スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの旅、注意すべき点

ようやく1ヶ月間のインドの旅が終わりました。
ん〜、めちゃくちゃ長く感じた!!
今回の旅は、コルカタ→バナラシ→アグラ→ジャイプール→ジョードプル→ジャイプール→デリー
という北部エリアを周った訳であります。


特にバナラシとアグラは観光地過ぎるって事もあって、インド人がウザ過ぎた。
とにかく、しつこいしつこい。
どかしても、どかしても前を塞ごうとしてくるわ、周りを囲んで値段を言ってくるけど、その値段もぼったくりに近い値段だし。
交渉成立しても、降りたら約束してた値段と違う値段吹っかけてくるし、もしくは目的地に連れて行かないし、もう面倒臭過ぎて仕方なかった。


特にリキシャは悪い人ばかりでした。
普通に生活してる人は結構良い人が多かったように思います。


最初に訪れたコルカタはそこまで観光地化されてない部分もあり、人の絡みも今思えばすごく優しかったなと感じてます。
油断は禁物ですが。
衛生面に関してもバナラシに比べたら全然良かったし。


物価に関しては、インドの経済成長が日本の経済成長を上回ってる事もあって、すごくお買い得な気分にさせられます。
以前は1ルピー=3円くらいだったらしいのですが、今では、1ルピー=1、7円くらい。
物価差は見ている限り5倍近く違うのかな。


まずは治安に関しては、何とも言えない部分もあるけど、かなり強引に来られるって事は無かったかなと思います。
強引に引っ張られたり、恐喝的な事は。
なので、男性1人旅に関しては、そこまで問題は無いかもしれません。
物も盗まれる事も基本的にはない気もします。
ただ油断してると、いつのまにか無くなってるパターンがあるので気をつけた方がいいかもしれません。


電車等も値段差があっても日本だと数百円単位の差なので無理せず、少しいいクラスの席をとるほうが無難なのかもしれません。
最低でもSL(スリーパー)。
ACクラスにすれば人もきちんとした人が多いので、さらに安心出来るかもしれません。
予約は早めに!
なかなかインド列車の席を取れない日もあるので。
特に中心のデリー行きは。


女性1人旅に関しては、いろいろ気をつけなくてはいけない点が多いような気もします。
今、問題になってるのがレイプ事件ですが、これからも増え続ける気がします…。
原因の1つに警察がほとんどやる気がない事。
結局、賄賂で動いてしまうし、僕が警察に蹴られた時に話した時も全くやる気ありませんでした。
というか、たぶん動く気ない。


さらにインド人の考え方としても、逃げればインド人多過ぎるし分からないよっていう安易な考え方もある気がします。
確かに同じ顔ばかりで顔の判断がつきにくい部分もあるかもしれません。
なにより人口が多い。
どこのだれで、名前も分からないのに顔だけ覚えてても捕まえきれる?っていうふざけた考え方を持ってる人も多いはず。


ヒンドゥー教がいろいろ規制してる部分も多い気もします。
お酒は基本的には飲めない感じだし、弱いくせに飲んだ結果、調子こいて暴走したり。
で、結果的に事件に繋がったパターンもあるようです。


あとは1人だとあまり何もしてこないくせに集団になると調子に乗って何でもあり的な感じに特にホーリーの時は思いました。
そういう事が集団レイプという形になってるのかなと。
だからこそ、起きてしまっては遅いので女性1人旅は気をつけなければいけないと思います。


現地人との交流も大切にしてる人は多いと思います。
よく、バナラシでインド人と日本人女性旅人が2人でいろいろ歩いてたり、レストランで食事をしてる姿を見ました。
仲良くなる事に否定はしないけど、そこまで打ち解けてて本当に大丈夫かな…と一瞬心配になった部分もあります。
信用して仲良くなってるのかもしれないけど…
リスクもあるって事をしっかり頭に入れておかなければなりません。


路地でインド人とキスしてる日本人女性を見た時は、マジかよ…って一瞬思いましたが…。
わずか数日で気を許しすぎてないかって…。
実際にバナラシでレイプ事件が多いって言う事を耳にしたりもします。


きちんと気をつけるべきとこは気をつけて、女性1人行動はなるべき控え、電車移動など少しお金を出してでも安心ある旅をし、知らない人に簡単について行かず、間違ってる事はきちんとした態度ではっきり言えば、ほぼ問題は無いのかもしれないけど、出来てない人も結構いる気がします。
別に、守れてない事が悪いとは言えないけど、ニュースになってない事件もいっぱい起きてるっていう話はいろいろ聞きました。


