スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならドバイ

DSC09443.jpg


ドバイのマグネットかわいいですよね。


DSC09444.jpg


マグネット集めが好きな人も多いみたいなので載せてみました。笑


DSC09447.jpg


そして、その後はドバイモールの噴水ショーを見に行きました。


DSC09451.jpg


写真じゃ伝わらないので、ふみさんのfacebookページに動画載せてるので見てね。


DSC09453.jpg


流れている曲がいいのか、すごく噴水ショーに浸ってました。


DSC09454.jpg


まー、こういう場所には1人で来るもんではないな。
周りはカップルや家族やら。
僕、1人ポツリ。
ま〜、1人でも楽しめるからいいんだけど。


DSC09457.jpg


暗くて見えにくいけど、周りはお客さんでいっぱい。


DSC09459.jpg


なんだか街並みはシンガポールに似ていて、すぎちゃんとみずほちゃんとマリーナベイサンズ周辺を散歩していた時の事を思い出しちゃったな。


DSC09460.jpg


この場所も以前テレビ見て、いいなと思って一度来たかった場所だもんな。
今夜でドバイも最後か。
ドバイに来て正解だったな。
人にも恵まれ、建物に衝撃を受けて。
最初はいろいろ不安もあったけど、来てみたら交通もかなり発達してて全く不便を感じなかったし。
治安もかなり良く、旅の難易度も初心者向けでいいのかもしれない。
おかげで、かなり気を抜いてた部分もあったかな。


DSC09472.jpg


散歩をしてるとテニス場を発見。
タワーの横にテニス場があるとか初めて知ったよ。
来てみないと分からない事もあるもんだね、やっぱし。


DSC09473.jpg


やっぱし、シンガポールを思い出してしまう。
街がキレイに整い、過ごしやすいな。


DSC09476.jpg


なんだか、またまたローカルネタだけどキャナルシティ博多の周辺を歩いている気分にもさせられる。


DSC09477.jpg


ドバイモールかっこいい!!


DSC09478.jpg


え〜ここはキャナルシティの旧館とと新館が重なる通路ですか?
まさしく、そっくり過ぎてそう感じさせられたね。


DSC09479.jpg


やっぱしドバイモールの看板かっこいい!!


DSC09480.jpg


これ、好きだわ。


DSC09481.jpg


そんな感じで、キャナルシティの通りに似た通りを歩きながらタワーを1周してみました。


DSC09482.jpg


で、ドバイモールの入り口に戻る。


DSC09484.jpg


で、この前と同じようにお魚さんに会いにきました。笑


DSC09485.jpg


あー、お魚さん食べたいな。
観賞用だけど。。。


DSC09486.jpg


エイも泳いでるよ。
怖っ。
毒持ってないかな…。


DSC09498.jpg

DSC09499.jpg


そんな感じでドバイを締めくくりました。


DSC09501.jpg


それにしても1人旅はいろんな出会いがありますね。
同じ部屋の人だったり、食事するところで出会ったりと。


DSC09500.jpg


おかげで、お友達いっぱい出来ましたよ〜。


DSC09505.jpg


チェックアウトを済ませて、空港に向かいwifiしながらバルセロナの情報収集や宿の予約をして14時間程空港でのんびりしながら出発まで待ってました。
ドバイの空港はフリーwifiが通ってるので最強ですね。


僕の差し込んでたコンセントにいつの間にか、他の人も差し込んで満席状態になってましたけど。笑


途中でイラン人のお友達が出来ちゃいました。
いや〜、ドバイは最後の最後までいろんな出会いがありますね。
やっぱし、ドバイの旅は人に始まり、人で終わる。
やっぱし、旅は人によって、その国の印象が決まったり楽しさが決まるもんだなと感じてます。
あ〜、ムツミさんが恋しいですな。
本当に、いろいろよくしてもらって嬉しかった。


DSC09506.jpg


そして、初めてのペガサス航空に。
ドキドキ。
マジで事故らないでくれよ。
ドキドキ。
まずは乗り継ぎでトルコ・イスタンブールへ。


DSC09507.jpg


てか、ドバイの空港めちゃくちゃデカい!!


