スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、でも、さよならは言わない

DSC01476.jpg

DSC01477.jpg

DSC01478.jpg

DSC01479.jpg


僕とちけしが過ごす最後の夜。
僕たちは最後の夕飯を共にしていた。
ヨルダン、イスラエル、パレスチナ、エジプトの4カ国3週間の旅が、いよいよ終わりに近づいていた。


ブログランキングでも近い順位にいたという事もあり、会う前から知っていたし、一時帰国中は毎日ちけしのブログをチェックしていた事もあり、ヨルダンで初めて会った時は初めて会ったという感覚ではなかった。


お互いの事をブログを通じて知っていた事もあり、仲良くなるのに時間はかからず、すぐに打ち解けられる事が出来た。
3週間という期間は短いようで、やっぱり短く感じるけど、様々な絶景や宗教が僕たちの時間、思い出をより濃厚にしたのではないかと思う。


盗難事件による一時帰国からの再出発という事もあり、全ての面においてかなり慎重に神経質になってた部分もあった。
一緒に行動する旅仲間というものは、僕にとっては必要だったのかもしれない。
そんな中でたまたま、同じタイミングでヨルダン入りし、同じホテルだったという事もあって偶然会う事が出来た。
これから先のルートも重なっていたし、4カ国を共に行動出来る旅仲間が出来た事はとても嬉しく充実する日々を送れたと思う。


ちけしがいなければ、また違った旅になっていたと思うし、こんなに楽しめていたかは不明な部分もあると感じ取っている。
だからこそ、感謝の気持ちでいっぱいだし、なかなかこの気持ちを伝える事は難しかったりもする。


エジプト・ダハブで過ごしていた夜。
僕はビールをかなりの量をハイスピードで飲み、完全に出来上がっていた。
そして、ちけしを前に僕は自分自身の思い、気持ち、感謝を熱く語った。
どうしても直接、この気持ちを伝えたかった。


伝えたい気持ちを伝えられずに終わる事は友人関係でも恋愛関係でもたくさんあると思う。
僕自身、世界一周の旅を通じて、いろんな方々に優しくされ感謝の気持ちでいっぱいになったり、すごく優しくされる事の連続だった。
その度に、もっともっと気持ちを前に全ての感謝の気持ちを伝えたくても、伝えきれて無い部分もあったと思ってる。
ただ、ありがとうの一言だけじゃ、本当の僕の感謝の気持ちが伝えきれてるのか不安に感じさせる時もあった。


だからこそ、ウザいくらいに僕は本気で気持ちをちけしにぶつけた。
僕の感情は溢れ、涙眼になった。
ふと、ちけしの瞳をのぞくと、少し涙でウルんでいるようにも見えた。
伝わったかは分からないけど、感謝の気持ちでいっぱいだ。



ありがとう。



でも、さよならは言わない、また8月末にスペインで会おう。


DSC01480.jpg


朝5時、僕は寝ているちけしをあえて起こさず、カイロの空港へ向かった。
お互いに夢や目標、このブログを続ける意味合いを確認出来たのではないかと感じている。
ちけしがブログを一時休止する事、何かあったのかな…。
気づいてないフリしてるけど、何となく気がついていた。


8月末に会った時にお互い事故無く旅を続けられていて、ブログも順調に進めていればお互いにとっていいなと感じている。
お互いに頑張ろう。


ちけしのブログ→大学生ちけしの劇的世界一周ブログ


彼のブログも暖かく見守ってくれると嬉しいところです。
出会いがあれば別れもある旅というものはそんなものだ。
時に感情的になったりもあるが、全てを受け止めなくてはならない。
お互いが次に進む為に、いつまでも一緒にいる事が出来ない事を運命として受け止めて。


僕はカイロ空港に到着した。
次なる目的地グルジアという全く未知なる国へ向かう為。
今までの旅で行った場所とは違い情報量があまりにも乏しく、若干不安要素ありだけど、次に進まなくては。


DSC01481.jpg

DSC01482.jpg



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。
スポンサーサイト

添乗員さんとチョメチョメ!?

