スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゼルバイジャン絶景夜景

DSC02139.jpg


少ない割に高かった夕飯を食べ終えた後は夜景を楽しむ事にしました。


DSC02140.jpg

DSC02141.jpg

DSC02142.jpg


いや〜、それにしても街並みがオシャレですな〜。
治安の面でも全然、悪いようには感じない。
問題なのは、このオシャレな街並み散歩を可愛い女の子とではなく、萌性っていうおじさんと一緒にしてる事くらいか…。


DSC02143.jpg

DSC02144.jpg


タワーもとても良い感じだけど、それ以上に良い感じになってるのを発見。


DSC02145.jpg


こちら!
昼間に見た3つのビルがメラメラに燃え上がってるよ。
おー、すげー!!
近くに行ってみなくては!!


DSC02146.jpg

DSC02147.jpg


おーい!!
もいさーん、まこまこー!!
早く行かないと時間無くなっちゃうよー!!


DSC02148.jpg


宿の門限が23時半らしく、そんなに時間が無いので急ぎ足のふみさん。
イルミネーションに癒される、もいさんとまこまこ。


DSC02149.jpg

DSC02150.jpg


お!なんか、いろんなデザインに変わり始めるぞ。
なんか国旗振ってるし。


DSC02151.jpg


と思ったら、今度はメラメラ〜。
なんか、いろいろ変わって面白いな〜。
早く行きたい。
でも急な坂をどんどん登って行かなくちゃいけない。


DSC02152.jpg


よいしょ、よいしょ。
せっかく、シャワー浴びたのに汗びしょびしょ。


DSC02153.jpg


どんどん近づいて。


DSC02154.jpg


ようやく到着と思ったら。
おー、すげー!!
輝く階段じゃん!!
ここは、かぼちゃの馬車のようなおとぎ話の世界じゃありませんか!!


DSC02155.jpg


って事で、登っていきましょう。


DSC02156.jpg

DSC02157.jpg


炎がメラメラもかっこいいし、国旗のイルミネーションもすごくかっこいい。
あ〜、素敵だな〜。


DSC02158.jpg

DSC02159.jpg


上から見るアゼルバイジャンの夜景は絶景であります。


DSC02160.jpg

DSC02161.jpg

DSC02164.jpg


こんな夜景やイルミネーションを見せつけられると、そろそろ本気で愛が芽生えるんじゃないかと心配な方がいるこもしれませんが安心してください。
今のところは大丈夫です。
ただ、彼のお話は聞いていないので実際のところ、相手の気持ちは分かりません。


DSC02165.jpg

DSC02166.jpg

DSC02167.jpg

DSC02168.jpg

DSC02175.jpg

DSC02176.jpg

DSC02177.jpg

DSC02178.jpg


そんなこんなで、アゼルバイジャンの夜景を堪能して帰りました。


DSC02179.jpg


翌朝、グルジアに戻る為に、最初にバスで降りたところに来てみたものの、どこにもツーリストやバスターミナルがないので、近くの人に聞いた結果、199番のバスで行けるとの事だったので199番のバスでバスターミナルにやってきました。


DSC02180.jpg


英語が通じないのでアクトバザール(バスターミナル)と言うと伝わるかと思います。
トビリシ(グルジアの首都) アクトバザールの2つの言葉で伝わったので。
こちらがバスターミナル。
市内中心部から30分ほど離れたところにあります。


DSC02181.jpg


中のチケットカウンターでチケットを購入。
19時発以降からしか出ていないみたいで、早く帰りたかったので19時のチケットを購入。
昼の14時に到着してたので5時間待ち。


DSC02182.jpg


で、待つ事数時間。
目の前にはお茶とお菓子が並べられてと…って、え??


DSC02183.jpg


どうやらツーリストをやってるイラン人のおっちゃんが声をかけてくれて、よかったらゆっくり休んで言って良いよとの事で休憩スペースと茶菓子を用意してくれました。
イランに行かないか?と言われたけど、すでにグルジア行きのチケット買ってるので残念ながら却下。
どうやらイラン行きはアゼルバイジャンからだと55ドル(5500円)らしい。


DSC02185.jpg


ゆっくり休ませてもらってと。


DSC02186.jpg


夕飯を食べる事にしました。
こちらがアゼルバイジャンのビール。


DSC02187.jpg

DSC02188.jpg


そして、こちらがグルジアのイミグレーション。


DSC02189.jpg


行き先はトビリシ(首都)なのに、なんでか、ここで降りてタクシーで行けと言われます。
もちろん料金は払ってるし拒否。
ちなみに、アゼルバイジャン〜グルジア 12マナト(1400円くらい)。
で、一悶着ありつつも無視して乗車。
運転手、キレ気味で運転開始。