DSC09508.jpg


ペガサス頼むぞ!!


DSC09509.jpg


そして無事にトルコに到着。
次に向かうはバルセロナ。
ずっと憧れ続けた街です。


DSC09510.jpg


トルコのお姉さん…かわいい…。


DSC09512.jpg


そして本日はペガサス航空がイスタンブール〜バルセロナ間、初就航らしく記念にケーキが用意されてました。
って事は、機長もベテランの人に違いない。
初めてと聞くと余計に心配にはなるものの、その分しっかり準備はしてるはずだ。
とにかく事故らない事だけを祈る。


僕はインド〜ネパール間で以前エアインディアが揺れまくって以来、かなりの飛行機恐怖症に…。
なので、正直、飛行機かなり怖い…。


DSC09513.jpg

DSC09514.jpg


そして、皆さんでケーキを食べておりました。
お腹が空いてたので本当に助かる。
お店で何か買おうと思ったけど、トルコのお金持ってなかったし、ドル使えるか店員さんに聞いても英語が全く通じなくて結局何も食べてなかったから。


DSC09515.jpg


今日のバルセロナは雨か〜。
そんな事を思いながらのんびり過ごしてると1人の男性に声をかけられました。


君のバックのチャックが開いてるよ。


え??????



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

昔のドバイを感じさせるディラ地区とエミレーツ

DSC09409.jpg


続いてやって来たのがメトロ・グリーンラインのバニヤススクエア駅。
近くのマクドナルドでのんびりwifiしてから、出かけようと思いきや、工事中。


DSC09410.jpg


仕方ないので、そのまま水上タクシーみたいなアブラという乗り物に乗りに来ました。


DSC09411.jpg


こちらの船がアブラという名前の船??


DSC09412.jpg


上にはUAEの国旗が風になびかれています。


DSC09413.jpg


このように人が揃うのを待って出発です。
ちなみに1Dh(27円)で昔の雰囲気が感じさせられるようなディラ地区という場所に向かいます。


DSC09414.jpg


で、結構揺れるので、一瞬落ちそうになんないかと心配にもなります。


DSC09415.jpg


ディラ地区はすぐむこう岸なので5〜6分もあれば到着しちゃう訳なのですが、1度アブラを経験してみるのもいいんじゃないかなと思います。


DSC09416.jpg


いい具合に夕日が差し込みます。
今日もいっぱい歩いて疲れたな。
明日はゆっくり休もう。


DSC09417.jpg

DSC09418.jpg

DSC09419.jpg


そしてディラ地区に到着しました。
この一帯はお土産屋さんなども連なってます。


DSC09420.jpg


こんな感じの雰囲気ある建物があったり。


DSC09421.jpg


民族衣装じゃないけど、それらしき服で出歩く方もいっぱいいて、昔の雰囲気を感じさせられます。
実際にはここ20年で砂漠から高層マンションにショッピングモールにと大きく変化したので、昔とかそんなのも無いのかもしれませんが。


DSC09422.jpg


看板も全部アラビア語なので何を書いてるか分かりません。
でも、これを見てると、本当に中東にやって来たんだなという雰囲気にさせられます。


DSC09423.jpg


この周辺を歩いてるだけでも、今まで見て来た高層ビル街とは違った街並みが覗けるのでいいんじゃないかなと思います。


DSC09424.jpg


ディラ地区を過ぎると、こんな感じで福岡市の新しく出来た自動車免許更新所の前のような場所に出て来ます。
あっこは博多区になるんだっけな?中央区になるんだっけな?
まー、いっか。
久々に福岡市に戻ってみたいな〜、今は戻れないけど。