DSC01453.jpg


夕飯をごちそうになったのは、マハムッド君が住んでるピラミッド通りに逆戻りです。
食事をご馳走になった上に、メトロの交通費なども全部出して頂き、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
これから、マハムッド君のお友達と会う予定です。
マハムッド君の友達も日本語が出来ます。
みんな、日本人観光客相手に日本の旅行会社を通じて、観光案内をする仕事をしています。
実は、このピラミッド通りは風俗の店が多いと聞かされていました。
今はラマダン中でお休みしてるんだけど。


DSC01456.jpg


すると、1人のエジプト人に日本語で声をかけらえます。
お兄さん、ここは歌舞伎町ですよ。
エジプト人、中国人、ロシア人、いっぱいいるけど、どうしますか?と。
え?って思ってると、なんちゃって〜とマハムッド君のお友達が冗談で勧誘してきたというギャグをかましてきました。
てっきり、他人かと思ってた。
という事で、お友達と合流。
マハムッド君からは、彼はエロの塊だからと聞いてたのですが、早速、下ネタからの初対面となったわけで、喫茶店みたいなところに向かいました。


DSC01457.jpg


そーいう事なので会話の9割以上はエロ話になったわけですが。

僕、日本人とチョメチョメした事あるよー。

え?うそー?
そんな出会いあるの?

うん、学校とか仕事でね。

え?なんでなんで?

学校に留学してる人とかいるじゃん。

ふむふむ。

仕事だったら、例えば日本の○○(有名旅行会社)がエジプトでツアーとか訪れるじゃん?
でね、その添乗員さんとか、お客さんと。

え?マジで?そんな事あるんや。

うん、よくあるよー。

マジか〜?何人くらいあるのー?

5人だよ〜。
僕たちはツアー中は添乗員さんと隣の部屋同士になるからね〜。

へー、そうなんだ〜。
海外に行くと女性は心開きすぎちゃうんだね〜。

旅行会社で働いてる友達とかも、日本人好きだからみんなしてるしね。

へー。最近はそういうのが流行ってるんだね〜。

と、いろいろ他にも裏話をいろいろ聞かせてくれました。


DSC01458.jpg

DSC01459.jpg


シーシャやジュースなどもおごってもらい、なんだか嬉しいような申し訳ないような。
イスラム教なので女性は全身スカーフをしてたりするのですが、そんな真面目そうなイスラム女性の中に全身スカーフなのに、まさかの立ちん坊がいるよーと教えてくれた時は衝撃ものだったりもしました。
深夜1時前になり、そろそろ終電逃しそうになったので帰る事にしました。
が、途中で乗り換えしようと思ったら、まさかの終電終了。
途中から、深夜のカイロ市内を歩いて帰る事になりました。


ドキドキ…。
襲われないか心配。
後ろを常に警戒しつつ…。

深夜2時にも関わらず、喫茶店でシーシャを吸ってるエジプト人やボードゲームで楽しむエジプト人を横目に早足で進んで行きます。
やべ…おしっこ行きたいわ。
我慢、我慢。

1度通った事がある道だったので土地勘はありました。
早歩きで、駆け抜け、途中でおしっこ我慢出来なくなりながらも、なんとか宿に戻る事が出来ました。
ちけしとかも心配してただろうな、やべっ。
部屋に戻ると、すでに寝ていました。
よかった…。


