スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局のところ、僕の責任なんです。

あー、もうピピ島の物価高すぎて泣きそうです。

DSC05228.jpg

カレーとライスで120B(360円)です。
ライス20B(60円)もう1つお代わりしたんで140B(420円)になっちゃいました。
セブンイレブンもバンコク以上に少しお高め…。
翌日はクラビに脱出です。
果たしてクラビの物価も高いのでしょうか…。

DSC05229.jpg

DSC05230.jpg

DSC05231.jpg

クラビまではフェリーに乗って行きます。

それにしても僕、この旅で何度、嘘つかれたり、だまされてるんでしょうか。
プーケットの船乗り場でこう言われました。
プーケット→ピピ島 600B(1800円)
ピピ島→クラビ   600B(1800円)
セットで買ったら1000B(3000円)だよって事なので買いました。
で、ピピ島に来てみると、どこも300~250Bでクラビ行きのチケットをどこのツーリストも販売してます。


来てから、やられたなと気付きました。
ピピ島を出る当日になって、クラビ行きのフェリーに乗り込もうとしたら、実はそのチケットは時間指定のやつで、それに気付いておらず、結局またクラビ行きのチケットを買い直しました。
無駄な出費です。


結論的に言うと、国境越えた付近でやたらと両替しないかと言ってくる人やお買い得だという人は大抵が嘘。
セットで買った方がお得とか言ってくる人も大抵が嘘。
安く済むぞ的な感じで話持ちかけてくる人を信用してはいけませんね。
たとえ、ツアーの人でも警察官だろうと。


自分で下調べした情報や実際に現地で確認した情報が確実ですね…。
そんな感じで、最近、数千円単位で騙されまくってます。
結局、きちんと確認せずに買った自分が悪い。
信じた自分が悪いで全ての結論が出てしまいます。
海外では全てが当てはまります。
バス乗って事故ったとします。
バスの運転手が悪い訳でもなく、相手が悪い訳でもなく…
結局はそのバスを選択した自分が全て悪いって事なんです。


おつりなんて、しょっちゅう、わざと正しいおつりをくれない事があります。
きちんと確認すれば問題ないんですが、確認せずに後になって少ないと気付いても遅いんです。
店に抗議しても無駄です。
その時に確認して抗議しなかった自分が悪いんです。


ある意味、鍛えられてるのかもしれません。
なんでもかんでも他人の責任にするような事は出来ません。
日本だと通用するのかもしれませんが、こっちでは違うんです…。
何か頼み事して、相手が出来てなかったとします。
仕事を例えに出してもいいのですが。
相手が出来なかった事を怒鳴る傾向にあるのが日本なのかもしれませんが、こっちでは違うんです…。
結局は頼んだ側が悪いんです。
だったら頼まず自分でしろよという結論なんです。


全てにおいて自己責任。
逆に帰国した時に、全く他人の責任にしないくらい責任感が強い人間になれてたら個人的には成長出来てるのかなと感じてます。
帰国してみないと…日本の環境下に戻ってみないと…どういう感情になってるか分かりませんが海外にいる限りは、全ての決断が自己責任と思って行動して行かなくては行けません。
騙されたと言っても結局は自分が決断した後の結果論に過ぎないので文句を言うだけ無駄なお話なのです。


ちなみにシェムリに続いて、ピピ島、クラビでも訳分かんない宿に連れて行かれました。
で、拒否ったら、バイバイと行ってどっか行っちゃいました。
完全に放置プレイなんですよね…
初めて訪れる場所は必ずツーリストを通じて行くようにしています。
なのに、結局、宿から手数料貰いたいが為に、調べておいた宿に連れて行ってくれと頼んでも、そこはやめとけとか、中心部から遠いとか言って連れて行ってくれないんです。
もしくは50B(150円)追加料金がかかるですかね。
案内されたホテルに宿泊する事を拒否すると、放置プレイされてその場で捨てられるので僕は、この一連の流れを、やり逃げされたと言う事にしました。
シェムリの時は夕方時の上、バイクタクシーにどっか連れて行かれそうになり本気でテンパりましたが、それ以降は、昼間のうちに、着くようにしたので、宿探しをする時間に余裕があり、なんとか対応出来てる感じです。


それにしてもクラビってビーチリゾートのイメージあったんですが全然違うんですね。
中心部から、かなり離れてところにビーチがあるので、行くのが大変なんです。
中心部は普通の街で今日はウィークエンドマーケットが行われてたので行ってみました。

DSC05232.jpg

DSC05234.jpg

DSC05233.jpg

それにしてもクラビの物価の安さに驚きです。
セブンイレブンもバンコクよりピピより安くて、嬉しい限り。

DSC05236.jpg

寿司1個 10B(30円)
しかし、生ものを屋台で食べる気無し!!

DSC05238.jpg

DSC05239.jpg

アクセサリーなんかもあるよ〜。
ダーウィンに見せたら喜ぶだろうな〜。
連れてきてあげたいよ〜。

DSC05244.jpg

アメリカンドック 10B(30円)
安過ぎるよ〜。
神様、ここは天国ですか??

DSC05248.jpg

棒アイス1個 4B(12円)
3個で 10B(30円)

DSC05246.jpg

DSC05247.jpg

たこやき6個で30B(90円)
味いまいち!!

DSC05242.jpg

これ、旨かった!! 30B(90円)

DSC05240.jpg

DSC05241.jpg

DSC05249.jpg

シェイク 20B(60円)
ここは、どうやら天国のようです。

翌日は海に行ってきます。
2日ほどしてマレーシア行きます。
この街もややマレーシアの雰囲気が漂うような…行った事無いけど、タイっぽくない。


見て頂きありがとうございました。
よかったら、トマトの世界一周クリックしてね。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯からはこちらから
世界一周ブログランキング

ブログランキング5位以内目指したいとこです、よろしくお願いします。
現在、世界一周ブログランキング7位!!
スポンサーサイト

ここは天国ですか?

DSC05171.jpg

お魚さんと泳いだ後は、無人島ピピレイの絶景スポット、マヤ・ベイに行きました。

DSC05174.jpg

DSC05175.jpg

DSC05177.jpg

DSC05173.jpg

いい具合に日光が照らされて、絶景にテンションが上がりました。
無人島ではありますが、ピピ島からたくさんのツアーがあるので、浜辺にはたくさんの人が泳いだり、のんびりして過ごしていました。
もしかしたら、ここは天国なのかもしれません。

DSC05183.jpg

DSC05185.jpg

多少、顔がニヤけそうになりますが、至る所で、絵になる写真が撮れてしまいます。

DSC05186.jpg

DSC05187.jpg

DSC05188.jpg

DSC05200.jpg

素晴らしいですね〜。
日陰を見つけたので休憩する事にしました。

DSC05195.jpg

DSC05206.jpg

あ、すぎちゃん何か作ってます。
前方からのぞいて見ましょう。

DSC05205.jpg

どうやら、お団子さん作ってるみたいです。

DSC05207.jpg

1つ200B(600円)だそうです。
ピピ島の物価は高過ぎですが、こちらのお団子もどうやら物価が、高過ぎです…。
隣でライバル店出現です。

DSC05208.jpg

どうやら、ケーキ屋さんらしいです。

DSC05209.jpg

どうやら、こちらは250B(750円)…
食事も宿も物価の高さに涙目です。
でもヨーロッパはさらに高いので妥協します。

DSC05211.jpg

サンセットが近づく時間を見計らって、船を出し、ポイントに向けて出発。

DSC05218.jpg

DSC05221.jpg

DSC05225.jpg

DSC05226.jpg

DSC05227.jpg

後ろを振り返ると満月が出ていました。

DSC05224.jpg

こんな感じで楽しく過ごせた1日だった。
翌日はクラビに向けて出発!
その後、マレーシア、シンガポールと南下していく予定。

そして最後に2つめのキーワード!!