DSC09425.jpg


そんな感じで1日が終了。
毎日19時には放送を通して、お祈りみたいなのが流れてました。
街中、スーパーマーケットの中、全てで。


DSC09427.jpg


翌日は休憩を兼ねて、夕方くらいまで空港でフリーのwifiを使ってのんびりしてました。


DSC09428.jpg


そして向かったのがメトロ・レッドラインのモール・オブ・エミレーツ駅の目の前にあるエミレーツ・モールへ。


DSC09429.jpg


アルマーニのカフェがあるとの事で調査開始です。


DSC09430.jpg


食事は出来る限り節約を。
KFCとかはかなり安くいけると思います。
これで400円しなかったはず。
それかパンなら1つ70円くらいでいけるはずです。
昼ご飯も前日のパンをゴリ押ししてたので、一旦ご飯も入れる事にしました。


DSC09431.jpg


モールの中にはまたしてもスケートorスキー場があったりもします。笑


DSC09432.jpg


そして探してると、見つけちゃいました。


DSC09433.jpg


おー!!あれは!!


DSC09434.jpg


アルマーニのカフェではありませんか!!


DSC09435.jpg


かっこいい!!


DSC09436.jpg


あまり贅沢は出来ないのでコーヒーを飲みながら雰囲気に浸る事にします。


DSC09437.jpg


これで、まさかの600円とたまげそうになりますが、その分、日本に帰ったら1回分のカフェ代を我慢するようにしようと割り切って、雰囲気を楽しむ事にします。


DSC09438.jpg


店員さんは僕と同じ歳の26歳でウズベキスタンから来たみたい。
多国籍ですな。
いろいろ会話が盛り上がり何だか楽しく過ごす事が出来ました。
1人で旅してると、いろんな人と話す機会や話しかけられる機会、出会いなどが増えるので、1人で行動するのもなんだか好きです。


値段が少し高くても楽しく満足する事が出来ればそれはそれで割り切れるかなと。
逆にインドやネパールでは日本人からしてみたら300〜400円と安い値段でも、現地人からしてみたら明らかに高い値段で、値段交渉してても上から目線でしか見ない店員だと欲しい商品でも全く買う気が失せてしまいます。


最近は自分の直感を大切にしてる部分があって、少しでもこのように買う気が失せた時点で買わない。
どこかに行こうと誘われても気持ちが乗らないと思えば、付き合いが悪くなったとしても行きません。
気持ちが乗らない状態で参加すれば、自分自身がしんどくなる事が目に見えているので。
ちょっと旅に出て頑固になったのかな。
あくまで自分で決めたらいいので、自分が好きなように決断を下して行けばいいかなと思ってます。
行きたい時は行けばいいし、行きたく無い時は行かない。
買いたいと思えば買えばいいし、気持ちが失せれば欲しくても買わない。
そーいう部分ではすぎちゃんも萌性さんも、僕の意見を尊重してくれてる部分がたくさんあったりですごく過ごしやすかったな。


DSC09439.jpg

DSC09440.jpg

DSC09441.jpg

DSC09442.jpg


それにしても高級車だらけ…さすがドバイ!!


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

世界一美しいスターバックスと7つ星ホテル

DSC09376.jpg


世界で1番美しいスターバックスにやってきました。
もともとは、知らなかったけど、すぎちゃんにドバイに世界で1番美しいスターバックスがあるという話を聞き調べた結果ここにやってきたわけです。


DSC09377.jpg


世界で1番と言われるだけあって、やっぱし今までのスターバックスとはスケールが違いすぎます。
もちろんwifiが使えるので久しぶりに宿で使えなかった分、ここでやる事をやっておこうかなと思います。


DSC09378.jpg


で、スイッチつけると家族からすぐに連絡が欲しいというメールが入ってました。
何だろうと思い早急に連絡取ると…
どうやら実家に何度も国際電話が入り、helloと一言だけ言って電話を切るとの事…。