実際に旅してみて本当に信頼出来るインド人ってのはあまりいないような気もします。
特に観光地エリアでは。
日本人=お金、女性=弱い立場という図式が出来上がってるのは間違いないです。


その辺を割り切って旅しないと足下すくわれる事だってあります。
普通に会話して、仲良い素振りを見せてても、大抵は最後に、お土産屋に連れて行こうとする輩をみると、結局、金かよっていう風にしか思えなくなります。


コーラ1つ買うにしても、水1つ買うにしても絶対に現地価格では売ってくれないし、おつりもごまかす輩はたくさんいました。
で、はっ?おつり違うじゃんって言うと、いくらおつりが違うかも言ってないのに、間違ってる分のお金をすぐに出して、勘違いしてたとか間違ってたとかとぼけたふりをします。
適正値の間違った分のおつりを渡してくる時点で、いくら間違ってるか分かってるじゃん!ってキレそうにもなりますが。
渡してるお金を、隠して10ルピー足りないっていう輩もいました。
バナラシのURVASHIゲストハウスのスタッフとか。
基本はインド人は絶対に人の責任にしようとします。


とにかく、お金と女性に対してはそこ尽きないどん欲が見られたし、本気でクソ野郎っていうような輩がいっぱい過ぎて、諦めるとう選択肢か、ふざけた事言ったら、容赦しないという選択肢になっていまします。


そういう気持ちにならない人は、ぼったくられてる事に気付いてないか、別に数十円単位だからいいやっていう考え方の人だけでしょう、きっと。。


本気で怒れば大抵のインド人は、黙り込むので強い口調でしっかり言うべきだと思います。


結局、インド人に対して優しくしようって感情にはならなかったかな。
一瞬、そうなってもすぐに裏切ってくるし、日常茶飯事。
完全に外国人観光客はお金を落とすだけの存在という下にしか見られてないんです。


でも、これは北インドの話であって、南インドを旅してた人の話を聞くと、結構いい話を聞くので、本当のインドを知る意味では、両方行くべきだと感じてます。


ただ、北インドだけを旅したら、こういう気持ちになるのかも…。
人それぞれの感じ方があるから一概には言えないけど。


本当のインドを知るべきならツアーじゃない方がいいかな。
ツアーで来ても、ある程度プロテクトされてる部分があるから、良い部分しか見えてこないかもしれません…。


衛生面に関しては間違いなくバナラシが最強に悪いと思います。
たぶん、大抵の人がここで体調を崩すのではないでしょうか…。


デリーに関しては想像以上に客引きがウザく無かった事に驚きました。
ほとんど無視してた事もあるんですが、バナラシ、アグラは無視してても、ずっとしつこくついて来てたので。


トラブル例を見てると大抵の旅人が、インド人の言う事に騙されてついていったり、信じたりした結果、騙されたり数十万円のツアーを組まされたりしてるみたいです。
初めてのインド旅で国際空港から近いデリー駅に降りて全く分からず不安。
※デリー駅は九州で言うと博多駅みたいな感覚の中心駅。
そこで、声をかけられ、いろいろ情報をくれるのでついていってみる。
ついて行くと日本語が出来る人がいていろんな情報を教えてもらう。
信用する。
そういうパターンから騙されたり。
ヒドい時には、そこで監禁されて高額ツアーを組むまで出してくれない事もあるみたいです。


だから、デリーで声をかけてくるインド人は全員無視するくらいの感覚じゃなきゃいけないのかなと思います。
デリーに限らずだけど。

書ききれてない部分もいっぱいあるけど、特に女性一人旅はかなり注意しながら旅をした方がいいのかなと感じた。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

インドの旅、終了!!

DSC08330.jpg


インド門をまっすぐ直進すると国会議事堂があるので歩いて行きます。
インドの2大都市。
デリーが政治、ムンバイが経済の中心地となってるようです。
芸能関係の人は主にムンバイにいるみたい。
ここインド門では昨年末、レイプ事件が起き、大規模のデモとなった場所です。
なので、警察が至る所で警備してます。
一部の警察官は明らかにサボってましたが…


