スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエス・キリスト

DSC00608.jpg



イスラエルとパレスチナ。
現在では1つの国・イスラエルとして存在する。
この1つの国にイスラエル人(ユダヤ人)とパレスチナ人(アラブ人)が存在する。
1つの国でもイスラエルとパレスチナには、このようにチェックポイントが存在する。
自由に行き来出来る、ユダヤ人に対して、アラブ人がイスラエルに行く際には身分証などのチェックが必要となる。
そのチェックポイントを収めた1枚。



DSC00610.jpg



今日は再び、イスラエルから、パレスチナのベツヘルムにやってきた。
言語も、通貨も変わらないけど、この地域の人々はパレスチナの独立を常に望んでいる。
女性は、ユダヤ人もアラブ人も同様に全身を覆っている。
全員じゃないけど。



DSC00612.jpg



今日この場所に訪れたのは、イエスキリストの生誕地・生誕教会へ行く為。
パレスチナの人々に道を聞いていると親切に案内してくれる。
イスラエルの人々もパレスチナの人々もとても優しく、人懐っこい。



DSC00613.jpg



バスを降りて10分ほど歩いたところにそれはあった。
イエスキリストの教会。



DSC00614.jpg

DSC00615.jpg

DSC00616.jpg



今から2000年ほど前、天使ガブリエルがイエスキリストが誕生する事を予言した。
そして処女マリアがイエスを身ごもった。
当時、イスラエル(ユダヤ)はローマ帝国や宗教的指導者達に支配されていた。
ユダヤ人達は、その従いに苦しみ、独立を望んでいた。


ローマ帝国の命令で、住民登録令が発せられ、ユダヤの人々はそれぞれの故郷に帰らなければならなくなった。
その為、出産直前に控えたマリアと、夫ジョセフはやっとの思いで故郷ベツヘルムに戻るが、宿がなく、家畜小屋でイエスは誕生した。



DSC00618.jpg



近くに居た羊飼い達は、天使のお告げにより、イエスを拝見しにやってきた。(初めてのクリスマスとなった日)
ユダヤの王がベツへレムで誕生したと聞いたイスラエルの王様は、自分の地位を守るため、ベツへレムの2歳以下の子供達を全て殺させたが、ヨセフ夫婦は天使のお告げにより一足早くエジプトに脱出した。



DSC00619.jpg



イエスが30歳になった頃、ヨハネから洗礼(水に全身を浸す儀式)を受けた。
その後、荒野で40日の断食を行い、悪魔から3つの誘惑を受けたが、イエスは聖書の言葉により退けた。
そして布教を開始した。
漁師達を始め、様々なユダヤ人を自分の弟子とし、その中から12人を特別に選び、そばに置き教えた。



DSC00620.jpg



イエスは病人を癒した。
目に見えない人を見えるようにし、耳の聞こえない人を聞こえるようにした。
水の上を歩き、2匹の魚と5つのパンで5000人に食を与えた。
悪霊に取り付かれた人から悪霊を取り除き、立ち直れなかった人立ち直れるようにし、信仰の大切さ、愛、幸せ、天国の道などを教えた。



DSC00621.jpg



一方、ユダヤの宗教的指導者と対立が始まった。
ユダヤの指導が時間が経つにつれ、人々が誤って理解したり、人間的な解釈が付け加えられた事で、イエスはその間違いを正し始めたからだ。
イエスが行う様々な奇跡に人々の心はイエスに向かった。
指導者の立場が危うくなった宗教的指導者はイエスの行動は死に値すると決めつけた。
宗教的指導者はユダヤの人々がイエスを革命の王にし、ローマに対抗し戦い、イスラエル国内が混乱する事を恐れた。



DSC00622.jpg



その頃、イエスは奇跡により人を蘇らせる事が出来るようになり、その話を聞き、1度イエスに会ってみたいという人も増えてきた。
イエスは神殿で賭け事をした商売人を追い出した。
その事がさらに反感を買う事になり、数日後、宗教的指導者はイエスを殺す事を決めた。