DSC05198.jpg

界!!
全部で26個のキーワードで1つの言葉を繋げる予定です。
ちなみに1つめのキーワードはアンコールワットで表示しました!



全てのキーワードが揃うまでにブログランキングで1位取る事が目標です。
まずは5位以内目指して頑張りたいとこです。
トマトの世界一周を押してもらえるとブログランキングの順位に反映されるので、よかったら押してもらえると嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示してない方は、1番右上のPCを押してPC表示にしてね。

見てくれて、ありがとうございます!リアルタイムはマレーシアのペナンです。
現在ブログランキング7位!!

魚さんと泳ぐ夢叶う

ピピ島は狭くてビーチ的な感じでいいのですが、選んだ宿の水が最悪です。
なぜか黄色の水…
シャワー浴びても、水が濁ってるし、何だか臭い…
におい的には、髪の毛を染める時に使う液体の臭い…
洗濯物も臭くなってるし、シャワー浴びても、なんだか気持ち悪い…
でも、我慢です。ここは海外ですから…


それにしても、だいぶ海外では常識で日本での非常識が受け入れられるようになりました。
少し寛容になったのかな。
日本では当たり前じゃなさ過ぎる出来事ばかりでイラッとなるはずが、逆に笑えてきてます。


夜はフルムーンpartyやってたので見学に行ってきました。

DSC05122.jpg

ビールとかはサッカーチームのスポンサーになってるので、見入ってしまいます。
ただのカンなのですが。

DSC05139.jpg

DSC05123.jpg

DSC05141.jpg

欧米人はみんな元気があり過ぎです。
月も満月ですね。
果たして何時まであるのでしょう…。
僕は途中でおやすみです。

DSC05147.jpg

翌日、集合時間に昨日予約したツーリストの前に集まり、船に乗って出かけました。

DSC05148.jpg

DSC05149.jpg

DSC05150.jpg

この船に乗って無人島ピピ・レイに向かいます。

DSC05152.jpg

DSC05151.jpg

DSC05156.jpg

DSC05157.jpg

泳ぐポイントの場所に着いたので、みんなで泳ぐ事に。
船の上からでもお魚さんが透けて見えます。
ドキドキ。
とうとう、お魚さんと一緒に泳げる時がやってきたみたいです。

DSC05167.jpg

船から見ると、こんな感じ。

DSC05160.jpg

船から飛び込んで、速攻溺れかけました。
呼吸する棒に、海水が入り、そのまま飲み込んでしまいました…。
で、呼吸出来ず、テンパる。
救命胴衣を投げ込まれ、捕まり、何とかセーフ。

DSCF0010.jpg

では、中の様子をのぞいてきます。

DSCF0048.jpg

目の前をお魚さんが泳いでます。

DSCF0045.jpg

DSCF0023.jpg

DSCF0022.jpg

お魚さんがいっぱいいます。

DSCF0030.jpg

あ〜、何だか夢かなって幸せ〜。

泳いだ後は、チャーハンが配られて食べました。
次は絶景スポット、マヤ・ベイに向かって出発です。


下のトマトの世界一周押してもらえるとブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから
↓↓↓
世界一周ブログランキング

いつも見てくれてる方ありがとです!
現在ブログランキング7位。
5位以内に入りたいです!!よろしくお願いします!!

プーケット観光3分からのピピ島

萌生さんと別れる事になった僕らは悲しみに浸りながら、カオサンでプーケット行きのバスチケットを購入し、向かう事にしました。
カオサンからミニバンでバスターミナルに行き、バスターミナルから大型バスで13時間かけて行きます。

DSC05082.jpg

悲しい、悲しい。
それにしてもコンビニ弁当はおいしいな〜。

DSC05084.jpg

DSC05087.jpg

こんな感じのバスでした。
夜の走行なので基本的には寝てたら朝になると着いてる感じです。
カンボジアからタイに移動する時に比べたら、睡眠も取れたし、少し楽かな。

DSC05089.jpg

で、プーケット着いたけど、全く土地勘無くて困ったのでタクシーで1番有名なビーチに行きました。
着いて海を見てみると…
なんじゃ〜…この海の濁り具合は…
って事になり、落胆してしまう。
そこに、ツーリスト会社を発見し、写真を見てるとプーケットから近くにあるピピ島の写真に目を奪われてしまいました。
話し合った結果、プーケットのビーチ滞在時間3分で、ピピ島行きが決定。
たまたま声をかけて来た、おっちゃんがピピ島で今日ハネムーンpartyがあるって事なので流れに乗って船乗り場に行きました。

DSC05090.jpg

さよなら、プーケット…。

DSC05093.jpg

DSC05091.jpg

声をかけて来たトウクトウクの運転手は日本が大好きで、運転中なのに何度も後ろを振り返り話しかけてこようとします。

DSC05095.jpg

DSC05096.jpg

無事に到着し、ピピ島へ向けて出発。

DSC05097.jpg

DSC05100.jpg

DSC05099.jpg

1時間半ほどで到着。

DSC05101.jpg

DSC05102.jpg

DSC05103.jpg

DSC05104.jpg

物価が上がっていて、どこも1泊2000B(6000円)近くします。
宿探しに1時間以上かかりましたが、なんとか1泊2200B(6600円)の部屋をシェアして泊まる事に。

ほとんど食事もとれてなかったので、ピザを食べる事に。1ピース80B(240円)…高い…。

DSC05106.jpg

DSC05105.jpg

DSC05111.jpg

DSC05108.jpg

DSC05109.jpg

3日間でシェムリアップ→バンコク→プーケット→ピピ島と結構、移動しまくりな感じになってます。
シェムリアップからバンコクまでバスで14時間。
バンコクからプーケットまでバスで13時間。
プーケットからピピ島までフェリーで1時間半。
待ち時間等含めると結構大変ですが、なんとか体力的には持っています。


宿で、ゆっくりした後は、海を散策に。

DSC05115.jpg

DSC05116.jpg

DSC05120.jpg

DSC05119.jpg

DSC05117.jpg

DSC05121.jpg

その後、翌日、お魚さんと泳ぎたかったので、無人島に連れて行ってくれるツアーに申し込みました。
400B(1200円)で無人島巡りや、絶景、すごく海が奇麗なところに連れて行ってくれるみたいです。

DSC05114.jpg

翌日が楽しみ。
お魚さんと泳ぐ夢が叶うぞ。



よかったらトマトの世界一周をクリックしてもらえるとブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちら
↓↓↓
世界一周ブログランキング


いつも見てくれる方、クリックしてくれる方ありがとうございます。
最近、順位が落ち気味なので、モチベーションを保つ為にも1つ応援を願い出来たら嬉しいとこです ><
世界一周
ブログランキング7位!!