DSC08336.jpg


ここが政治の中心地となる訳ですが日本の永田町に比べると警備がいる訳でもなく本当に大丈夫か…
と一瞬疑いたくなります。


DSC08340.jpg


灯りはキレイでここでゆっくりしてました。


DSC08341.jpg


夜になるとライトアップされるインド門。


DSC08342.jpg


その後、地下鉄に乗って、またニューデリー駅に戻って来ました。


DSC08343.jpg


翌日、昼間は暑過ぎて全く外に出れないのでゆっくりしてました。
で、ネットしてたらイラン西部orインド〜パキスタン国境間で地震の情報が入って来ました。
デリーも少し揺れたみたい。
気付かなかったけど。


なんだか、いろいろ考えてしまいました。
以前、電車の中で、ネパールに行こうか、インド南部に行こうか、北部に行こうか迷ってた時期がありました。


最終的にはネパールに行く事にしたのですが、もしインド北部に行く決断をしてたら僕はインド〜パキスタンの国境のある街を訪れる予定でした…。


そういう事もあり、もしかしたら時期が重なっていた可能性もあり、ちょっと怖いな〜という気持ちと、1つ1つの決断って決めた以上は変わらないんだけど、運が悪ければ災害や事件に巻き込まれるだけに少し怖くもなりました。


最終的には、イラン西部の地震だったのかな?
正しい情報は。


DSC08346.jpg


街中に出てみると地震の影響は全くなくいつも通りの生活が行われてました。


DSC08347.jpg


夜になり、次のネパール行きの飛行機が翌朝に控えていた為、ガンジー国際空港に向かいます。
って事で空港泊です。
地下鉄でも行けるのですが、空港と直接繋がっているエアポートラインみたいなものを発見したのでそっちで行く事にしました。
料金は地下鉄に比べると高く、150(270円くらい?)ルピーです。
ただ、地下鉄に比べると混んでないので、快適です。


DSC08349.jpg


ここはインドなのかというくらい中がきれい過ぎて驚きです。


DSC08350.jpg


あ、昨日すぎちゃんがぬりぬりされたのが、このようになりました。
僕が書いたうんこもしっかりペイントされております。
数日で消えるらしいけど。


DSC08351.jpg


そして、空港到着。
かなり大きな空港で世界中の飛行機が通ってるみたい。


DSC08352.jpg


エレベーターで上に上がって行くと。


DSC08353.jpg


カウンターのある階に到着です。


DSC08354.jpg


で、中に入るにはeチケットが必要ですので持ってない人はコピーしてもらいに行かないと行けません。
僕たちは、到着した時間が早過ぎたため、待合室みたいなところで、そこで座って待ってました。
でも、蚊が多くて大変。
ちなみに、そこでタダでコピーしてもらえます。
たぶん、50ルピー払えとかとぼけた事言ってくるけど無視で大丈夫です。
トイレも中に中に入らないと無い為、トイレ行きたくて仕方ないから入れてくれと言ってカウンターがあるスペースに入らせてもらいました。


DSC08355.jpg


空港のトイレはめちゃくちゃオシャレ。
男女のスペースがこのように区別されてます。


DSC08356.jpg


カウンターのある空間は広く象さんもいます。


DSC08357.jpg


イミグレーションをくぐるとスターバックスがあったので、残りのルピーを使い果たす為にも、休憩しておりました。


DSC08358.jpg


やっぱし、インドのスタバは安いからいいね。
ヨーロッパ行ったら日本と同じ料金だから無理だわ。
って事で350円くらいのベンティサイズのフラペチーノを頂きました。


DSC08359.jpg


すると試飲会みたいなのをするから参加しないと言われたので参加してみる事に。


DSC08360.jpg


おいしいコーヒーの飲み方は、まず香りを楽しむんだそうです。
って事で、みんなで楽しみます。
やっぱし、いい香りですな〜〜。


DSC08361.jpg


記念にスタバの帽子を被らせてもらいました。


DSC08362.jpg


登場時間になるまで、3人でネットしたりして休憩中。


DSC08363.jpg


では、次のネパールへ!!




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

ぬりぬり

DSC08280.jpg


地下鉄に乗って世界遺産のフマユーンを見に行きます。


DSC08281.jpg


地下鉄はこのような感じでとてもキレイ。
まるでシンガポールのようなキレイさであります。


DSC08282.jpg


地下鉄から20分ほど歩いてフマユーンに到着しました。
周りは公園みたいになっていて、子供達がクリケットっていうインドの国技のインド版野球をしたりして楽しんでいました。
楽しそうに遊んでたので自分も中に加わってみる事に。


DSC08284.jpg


やっぱし、インドの子供達はすごく人懐っこいので、すぐに打ち解けられますね。


DSC08285.jpg


ぺろんちょしようって誘うと、みんなノリノリでやってくれます。
その時の動画もあるので、よかったらfacebookページのぞいて見てください。


DSC08288.jpg


ナーマー

DSC08287.jpg


ステ!!
そんな感じで遊んでおりました。


DSC08290.jpg


遊び終わり、フマユーンに入る事に。


DSC08291.jpg


それにしてもインドはどこも入場料が外国人は高いですね…。


DSC08292.jpg


では、入って行きましょう。


DSC08293.jpg


すると一匹のワンちゃん発見。


DSC08295.jpg


う〜ん、ポーズ決まってますね〜、かわいい!!