DSC00623.jpg

DSC00624.jpg

DSC00625.jpg

DSC00626.jpg



そんな歴史を知らぬまま、僕はイエスキリストすげー!
クリスマス、クリスマスとはしゃいできた。
今年のサンタさんからのプレゼントは何かな?現金かな?ってね。
正直、今でもこんな事あり得るのかなと思ってるし、架空の世界なのかなと思ってるけど。
でも信者もいるので否定せず、肯定せず。



DSC00627.jpg



パレスチナの物価はイスラエルに比べると、安い。
飲み物とかでも缶ジュース1つにしても50円くらい差がある。
125円か75円かと言ったところ。
だから、コーラをがぶ飲みする。
イスラエルでもがぶ飲みするけど、こっちでも関係なく、がぶ飲み。
だって、暑いんだもん。
炭酸最高〜!!
骨溶けませんように。



DSC00628.jpg



パレスチナの歴史はとても難しく、もっといたかったけど、いつか国として認められる日が来るといいな。
イスラエルという国は兵隊たくさん送り込んだりと悪い感じに見えるけど、住んでいる人々は優しい人多いから悪い人じゃないと思う。



DSC00629.jpg



この後、ちけしとお昼から会う予定を入れてたので急いでイスラエルの旧市街に戻る事に。



DSC00630.jpg

DSC00631.jpg



バスの中では、僕に興味を持ったのかパレスチナの子供が絡んできた。
カメラが好きらしく、いじってた。
僕のカメラを。


DSC00632.jpg



英語の勉強も頑張ってたけど、訳がアラビア語?になってて何書いてるか分からない。
分かるのは、Apple juiceという美味しそうな名前。
すると、おばあちゃんの乗客がやってきた。
イスラエルの人々は優しい人が多く、おばあちゃんがいるとすぐに席を譲る。
子供、席を譲った。
僕の隣におばあちゃん座った。
こんにちは。



DSC00633.jpg



バス動き始める。
やべ、ちけしとの集合時間ギリギリ間に合うかな。
やべー、時間ないわー。
おばあちゃん、笑顔。
チョコレートくれる。
2個も。


DSC00634.jpg



えええええ?
ふみさん感動。
イスラエルの人々は親切だと改めて感じる。
そして、改めて旅のやりがいを再認識させられた。
やっぱし、現地の人々との交流なしに旅するのは無理だわ。
以前のような旅みたいに、積極的にならなくちゃ。
盗難にあってから、全てが消極的で、交流する事に警戒して、旅が本来のスタイルからズレておりました。
パレスチナからイスラエルに戻る時、パレスチナ人だけチェックポイントで降ろされて銃持った兵隊に身分証のチェックされてた。
毎回、チェックとか絶対面倒だし、嫌だわ。
早く独立出来たらいいのにね。



DSC00722.jpg



結局、ちけし君とはすれ違いで集合場所で会えなかったので、1人で旧市街にあるイエスのお墓に。
イエスは翌日自分が十字架にかかる事を知った。
そして、弟子達と最後の夕飯(最後の晩餐)をともにした。



DSC00723.jpg



弟子達に遺言とも言える最期のメッセージを残した。
自分が翌日十字架にかけられる事。
その3日後に生き返る事。
逮捕や十字架から逃げる事は可能だったイエスだが、それをしませんでした。



DSC00730.jpg



食事が終わり、オリーブ山に祈りに行くが、弟子の1人ユダの裏切りにより、居場所が知られ、オリーブ山で逮捕された。
その後、イエスは十字架にかけられ、息を引き取った。



