スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、カンボジア

DSC04431.jpg

DSC04435.jpg

来た初日に両替で騙されるわ、変な場所に連れて行かれそうになるわ、いろいろトラブルがあって心が折れかけたカンボジアだったけど、いろんな仲間や人に出会えて、一緒に時間を過ごせて、今思う事は今まで訪れた国で1番なのかなと思う。

誕生日を過ごしたアンコールワット。

DSC04477.jpg

仲間と過ごしたベンメリア。

DSC04574.jpg

プレアヴィヒア。

DSC04672.jpg

いきいきスクールに通う子供達と遊んだ時間。

DSC04818.jpg

アポなしで訪れて、お泊まりする事になったダーウィン達との出会い。

DSC04907.jpg

DSC05012.jpg

DSC05033.jpg

今まで一人旅で助けてもらってばかりの旅立ったけど、カンボジアに関しては仲間や現地の人、人との繋がりを大切に出来たのかなと思う。
ありがとう、カンボジア。
出会った人たち、仲間たち。


よかったらトマトの世界一周を押してもらえると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方はこちらから
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示になってない方は画面の1番右上のPCを押してみてください。

いつも見て頂きありがとうございます。
リアルタイムはピピ島にいるはずです。
スポンサーサイト

忘れられない想い

シェムリアップに戻って来た僕たち。
でも、田舎で過ごし、子供達と過ごした記憶を忘れる事は出来なかった。
もう1度会ってお礼をしたい。


そう思った僕たちは翌日、もう1度村を訪れる事にした。
思い出を残すため、写真屋さんで撮った写真を現像しに行った。
写真が出来るまでの時間、それぞれプレゼント選びに行く。

DSC05018.jpg

僕は妹のダーウィンにビルマのアクセサリーを撮った写真を見せた時に、すごく喜んでたのを覚えていたのでネックレスをプレゼントしたいなと思い探す。

DSC05017.jpg

DSC05019.jpg

値下げ交渉や他店と比較し、僕は花びらがレインボーカラーになっている花のネックレスを買う事にした。
喜んでもらえるといいな。
長男のアグラには野球のユニフォームをプレゼントする事にした。

DSC05020.jpg

その他にも果物やお菓子を買って行った。
トウクトウクは前回、休憩中にエロ動画を見せてこようとしたが、きちんと連れて行ってくれた、おっちゃんに頼み同じ場所に向かうようにお願いした。


着いた僕たちは、お父さんに現像した写真を見せてあげた。

DSC05021.jpg

次に、お母さんにも見せてあげる。

DSC05022.jpg

DSC05023.jpg

DSC05024.jpg

DSC05025.jpg

お父さん、お母さん、共にすごく喜んでくれた。
アグラとダーウィンはどうやら学校に行ってて留守にしていた。

お母さんは服を制作する店を営んでいたので、僕は3ドルで買ったがすぐに破れてしまったズボンを治してもらった。

DSC05027.jpg

その後、お母さんがダーウィンが通ってる学校にバイクで連れて行ってくれた。

DSC05028.jpg

DSC05029.jpg

DSC05030.jpg

ダーウィンを発見した僕は、ネックレスをプレゼントしてあげた。

DSC05033.jpg

DSC05031.jpg

DSC05032.jpg

ダーウィンは12歳ながら、とても賢く気遣いが出来る。
本当は嬉しいとは思うけど、周りの友達や学生を気にしてか控えめになっている。

お母さんにもすぎちゃんからネックレスのプレゼント。
おかあさんは、ダーウィンにあげてほしいと言うが、僕たちがプレゼントをした事を伝えると嬉しそうに受け取ってくれた。

DSC05034.jpg

子供達も僕たちになついてくれて、おいかっけこをしたりして遊んだ。

DSC05036.jpg

DSC05037.jpg

DSC05038.jpg

DSC05039.jpg

そして、いよいよ本当にお別れの時がやってきた。
長男のアグラに会えなかったのは残念だけど…
最後の別れの時間を過ごす。

DSC05040.jpg

DSC05042.jpg

アグラに渡すはずだった野球のユニフォーム。
お母さんとダーウィンに預けてもらう事にした。

本当に最後の最後のお別れ、ダーウィンありがとう。
必ず、また会いにくるからね。

DSC05041.jpg

こうして僕たちはこの村に別れを告げた。
それを見ていたトウクトウクのエロドライバーは、お前達の想い出最高だと言って来た。
帰っていると、まさかのアグラが学校から帰宅しているところに遭遇する。
運転手に泊まるように頼み、少し話す事が出来た。