DSC01461.jpg


翌日も同じように、漬け物屋さんに向かう事に。
エジプト来て観光せず、漬け物屋さんに来ちゃってます。


DSC01462.jpg

DSC01463.jpg

DSC01464.jpg


みなさんが仕事をしてる姿を横目に新聞をマハムッド君の解説付きで読んでました。
その他にも、ピラミッドを作った理由や作成過程の説明など(前のブログに記載済み)。
新聞で見ていると、デモはすごい事になってたんだ…。
でも広場でのデモは危険ではなかったようです。
カイロ空港の近辺で行われたデモは軍隊と衝突があったようで、そちらでは死者も出たようです。
カイロ市内から空港までは車で40分ほどの距離にあるので市内中心部とは無関係。
今回のデモはイスラム教徒によるもので、前大統領の方針に対する不満などの爆発が原因のようで最終的には軍隊により前大統領は拘束されたんだそうです。


DSC01465.jpg


外で人が集まってガヤガヤ言ってたので覗いてみました。


DSC01466.jpg


どうやら食事を配ってます。
エジプトではお金のある人が無い人に恵んであげる文化があります。
こちらの家の主人が周りに本日、配給する事を伝えていたようで、その時間になり人々が集まってきたようです。


DSC01468.jpg

DSC01470.jpg


人だかりが落ち着き、案内されたので僕も中に入ってみると、中では、お米とスープが振る舞われていました。


DSC01471.jpg


頂いていいとの事で1つ頂き、漬け物工場に戻って食べる事にしました。
漬け物サービス付き。
で漬け物スープ(めちゃくちゃ酸っぱい)を本日も飲ませようとしてくるので、なんとか逃れつつ、食べてみると鶏肉のダシがとても効いていてスープがすごく美味しい。
ちなみに、イスラム教徒は豚と牛は食べてはいけません。


DSC01472.jpg


工場の前では販売してるので、いろんなお客さんがやってきます。
1人の子供が僕に興味を持ったようで話しかけてきました。
が、何を言ってるか分からないので訳してもらうと、どうしてアラビア語を話す事が出来ないのかと言ってるようです。
彼にとっては初めて見た外国人が僕だったようで、全世界の人々はアラビア語で話すと思い込んでるようです。
なるほど、英語という存在自体を知らないという事かー。
これから、いろいろ学んでいくんだろうね。


DSC01473.jpg


車には他の場所に持っていく用に漬け物がいっぱい詰め込まれていました。
余っても、いろんなレストランがまとめて買いにやってくるので、余る事が無いみたいです。


DSC01474.jpg


本日も夕飯をご馳走になりました。
目の前には、漬け物会社の社長さん。
マハムッド君のお父さん。
見ず知らずの外国人を迎えてくれ、ご馳走してくれ嬉しいばかりです。
観光地以外の場所でのエジプト人と触れ合ったり、その国の暮らしを実際に見て学ぶ事は僕にとっては貴重な体験であり求めていたものでもあります。
こういう体験をさせてもらえた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
昨日と同様に、夜はマハムッド君の家の近所に行き、お友達とお話しして帰る事にしました。


DSC01475.jpg


え?デモやってる?こっち近づいてきてるし…。



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

知らないエジプト人についていくin漬物屋さん

DSC01401.jpg


ピラミッドを後にし、メトロで宿に戻る事にしました。
駅が分からないでいると、日本語が堪能なエジプト人に声をかけられました。
とても親切ですごく感じが良い様子。
この後、どこに行くのか聞いてみると、漬け物屋さんに行くとの事です。
エジプトの漬け物ってどんなんなんだろう…気になる。


DSC01402.jpg


僕たちが珍しいのか、みんなこちらをチラチラ見たり、声をかけてきてくれます。
特に子供は興味津々。
それにしてもメトロ暑い…。
クーラー効いてないし、汗ビショビショな訳です。
ちけしはどうやら疲れているようなので、僕はエジプト人と2人で彼のお父さんが経営している漬け物工場に行く事にしました。


DSC01405.jpg


メトロを乗り継ぐ事、数回。
ドキドキ…もし悪い人だったら、身ぐるみはがされるかな…。
でも、話してる感じでは、全く悪い風には見えない。
僕の直感を信じてついて行ってみる事にしよう。
もしもの時は、玩具銀行で…。
最悪に備えて、いろいろ想定はしつつも、直感を信じた結果は僕の直感は正解。