GOGO BOYS&GIRLS

バスで14時間かけてカンボジアからタイのバンコクに戻って来ました。
で、カンボジアで一緒にお酒飲んだ2人と合流して5人で行動する事になりました。

DSC05053.jpg

夕方に到着したので夜までゆっくりして、またもや夜の街に繰り出しました。
最初に向かったのがMBKセンター。
MBKの前でムエタイが行われてたので観戦することに。

DSC05046.jpg

DSC05050.jpg

携帯電話をのぞいて次に前回同様、GOGO BARに向かいました。
内容は前回書いたので省きますが、今回は通りにいる人たちをメインに。

DSC05054.jpg

DSC05059.jpg

DSC05060.jpg

DSC05065.jpg

DSC05061.jpg

やつらはガチです…。
気をつけて行動しなければ掘られます…。
5人でGOGO BOYSを見た後は、今度はGIRLSがメインのナナプラザへ。

DSC05070.jpg

DSC05071.jpg

DSC05073.jpg

ここは天国でした。説明は省きます。
とにかくかわいい子が多すぎですが、見学だけしてみんなでトウクトウクで帰りました。

翌日、MBKに携帯を買いに行きました。

DSC05075.jpg

こちらの携帯で決定。

DSC05074.jpg

これで国際電話も可能になりました。

で、萌生さんを無理矢理プーケットに連れ出そうとしたんですが、何が何でもアユタヤに行くと貫き通すんで、お別れになりました。
しばらく解散です…。

DSC05079.jpg



よかったらトマトの世界一周をクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯はこちらです。
世界一周ブログランキング
見て頂きありがとうございます!

ありがとう、カンボジア

DSC04431.jpg

DSC04435.jpg

来た初日に両替で騙されるわ、変な場所に連れて行かれそうになるわ、いろいろトラブルがあって心が折れかけたカンボジアだったけど、いろんな仲間や人に出会えて、一緒に時間を過ごせて、今思う事は今まで訪れた国で1番なのかなと思う。

誕生日を過ごしたアンコールワット。

DSC04477.jpg

仲間と過ごしたベンメリア。

DSC04574.jpg

プレアヴィヒア。

DSC04672.jpg

いきいきスクールに通う子供達と遊んだ時間。

DSC04818.jpg

アポなしで訪れて、お泊まりする事になったダーウィン達との出会い。

DSC04907.jpg

DSC05012.jpg

DSC05033.jpg

今まで一人旅で助けてもらってばかりの旅立ったけど、カンボジアに関しては仲間や現地の人、人との繋がりを大切に出来たのかなと思う。
ありがとう、カンボジア。
出会った人たち、仲間たち。


よかったらトマトの世界一周を押してもらえると嬉しいです
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方はこちらから
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示になってない方は画面の1番右上のPCを押してみてください。

いつも見て頂きありがとうございます。
リアルタイムはピピ島にいるはずです。

忘れられない想い

シェムリアップに戻って来た僕たち。
でも、田舎で過ごし、子供達と過ごした記憶を忘れる事は出来なかった。
もう1度会ってお礼をしたい。


そう思った僕たちは翌日、もう1度村を訪れる事にした。
思い出を残すため、写真屋さんで撮った写真を現像しに行った。
写真が出来るまでの時間、それぞれプレゼント選びに行く。

DSC05018.jpg

僕は妹のダーウィンにビルマのアクセサリーを撮った写真を見せた時に、すごく喜んでたのを覚えていたのでネックレスをプレゼントしたいなと思い探す。

DSC05017.jpg

DSC05019.jpg

値下げ交渉や他店と比較し、僕は花びらがレインボーカラーになっている花のネックレスを買う事にした。
喜んでもらえるといいな。
長男のアグラには野球のユニフォームをプレゼントする事にした。

DSC05020.jpg

その他にも果物やお菓子を買って行った。
トウクトウクは前回、休憩中にエロ動画を見せてこようとしたが、きちんと連れて行ってくれた、おっちゃんに頼み同じ場所に向かうようにお願いした。


着いた僕たちは、お父さんに現像した写真を見せてあげた。

DSC05021.jpg

次に、お母さんにも見せてあげる。

DSC05022.jpg

DSC05023.jpg

DSC05024.jpg

DSC05025.jpg

お父さん、お母さん、共にすごく喜んでくれた。
アグラとダーウィンはどうやら学校に行ってて留守にしていた。

お母さんは服を制作する店を営んでいたので、僕は3ドルで買ったがすぐに破れてしまったズボンを治してもらった。

DSC05027.jpg

その後、お母さんがダーウィンが通ってる学校にバイクで連れて行ってくれた。

DSC05028.jpg

DSC05029.jpg

DSC05030.jpg

ダーウィンを発見した僕は、ネックレスをプレゼントしてあげた。

DSC05033.jpg

DSC05031.jpg

DSC05032.jpg

ダーウィンは12歳ながら、とても賢く気遣いが出来る。
本当は嬉しいとは思うけど、周りの友達や学生を気にしてか控えめになっている。

お母さんにもすぎちゃんからネックレスのプレゼント。
おかあさんは、ダーウィンにあげてほしいと言うが、僕たちがプレゼントをした事を伝えると嬉しそうに受け取ってくれた。

DSC05034.jpg

子供達も僕たちになついてくれて、おいかっけこをしたりして遊んだ。

DSC05036.jpg

DSC05037.jpg

DSC05038.jpg

DSC05039.jpg

そして、いよいよ本当にお別れの時がやってきた。
長男のアグラに会えなかったのは残念だけど…
最後の別れの時間を過ごす。

DSC05040.jpg

DSC05042.jpg

アグラに渡すはずだった野球のユニフォーム。
お母さんとダーウィンに預けてもらう事にした。

本当に最後の最後のお別れ、ダーウィンありがとう。
必ず、また会いにくるからね。

DSC05041.jpg

こうして僕たちはこの村に別れを告げた。
それを見ていたトウクトウクのエロドライバーは、お前達の想い出最高だと言って来た。
帰っていると、まさかのアグラが学校から帰宅しているところに遭遇する。
運転手に泊まるように頼み、少し話す事が出来た。

DSC05043.jpg

DSC05044.jpg

よかったらトマトの世界一周押してもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらです。
世界一周ブログランキング