DSC05043.jpg

DSC05044.jpg

よかったらトマトの世界一周押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらです。
世界一周ブログランキング

見て頂きありがとうございます。

今の君を忘れない

翌朝、ニワトリ達の鳴き声で…いや叫び声で起こされる事になる。

DSC04967.jpg

日中は暑いとはいえ、朝方は冷え込む。
長男アグラが近くに買い出しに行ってくれて、朝ご飯を頂く。

DSC04968.jpg

揚げパンにごまがまぶされ、中に、いものアンコが入ってるのかな。

DSC04970.jpg

近所の子達も集まり一緒に学校に向かい、授業を受ける事になった。

DSC04972.jpg

途中、先生が何かの用で席を外した。

DSC04973.jpg

ニヤニヤ。
僕のやりたかった事を挑戦させるチャンスが訪れたようです。

DSC04974.jpg

隙を見て、前に行った。
僕の小さい頃からの夢、学校の先生になる夢が叶う瞬間が訪れたようだ。
そこから僕の日本語の授業が始まる。

DSC04976.jpg

DSC04978.jpg

簡単なあいさつを教えてると先生が戻って来た。
すると先生も便乗してか、カメラを撮り始める。
珍しかったのかな。

その後、違う教室で子供達を集め、日本の歌、カンボジアの歌を披露しあう。

DSC04981.jpg

DSC04982.jpg

DSC04983.jpg

お礼にお菓子のプレゼント。

DSC04984.jpg

DSC04987.jpg

必ずもらうと両手を揃えて、ありがとうとお礼を言います。
とても礼儀が良い子ばかり。

DSC04989.jpg

DSC04988.jpg

DSC04991.jpg

DSC04992.jpg

生徒達はとても勉強に対して熱心で、みんな手を挙げて答えようとする。

DSC04993.jpg

すぎちゃんと、萌生さんも手を挙げて先生に当ててもらおうとしている。笑

授業も午前中で終わり、みんなで遊ぶ事に。
この学校は無料で授業が受ける事が出来る。
授業料が払えない子供達がいる中で、とても親切な場所だ。

DSC04996.jpg

DSC04995.jpg

その後、近くのお寺にお参りに行った。
小さな子供達だけど、宗教を重んじ、しっかりお参りする。

DSC04999.jpg

お参りを終えると、やはり子供。
お寺の前でみんなで縄跳びをしたりして遊んだ。

DSC05003.jpg

DSC05001.jpg

DSC05000.jpg

DSC05006.jpg

DSC05009.jpg

徐々に帰る時間が近づいてくる。
お母さんにお礼にマッサージをしてあげた。

DSC05010.jpg

そしてお別れの時がやってきた。

DSC05013.jpg

DSC05014.jpg

DSC05015.jpg

妹のダーウィン、長男のアグラ、なんだか寂しそうに見える。
僕も前日の夜あたりから、別れる瞬間を想像するとなんだか寂しく感じていた。
過ごした時間は決して長く無いけど、僕にとって君たちとの出会いは一生心に刻まれると思う。
どんなに時間が経っても忘れない。
出会えた事にありがとう、一緒に過ごせた事にありがとう。
僕は旅の最後にもう1度、戻ってきたいなと強く感じた。

DSC05016.jpg

僕は次の場所に旅立たないと行けない。君たちは、家族を守って行かないと行けない。
しっかり勉強頑張るんだよ。
それぞれ違う道を歩んで行くけど…僕は、

今の君を忘れない



トマトの世界一周押してもらえると嬉しいです^-^
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

田舎に泊まろう

徐々に一緒に共に行動したメンバー達がそれぞれの目的地に向けて旅立って行く。
今日はベンメリアや送別会で一緒に過ごした、ちあきちゃんがプーケットに向けて旅立った。

DSC04871.jpg

僕たちは、先日、がっ君がベンメリアに行く途中でトウクトウクが壊れたらしく、修理が済むまで待ってた時に訪れた村で遊んだ子供達にもう1度会うため、僕たちも行ってみる事にした。

今回はいつも行動を共にしてきたメンバー6人で行く為、トウクトウク2台捕まえての出発。
と思いきや、ガソリンスタンドによるおっちゃん達。

DSC04875.jpg

次に、水等を買い足すため、近所のスーパーへ。
僕は持っていたので、トウクトウクのおっちゃん達と休憩中。

DSC04877.jpg

DSC04880.jpg

おっちゃんはニヤニヤしながら僕に携帯の中に入ってるデータを見せようとしてくる。

DSC04879.jpg

どうやらエロい動画がたくさんあるようだ。笑

買い足しが終わりベンメリア方面に向かう。
が、がっ君の記憶がうる覚えで途中でトウクトウクを止め、たぶんこの道じゃなかったぽいですと相談して来た。
場所が分からなくなった僕たちは、止めた場所にいた、おっちゃんに集合写真を撮った時の写真を見せて、ここがどこか知ってるか訪ねてみる。