DSC00739.jpg



たくさんの信者がこの場所に集まり、イエスに祈りを捧げにやってくる。
世界中のキリスト教信者にとってここは聖地なのであろう。



DSC00740.jpg

DSC00747.jpg



さきほどの弟子達とはこの絵の人達の事なのだろうか。
無宗派の僕にとっては、いまいち理解が出来ない点も多く、難しすぎた。



DSC00749.jpg

DSC00750.jpg



いよいよ、イエスキリストの墓場にやってきた。
大行列で、ここまでくるのに1時間近く待つ事になった。



DSC00755.jpg

DSC00757.jpg



頭をつけて深く祈りを捧げる信者達。
奥の扉をくぐると、本殿になる。



DSC00758.jpg

DSC00762.jpg

DSC00764.jpg



本殿の扉をくぐった。
入った瞬間から奇妙な雰囲気を感じた。



DSC00765.jpg

DSC00769.jpg

DSC00770.jpg

DSC00771.jpg



そして、僕の目の前に世界中から崇拝されているイエスキリストのお墓が存在する。
この場所に僕1人。
目の前にはキリスト。
ドキドキ…。
はじめまして、こんにちは。
吉崎ふみっていいます、よろしくです。
いまいち僕には空想の世界観過ぎて理解出来なかった部分も多かったけど、世界中に信者がいるってことはすごい人なんだろうな…。



DSC00772.jpg

DSC00773.jpg



少しすると、次の方が入ってきて深く頭を下げて、このように礼拝していた。



DSC00774.jpg

DSC00776.jpg

DSC00777.jpg



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

あなたの1クリックでブログのモチベーションに左右されるナイーブなふみさん。笑
スポンサーサイト

パレスチナ自治区 ベツヘルム

DSC00511.jpg



毎日、宗教について勉強しているものの、まだまだ分からない事が多いです。
他の方々のブログを見てると、すごく詳しく書いていてすごいなと思います。
実際に行ってみて、帰ってきて勉強して、もう1度行ってみてと繰り返して行くうちに分かってくるのかなと思いながらも頑張っています。
続いてパレスチナ自治区のベツへレムのアイーダ難民キャンプに行ってみました。
キャンプ場と言っても、以前そうであっただけで今は難民キャンプではありません。



DSC00512.jpg

DSC00513.jpg



今では普通に人々が生活していますし、みんな気さくに声をかけてくれます。
イスラエル人もパレスチナ人もヨルダン人も含めて中東の人々は気さくで陽気に声をかけてくれます。
ニーハオばっかり言われるけど…。



DSC00514.jpg

DSC00516.jpg



壁を通じて、パレスチナの独立を訴えてると思われるデザイン。
このようにパレスチナとイスラエルを隔てる壁は数百kmに渡りあり、今もなお、壁は作られ続けているんだそうです。
イスラエル人がパレスチナ人のデモ暴動を抑制する目的があるんだそうです。
なのでパレスチナ人がイスラエル側に行く際には許可証などが必要だったり、厳しくチェックなどあり時には数時間に渡るんだそうです。



DSC00517.jpg

DSC00518.jpg

DSC00520.jpg



壁の手前には以前、家が建てられていたらしいのですが、イスラエルによって壊されたんだそうです。



DSC00522.jpg



壁にスプレー等で何かを訴えている観光客もいます。



DSC00521.jpg



目の前のがれき等は壊されて残った跡なのかもしれません。



DSC00524.jpg



1948年にこの場所が難民キャンプになった場所と書いています。



DSC00525.jpg

DSC00526.jpg

DSC00527.jpg

DSC00528.jpg



子供達は僕たち、外国人に興味津々。
至る所で声をかけてくれます。



DSC00529.jpg

DSC00541.jpg



こちらがパレスチナ自治区の国旗。
アメリカ以外の国は国として承認しているのですが、国連常任理事国の全ての国からの承認が得られなければ国として認められない為、現時点では認められていないという形になります。