本当にエジプトの漬け物工場にやってきました。
どんな物をつけているのだろう。


DSC01406.jpg


案内してもらうと、早速作業をしているところを見せてくれる事になりました。
このような青のケースにつけていて、中の漬け物を取り出していました。


DSC01407.jpg


こんな感じでね。


DSC01408.jpg


エジプト人は、すごく気さく。
仕事中だけど関係無く、写真撮ってくれって言ってくるし、冗談言ったりしてました。


DSC01409.jpg

DSC01410.jpg


こちらが電車の中で声をかけてくれたマハムッド君(22歳)
どうして日本語が出来るかというと、日本人観光客相手に観光ガイドをしているからです。
今は学校と両立しながら仕事もしているそうです。
でも今は夏休みとデモで仕事が無いらしく、ゆっくりしてるんだそうです。
親の会社は継ぐつもりは無いとの事です。
今の仕事がやりたい仕事だからだそうで。


DSC01411.jpg


どうやら話を聞いてみると漬け物工場を5つ持っているようで、エジプトでも有名なんだとか。
漬け物はこのようなケースに入れられていて10ポンド(160円)。


DSC01412.jpg

DSC01413.jpg


試食するんだと言われ食べてると、別の従業員が今はラマダン中なのになんで食べてるんだ!?と冗談で怒ってきたりとエジプト人は冗談が大好き。


DSC01414.jpg

DSC01415.jpg


いたずらも大好きです。
漬け物の汁で美味しいぞって事で飲んでみると…
おえ。。。
めちゃくちゃ、酸っぱ過ぎて飲めたもんじゃない。
その反応を見て喜ぶ従業員達。


DSC01416.jpg

DSC01417.jpg


1日に何パックも製造していきます。
さっきまでピラミッド観光してたのに、エジプト来て、漬け物工場観光するなんて想像していませんでした。
でも観光地ばかりの観光も良いけど、こうして人々が生活しているエリアに入って日々の生活や仕事風景を覗けるというのは本当に貴重な経験です。
もっと、エジプト人の生活風景を見てみたい。
どのような暮らしや日々を送ってるんだろうか。


DSC01418.jpg

DSC01419.jpg

DSC01421.jpg


続いて、次の工場に連れて行ってくれる事になりました。
こちらでもウェルカムに迎えてくれます。
みんな、とても親切で漬け物食べてみなよと言ってくれたり中まで案内してくれたりと親切にしていただくばかり。
エジプト人ウザいって聞くけど、本当にそうかな…。
僕が今感じてるエジプト人は全然ウザいと感じないし、みんな優しく人懐っこい。
もっともっと、みんなと交流してエジプト人を知っていきたい。


DSC01422.jpg


こちらでも、たくさんの漬け物が作られていました。


DSC01423.jpg


裏で漬け物はタッパに仕舞われて、表では売り場になっています。
それにしてもエジプト人はみんな漬け物が大好きみたい。
全く客足が途切れません。
こんなに、漬け物がエジプト人に愛されてるなんて初めて知った。
日本の柴漬けもぜひ食べてもらいたい。


DSC01425.jpg


若い人から年寄りまで年齢層も様々です。
小さい子供は興味津々だし、カメラにも興味を持ってます。
目が純粋だな〜。
ぺろんちょ3兄弟の目はみんな腐りきってるけど。


DSC01426.jpg


僕は会計係ですね。
隣はマハメッド君のお兄さん。
お兄さんはこの店を任せられています。
3人兄弟で上の2人のお兄さんはそれぞれ工場を任せられているみたい。
なかなか大きな会社なんだな、すごい。