DSC08298.jpg


いよいよ、フマユーンの入り口がお目見えしました。


DSC08300.jpg


じゃじゃーーん!!


DSC08301.jpg


赤のタージマハルと言ったところでしょうか。


DSC08302.jpg


以前からデリーを訪れた際は行きたかった場所なので来れて嬉しいです。


DSC08303.jpg


入り口もとても大きい!!


DSC08304.jpg


タージマハル同様に同じ景色を撮ってみました。
何だか作りが似ているような気もします。


DSC08305.jpg


で、中に入ってみました。


DSC08306.jpg

DSC08308.jpg


内部の天井。


DSC08311.jpg


タージマハル同様にお墓が置いてありました。


DSC08312.jpg


1カ所だけでなく2〜3カ所にお墓がありました。


DSC08317.jpg


その後、歩いて今度はインド門に向かいました。


DSC08318.jpg


こちらがインド門。


DSC08320.jpg


歩いていると、子供達が近づいて来ます。


DSC08321.jpg


で、勝手に腕に模様を描こうとしてきます。
2ルピーで。


DSC08322.jpg


あまりにもしつこいので、すぎちゃんがしてもらう事に。


DSC08324.jpg


僕も手伝ってあげました。
うんこ。


DSC08325.jpg


いろいろ描かれるすぎちゃん。


DSC08326.jpg


ぬりぬり。


DSC08327.jpg


ぬりぬり。


DSC08329.jpg


で、最後に300ルピーだと言って来たので、最初に言われた2ルピー払ってさよならしておきました。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

PC表示になってない人はPCのボタン押して表示を切り替えてね!※スマホの人のみ。

ヘコんじゃったね。

DSC08237.jpg


ニューデリーの宿を決めた後、お2人さんは爆睡モードに入ったので、1人で観光に向かう事にしました。
1人行動をニューデリーでするってなんだかドキドキするな〜…
大通りに出ると、パレードみたいなのが行われててたので眺めてみる事にしました。


DSC08238.jpg


なんのパレードなのかな…??


DSC08239.jpg


その時の動画はこちらのfacebookページより。
facebookしてる人しか見れないのがごめんだけど。


DSC08240.jpg


車が多いニューデリーだけど、お構いなしに道を塞いでおりました。


DSC08241.jpg

DSC08242.jpg

DSC08243.jpg

DSC08244.jpg

DSC08245.jpg


そして、ジャマー・マスジットという観光地に向かいました。
途中で道を聞くも、みんな親身になって教えてくれます。
あれ?
ニューデリーって、かなり治安悪いとか、悪い人が多いって聞いてたのに、全然違う気がする…。
そんな感じで優しさに触れつつ、目的地にやってきました。


観光地という事もあって来てた人も多く、僕も門をくぐろうとすると、入場を管理してると思われるインド人にカメラを持ってるから300ルピー払うように言われました。
少し後ろにカメラを持ったインド人がいたので、一旦、待ってそのインド人も払うのか見てました。
すると、なぜかカメラを持ってるインド人をスルーしました。


なので、なんであの女性は300ルピー払わなくていいのかと聞くと、
そのインド人に注意をする素振りをするも、そのふりだけで、スルーさせました。
僕は、どうして彼女は300ルピー払わないのかと訪ねると、彼女はインド人だからいいんだと言って来ました。


ふーんと考えてると、そのインド人から首をつかまれ、お前は門の前の階段で1時間座って待っとれと連れ出されました。
意味が分からないと再度、その人に言うと、今度は長老みたいな同僚と思われるおじさんにチップを払えとバカにするようにヘラヘラ笑われながら言われました。
断って中に入ろうとするも入れてくれません。


近くにいた警察官にどうやったら入れるのかと訪ねたところ、300ルピー払えば問題ないよって言われたので300ルピー持って行きました。
すると、そのインド人に蹴られ、お前はそこで1時間座っとけと暴力をふられました。
マジで意味不明です。