途中のガソリンスタンドで休憩を始める運転手。
お客さんの女性に一声かけた後に、肩枕をし始めてイチャつき始めると言う意味不明な行動を見守る僕たち。
休憩後にまた発車するも、意味不明な場所でまた降ろそうとしてくる。
タクシー乗って帰れとか言いだす始末。
絶対、降りない僕たち。
最終的にはタクシー代出させて、帰宅へ。


DSC02190.jpg


が、まだまだ問題は終わらない。
タクシーが120km以上のスピードで飛ばしまくり。
そこまでは、良かったけど、目的地に到着せずに、途中で停車してここで降りろと言い始める始末。
は〜、だるい。
タクシー代を払ってたので、こちらも折れない。


そしてタクシーがいっぱい集まってる仲間の元に行って降りるように促そうとする。
警察もやってくる。
事情を説明した結果、きちんとタクシーで送り届けろと運転手怒られてまた運転開始.
1分後、誰もいなくなった場所を見計らって、また停車して降りろと言い始める。
そして、まこさん、ふみさん、もいさん、ブチ切れ。


最終的には運転手から携帯電話取り上げて、ぶち壊すと脅して、身代わりにしてなんとか、目的地まで送り届けてもらい深夜4時頃、無事に到着。



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。
スポンサーサイト

アゼルバイジャンお土産

DSC02096.jpg

DSC02097.jpg

DSC02098.jpg

DSC02099.jpg


え〜、お昼ご飯を食べたワタクシは、只今、何をしてるのかというと、アゼルバイジャン女性を盗撮していますね。
悪い子です。
アゼルバイジャンの女性ってどんな感じの人だろうと思って写真で見せてあげたいとこなんですが、かなりの人見知りなので、
あ…あ…あ…あの〜、可愛いので良かったら写真撮らせてくださ〜いとか言えない訳であります。
その為、思いついたのがこの作戦。
ドキドキ。
なんか、めっちゃ、こっち見られてるというか気づかれてる気もするけど…絶対、動じない…。


DSC02100.jpg

DSC02101.jpg

DSC02102.jpg


さてと、一旦街中を観光した僕たちは夜まで、ゆっくり休んで、また夜になったらお出かけするという事にしました。
それにしても街中は完全にヨーロッパのようにオシャレです。
アゼルバイジャンという未知なる場所がこんなにオシャレだったなんて驚きです。


DSC02103.jpg

DSC02104.jpg


ついでに、帰り道にあったお土産屋さんにも寄ってみました。
グルジア同様に至る所に置かれてるバッジのお土産。


DSC02105.jpg


これで、2マナト(250円くらい)。


DSC02106.jpg


こちらは、1マナト(125円)。
携帯入れにしようかなと言う事で買ってみました。


DSC02107.jpg


日本人の観光客が珍しく写真撮ってほしいとの事で記念に1枚。


DSC02109.jpg


すると、この中から1つサービスするよとの事で、1つバッジをもらいました。


DSC02110.jpg


って事で、こちらのバッジを頂く事に。
何だか、アゼルバイジャンの人は親切な人が多いみたい。


DSC02111.jpg


その他のお土産特集してみましょう。
こんな帽子や。


DSC02112.jpg


こんなフィギュアも置かれていました。
あ、間違った。
まこまこだった。
間違った、すまん。


DSC02113.jpg


こんな置物もありました。


DSC02114.jpg


こちらは、アゼルバイジャンの首都バクーのマグカップ。


DSC02115.jpg


アゼルバイジャンのタクシーはこんな感じの紫色です。


DSC02116.jpg


部屋でゆっくり休み、夕方になったので探検してみる事にしました。
進んでいくと、中心街みたいなところを発見したので通ってみる事に。
街並みが綺麗過ぎて、まるでバルセロナのようだ。


DSC02117.jpg

DSC02118.jpg

DSC02119.jpg

DSC02120.jpg


何なんだろう、これ。
変な形だ。


DSC02121.jpg

DSC02122.jpg


大きなショッピングモールみたいなものもある。
すげー、アゼルバイジャン。
来る前と来た後では全然、想像と現実は違いすぎる。
ある意味、驚かされたアゼルバイジャン。
何も調べずに行って正解。
知ってたら、驚きも半減してたしね。