DSC01428.jpg

DSC01429.jpg

DSC01431.jpg


観光客がほぼ来ないエリアだけに外国人の僕はすごく珍しいみたい。
おじいちゃんに呼ばれて握手を求められたり、子供達から絡んできたり、なんだか人気者になってました。


DSC01432.jpg


こちらは砂漠でしかとれない果物らしい。
食べてみるものの、初めて食べる味でした。
例えても何の果物に似ているか分からない…。
ただ…甘い…。


DSC01433.jpg

DSC01435.jpg

DSC01436.jpg


今度は友達のトゥクトゥクに乗って、ドライブに連れて行ってくれました。


DSC01437.jpg


サトウキビジュースが売られてました。
そういえば、沖縄にもサトウキビジュースあるのかな。
でも飲んだ事が無かったのですが、たくさん買ってくれました。


DSC01439.jpg


ドライブを終え、戻ってくると夕ご飯が並べられていました。
今日はここで食べて行ってねと。
見ず知らずの外国人を迎え入れてくれたごちそうにもなり、すごく嬉しく感じます。


DSC01440.jpg


野菜や魚など贅沢に並べられています。


DSC01441.jpg


こちらの魚はナイル川でしか取れない魚らしい。
骨に苦戦してると、なんとむしってくれました。
何だか申し訳ないような…でも、みなさんの優しさに触れられてすごく嬉しい気持ちでもあります。


DSC01442.jpg


本当に美味しい…。
でも、これ以上食べたら本気で太っちゃうわ…。
ダハブで贅沢しすぎたのに…カイロに来ても贅沢続き…。
こりゃ、絶対太るわ。
毎日、コーラ飲んでるから通風ならないか心配だな…。


DSC01443.jpg


働いたみんなで食事を共にして、毎日を過ごす。
すごく大事な事だし、コミュニケーションはチームワークなどにおいても重要ですね。
みんな楽しそうで、いいな〜とすごく思いました。


DSC01444.jpg


子猫ちゃんにもお魚を分け与えます。
見ず知らずの人がいつの間にか、食事の輪に入り、食事をしていました。
最初、え??って思ったのですがエジプトでは普通の光景なのです。
お金がある人が無い人に分け与えるという事が。


ドライブをしていた時も配給のようなものが行われているところを発見しました。
今はラマダン中なので昼間の時間は水すら飲みません。
そういう光景を目の前で見れた事も貴重な体験なのかも知れません。


DSC01445.jpg

DSC01451.jpg


初めてのサトウキビジュースを味わい、初めてのシーシャも経験させてもらいました。
長時間吸える水タバコと言ったところですね。
地元の人なら1ポンド(14円)なんだそうです。


DSC01452.jpg


夜も更けてきた訳でありますが、この後、マハムッド君が友達に会いに行くとの事でついて行く事にしました。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

世界遺産ピラミッド

DSC01342.jpg


とうとう、あのピラミッドが目の前に見えてきました。
興奮気味の僕たち。
ピラミッドは客引きなどのウザいエジプト人が多いとの事で、警戒モードを一気にMAXにする。
すると早速、道ばたで、ここで入場券を買わないと中に入る事が出来ないとしつこく僕たちに迫ってくるエジプト人。


いや〜、そんなはずがない。
絶対、チケット売り場があるはずだし、騙そうとしてるに違いないよ〜って事でスルーして進む。


DSC01343.jpg


今度は、こっちがチケット売り場だと案内しようとする人達。
絶対に何か裏があるなと警戒してたら予想通り。
馬乗り場みたいなところに連れて行こうとしてきます。
どっか、行ってくれと言っても、とにかくしつこい。


DSC01344.jpg


ピラミッドのチケット売り場に到着しました。
大人、80ポンド(1120円)、学生、40ポンド(560円)。
ピラミッドも少し値上がりしているようです。
60ポンド(840円)から80ポンド(1120円)に。
その後、手荷物チェックをして中に入る事が出来ます。


DSC01345.jpg


ラクダさんもセクシーなポーズで僕たちのピラミッド入りを歓迎してくれてるようです。
それにしても商売系のエジプト人…結構しつこい。
勝手にお土産を渡してタダだと言ってきます。
もちろんタダじゃないのは知ってるけど。
で、数秒後に1ドルだと言ってきます。