インド人は警察官など、権力的なものを持つと平気で街中でも人がいる前でも暴力を振ってくる事があります。
何度かそういう現場を見た事もあります。
周りに観光客がいる中、関係無しにそういう事をして来た事には本気でキレそうになったものの、観光地で逆キレして仕返しをすると、いろいろ問題になると思ったので、先ほどの警察官に起きた事を説明しました。


すると、その警察が上司と思われる警察官のところに案内してくれました。
で、事情を説明するも、聞く気があまりないのか英語が通じてないのか分からないけど、全く相手にされませんでした…。
その説明してるとこを見ていた人が僕に声をかけてくれて事情を聞いてくれて、いろいろ励ましてくれました。


なんだか観光する気が無くなったので帰る事にしました。
なんだか、無力な自分と、蹴られた事に動揺した自分がいてなんだか帰り道、いろいろ考えてしまいました。


早く気持ちを切り替えなければ。
蹴られた事に、いつまでも、ひきづっても仕方ない。
もう過ぎた事だから…。
なかなか気持ちの切り替えが出来ません。


もしかしたら、帰国後、どこかで暴力振られる事もあるかもしれません。
そういう時に引きずり過ぎない為にも…
もっと早く気持ちが切り替えれるように練習だという気持ちであまり考えないようにしました。


それにしても、1人行動になると心細い部分もあるのかもしれません。
もし同じ状況でも3人で行動してたら、もっと強気に蹴ったインド人に抗議するなり、何かしらのアクションを起こしてたのかもしれません。
1人だったという事と、問題を起こした時に1人で対処出来ないかもしれないという保守的な気持ちになった時に、何も出来ず泣き寝入り状態になった事になんだか悔しさもあります。
権力的に暴力を振るうインド人にも正直許せない部分もあります。


DSC08252.jpg


夜になり、3人でご飯に行く事にしました。
ニューデリーのホテル街はこのように、ネオン街になっています。


DSC08255.jpg

DSC08256.jpg


まずは美味しそうなジャガイモ屋さんを発見したので40円ほどで食べてみました。
うまい!!


DSC08257.jpg


とにかく何が何でもインド料理から逃げようと必死になってます。
というか、もう限界です。
日本食レストランでおくら丼を。


DSC08258.jpg


さらに、かき揚げうどんを。
スープが日本と変わらない味で感激です。


DSC08259.jpg


翌日はコンノート・プレイスという外資系の飲食店が並ぶ中心街に行く事にしました。
あ、犬にワンワン吠えられて逃げるおばあちゃんを、おっさんが追い払うシーンをパシャリ。


DSC08261.jpg


で、カオサン通りに似ているメイン通りを進んで行きます。


DSC08262.jpg


リキシャに子供がいっぱい乗ってます。


DSC08263.jpg


学校帰りかな??


DSC08264.jpg


近づいてみると、カメラが好きなのか、みんな興味津々。
変な顔もしてくれました。


DSC08265.jpg


よく見る光景だけど道ばたで睡眠とってるおっちゃん。


DSC08266.jpg


目的地に到着しました。


DSC08267.jpg


マクドナルドやケンタッキーなど外資系のお店が並んでいます。
きっと金持ちのインド人が来るんだろうな〜…


DSC08268.jpg


僕たちはケンタッキーに入る事にしました。
周りは現地人と外国人の半々といったところでしょうか。


DSC08269.jpg


とても、オシャレな人やキレイな人がいっぱいいます。
バナラシとは大違い…。


DSC08270.jpg


そして、STARBUCKSを発見しました。


DSC08271.jpg


中に入ってみる事に。


DSC08272.jpg


インドのご当地限定のマグカップ。
僕は以前、ご当地限定マグカップとタンブラーにハマってたので、少しテンション上がってしまいました。
荷物になるので買う事は出来ないのですが…。


DSC08273.jpg


店内はこのような感じ。


DSC08274.jpg


抹茶フラペチーノが1番大きいサイズで360円くらいかな。
旅中にスタバは行かないって決めてたんだけど、日本の半額くらいで飲めちゃうので、飲んじゃいました。


DSC08276.jpg


なんだかオシャレですね〜。
現地人にとっては日本の価値で2000円くらいのコーヒー飲んでるっていう計算かな。
わざわざ、スタバじゃなくてもいいようなって一瞬思うんですが…ここに来る事はインド人にとっては一流レストランにとか遊園地に来てる感覚なんでしょうか…。


DSC08277.jpg


インドなのにオシャレだな〜〜。


DSC08278.jpg


客層もどこかの有名大学に通ってるお嬢様なのかな??