くそ、あいつか…(イライラ)。
話をさかのぼると、
ネパールで田舎に泊まらせて頂き最高な思い出を作る事が出来、幸せな想いにひたっておりました。
最初は別れてからも孫とメールのやりとりをしていたものの…。


徐々にエスカレートし始め、次はいつ来るんだい?
明日も来てくれよ。
もし来てくれるなら何か持って来て欲しいな。


じゃあ、もし行く機会があれば、僕が撮影した写真を持って行くねと話すと。


他の物が欲しいなと。


何が欲しいの?って聞くと。


ipodが欲しいと…。


あ〜あ…そっち系ね。
無理だよ。


じゃあ、日本の家族に会いに行きたいな。
1度、日本に行ってみたいんだ。


いいけど、お金はどうするの?


それは君が出してくれないと、僕は貧しいから。


などと、せっかくいい思い出だったのになんだか残念な感じに。


ちょっと席を外して返事をしてなかったら…


どうして返事をくれないんだい?
今、何をしてるんだい?
やあ?やあ?


と、かなりしつこい訳です。
深夜の時間にもかかわらず、今からテレビ電話しようと言ってきたり24時間拘束させられているような感覚に陥ります。


疲れてるし忙しいからやめてほしい。
何回もメールを送られても困るよと言っても全く空気を呼んでくれず。
1度怒るも、意味無し。


そして、しばらくwifiが使えず、返事が出来てなかったら今度は国際電話で実家に電話をかける始末…。


さすがに頭に来て、本気でぶち切れました。
メールでかなり罵倒した訳ですが…。


DSC09379.jpg


それにしても天井もキレイですね。
せっかく、ドバイで楽しんでるのに、孫の事を考えると気分害します。
パパ、ママはすごく親切だったのに孫は僕の事を金持ちで援助してくれるとしか思ってないんでしょうね。
ここ数日、毎日のように、いや24時間態勢でしつこく連絡くるので本当に精神的にキツかったです。


DSC09380.jpg


ドバイのスタバには抹茶味は無い様子。
値段も日本とそんなにかわらず500〜700円くらいで飲めます。


DSC09381.jpg


こちらがドバイのマグカップ。
出来る事なら買って帰りたいとこですが、我慢です…。


DSC09383.jpg

DSC09385.jpg

DSC09387.jpg

DSC09388.jpg


このイブン・バトゥータには様々な国をモチーフにしたエリアがあります。
こちらがエジプト。


DSC09389.jpg


こちらがモロッコをモチーフにしてるんだとか。


DSC09390.jpg


続いてメトロレッドラインのモール・オブ・エミレーツ駅で降りて、7つ星ホテルのバージュ・アル・アラブホテルに向かいます。


DSC09391.jpg


予想通りではあるけど、さすがに歩くと結構距離があり暑いのでかなり体力を奪われます。


DSC09392.jpg


こちらを左に曲がると。


DSC09394.jpg


どっかーんと7つ星ホテルがある訳です。
でも、ここから先は宿泊者か食事を事前に予約してる人しか行けません。
1泊15万。笑
朝食でも最低5000円。笑
と、言ったとこでしょうか。笑


DSC09395.jpg


でも絶景スポットからホテルを覗けるという情報を仕入れているふみさんは隣のホテルに向かいます。


DSC09396.jpg


中に入り、この奥を抜けると、ホテルをすごくいい角度から覗ける訳です。
で、情報では普通に入れると聞いてたのですが、なぜか警備がいるではありませんか…。
あえて、スルーしようとすると、部屋番号を聞かれました。
どうやら中に行けるのは宿泊者限定らしい…。
事前の情報とは違い不意に質問されたふみさんは答えきれず…。
すると鍵を見せてくれと言われます。
アドリブで友達が持っていると言うと、入場出来ないと言われ…結局作戦失敗…。。


