしませんでした…。




台湾人だからなのか分かりませんが、日本人と話す時の空気を読む、気を遣う、遠慮するといったものが無いように感じました。


それが僕自身にとって、より居心地の良さを感じるところでありました。


そして、どんなに積極的にアプローチしても全部受け止めてくれます。


そんな優しさを、持った女の子でした。


時々、ごめんねと言って、日本人なら理解出来る事でも、台湾人のワンちゃんには何がゴメンなの?と聞かれます。


積極的過ぎて、迷惑に感じないかとかだよと答えても、そんなの気にしないでよ、大丈夫だよと優しく包み込んでくれます。


IMG_2712.jpg


その夜、ワンちゃんから新幹線乗ったよと、通路まで人が立ち尽くしている写真が送られてきました。


たぶん、一緒に行っても通路に立たされて、ゆっくりお話すら出来ない状態だったので、行かなくて良かったなと思いました。


IMG_2714.jpg


一眠りして、寂しさを吹き飛ばし、夕飯を食べに行きました。


周りは、年越しに向けて、人が集まり、お祭りモードが漂ってます。


活気溢れ、多くの人が入っていたので、こちらの食堂にしてみました。


IMG_2715.jpg


濃厚に魚介が絡み合っていて、何を食べても外さない、いや、美味し過ぎる台湾料理を最後まで堪能しました。


ついでに、肉操飯というご飯の上に角煮とダシをかけた、食べ物があるのですが、それも頼みました。


IMG_2716.jpg


すると、お店のおばあちゃんが話しかけてきました。


ほとんど自分は、中国語を話せないのですが、日本人です(リーベンレン)という言葉だけは覚えてたんです。


おばあちゃんが、リーベンレン?と聞いて来たのが、たまたま聞き取れたので、日本人ですと答えると、


この肉操飯のお代は、私が払うから、いいのよ、と笑顔で言ってくれました。


なんだか、その笑顔に心温まりました。


そして、少しだけ、寂しい気持ちが和らぎ、温かな気持ちになりました。


IMG_2717.jpg

IMG_2718.jpg


もうすぐ2016年。


路上ライブの歌を聴きながら、少しだけ年越し前の、街の雰囲気を感じながら、年が明ける前に寝てしまいました。


いよいよ明日が台湾滞在最終日。


帰国です。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご縁

不思議なことに、好き嫌いではなく「縁」がある人とは、どこかでつながっちゃうんだよ。だから、あきらめないで!!

Re: ご縁

トゥカンさん

僕も同感です!
だから、ご縁がある人達をより大切にしようと心がけています^ ^
そして、少し苦手だとしてもプラスに捉えるようにしてます^ ^
ワンちゃんには、近いうちにまた会いに行きますよ^ ^
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。