DSC00542.jpg



分離している壁にはたくさんのアートやメッセージが書かれています。
パレスチナに自由を。



DSC00544.jpg

DSC00545.jpg

DSC00546.jpg

DSC00547.jpg

DSC00548.jpg

DSC00549.jpg

DSC00551.jpg

DSC00552.jpg



今まで旅してきた国でこんな国に来たのは初めてで深く深く考えさせられるばかりです。
何も調べずに観光として来るのも1つの旅。
でも、この場所に来て、何も歴史を知らずに終えるのは、今の僕には出来そうにありません。
歴史が深く、まだまだ未知な点が多いですが、パレスチナの人々がいつか独立出来たらと感じさせられます。
両者にはそれぞれの言い分があると思います。
今回はパレスチナ側を回った事でパレスチナ側の受けている現状や悲しみ、思いなどを少し学んだように思います。
ただ、パレスチナの若い人はイスラエルに入国した事が無い人が多く実際に行ってみないと分からない点も多く、いろいろな話をおじいさんやお父さんから聞き、看板や壁などを見て、強くパレスチナに対する復讐心や憎悪の感情を抱いて居る人も多いらしいです。
ある程度の年齢になるとイスラエルに行く事が出来、そこでイスラエル人と交流する事でいろいろ知る事実等もあるようです。
聞かされている話を全て真に受けた結果、過激派などはテロや暴動を起こしているそうです。
ヘブロンでもそうだったけど、子供達は隔離されたような場所で暮らし続け、イスラエルが包囲してるため、イスラエルにも外国にも行けず…場所によっては通っては行けない暗黙の道などもあり、とても悲しい現状を感じました。



DSC00518.jpg



先ほどのこちらの写真…何を感じたでしょうか…。
つい最近までイスラエルとパレスチナが自分たちの宗教を巡り、戦争を起こしているガザ地区。
右側のパレスチナの青年は、自分の顔を隠し、石を投げてパレスチナ兵に応戦しようとしています。
でも、正体がばれると家族も含めて全て捕らえられてしまう為、自分の身を隠しつつ、戦っている姿を訴えているようです。
中には捕まり、兵に捕らえられた姿も。



DSC00554.jpg



イスラエル側に戻る際のこのように仕切りがあり、その向こうでは手荷物チェックやパスポートチェックもあります。



DSC00555.jpg



このような大きな壁に仕切られて…。
そして今も増設している壁…。
少しずつ圧力をかけていきつつ、イスラエルはいつか100パーセント、パレスチナをイスラエルのものにしようとしているのかな。
あまりにも、難しすぎる問題で僕にはまだ理解出来てない点が多いのかな。
イスラム教、ユダヤ教、キリスト教…複雑に絡み合い、争い合う…。



DSC00556.jpg

DSC00557.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

パレスチナ自治区

DSC00448.jpg



イスラエルに来て、宗教の事にすごく考えさせられています。
まだまだ勉強中で理解出来てない事も多く、ブログでみんなに伝えられるほどの知識はありません。
インターネット等で調べたらいろいろな情報が出てきますが、今回、情報とか関係なしに行ってみて感じた事を素直に書いてみたいと思います。
今回、同じ宿の大学生がパレスチナ問題を勉強していて、案内してくれる事になり、パレスチナ自治区のヘブロンに行ってみました。
このパレスチナ自治区のヘブロンはパレスチナの中でも、イスラエルの監視がとても激しい場所と言って良いと思います。