DSC09397.jpg


途方に暮れていると近くにビーチを発見しました。


DSC09399.jpg


女性は宗教上、衣装を来たまま泳いでいます。


DSC09401.jpg


そして壁の隙間から覗くと…
ホテルが見えるではありませんか!!
中に入れればもっと近くから見れたのに…。
適当に部屋番号言っておけば入れたかなと…質問される心の準備が出来てなかった事に若干残念に思いつつも、ここから写真が撮れたので少し満足。


DSC09402.jpg


ドバイの海はとてもキレイで透き通ってます。


DSC09403.jpg


実際にはこんな感じで壁があるので、隙間から覗くか遠くから見るのが限界。


DSC09404.jpg

DSC09405.jpg

DSC09408.jpg


そんな感じで続いて次のスポットに向かいます。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

人工島とアトランティス

DSC09331.jpg


本日はあのベッカムが別荘を所有してるのではないかと噂される人工島を目指します。
メトロ・レッドラインのNakheel駅で降りてモノレール駅に歩いて行こうとタクシーの運転手に行き方を聞いていると、途中まで連れて行ってくれました。
幸先いいですね〜。
それにしてもドバイの人は心が豊かな人が多いです。
インド人でも、全く違う。
道を聞くときちんと教えてくれるし、やっぱし経済状況は人の心を多少左右する部分があるのかもしれません。


DSC09332.jpg


モノレール駅の近くを歩いてる訳ですが、ここは福岡市早良区の、ももちにスゴく似ていますね。
またまたローカルネタですが。
よく、ももちには通ったものであります。
地球の歩き方をスキャンする本を借りに福岡市図書館にね。
全世界分スキャンするのに3ヶ月近くかかったからね、あれはしんどかった。


DSC09333.jpg


で、今から行く予定の人工島がここ。
見た事あるかな?
まさしくドバイの象徴と言ってもいいでしょう。
有名人達が別荘を持ってると噂の島です。


DSC09334.jpg


ここにはモノレールが通ってるのでモノレールに乗って行く事が出来ます。
ゴールには高級ホテルのアトランティスがある訳ですね。


DSC09335.jpg


駅からは、世界で2つしかない7つ星ホテル。
こちらもドバイの象徴であるバージュ・アル・アラブホテルが覗けます。


DSC09336.jpg


そして、レッツゴーです。


DSC09337.jpg


人工島の中は住宅街なんですね。
普通に人が生活してます。
ま〜、セレブ達ばかりなんでしょうが。


DSC09338.jpg


そして、徐々に終点のアトランティスがお目見えです。


DSC09341.jpg


外は島の形通り、住宅街と海が交互に並ぶ事で、あのような鳥の翼の形をした島が上空から眺められるのです。


DSC09342.jpg


そして、アトランティスきたーーーー!!


DSC09344.jpg


目の前のはビーチが!!
海もとてもキレイ!!


DSC09346.jpg


ホテルの中に潜入です。
どうやらホテルの中に水族館があるようです。
恐るべし…。


DSC09347.jpg


そして、お土産も非常に素晴らしい!!
100AEDって事は2700円か!!
って、高っ!!


DSC09348.jpg


でも、これは欲しいな〜!!


DSC09349.jpg


目の前では職人さんが高度なテクニックで作られておりました。


DSC09351.jpg


ドバイに来た際はぜひ、お土産に♪


DSC09353.jpg


ホテルの中もなかなかなもので。


DSC09352.jpg


上の壁画のデザインには心奪われそうになります。


DSC09354.jpg


では、ホテルの裏にも行ってみましょう。


DSC09355.jpg


目の前は海が広がっております。


DSC09356.jpg


で、じゃじゃ〜〜〜ん!!