DSC08279.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

PC表示になってない人はPCのボタン押して表示を切り替えてね!※スマホの人のみ。

航空券、発券ミス…

え~、まず結論から言うと航空券発券ミスでキャンセルくらっちゃいました。

4月17日 デリー(インド)→カトマンズ(ネパール)行きの航空券をskyscanner経由でexpediaから予約した訳なんですが、まさかの名字と名前を書く位置間違えてまして、無効となった訳です。
で、実家の電話番号で登録してたので実家に連絡かかって来た訳ですがエックレスジャパンから記入間違いで連絡するように言われてるから今すぐしてと連絡あった訳です。


え?エックレスジャパン??
なんじゃ、そりゃ?
わ~、絶対昨日予約した航空券のやつやんと思いながら、本日中に連絡ないとキャンセル料が発生する上に航空券が無効になるので若干焦りながらもなんとか話をして再度、航空券を予約してなんとか航空券を取れました。


あぶね~、wifi繋がってないとこに、いてたら完全アウトやわと思いつつも一安心。
航空券を予約する際は、しっかり名前が合ってるか確認しましょう!笑


DSC08212.jpg


さて、深夜列車でインドの首都デリーに向けて出発です。
と言いたいとこですが、なんじゃ、こりゃ~~~!!


DSC08213.jpg


人!人!!人!!!
みんな駅の構内で寝てるし!!笑


DSC08214.jpg



すごいな~と思いつつも駅のホームに向かいます。
すると…


DSC08215.jpg



電車の上に…
人!人!!人!!!
あまりの光景に驚いてしまいます…。


DSC08216.jpg



って人多過ぎて、ドアのとこも人…入りきれてないやん…。
警察も全く対処する気無し…。


DSC08217.jpg



インド人ですら驚きなんでしょうね…。
みんな写真撮ってましたよ…。笑


DSC08220.jpg



で、もの好きなんで近くに行ってみました。
この電車乗らないけど。
すると、なぜか大歓声。笑


DSC08222.jpg

DSC08224.jpg


盛り上げてみたら、みんな大歓声やら口笛やらでスゴい事に。笑
その時の動画など含めて今まで撮り溜めた動画
よかったら、ふみさんのfacebookページにイイネ押してもらえると嬉しいね。笑


DSC08225.jpg



その光景にどんどん集まってくるインド人。


DSC08226.jpg



しまいには写真とか撮られてました。
でも警察が騒ぎに怒ったから逃げちゃいました。


DSC08227.jpg


さて、鉄道移動を終えて、とうとうデリーにやってきました。
ここからは本気で気合いを入れ直さなければなりません。
今までのインドの中で1番治安が悪いと言って良いでしょう。
噂によるとだけど。
ツーリストが引きづりこんで部屋に入れた後に、監禁して高額ツアーを契約しない限り、ずっと監禁してる話や、その他にもいろんなトラブル情報を聞いておりました。


DSC08228.jpg



オールドデリー駅前。
ここから、ニューデリー駅に地下鉄に乗って向かいます。
若干、リキシャが客引きに来るも、そこまでは今のところヒドくは無い感じ。


DSC08229.jpg


そして地下鉄に乗ります。
今までのインドの建物に比べると、すごくキレイ。
むしろバナラシの汚さは何だったんだ…。


DSC08230.jpg


そして地下鉄を出る。
いよいよか…。


DSC08231.jpg


地下鉄ニューデリー駅から鉄道駅ニューデリー駅を越えて、いよいよトラブルが多く発生していると言われるニューデリー駅前を通る。
ドキドキ…
一体、どんなやつらが待ち受けているんだ。
全員、無視して進む!!


DSC08232.jpg

DSC08233.jpg


すると想定通り、リキシャのやつらが、声をかけてくる。
そして無視する。
が…全くついてこない…


え?
全然、しつこく無い…
あれれ…
まさかの、バナラシとは違い、無視してたら全くついてこないし、しつこさもなし!!


DSC08234.jpg


メインロードに向かいます。
今まで、ほとんど見る事の無かったBARも点在していて、バンコクのカオサンロードのようにも見えます。


DSC08235.jpg


インドの首都だけに大都会と思ってたら全然…
都会のような街並みでなく…むしろ汚い…。


DSC08236.jpg


何とか宿も決まり、腹ごしらえ。
もうカレー無理だ…。
何が何でもカレーから逃げ切ってやるんだ!!


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。