いらないから、返そうとしても受け取ろうとしない。
仕方ないので、地面にお土産置いてスルーしていきます。
暑いのに、こういう1つ1つの絡みが面倒くさい。


DSC01347.jpg


ピラミッドすごいと感動に浸る間もなく次から次へとエジプト人が物を売りつけようとしてきたり、ラクダに乗せようとしてきます。


DSC01348.jpg


1つ1つの大きな石が積み重なっているんだもんな。
本当に昔の人はすごいよ。
しかも、あんなに高い位置まで。


DSC01349.jpg


あー、しつこい。
何度もついて来ないでほしい、ゆっくり観光させてほしいとお願いしてもラクダに乗るまでずっとついてくるし、知ってる日本語を使って何度も話しかけて来る訳です。
若干、イライラ。
後から、乗るから本当に今はついて来ないでほしい。
ついてきたら、乗らないから!!
2人でゆっくり観光させてくれ!!
何度も説得してようやく、後から乗るという事でどこかに行ってもらいました。
絶対、乗らん!!


DSC01351.jpg


デモの影響で余計に観光客減ってる。
実際には、ほとんど観光客がいない為、僕たちは完全なターゲットにされてる訳です。
この客引きがいなかったら、僕たちがピラミッドを2人だけで観光してるという風に思わせられるくらい。
それにしても、ピラミッド想像を裏切らないデカさ。
僕が思い出すピラミッドといえば、小学生の時にしていたファミコンのスーパーマリオ3ではないだろうか。
ピラミッドのステージとかありましたよね。
知っている人は知っているけど、たぶん知らない人の方が多い。


でも気にせず、話を続けると、あのステージは太陽が追いかけてきたり、北風がビュンビュン吹いてきたり難しかったもんな〜。
いやー、懐かしいスーパーマリオ3。
カエルのマリオとかタヌキのマリオに変身出来るシリーズね。
お地蔵さんマリオとか。


DSC01352.jpg


よーく見てみると、てっぺんは石が積み重なってないのか。
てか、本当に大き過ぎる。
昔の人達はあんなに高く積み重なって本当にスゴ過ぎる…。


DSC01354.jpg


とうとうアフリカ大陸のメインイベント・ピラミッドに僕は足を踏み入れてるんだ。
信じられない、感無量だ。
小さい頃、こんな想像が出来ただろうか。
ピラミッドって言ったら小さい子供でも知ってる有名な場所だもんな。
やっぱ…すごいわ…。


DSC01355.jpg


近づいてみると分かるように、1つ1つの大きな石がうまく並べられていて、それぞれの石の大きさも全て違うし、うまく積み重なってる。
あっぱれ!!


DSC01356.jpg


1つ1つの高さも決して低くはない。
実際に立ってみると全然、僕の慎重を上回ります。
2メートルくらいはあるんじゃないでしょうか。


DSC01358.jpg


ここに来た記念にピラミッドに座って写真を撮らなくちゃ。
お〜、今、僕はピラミッドに座ってる。
感激。
と思ってた矢先でした。


『注意書き』
コメント欄にてピラミッドの上に登っては行けないとの指摘を受けました。
僕自身の情報不足で座ってしまってますが、登っては行けないルールに変わったとの事なので、今後よろしくお願いします。


DSC01360.jpg


おいおいおいーーー!!

ん?またウザいエジプト人か?

今ピラミッドの上に登っただろう!?

ん?だから何だ?

チップだ、チップだ、1ドル!!

は!?てか、お前誰やねん?何でチップ渡さないかんのか意味分からんし。
従業員でも何でもないやつに。

どっ、どーーーーーん!!行かせん棒!!