見て頂きありがとうございます。

今の君を忘れない

翌朝、ニワトリ達の鳴き声で…いや叫び声で起こされる事になる。

DSC04967.jpg

日中は暑いとはいえ、朝方は冷え込む。
長男アグラが近くに買い出しに行ってくれて、朝ご飯を頂く。

DSC04968.jpg

揚げパンにごまがまぶされ、中に、いものアンコが入ってるのかな。

DSC04970.jpg

近所の子達も集まり一緒に学校に向かい、授業を受ける事になった。

DSC04972.jpg

途中、先生が何かの用で席を外した。

DSC04973.jpg

ニヤニヤ。
僕のやりたかった事を挑戦させるチャンスが訪れたようです。

DSC04974.jpg

隙を見て、前に行った。
僕の小さい頃からの夢、学校の先生になる夢が叶う瞬間が訪れたようだ。
そこから僕の日本語の授業が始まる。

DSC04976.jpg

DSC04978.jpg

簡単なあいさつを教えてると先生が戻って来た。
すると先生も便乗してか、カメラを撮り始める。
珍しかったのかな。

その後、違う教室で子供達を集め、日本の歌、カンボジアの歌を披露しあう。

DSC04981.jpg

DSC04982.jpg

DSC04983.jpg

お礼にお菓子のプレゼント。

DSC04984.jpg

DSC04987.jpg

必ずもらうと両手を揃えて、ありがとうとお礼を言います。
とても礼儀が良い子ばかり。

DSC04989.jpg

DSC04988.jpg

DSC04991.jpg

DSC04992.jpg

生徒達はとても勉強に対して熱心で、みんな手を挙げて答えようとする。

DSC04993.jpg

すぎちゃんと、萌生さんも手を挙げて先生に当ててもらおうとしている。笑

授業も午前中で終わり、みんなで遊ぶ事に。
この学校は無料で授業が受ける事が出来る。
授業料が払えない子供達がいる中で、とても親切な場所だ。

DSC04996.jpg

DSC04995.jpg

その後、近くのお寺にお参りに行った。
小さな子供達だけど、宗教を重んじ、しっかりお参りする。

DSC04999.jpg

お参りを終えると、やはり子供。
お寺の前でみんなで縄跳びをしたりして遊んだ。

DSC05003.jpg

DSC05001.jpg

DSC05000.jpg

DSC05006.jpg

DSC05009.jpg

徐々に帰る時間が近づいてくる。
お母さんにお礼にマッサージをしてあげた。

DSC05010.jpg

そしてお別れの時がやってきた。

DSC05013.jpg

DSC05014.jpg

DSC05015.jpg

妹のダーウィン、長男のアグラ、なんだか寂しそうに見える。
僕も前日の夜あたりから、別れる瞬間を想像するとなんだか寂しく感じていた。
過ごした時間は決して長く無いけど、僕にとって君たちとの出会いは一生心に刻まれると思う。
どんなに時間が経っても忘れない。
出会えた事にありがとう、一緒に過ごせた事にありがとう。
僕は旅の最後にもう1度、戻ってきたいなと強く感じた。

DSC05016.jpg

僕は次の場所に旅立たないと行けない。君たちは、家族を守って行かないと行けない。
しっかり勉強頑張るんだよ。
それぞれ違う道を歩んで行くけど…僕は、

今の君を忘れない



トマトの世界一周押してもらえると嬉しいです^-^
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

田舎に泊まろう

徐々に一緒に共に行動したメンバー達がそれぞれの目的地に向けて旅立って行く。
今日はベンメリアや送別会で一緒に過ごした、ちあきちゃんがプーケットに向けて旅立った。

DSC04871.jpg

僕たちは、先日、がっ君がベンメリアに行く途中でトウクトウクが壊れたらしく、修理が済むまで待ってた時に訪れた村で遊んだ子供達にもう1度会うため、僕たちも行ってみる事にした。

今回はいつも行動を共にしてきたメンバー6人で行く為、トウクトウク2台捕まえての出発。
と思いきや、ガソリンスタンドによるおっちゃん達。

DSC04875.jpg

次に、水等を買い足すため、近所のスーパーへ。
僕は持っていたので、トウクトウクのおっちゃん達と休憩中。

DSC04877.jpg

DSC04880.jpg

おっちゃんはニヤニヤしながら僕に携帯の中に入ってるデータを見せようとしてくる。

DSC04879.jpg

どうやらエロい動画がたくさんあるようだ。笑

買い足しが終わりベンメリア方面に向かう。
が、がっ君の記憶がうる覚えで途中でトウクトウクを止め、たぶんこの道じゃなかったぽいですと相談して来た。
場所が分からなくなった僕たちは、止めた場所にいた、おっちゃんに集合写真を撮った時の写真を見せて、ここがどこか知ってるか訪ねてみる。


すると、おっちゃんは、知ってるぞと言い案内を始めてくれた。
そして、おっちゃんの家に到着した。
すると、がっ君の記憶が蘇り、この家だ!!とテンションが上がった。
どうやら、たまたま止まった場所で、聞いたおっちゃんが、そこの家のお父さんだったというミラクルが起きる。

DSC04881.jpg

その後、子供達を集め、一緒に遊ぶ事にした。

DSC04883.jpg

ボール遊び。

DSC04886.jpg

DSC04889.jpg

風船遊び。

DSC04890.jpg

折り紙遊び。

途中でおっちゃんの長男アグラが差し入れを持ってきてくれた。

DSC04896.jpg

米餅みたいな感じ。

DSC04897.jpg

DSC04895.jpg

DSC04893.jpg

子供達は元気いっぱい。
疲れ知らずだけど、ものすごく喜んでくれて嬉しい。

DSC04894.jpg

ちなみに左が家のお父さん。
トウクトウクのおっちゃん達は僕たちが帰るまで休憩中。

DSC04904.jpg

日本の写真を見て喜ぶアグラと妹のダーウィン。

DSC04903.jpg

DSC04900.jpg

DSC04906.jpg

子供達の輝かしい瞳と笑顔にただただ癒されるばかりだ。

DSC04899.jpg

DSC04910.jpg

DSC04911.jpg

DSC04907.jpg

長男のアグラがすぎちゃんに今日は宿はどうするんだいと訪ねて来た。
すぎちゃんは、アグラ ハウス オッケー?
と聞くとアグラは嬉しそうにオッケーと言ってくれた。
という事で、女性陣2人は宿に戻るが僕たち男4人は、アグラの家に泊まる事になった。


夜は宴を開くため、近くのお店に買い出しに行った。

DSC04912.jpg


アグラは友達を呼び始める。

DSC04909.jpg

ご飯が出来るまでの時間、僕たちは家のお手伝いをする。

DSC04913.jpg

薪割りをする萌生さん

DSC04915.jpg

庭の掃除をする僕とがっ君。

DSC04916.jpg

徐々に外は暗くなり始める。

DSC04917.jpg

ダーウィン達が学校を見せてくれるらしく案内してくれた。

DSC04926.jpg

DSC04931.jpg

DSC04936.jpg

夜は貴重な鶏肉を頂き、豪勢にもてなされた。

DSC04941.jpg

ダーウィンに一緒に食べようと誘うが首を振る。
どうやら客人、お父さんが地位が高いらしく、女性陣は隅の方で僕たちが食べた後に食事をしていた。
料理も豪勢でなんだか申し訳ない気持ちもする。


夜はアグラの友達達と宴が始まった。

DSC04944.jpg

DSC04951.jpg

DSC04952.jpg

女性陣は食器等を片付けたりと、昔のしきたりある日本と同じ文化があうようだ。
妹のダーウィンもすごくお手伝いさんで偉いなと感心した。
ちなみにアグラは17歳でコンピューターの先生。
ダーウィンは12歳で英語が話せて、すごく勉強熱心。

DSC04955.jpg

宴が終わるがアグラは楽しすぎるせいか、部屋に戻ってもカラオケやダンスで盛り上がる。

DSC04964.jpg

DSC04960.jpg

楽しんだ僕たちはアグラの家で寝泊まりし、翌日、学校に行く事にした。


よかったら、トマトの世界一周をクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから。
世界一周ブログランキング