すると、おっちゃんは、知ってるぞと言い案内を始めてくれた。
そして、おっちゃんの家に到着した。
すると、がっ君の記憶が蘇り、この家だ!!とテンションが上がった。
どうやら、たまたま止まった場所で、聞いたおっちゃんが、そこの家のお父さんだったというミラクルが起きる。

DSC04881.jpg

その後、子供達を集め、一緒に遊ぶ事にした。

DSC04883.jpg

ボール遊び。

DSC04886.jpg

DSC04889.jpg

風船遊び。

DSC04890.jpg

折り紙遊び。

途中でおっちゃんの長男アグラが差し入れを持ってきてくれた。

DSC04896.jpg

米餅みたいな感じ。

DSC04897.jpg

DSC04895.jpg

DSC04893.jpg

子供達は元気いっぱい。
疲れ知らずだけど、ものすごく喜んでくれて嬉しい。

DSC04894.jpg

ちなみに左が家のお父さん。
トウクトウクのおっちゃん達は僕たちが帰るまで休憩中。

DSC04904.jpg

日本の写真を見て喜ぶアグラと妹のダーウィン。

DSC04903.jpg

DSC04900.jpg

DSC04906.jpg

子供達の輝かしい瞳と笑顔にただただ癒されるばかりだ。

DSC04899.jpg

DSC04910.jpg

DSC04911.jpg

DSC04907.jpg

長男のアグラがすぎちゃんに今日は宿はどうするんだいと訪ねて来た。
すぎちゃんは、アグラ ハウス オッケー?
と聞くとアグラは嬉しそうにオッケーと言ってくれた。
という事で、女性陣2人は宿に戻るが僕たち男4人は、アグラの家に泊まる事になった。


夜は宴を開くため、近くのお店に買い出しに行った。

DSC04912.jpg


アグラは友達を呼び始める。

DSC04909.jpg

ご飯が出来るまでの時間、僕たちは家のお手伝いをする。

DSC04913.jpg

薪割りをする萌生さん

DSC04915.jpg

庭の掃除をする僕とがっ君。

DSC04916.jpg

徐々に外は暗くなり始める。

DSC04917.jpg

ダーウィン達が学校を見せてくれるらしく案内してくれた。

DSC04926.jpg

DSC04931.jpg

DSC04936.jpg

夜は貴重な鶏肉を頂き、豪勢にもてなされた。

DSC04941.jpg

ダーウィンに一緒に食べようと誘うが首を振る。
どうやら客人、お父さんが地位が高いらしく、女性陣は隅の方で僕たちが食べた後に食事をしていた。
料理も豪勢でなんだか申し訳ない気持ちもする。


夜はアグラの友達達と宴が始まった。

DSC04944.jpg

DSC04951.jpg

DSC04952.jpg

女性陣は食器等を片付けたりと、昔のしきたりある日本と同じ文化があうようだ。
妹のダーウィンもすごくお手伝いさんで偉いなと感心した。
ちなみにアグラは17歳でコンピューターの先生。
ダーウィンは12歳で英語が話せて、すごく勉強熱心。

DSC04955.jpg

宴が終わるがアグラは楽しすぎるせいか、部屋に戻ってもカラオケやダンスで盛り上がる。

DSC04964.jpg

DSC04960.jpg

楽しんだ僕たちはアグラの家で寝泊まりし、翌日、学校に行く事にした。


よかったら、トマトの世界一周をクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから。
世界一周ブログランキング

見て頂き、ありがとうございます。
リアルタイムは今日の深夜バスでバンコクに向かいます。

この旅で1番やりたかった事

僕は、旅に出る前、やりたい事を思い描いていた。
その1つにカンボジアで小学校のボランティア活動をする事だった。
今回、たまたまプレアヴィヒアとベンメリアをシェアしたいと声かけしてた、とっとちゃんとの出会いをきっかけに一緒にシェアして行動し、とっとちゃんが学校に行くという事で一緒に行かせてもらえる事になった。