なぜかピラミッドに登ったらガキがチップを請求してきた上に、払わなかったら通せんぼうしてきました。
とりあえず、無視して進もうとする僕たち。
でも、めちゃくちゃしつこい。
何度も道を塞ぐ上に、お金を徹底的に要求してくる。
イライライライラ…。
こいつ、マジでウザいわ。


全く引き下がる気配を見せなかったので、5千円渡してどっか行ってもらう事にしました。
もちろん玩具銀行のだけど。
あ〜あ、また1枚減ってしまった…。
こんなにウザい奴ら相手にしてたらマジでキリがないわ。


DSC01361.jpg


その後も、違うウザいラクダ乗りが、ずっと、しつこくついて来るので全くゆっくり観光出来ず。
玩具銀行にお願いするしかありませんでした。

それにしてもスフィンクスってどこにあるんだ!?
そんな事をちけしに言ってると。
ちけしは、え?それガチで言ってるんですか?
そーだよと答えると、笑われる始末。
え?って思ってると、目の前に普通にスフィンクスいました。
右手前に。


DSC01362.jpg


ピラミッドは1つでは無く、いくつも存在します。
タージマハルのように長期間を費やして作ったんだろうな。
タージマハルは王様の命令により強制的に作られたのですが、ピラミッドは違います。
農民が農業のシーズンを終えた時期に、新たな仕事としてピラミッドを造る行程を手伝っていたそうです。
大きく積み上げられた石は、南部エジプトからナイル川を通じて運ばれてきました。


そこから、木に油を塗り、その木を通じて大きな石を運んでたそうです。
でもピラミッドはナイル川から距離があります。
数kmに渡って人々は大きな石を運んだ事になります。
なぜ川の近くにしなかったかというと川の近くだと地面がゆるく、ピラミッドが壊れてしまう可能性があるからだそうです。
たくさんの石に、そしてこの距離を運んだと想像してだけでも驚きです。


ピラミッドの中には王様の墓場があります。
どうしてピラミッドを作ったかというと、エジプトでは死ぬと魂が抜けるという考えがあります。
王様はその魂を留め、またいつか復活したいとの思いからピラミッドを作ったと言われているそうです。
この後、知り合うエジプト人に教えてもらう事になるんだけど、その話は次のブログにて。


DSC01371.jpg


記念にピョンピョン飛び跳ねておきました。


DSC01376.jpg


すると1人のエジプト人が親切に写真を撮ってくれました。
大丈夫かな…お金最後に請求されないかな…。


DSC01379.jpg


でも、本当にすごく親切な人で、すごく上手に写真撮ってくれました。
ピラミッドのてっぺん、つまんだ写真とかね。
ちけしのカメラで撮影してるからデータはちかけしが持ってるはずだけど。
って事で、ちけし君、データ送っておいてね。笑
危ない人多いから気をつけて〜とアドバイスくれたりで、すごく嬉しい気持ちにさせられた訳です。


DSC01380.jpg

DSC01381.jpg

DSC01382.jpg

DSC01383.jpg


さてと、スフィンクスの方に向かって行きましょう。


DSC01387.jpg


僕たちは、エジプト人に狙われまくりです。
至る所で、このように商売を持ちかけられまくりです。
いつまで、経っても諦めない。
確かにピラミッドのエジプト人はインド人並みにウザい。


DSC01388.jpg


…。


DSC01392.jpg

DSC01393.jpg


完全に疲れきってるちけし君。


DSC01394.jpg


それにしても暑いな…。
なんとか記念にスフィンクスと記念撮影しときました。
よくスフィンクスとキスする写真撮ってる人見るけど、あえて撮らずに、次に向かうのでありました。


DSC01398.jpg

DSC01400.jpg


最後にケンタッキーへ。
ここからピラミッドを眺めながらお昼ご飯を食べるのでありました。
これにて、ピラミッド観光終了。
あー、疲れた。



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

エジプトデモ現場…

DSC01310.jpg


う…う…うそだろ…。
流血しながら足をひきづってる人と、肩を抱えて補助する人が目の前を過ぎて行った。
や…やばい…。
デモが行われている周りを見守る群衆。
銃声音…。