DSC00451.jpg



到着して、すぐにイスラエル兵が銃を構え、走ったりしていて緊張しました。



DSC00452.jpg



なかなか兵隊を直接撮影する事は難しく、後ろから撮影。
間違って撃たれないか心配にもなります。
いきなり集団で走って何かを追いかけているので怖い…。



DSC00454.jpg



ここはパレスチナだとパレスチナ人(アラブ人)が壁に訴えています。
そもそもなぜイスラエルという国でパレスチナ人がここはパレスチナと訴えてるのでしょう…。



DSC00456.jpg



全ての1階の扉は南京錠によって閉ざされています。



DSC00459.jpg



上を覗くと、このような金網があり物が投げ落とされています。



DSC00461.jpg



ヘブロンの中に入るにしてもセキュリティー等があり、ますます緊張します。



DSC00465.jpg



このパレスチナ自治区に入り、最初の道を通ろうとすると誰1人いない…。
まるでゴーストタウンのようで緊張感があり、全く違う空気を感じます。
気味が悪い…。



DSC00466.jpg



建物の1階は全て頑丈な鍵で固定…。



DSC00467.jpg



道を歩いているのはイスラエル兵のみ…。



DSC00469.jpg



そうやら、向こう側にパレスチナ人が住んでるようです…。



DSC00470.jpg



車などでパレスチナ人を通させないように大きな石などで行き止まりを作っていました。



DSC00471.jpg



本当に誰もいない…怖い…。



DSC00472.jpg



ここに住んでいる住人が訴えています。
イスラエル人によるアラルトヘイト(人種隔離政策)だと。



DSC00473.jpg



ヘブロン同盟という、それぞれパレスチナとイスラエルの土地を決めたのも関わらず…



DSC00478.jpg



イスラエル側が同盟を破り、土地を占領してきたと壁に訴えています。



DSC00482.jpg



上からイスラエル兵がパレスチナ人を監視。



DSC00486.jpg

DSC00487.jpg

DSC00490.jpg



誰も人がいなすぎて本当に怖い…。



DSC00491.jpg



もともとはパレスチナ人(アラブ人)の国であったパレスチナ。
そこにイスラエル人(ユダヤ人が)勝手に自分たちの国だと言い始め、ある日突然、全ての家の1階をこのように封鎖し、嫌がらせを始めました。
あくまでも武力行使はせずに。
先ほどの金網も、イスラエル人による嫌がらせで以前はレンガなども投げ込まれていて非常に危険だったらしいです。
そこにイスラエル人が住み込み始め、終いにはこの場所はイスラエルの物だと訴え、世界中から承認をもらい、パレスチナにイスラエルという国を作ってしまいました。



情報が間違ってたらごめんなさい。
まだまだ勉強中で、わずか数日の滞在ではまだまだ理解出来てない部分も多く、情報が誤ってる部分もあるかもしれません。
もし、間違ってたら、ご指摘頂けると僕自身の勉強にも繋がり助かります。



DSC00492.jpg

DSC00493.jpg



途中でパレスチナ人の住居に繋がる道を見つけました。
近づくと、イスラエル兵の目に止まりそうなので、ほどほどに。
先ほどの道も誰もいない道も本当はパレスチナ人の道なのに、通ってはいけないような暗黙の了解があるらしいです。
通るにしても何時間もイスラエル人にチェックされたり、嫌がらせのような事もあるらしいです。
とは、言っても買い物に行くにも、お参りに行くにもあの道を通る必要があるらしく、かなり苦痛を感じているのは間違いないようです。



DSC00496.jpg



パレスチナなのにイスラエルの国境が掲げられています…。



DSC00499.jpg



監視するイスラエル兵と道を歩くパレスチナ人という不思議な光景です。



DSC00500.jpg



上から監視するイスラエル兵。
毎日のように監視される生活というのもいいものではありません。
パレスチナ人による暴動などを防ぐため、24時間態勢で監視にあたり、自治区の中にイスラエル兵が寝泊まりする施設もあります。



DSC00501.jpg



パレスチナ人の民家。
パレスチナの子供がイスラエル兵に何か叫んでました。



DSC00502.jpg



パレスチナ人にとって、大事なマークらしい。



DSC00504.jpg

DSC00505.jpg

DSC00510.jpg



パレスチナ自治区ヘブロン…。
最初にここに来て、いろいろ考えさせられる。
でも、数日の滞在だけでは、パレスチナの歴史を理解するのはあまりにも時間が無さ過ぎる気もする。
少し時間をかけて、いろいろ学んで行こうかなと思う。


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。