DSC09358.jpg


僕も何となく似ているポーズを。笑


DSC09360.jpg


ホテルの周辺はこのように、遊べるようになっております。


DSC09361.jpg


行きのモノレールは中国人の団体と重なって、かなり、やかましかったんですが帰りはこの通り。
1人で独占状態。笑


DSC09362.jpg


モノレール自体もめちゃくちゃキレイ。
往復25Dh(673円)と若干お高め。
というか最近の円安ヒドいよね…2年前だったら1Dh=21円だったのに、今じゃ27円…。
同じモノレール乗ってるのに150円も違うんだからね…。
宿とか食費考えたら、やっぱしデカいね…。


DSC09363.jpg


では、出発して行きます。


DSC09364.jpg


目の前に広がる海!!


DSC09365.jpg


いいな〜、宿泊者は目の前の海で待ったり出来るんだもんな。


DSC09369.jpg


人工島の中には船もありました。
個人が所有してるのかな。
スーパーセレブだから充分考えられるな。


DSC09373.jpg


そして歩いてメトロステーションに戻り、メトロに乗ってIbn Battuta駅へ。
ここにもアトランティスに似た建物。


DSC09374.jpg


で、何でこんな遠くに来たかというとあれがある訳ですよ、あれが。


DSC09375.jpg


では、あれに向かって行きましょう。
とても壁がキレイですね。
そして到着!!


DSC09376.jpg




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

レバノン料理で昇天。

DSC09303.jpg


翌朝、ムツミさんは出勤で朝早く仕事に行かれました。
僕は、ジェフさんが散髪中なので終わるまで周辺を散歩したりして過ごしてました。


DSC09304.jpg


ジェフさんは英語の先生をしていてお昼から仕事なので僕を本日宿泊予定のユースホステルまで車で連れて行って頂けます。


DSC09305.jpg


本当にいろいろな部分でおもてなしをして頂き感謝でいっぱいです。


DSC09306.jpg


公園やスーパーマーケットを散策して30分程でジェフさんの散髪が終わったのでユースホステルに連れて行って頂きます。
それにしても高級車がいっぱいだし、道路も広くきれいで高層ビルがいっぱいでドライブをしているだけでも景色が新鮮です。


DSC09308.jpg


そして本日はユースホステルに宿泊です。
ドミトリーで100Dh(2700円)。
ドバイの中では安い方です。
が、wifiが一日1350円なので、しばらくはwifiが使えなさそうです。


場所はメトロ・グリーンラインのstadium駅で降り、降りると目の前にハイパーマーケットがあるので、そこを300メートル程、右に進むとあります。


DSC09307.jpg


お部屋の中はこんな感じで4人部屋で冷蔵庫も完備されております。


DSC09309.jpg


少しお昼寝をして、以前からムツミさんにぜひドバイに来た際はレバノン料理を食べに行きましょうと誘われていたので夕方待ち合わせをして行く事にしました。
待ち合わせはメトロ・レッドラインのAl Rigga駅。
降りると、モスクがありました。
モスクは数キロ半以内に必ず1つ置かなければいけないという事が国のルールで決まっている為、至る所で見る事が出来ます。


DSC09310.jpg


降りて、すぐに思ったのが、ここ福岡市中央区の桜坂駅で降りてすぐの景色と全くそっくりじゃんって思いました。
まー、ローカルネタなんだけど。
ムツミさんは前、福岡市住んでたので、自分が言いたい事が伝わる訳です。
確かに桜坂で降りたら、まさしくこんな感じだね〜、そう言われてみればってね。


DSC09312.jpg


良い具合に夕日が差し込みながら、行く予定の店探しをします。


DSC09313.jpg


でもどこか分からなくなって、いつの間にかスーパーに。
僕は、ドバイのスーパーだ大好き。
想像と違ってめちゃくちゃ安い。
コーラとかスプライトとか缶ジュースが50円くらいで売られているしね。
僕はアップルジュースが安くて美味しいので、毎回スーパー行ってはアップルジュース買ってるんだけど。
パンとかも60円ちょいとかで買えちゃうよ。