DSC02123.jpg


至る所にケバブ屋さん同様にフルーツジュース屋さんも売ってた。


DSC02124.jpg


マクドナルドまであるよ。
ハンバーガー1つ1マナト(125円)と若干、日本より高め。
注文してみたら、パンが丸焦げで、ショッキング。


DSC02126.jpg

DSC02127.jpg

DSC02128.jpg

DSC02129.jpg

DSC02130.jpg

DSC02132.jpg


街並みはオシャレでヨーロッパみたいだけど、それ以上に夜の景色はいい感じ。
至る所でライトアップが始まるので、雰囲気がいい感じになります。


DSC02133.jpg

DSC02134.jpg

DSC02135.jpg


レストラン探ししていて、なかなか見つからなかったんだけど、ようやく見つけたのは、まさかまさかの日本食レストラン。
アゼルバイジャンに日本食レストランがあるなんて、さらに驚き。


DSC02136.jpg


こちらが外観。


DSC02137.jpg


お寿司を頼む萌氏。


DSC02138.jpg


おいらが頼んだリゾットはこちらで10マナト(1250円)。
てか…高過ぎだろ…。
想像を絶する以上に小さ過ぎて、若干しょんぼり…。
萌氏が頼んだラーメンも日本と値段は変わらないのに、めちゃくちゃ小さかったし…。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

17カ国目 アゼルバイジャン バクー

DSC02009.jpg


アゼルバイジャンという未知なる国に行く事にしました。
なかなか日本でも報道されない分、何も分からないです。
先入観とかも入れたくなかったので、あえて何も調べずに行く事にしました。
宿の情報とか行き方は、一緒に行く、まこまこがほとんど調べてくれてる状況。
僕は全く何も分からず…。
Hostel Georgiaを出て目の前の道で待機して150番のマルシュ(乗り合いタクシー)がやってくるのを待ちます。
150番に乗って15分ほどでバスターミナルに到着。
で、バス会社でチケットを買おうと思うと、えー本日は終了しました。
という事で、宿にUターンして、翌日に仕切り直し。笑


DSC02010.jpg


翌日、バスターミナルから14時に出発するので、その時間に間に合うようにして同じ方法でバスターミナルに向かってこちらのミニバンに乗ります。
※1日1本14時発しか出てない。
トビリシ→バクー 30ラリ(1800円)


DSC02011.jpg


が…なんじゃ、このイスは…。
全然、固定されてないじゃん。。
おかげでブレーキ踏まれる度に前に突っ込んじゃいそうになったじゃないかい!!


DSC02012.jpg


30分ほど進んだところで国際バスが止まっていて、そこで降ろされて乗り換えとなります。
16時出発との事なので、1時間ほどのんびり過ごしてアゼルバイジャンの首都バクーに向けて出発。


DSC02013.jpg


バスから見える景色は緑や自然がいっぱいで大自然が広がります。
ん〜、景色が良くて寝てる場合じゃありませんね。


DSC02014.jpg


1時間ほどでグルジアの出国イミグレーションに到着しました。
こちらで、パスポートに出国スタンプを押してもらってと。


DSC02015.jpg


そこから、てけてけと歩いて今度はアゼルバイジャンの入国イミグレーションへと向かいます。
結構、出国〜入国イミグレ間は、距離ある。


DSC02016.jpg

DSC02017.jpg


こちらの入国イミグレでスタンプ押してもらったら入国となります。
車は大渋滞だけど…。
もちろんVISAは必要なので事前に取得しておいてね。


DSC02018.jpg


いよいよ入国となった訳ですが、車がイミグレーションで大渋滞となってる為、僕たちのバス待つ事、1時間ちょい。
ようやくバスに乗って出発となる訳です。


DSC02019.jpg


途中、休憩が何度もありました。


DSC02021.jpg


そして朝6時頃、アゼルバイジャンの首都バクーに到着しました。
アゼルバイジャンは全く未知なので写真メインでたくさん写真を載せていくと思います。
それにしても話し変わるけど、僕のブログってどれくらいの人が見てくれてるのかなと書いてて思いました。
ブログ疲れでモチベーションも落ちてるけど、どれくらいの人が見てくれてるかは全く不明です。
定期的にコメントくれてる方は、分かるのですが…。
時に何も書けなかったりもしますが、楽しみにしながら見てくれてる人がいるなら嬉しいかなと思います。
何だか毎日更新してて、一方通行になってる気もしてならないです。
移動続きで、なかなかブログに時間かけれない時もあるけど、疲労とかからたまに、いい加減になっちゃう時もあります。
毎日更新するってのは今まで半年以上してきた訳ですが、想像以上にハードだったりもします。
モチベーションがあれば可能なのかもしれませんが、僕自身、最近ブログに時間をかける事に戸惑いも出てるのかもしれませんね…。