見て頂き、ありがとうございます。
リアルタイムは今日の深夜バスでバンコクに向かいます。

この旅で1番やりたかった事

僕は、旅に出る前、やりたい事を思い描いていた。
その1つにカンボジアで小学校のボランティア活動をする事だった。
今回、たまたまプレアヴィヒアとベンメリアをシェアしたいと声かけしてた、とっとちゃんとの出会いをきっかけに一緒にシェアして行動し、とっとちゃんが学校に行くという事で一緒に行かせてもらえる事になった。


僕たちは今回、いきいきゲストハウスのオーナーさんが建てた、いきいきスクールに向かった。
最初にいろいろ買う為に、市場による。

DSC04754.jpg

DSC04758.jpg

DSC04756.jpg

DSC04761.jpg

そこで生徒全員分にプレゼントとしてノートを購入した。

DSC04762.jpg

DSC04763.jpg

学校は電気もガスも無い場所にある。
そのため、舗装されてない道を1時間以上、奥に進んで行く。

DSC04767.jpg

DSC04768.jpg

驚きだったのが、通りすがる地元人全ての人が僕たちを見て、バイバーーイと手を振ってくれる。

DSC04778.jpg

途中で生きてる豚さんを運んでるバイクともすれ違う。

DSC04775.jpg

DSC04780.jpg


1時間以上のガタガタ道を通った僕たちは学校にたどり着いた。
学校は今日はお休みだったので、そこにいた子供達と遊んでみる。

DSC04782.jpg

DSC04784.jpg

DSC04794.jpg

その後、村長さんに挨拶を済ませると子供達が遊んで欲しそうにしている。

DSC04797.jpg

僕は持って来たシャボン玉を持って遊んだ。

DSC04812.jpg

DSC04818.jpg

DSC04820.jpg


DSC04814.jpg

無邪気に遊ぶ子供達がとてもかわいらしく思える。

サッカーボール遊びに

DSC04803.jpg

折り紙遊び

DSC04828.jpg

風船遊び

DSC04826.jpg

アイス売りが来てたので買ってあげると、みんな嬉しそうな顔をしている。

DSC04804.jpg

カメラで遊ぶ子供達。
笑顔がかわい過ぎる。

DSC04842.jpg

DSC04846.jpg

DSC04841.jpg

風船やお絵描き、みんな遊びに熱中している。
とても幸せそうな笑顔。

DSC04824.jpg

DSC04831.jpg

DSC04843.jpg

瞳が輝きすぎて、一瞬吸い込まれそうになる。

DSC04839.jpg

サッカー好きな少年

DSC04847.jpg

DSC04851.jpg

村人のお仕事もお願いされてお手伝いさせてもらった。

DSC04853.jpg

村の商店

DSC04855.jpg

シャワーや水を供給する場所

DSC04854.jpg

押したり引いたりすると水が出てくる。

彼の名前は漫画のキャラをとって、浦安と呼ばれている。笑

DSC04864.jpg

DSC04862.jpg

最高なキャラだった。笑

教室

DSC04865.jpg

DSC04858.jpg

最後に別れを惜しむ彼らは、僕たちをずっとずっと見送ってくれた。

DSC04866.jpg

DSC04867.jpg

DSC04869.jpg

この村には電気も無ければ、ガスもない。
確かにまだまだライフラインが整いきれて無く、これから外国の支援によって少しづつ発展して行く。
でも僕は、この村に多くの魅力を感じた。
彼らの笑顔や瞳は輝きを放ち、とても純粋だ。


そして、みんなで助け合い、団結して村を守っていく。
子供達も僕たちを見るとみんな手を振ってくれるし、近寄ってきて遊ぼとはしゃいでくれる。
もし街で手を振っても冷めた目でなんだこいつと思われるだけだろう。


ここに来て、純粋なみんなの瞳や笑顔にただただ僕は吸い込まれ、優しくなっていってるのかもしれない。
旅に出て、いろんな人から優しくされ、純粋な瞳を見て僕は優しくなれてるのかな。
プレアヴィヒアの時もそうだけど、田舎に住む方々の優しさには、ただただ感動するばかりだ。


僕の旅のスタイルも変わり始めるのかもしれないな…。
本やテレビで取り上げられる観光地より、もっともっと田舎に出向き、現地の人と交流してみたい。
みんなにプレゼントしたノート大切に使ってもらえると嬉しいな。
僕たちとの思い出覚えてくれてると嬉しいね。


彼らは、金銭面からも村を出て違うところに行く事がなかなか出来ない。
中には、この村しか知らず、生涯を過ごす人もいる。
ライフラインも整ってない、DSがあるわけでもないけど…
ライフラインが整いすぎて、無駄に資源を使ったり、家に引きこもってゲームばかりで過ごすより、この子達みたいに外でみんなと遊んでる方が、僕には幸せそうに感じた。


学校でのボランティアは出来なかったけど、僕にとっての今回の体験はとても貴重なものとなるとともに、ずっと忘れない思い出になるだろう。
あの子達の純粋な笑顔をずっと心の中に入れておきたい。


よかったら、トマトの世界一周押してもらえるとブログの順位が上がるので嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらからです
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示にしてない方は1番右上のPCを押してね^-^
見てくれてありがとうございます。
少しでも、今日の出来事が日本のみなさんに伝わればいいなと思います。

カンボジアの現実

プレアヴィヒアの行程12時間を過ごし、前日もベンメリアで1日見て回った僕は、完全に疲れきっていたので、おやすみモードだった。
しかし、ぺろんちょの親分達は飲みに行くぞとぺろんちょ攻撃で応戦する。

DSC04738.jpg

ちなみに、ベンメリアとプレアヴィヒアで仲良くなったので、みんなで、いきいきゲストハウスに移籍してきました。笑
行ったメンバーの他に、同じ宿の子や大学生達が違う宿から人集めしてくれて10人(男6人、女4人)でシェムリアップの繁華街PUB STREETに向かった。

25964_119739731531885_1407283711_n_convert_20130119103003.jpg

女の子達は初めましての子もいたけど、みんな疲労で酔いがいい感じに回ってるせいか、みんなノリノリな感じで過ごす事が出来た。
途中、通り過がりの欧米人が股間に向けて、what is this?とノリノリな感じで絡んで来たりもしたので、応戦してみた。笑

424088_119739671531891_507182045_n_convert_20130119102850.jpg

その後、CLUBに行き、

379215_119739884865203_276285766_n_convert_20130119103104.jpg

お腹が減ったので、ラーメン食べてその日を終えた。

530625_119739944865197_1740577348_n_convert_20130119102927.jpg

翌日、僕はアンコールワットの3日券が残っていたので、1人ちゃりんこを借りてアンコールワットに向かった。

DSC04743.jpg

そこで帽子が欲しかったので3.75ドルで購入した。
日本だと、すごく安い金額だが、カンボジアだと少し高い金額かな…
その後、別の店でゾウさん柄のズボンも購入。


そこの20代前半であろう店員さんが日本語が少し出来る人で買ったついでにいろいろ話す事になり、カンボジアの現実を知る事になる。
よく、店でぼったくられると言っていた僕。
そこで働いてる人たちの月収を訪ねてみた。
店にもよるが、彼自身の月収は60ドルだそうで平均的な金額らしい。
もちろん雇われてると思うのでオーナーの収入はもっとあると思うが。