DSC01311.jpg


タハリール広場(カイロの中心広場でもありデモ会場)までは距離があるはずだ…。
周辺もヤバいのか…
多くの人が集まる中、罵声や物を壊す音が飛び交う…。
ドキドキ…。
もっと近づいて、この目で確認したい気持ちと、恐怖心が入り交じる。


DSC01312.jpg


デモ周辺は群衆によって交通渋滞が起きる。


DSC01313.jpg


近くで見てみたい…。
ドキドキ…。
自分の警戒オーラをMAXにして、少しずつ近づいて行く…。


DSC01315.jpg


だが、周りのエジプト人にこれ以上行くと撃たれるから辞めておいた方がいい…。
地面を見てみるんだと言われ、下を向く。
嘘だろ…。
地面には誰かが負傷して飛び散った流血跡が飛び散っていた。
なんて言う事だ…。
夢なんかじゃない…ガチであかんパターンだ…。


DSC01316.jpg


これ以上、進む事は出来なかった。
遠くから見る事で精一杯。
これ以上近づくと、危険だと判断し、立ち止まる事にした。


DSC01317.jpg


広場でのデモはもっとヒドイらしいけど、この場所でのデモではスーパーマーケット等が無差別に破壊されているみたいだ。
近くで見る事が出来ないから、それぐらいの情報しか見てとれない。


とは言ってもエジプトの全てが危険という訳ではありません。
一部の広場などのエリアは危険かもしれませんが、その場所以外はどこも安全だと感じてます。
ドキドキしながら部屋に戻り、翌日観光予定のピラミッドの情報収集をする事にしました。


DSC01320.jpg


翌日、前日仕入れた情報を元にバス乗り場に歩いて向かいます。
早速、話しかけてくるエジプト人。
エジプト人もインド人同様に人懐っこい。
でも親切な方が多く、インドみたいにしつこくない。


そんな風に感じてたものの、話して仲良くなって行くうちに、今日はバスは安息日(金曜日)だから休みだ。
ピラミッドに行くには30ポンド(420円)かかると嘘をついてきました。
実際には2ポンド(28円)くらい。
って事でムカついたのでスルーする事に。


DSC01322.jpg

DSC01323.jpg

DSC01325.jpg


どこか分からないけど、エジプト人は親切な人が多い。
みんな詳しく教えてくれたり、アラビア文字でピラミッドと書いてくれて、これを見せたらいいよと教えてくれます。
よく旅人がエジプト人はインド人並みにウザいって言うけど、実際に接してみるとそうでも無いように思えます。


DSC01327.jpg

DSC01329.jpg


いろんな人に聞いたりして何とかバスに乗る事が出来ました。
途中で何回も写真撮影求められたけど。
エジプト人はカメラが好きみたい。


DSC01330.jpg


こちらのお連れの方ですが、本日は眼鏡仕様になってます。
珍しいね〜って言うと、僕は観光地に行く時は必ず眼鏡かけますからとか言っておりました。
ペトラで、眼鏡かけてたっけな?ま、いっか。


DSC01331.jpg


道路を通っていると戦車等も出動していました。
こわっ。
タハリール広場周辺は市街地にデモが流れ出ないように、軍隊が周りを包囲してるのだそうです。
ここはタハリール広場じゃなかったけど。
離れてる場所でも、戦車が出動してるみたい。
間違って発砲しないか心配になります。


DSC01332.jpg

DSC01333.jpg


進んで行くと、さらにたくさんの戦車達が並んでいました。
ドキドキ…。


DSC01334.jpg

DSC01335.jpg

DSC01339.jpg


うまく撮影する事は出来ない…。
撮影する事自体、喧嘩をうっているようなもの。
気づかれないように、こっそり撮る事しか出来ませんでした。


DSC01340.jpg


そして、いよいよ…ピラミッドが目の前に!!




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。