DSC02022.jpg


さてと話は戻りましてと、朝日がいい具合に登る中、町歩きをしてみる事にしました。
目指すはカスピ海。
Geogle mapというGPS機能付きで今どこにいるか分かるアプリがあるんですが、最高に使えますね。
絶対に道に迷わない。
特に全然知らない街に来ても的確に現在地を表示してくれるのですごく助かります。
海の方角に向けて出発。


DSC02023.jpg

DSC02024.jpg


アゼルバイジャン…今のところ見る限り、結構、街中が綺麗でヨーロッパっぽい?
未知なる場所に来るってのは、若干興奮しますね。


DSC02025.jpg


グルジアに続き、この国でも見た事が無いロシアっぽい文字を使ってるようです。


DSC02026.jpg

DSC02027.jpg

DSC02028.jpg


街中が綺麗に整備され過ぎだしね。
驚き、驚き。


DSC02029.jpg


Hilton Hotelとかもあって、さらに驚き。


DSC02030.jpg


いちお、これ世界遺産らしい(まこまこ情報)。


DSC02032.jpg

DSC02033.jpg

DSC02034.jpg


朝日もいい具合に差し込んできました。
10分ほど歩くとカスピ海が見えてきました。


DSC02035.jpg


おー、カスピ海だ。
朝日がいい具合に反射してる〜。


DSC02040.jpg

DSC02042.jpg


ほんでもって、歯磨きタイム開始。
旅人は歯が命ですからね。
歯の治療費は保険適応外だし。
毎日、意識して頻繁に磨いてますよ。


DSC02043.jpg


周りはランニングしてる人や体操してる人なんかもいたり。
まるで日本みたい。
清掃係の人は掃除してるし。
今まで行った国の中でも、すごく綺麗に整備されてる国の1つだね。
ドバイみたい。


DSC02044.jpg

DSC02045.jpg

DSC02046.jpg

DSC02049.jpg

DSC02051.jpg


続いて旧市街にやってきました。
いちお観光スポットらしい(まこまこ情報)。
何も調べてないので、申し訳ないくらいに、まこまこに頼りっぱなしの、僕とおっさん(萌氏)。
何か向こうに大きなビルもあるみたい。


DSC02050.jpg


これも世界遺産らしい(笑)


DSC02053.jpg


ちなみに中は入場料がかかるのだけど、外から普通に見えているというオチ。笑


DSC02057.jpg

DSC02058.jpg


どこの街にしても旧市街は昔の雰囲気が出てていいね。
確かこの近くに宿があるらしい。
カスピアンホステル。
メリディアンホテルという5つ星のホテルの左の小道を入ったところにあるので、まずはメリディアンホテルを目指す事に。(おっぎー君情報より)


DSC02059.jpg


それにしても国旗がデカい。
風になびかれてる国旗大好き。
アゼルバイジャンの国旗はこんな感じなのか〜。


DSC02060.jpg


宿に荷物を置いて、睡眠とってから観光に行く事にしてみました。
宿はドミトリーで16マナト(2000円くらい)。
1マナト=127円。
お〜、物価高い…。


DSC02062.jpg

DSC02065.jpg


タワーに向けてひたすら階段を登っていきます。
それにしても暑い。
グルジアより暑いぞ、間違いなく…。
たぶん30度は越えてる。


DSC02066.jpg


上からの景色はなかなかいいじゃん!!


DSC02069.jpg


この3本ビルがアゼルバイジャンの象徴的ビルなのかな?


DSC02070.jpg

DSC02072.jpg

DSC02073.jpg

DSC02074.jpg

DSC02079.jpg

DSC02081.jpg


近代的な街に見えたと思いきや、モスクなんかもあるんですね。
それにしても外が暑い。
この周辺にお墓もいっぱいありました。
写真は撮らなかったけど。
どうやら、アルメニアとナガルノカラバフという場所を巡って戦争した時に戦死した人達のお墓みたい。
ナガルノ・カラバフについては後日行く予定なので、その時に説明予定。


DSC02083.jpg

DSC02084.jpg


モスクに近づいてみると、こんな感じの生かしてるデザインもありました。


DSC02085.jpg


ビルの鏡に反射して映る街並。


DSC02086.jpg

DSC02087.jpg

DSC02088.jpg

DSC02089.jpg

DSC02090.jpg

DSC02091.jpg

DSC02092.jpg

DSC02093.jpg


グルジアに続きアゼルバイジャンでもお昼ご飯にケバブ屋さん。
この地域はケバブ屋さんが多いみたい。
値段も200円くらい。
って事で、ケバブを頂く事に。


DSC02094.jpg





世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。