街で外国人をメインにトウクトウクを運転してる人で200ドル。
この金額はカンボジアではものすごく高い。
地方の公務員で20ドル。


彼は僕に今までどこを旅して来たのか訪ねて来た。
僕が行った国の中にタイが含まれていて、彼はタイの写真を見たがっていたので見せてあげた。
彼の話では、カンボジアの物価が安すぎて隣国のタイですら行けないのが現状らしく、行くには、かなりの大金が必要になるとの事だ。
カオサンで1泊するのにいくらかかるのか?など熱心に訪ねてくる。


その他にも、カンボジア国内のベンメリアやプレアヴィヒアに行った話をしたが同じ国内の彼らですら、お金がかかるため行けないらしい…。
写真を見せてあげた。
そういう話を聞き、改めて僕自身が旅出来てる事の意味合いを深く考えさせられた。
それと今まで、ぼったくられてる事に嫌気を感じていたが、彼らにとっては僕たちからお金を受け取らなければ生活自体が成り立たないのだ。


と言うのもカンボジア国内の総収入源の40%は外国人観光客から出されるアンコールワットの入場料。
さらにもう40%は外国人観光客が旅行中に食事や宿、移動等で支払うお金なのだ。
よって80%が外国人観光客が支払って行くお金によって国が保たれている。
その他にも海外からの支援等で成り立つ為、実際にカンボジア人だけで生み出される金額はほんの数%にしか満たないため、カンボジア人だけでは生活が成り立たない。


支援を途絶えさせない為に、あえて政府が地雷を全て撤去させず1つの地雷撤去に莫大なお金と時間を費やす、公務員の収入が少なすぎるため、警察官は絶対的な権力を使い、任務中でも賄賂を受け取り、事を見逃すなど、様々な問題点も発生している。
彼らにとっての収入源のほとんどが外国人観光客になる為、特に観光地の人々は、生活のため、僕たちからぼったくりの金額を要求する。
絶対に現地の金額では売ってこない為に、外国人達は仕方なくその金額を支払わなければ食事や買い物にありつけない。
とは言え、こちらも負けじとある程度は値引き交渉をする。
さらに欧米人は1ヶ月や2ヶ月の休暇でバカンスを楽しむ為に、かなりの金額を現地に落とす事になる。
バンコクでもカンボジアでもそうなのだが、その欧米人が平気で大金を落とす事が余計にその現地の外国人観光客の物価を上げる事に繋がり、節約バックパッカーにとっては、悩ましい問題でもある。


カンボジア人にとって僕たち外国人観光客はどのように見えているのだろうか…
お金をたくさん出してくれる存在なのか…
それとも、旅やバカンスを楽しんでる事を羨ましいまなざしで見ているのだろうか…
それとも、羨ましすぎて憎悪の感情が芽生えてないだろうか…
学校にも行けず、幼い子供達が物を売ってる現状に、僕は深く考えさせられる。


それと、値切っても1ドルや2ドルの戦い。
僕たちに日本人とって1ドル2ドルを稼ぐ事は難しい問題ではないのかもしれない。
しかしカンボジア人にとっては生活に大きく響く問題となってくる。
ぼったくられてるからこそ、意地になって値引きしようとするが、彼らの生活を考えるとなんだか難しく考えてしまう。
そこまで強引に値下げをするのもなんだかな…
とは言え、そこで気を許し、これからまわるであろう世界中の国々での旅の資金を考えると、これから出会う全ての人に財布のひもを緩める訳にはいかない。
だからこそ、悲しい現実ではあるが、僕も財布のひもを固く結び直すしか無いのだ。


とは言え、帽子3.75ドル。ズボン3ドルは日本人にとってはすごく安いけど、現地人にとってはいい儲けではある。
僕はそういう時は、日本で買ったら数倍の値段になるからいいかと、割り切って購入する。


そんな事を考えながら話を聞け、いろいろ考えるきっかけが出来た事に満足出来、僕はアンコールワットの観光をほどほどにし、新たな住処いきいきゲストハウスに戻った。

いきいきゲストハウスは完成して、そんなに経ってない事もあり1日3ドルなのにホテルにいるかのような清潔さを感じる。
部屋の前にはこのような休憩スペースもあり、とてもキレイだ。
こんな感じ。

DSC04739.jpg

ん?誰かいるぞ。拡大してみよう。

DSC04740.jpg

って、すぎちゃん、がぺろんちょしてるじゃないかいいいい!!笑


ゆっくりした後は、夜は6.5ドルで食べ放題の店に行った。
何人かのメンバーが次の場所に向かう為、送別会をしに。

DSC04744.jpg

素敵な時間を過ごす事が出来た。
ここでも兄貴達はぺろんちょしてくる。笑

DSC04745.jpg

しまいには、僕も兄貴達に巻き込まれ、ぺろんちょ3兄弟となっていしまったのだ。笑

DSC04746.jpg

ついでに店の前にあった玩具屋さんで遊んでみた。

DSC04747.jpg

DSC04748.jpg

その後、ナイトマーケットに向かった。

DSC04750.jpg

DSC04751.jpg

DSC04752.jpg

DSC04749.jpg

その後、お酒を飲んだ後に2日連続でCLUBに向かった。
今回は女性がおらず、男6人で向かった。
GO GO BARでもそうなのだが、同性だけで行くと非常に危ない事もある。
今回も男だけだったので、ある程度、警戒しながら中に入った。


最初に飲み物を頼む為、1本4ドルでビールを注文し、3本分空け、コップに注ぎ少し飲んだ後、フロアでみんなで踊っていた。
少し時間が経ち、萌生さんが、やられてるわ!とこっちにやって来た。


嫌な予感が的中する…。


頼んでもいないビール瓶が勝手にテーブルの上に複数置かれている。
頭にきた僕たちは、勝手に持って来たスーツ姿の男にどういう事だと聞き、そこから抗議をし続ける。
完全に頭にきた僕たちは危険を感じ店を出る事にした。
会計時に前日仲良くなっていたマネージャーがやって来たので、事情を説明する。
余計に持って来た分は回収するから気にしないでくれと言って来たが、僕たちは会計をすませ、出る事にした。


前日はぼったくられなかったが、今回やられたのは男のみで行ったからという点が非常に大きいと思う。
だから、そういう場所に行く際は男女複数で行くべきだと思う。
バンコクのGO GO BARに関しても同じ事が言えるだろう。
もしくは欧米人がオープン式で踊れるBARでよく飲みながら踊っているが、そういう場所の方が安全と言えるだろう。
現地人だけ主流でやってるとこは、ぼったくられやすい。


その後、飲み直し、僕たちの1日は終わった。
そろそろ節約始めよう。




よかったらクリックしてもらえると嬉しいです^-^

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

いつも見てくれてありがとうございます!