DSC09314.jpg


徐々にいい感じで夕日が沈む。
UAEの国旗が風になびかれる。


DSC09315.jpg


そして当初行く予定だった店とは違うけど、別のレバノン料理屋さんに到着。
まずは、ムツミさんおすすめのミントレモンティーを頂く事に。
今までに飲んだ事がない。
でも飲んでみると、レモンのすっぱさとミントの和やかさがマッチし、絶妙な甘さ、酸っぱさ、苦さを繰り広げめちゃくちゃ美味しい。
これを福岡の天神で売ったらバカ売れするに違いない。
商売目線になってしまう。
それくらい間違いなく流行るだろう。


DSC09316.jpg


そして、前菜が運ばれる。
久々に新鮮な野菜が食べられて、とても嬉しい気持ちになる。
インド、ネパールではなかなか難しかったから。


DSC09317.jpg


席はあえて外にして、夜風と景色を楽しみながらの食事が始まる。


DSC09318.jpg


そもそもレバノン料理とはどういうものなのか知らなかった僕は、どんなものが出てくるのかワクワクなのである。
ついでに久々に魚料理が食べれるという事もあって若干興奮気味。
食べる前からイッちゃうのではないかと心配だ。


DSC09319.jpg


野菜も、新鮮なだけあって、歯ごたえもよくケチャップと絡めるとさらに食欲を促進させる。


DSC09320.jpg


ニャンコ先生も、まだかまだかと僕たちから頂けるであろう、残り物を強引過ぎず、おとなしすぎず、程よい距離感と見つめる攻撃でそのチャンスを伺っている。


DSC09321.jpg


そして、いよいよ魚料理と、炭火焼チキンが運ばれて来た。


DSC09322.jpg


もう、テンションはMAXと言って間違いないだろう。


DSC09323.jpg

DSC09324.jpg


あまりの僕たちの楽しそうな食事風景に気分を良くしたのか、店のスタッフがスイカをサービスしてくれた。
なんだか、僕のドバイの旅はとても良い旅になっている。
やはり、その国の印象や楽しかった度合いは、その土地で出会う人に大きく左右される。


そういう部分で、ネパールでは田舎に泊まらせて頂き、パパやママにすごく親切にしてもらった。
ドバイではムツミさん夫婦にお世話になり親切にして頂いた。
たくさんの優しい気持ちを受け止め、僕の心は優しさに満ちあふれてたのかもしれない。


普段はスルーしてるであろうニャンコ先生にも、僕はお魚さんとチキンを分け与えた。
なかなか食事にありつけず、胃が小さくなってるのであろう。


程なくして、ニャンコ先生はお腹いっぱいになり、テーブルの下で満腹顔でまったりしていた。
ムツミさんも僕も店のスタッフもニャンコ先生も、それぞれが幸せな時間と満腹感でとても素晴らしい時間で満たされていた。
何より、外で食べる食事は、様々な人の流れや風の流れ、雰囲気を感じる事が出来、最高の空間を作り上げてくれる。


実は、インドもネパールもこんなオシャレな感じで食事出来てなかったから少し憧れていたんだよね…。
いやー、全てが満たされて本当に満足だ!!


DSC09325.jpg


オーナー自らが出て来て、おもてなしをしてくれる。
彼はエジプト出身で名前はアムロというから、僕たちはアムロちゃんと言う事にした。


DSC09326.jpg


とにかく、アムロちゃんは今、この空間に包まれて絶好調なのだ。


DSC09327.jpg


こっそり、後ろからレバノン人の彼が、にっこり笑顔。


DSC09328.jpg


こんな風に遊び心がある仕事場って素敵だな。


DSC09329.jpg


日本でも、こんな感じの職場が増えたらいいのにね。
海外だと、至る所でこんな感じなのに。


DSC09330.jpg


ムツミさんにレバノン料理を頂いた僕は最高の気持ちで帰宅するのであった。




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。