僕たちは今回、いきいきゲストハウスのオーナーさんが建てた、いきいきスクールに向かった。
最初にいろいろ買う為に、市場による。

DSC04754.jpg

DSC04758.jpg

DSC04756.jpg

DSC04761.jpg

そこで生徒全員分にプレゼントとしてノートを購入した。

DSC04762.jpg

DSC04763.jpg

学校は電気もガスも無い場所にある。
そのため、舗装されてない道を1時間以上、奥に進んで行く。

DSC04767.jpg

DSC04768.jpg

驚きだったのが、通りすがる地元人全ての人が僕たちを見て、バイバーーイと手を振ってくれる。

DSC04778.jpg

途中で生きてる豚さんを運んでるバイクともすれ違う。

DSC04775.jpg

DSC04780.jpg


1時間以上のガタガタ道を通った僕たちは学校にたどり着いた。
学校は今日はお休みだったので、そこにいた子供達と遊んでみる。

DSC04782.jpg

DSC04784.jpg

DSC04794.jpg

その後、村長さんに挨拶を済ませると子供達が遊んで欲しそうにしている。

DSC04797.jpg

僕は持って来たシャボン玉を持って遊んだ。

DSC04812.jpg

DSC04818.jpg

DSC04820.jpg


DSC04814.jpg

無邪気に遊ぶ子供達がとてもかわいらしく思える。

サッカーボール遊びに

DSC04803.jpg

折り紙遊び

DSC04828.jpg

風船遊び

DSC04826.jpg

アイス売りが来てたので買ってあげると、みんな嬉しそうな顔をしている。

DSC04804.jpg

カメラで遊ぶ子供達。
笑顔がかわい過ぎる。

DSC04842.jpg

DSC04846.jpg

DSC04841.jpg

風船やお絵描き、みんな遊びに熱中している。
とても幸せそうな笑顔。

DSC04824.jpg

DSC04831.jpg

DSC04843.jpg

瞳が輝きすぎて、一瞬吸い込まれそうになる。

DSC04839.jpg

サッカー好きな少年

DSC04847.jpg

DSC04851.jpg

村人のお仕事もお願いされてお手伝いさせてもらった。

DSC04853.jpg

村の商店

DSC04855.jpg

シャワーや水を供給する場所

DSC04854.jpg

押したり引いたりすると水が出てくる。

彼の名前は漫画のキャラをとって、浦安と呼ばれている。笑

DSC04864.jpg

DSC04862.jpg

最高なキャラだった。笑

教室

DSC04865.jpg

DSC04858.jpg

最後に別れを惜しむ彼らは、僕たちをずっとずっと見送ってくれた。

DSC04866.jpg

DSC04867.jpg

DSC04869.jpg

この村には電気も無ければ、ガスもない。
確かにまだまだライフラインが整いきれて無く、これから外国の支援によって少しづつ発展して行く。
でも僕は、この村に多くの魅力を感じた。
彼らの笑顔や瞳は輝きを放ち、とても純粋だ。


そして、みんなで助け合い、団結して村を守っていく。
子供達も僕たちを見るとみんな手を振ってくれるし、近寄ってきて遊ぼとはしゃいでくれる。
もし街で手を振っても冷めた目でなんだこいつと思われるだけだろう。


ここに来て、純粋なみんなの瞳や笑顔にただただ僕は吸い込まれ、優しくなっていってるのかもしれない。
旅に出て、いろんな人から優しくされ、純粋な瞳を見て僕は優しくなれてるのかな。
プレアヴィヒアの時もそうだけど、田舎に住む方々の優しさには、ただただ感動するばかりだ。


僕の旅のスタイルも変わり始めるのかもしれないな…。
本やテレビで取り上げられる観光地より、もっともっと田舎に出向き、現地の人と交流してみたい。
みんなにプレゼントしたノート大切に使ってもらえると嬉しいな。
僕たちとの思い出覚えてくれてると嬉しいね。


彼らは、金銭面からも村を出て違うところに行く事がなかなか出来ない。
中には、この村しか知らず、生涯を過ごす人もいる。
ライフラインも整ってない、DSがあるわけでもないけど…
ライフラインが整いすぎて、無駄に資源を使ったり、家に引きこもってゲームばかりで過ごすより、この子達みたいに外でみんなと遊んでる方が、僕には幸せそうに感じた。


学校でのボランティアは出来なかったけど、僕にとっての今回の体験はとても貴重なものとなるとともに、ずっと忘れない思い出になるだろう。
あの子達の純粋な笑顔をずっと心の中に入れておきたい。


よかったら、トマトの世界一周押してもらえるとブログの順位が上がるので嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらからです
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示にしてない方は1番右上のPCを押してね^-^
見てくれてありがとうございます。
少しでも、今日の出来事が日本のみなさんに伝わればいいなと思います。
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。