世界遺産 プレアヴィヒア

DSC04639.jpg

DSC04649.jpg

プレアヴィヒアに行くとその手前にかわいい女の子2人が遊んでいたので遊んでみる。

そして、いよいよ僕たちは世界遺産プレアヴィヒアを崖の上から見下ろす。

DSC04658.jpg

DSC04664.jpg

大草原のパノラマが見下ろせ、広大な大地を見た瞬間、ただただそのスゴさにあっけにとられてしまう。

DSC04669.jpg

DSC04679.jpg

DSC04675.jpg

少しでも足場を崩すと落下でもしそうな勢いにドキドキしながら下をのぞく。

DSC04688.jpg

DSC04694.jpg

DSC04661.jpg

あ!また、すぎちゃん、ぺろんちょしてる。笑
せっかくの絶景が台無しではないか…笑
すぎちゃんに、ぺろんちょ、ダメだよと言うが、すぎちゃんは、
だって昨日、明日もめろんちょ行きまっせってメールしたじゃんと悪びれた様子なし…笑

DSC04681.jpg

ようやく、真面目になってくれた。
と思いきや…

2018_119739278198597_2054891910_n_convert_20130117182817.jpg

GOGO BOYSポーズ

DSC04667.jpg

幽体離脱ポーズ。

DSC04673.jpg

ふんばりポーズと遊びまくってる。
ちなみに、がっ君…
僕と同じく、タイからカンボジアを陸路越えした後に、訳分からないホテルに連れて行かれ、宿を変えるため拾ったタクシーでタケオゲストハウスに行くようにお願いしたら、違う1泊15ドルするホテルに連れて行かれたらしい、最後は外も暗く、疲労もたまっていた為、諦めて泊まったようだ。
常習的に陸路国境越えで、高値のホテルに案内するようになってるのだろう…

DSC04689.jpg

ちなみに、こちらのお方は、高所恐怖症でなかなか崖の近くに近寄ろうとしない。笑

ほとんど観光客がいないため、1時間近くもこの場所で壮大な景色を眺める事や、変なポーズ(笑)をとる事が出来た。

帰りに、先ほどの女の子達ともう1人やってきた女の子と遊んでみる。

DSC04704.jpg

ペンを持っていたので、メモ用紙を渡してみた。
その後、アンパンマンの絵を描いたメモ用紙を渡すと…

DSC04705.jpg

まさかの、ぐちゃぐちゃにされてしまった…。
そこで子供達と遊んでると、イタリア人の観光客が遊んでる姿に写真を撮り始めていた。
そして5分後…

DSC04706.jpg

DSC04710.jpg

まさかのその場にいた日本人、イタリア人、カンボジア人の集合写真撮影会が始まった。
ちなみに撮影者は警察官。
国境付近でピリピリしてるように思いきや、ここの警察官はとても優しい。
しまいには警察官も我慢出来ず、みんなの輪に入って一緒に写真に映っている。

DSC04709.jpg

調子を良くしたすぎちゃんは、警察官にジュースをおごっている。笑

戻ろうとしてたら、近くでピクニックをしてる家族を発見したので輪の中に入ってみる事にした。

DSC04713.jpg

すると、みんな出迎えてくれて、ご飯やおかずをよそってくれて、僕たちをおもてなししてくれる。

DSC04714.jpg

すぎちゃん、完全に打ち解けてます。笑

子供達もとてもかわいい。

DSC04715.jpg

DSC04717.jpg

プレアヴィヒアはとても田舎の地域にあり、現地人もものすごく親切。
景色も絶景で、優しさに触れ、とても素敵な場所だった。
メンバー達にも恵まれ、この旅で1番の思い出スポットになったのは間違いないと思う。
やっぱり都会より、田舎の地域の方が好きなのかな。
人が純粋すぎて、心温まった。

DSC04719.jpg

DSC04726.jpg




よかったら、クリックしてね^-^
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯はこちらだよ^-^
世界一周ランキング

クリック数、順位ともに下がり気味ですが、コメント頂けたり、見てくれる人がいる事に感謝です。
ハードなスケジュールでブログ毎日書けなくなるかもしれませんが、見守って頂けると嬉しいです。
出来る限り、みんなに世界の絶景や現実を伝えられるように努力して行きたいので、これからもよろしくお願いします。

プレアヴィヒアへの道のり

ベンメリアを見て回り、最後にガイドしてくれた3人にお礼の気持ちを込めて、チップを渡そうという事になり、みんなから集めて渡した。
しかし受け取ってくれない…
受け取る事が出来なという事なのか…
状況を飲み込めず、子供にお金を渡すが受け取らない。


受け取らなくて良いのか良いのか聞いてみると、1人1ドルだと言う。
その時点で、お金目的で頼んでもないガイドを引き受けたのかと残念な気持ちになるとともに、気持ちを受け取れない人にチップを渡す気持ちが一気に失せてしまった。


子供のポケットにお金を入れ、その場を後にした。
近くでお昼休憩をしていたら、今度は最初にガイドしたワンちゃんも、僕もチップ欲しいワン!
と、やってくる。
バナナチップスをあげると、美味しそうに食べるワンちゃん。

DSC04592.jpg

その後も、おかわりを求めてくるが、要望にお応えして、バナナチップスをご褒美にあげる。
これくらい、かわいいとチップをやる甲斐があるもんだ。

ひと休憩を終えた僕たちはコーケー遺跡に向かった。

DSC04593.jpg

DSC04594.jpg

DSC04595.jpg

DSC04597.jpg

コーケー遺跡とは、このようなピラミッド型になってる。

DSC04601.jpg

DSC04604.jpg

DSC04609.jpg

DSC04612.jpg

DSC04613.jpg

その他にも、遺跡に木が巻き付いていたりして不思議な遺跡などを見て回った。
あ、僕のお隣、もいちゃんです。笑


宿に戻ると、すぎちゃんが、アイスが食べたい、アイスが食べたいと連呼するのでみんなでアイス食べに行ったり、いろいろ回ってました。
夜もみんなでご飯を食べて、翌日のプレアヴィヒアに備える。


プレアヴィヒアは2008年7月に世界遺産に登録され、タイとカンボジアの国境付近に位置し、両軍の間で緊張状態が高まり、2008年10月に銃撃戦が何度も発生た場所。
2012年8月、国境監視隊のみを残して両国の主力軍隊は撤収し緊張状態は和らいでるが国境付近の地雷は意図的に撤収されておらず、むやみに森の中に立ち入ってはならない。
※地球の歩き方より。

翌朝7時にプレアヴィヒアに向けて出発。
昨日のメンバーに合流したがっ君と大学生2人が加わった。
3時間半ほどすると国境付近に到着する。
ここからは、高低差の激しい道を進むため、四駆に乗り換えて行かなければならない。

DSC04616.jpg

DSC04625.jpg

到着し、ひたすら前に進んで行く。

DSC04628.jpg

DSC04629.jpg

このような遺跡が前にある。
通り越すと、また道がある。

DSC04634.jpg

進むと、また遺跡がある。

DSC04633.jpg

DSC04635.jpg

このように遺跡を通り越しては道があり、進むとまた遺跡がある。
まるでゲームのボスキャラに挑むような気分にさせられる。

DSC04630.jpg

DSC04631.jpg

途中で子供なんかも遊んだりして仲良く遊んでみる。

DSC04637.jpg

DSC04638.jpg

ある程度進むと、間違いなくここが、あのプレアヴィヒアがある崖だと思わされる場所にたどり着く。

次回、いよいよ世界遺産プレアヴィヒアが目の前に広がる。
僕たちは、そこで何を感じ何を思うのだろうか…。

2018_119739278198597_2054891910_n_convert_20130117182817.jpg



よかったらクリックしてね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯はこちら
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方は1番右上のPC表示押したら、見やすくなるかと思います!
昨日は43人の方がクリックしてくれました、世界一周ブログランキング6位!!
ブログ始めた当初に比べ、見てくれる人が増えた事や、応援のクリックをしてくれる方も増えて嬉しい限りです^-^
ありがとうございます!

ベンメリア

ベンメリアに行くメンバーで集まり、一緒にご飯食べたり、より遅くまで喋ったりして過ごした僕たちには団結力のようなものが芽生えていた。
翌日、朝6時に集合してベンメリアに向かう。
僕はカオサンにいた時に、行った人からこの時間帯に出発すべきとの事を教えてもらっていた。
時間が遅くなると観光客やツアー客で溢れ、雰囲気が崩れてしまうからからとのことだ。
結果的には、この選択が大正解となる。


ベンメリアとはジブリ映画、天空の城ラピュタの舞台になったとこではないかと噂されている。
集まったメンバーは10人。

DSC04523.jpg

このような舗装されてない道をひたすら進んで行く。

DSC04526.jpg

1時間少し進んだところで、ベンメリアに到着した。
朝7時半前。
ほとんど、まだ人がいないようだ。

DSC04528.jpg

DSC04529.jpg

もちろん、すぎちゃんと、萌性さん…いや萌生さんも一緒だ。

DSC04534.jpg

すぎちゃんは絶対にカメラ目線で写真に写ろうとしない。笑
計画的にこの角度にしようとする。
そして、たまに、ぺろんちょしたポーズで写真に映ろうとする。笑
周りの景観を全く無視するから気をつけなければならない。

敷地内に入って行くと、犬と子供達が案内を始めてくれる。

DSC04536.jpg

DSC04540.jpg

この扉の中に入ると、そこからは別世界が待っている。

DSC04537.jpg

岩と岩の隙間に木が複雑に生い茂る。

DSC04543.jpg

木のブランコも丈夫で簡単に折れたりしない。

DSC04544.jpg

DSC04539.jpg

中は広くガイドがいないと迷ってしまうくらい道が複雑。
と思っていたら、子供達の父親なのか分からないが、ガイドを始める。

DSC04566.jpg

どうらや、萌生さんも感動しまくりで子供に戻ってしまっている。

DSC04546.jpg

28歳、ブランコではしゃぐ。

DSC04550.jpg

ニコニコがたまらない。

しまいには、かっこいいポーズまで決めてくれた。笑

DSC04557.jpg

DSC04552.jpg

どうやら子供も大好きなようだ。
遊んでた子供と絡む。

DSC04580.jpg

DSC04575.jpg

もちろん僕だって!

DSC04562.jpg

スパイダーマンになってみたり

DSC04570.jpg

ぶらんこで遊んだりもしたよ!

DSC04584.jpg

子供とも仲良く!

どうやら子供曰く、これがアンパンマンらしい。

DSC04581.jpg

DSC04577.jpg

早く出発した事が本当に大正解で全く人がいない。
雰囲気があって、ただただ、感動しかなかった。

DSC04582.jpg

DSC04583.jpg

DSC04586.jpg

DSC04574.jpg

DSC04585.jpg

DSC04590.jpg

DSC04589.jpg

メンバーもとても楽しく、みんな仲良くて良かった。


よかったらクリックしてね!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯はこちら
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方は1番右上のPC押してPC表示に切り替えてね^-^

萌生さん登場!!

物価の安さに驚きを感じつつも外国人に対しては徹底して高値で交渉してくるカンボジア人。
対応のされ方に嫌気を感じたり、お金としてしか外国人を見てもらえない事に僕はあまりカンボジア人が好きになれなかった。
食事に関しては屋台の食事にあたった事と物価が安くなった事も考慮し、日本食をいっぱい食べている。
ちなみに3ドルくらい。
カンボジアでは公務員の月収が30ドルらしく、極端過ぎるくらいだ。

DSC04509.jpg

DSC04510.jpg

DSC04512.jpg

DSC04520.jpg

もうパッタイ生活からおさらば出来る時がやってきたよ。
唐揚げ定食に、野菜定食にもう何でも遠慮せずに食べまくってやるんだから!!
食事に関しては日本食ばかりで、暇さえあればフルーツシェイク飲んでるので栄養満点で大満足かな。
物価も安いし。


なのに、どうしてカンボジアの人は僕の事、お金目的で対応しようとするんだよーーーー!!

DSC04511.jpg

くそくそくそくそおおおおおおおお!!
悔しいんだよおおおおおおおお!!
今、本当にこういうポーズとりたい気持ちなんだからね!!


ちなみに今いるタケオゲストのドミトリーは3ドル朝食付きととても安い。
こんな感じの部屋。

DSC04518.jpg

ん?奥に誰かいるぞ…??
写真を拡大してみよう。

DSC04519.jpg

って、萌生さんいるじゃないか〜〜い!!
ニコニコしながらブログ書いてるよ。 笑
ちなみに萌生さんは半年近く前から世界一周の情報交換してて、病院行く時も行き方とか教えてくれたりで、僕より4ヶ月近く前から旅してるので僕より旅の知識は豊富。
分からない事など出発前に良く聞いてたりもした人。


合流出来るのを楽しみにしてたので、お話ししながら市内散策する事にしたよ。

DSC04515.jpg

カンボジアは寺が少ないように感じ、遺跡が多いように感じるけど、珍しく寺を発見。
市場も見て来た。

DSC04513.jpg

萌生さんはカンボジア人の扱い方がうまい。
確かに最初は商売目的で話しかけてくるが、なぜか絡もうとする。
絡むとさっきまで、交渉しだす事に必死だった現地人がなぜか普通の会話をしだし、普通に交流出来てる。
値切ったりしてると、よくカンボジア人は舌打ちをする。
僕は萌生さんに舌打ちするんでどっか行きましょうよって言うが萌生さんは冷静。
どこ行ってもみんな舌打ちするから仕方ないから気にしなくていいんだよって。
さすが、旅を長く続けてる人は違う。
という事で僕も絡みまくってると、意外に世間話になり楽しく会話が出来始めるようになりつつある。

その後、焼き肉食べながらビール飲み行ったよ。

DSC04516.jpg

ビールも0,5ドルと格安で、2人で飲んで焼き肉食べても合計16ドルくらい。笑…安い。

その後はマッサージへ。
1時間5ドル。笑

DSC04517.jpg

帰ってからは、人集めしないと料金が高いため行く事が困難なプレアヴィヒアとベンメリアの人集めをして、なんとか揃える事が出来た。
夜は行く事になったメンバー達でワイワイやって楽しんだ。

DSC04522.jpg

左は前日に、ご飯の時に仲良くなった杉君。

DSC04521.jpg

2人とも真ん中にいる僕を両脇からペロンちょしてこようとするので困ります。笑
仲良くなって良かった!
明日からの2日間が楽しみになりそうだ。


よかったらクリックしてね
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯はこちらだよ
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示になってない人は1番右上のPC押してね。
最近多くの方からコメントもらえるようになりました。
とても嬉しいですよ!ありがとうです!
昨日は前日同様に64人の方がクリックしてくれました、世界一周ブログランキング6位!!

アンコールトム

アンコールワットを見終えた僕は3kmほど先にアンコール・トムに自転車で向かった。
舗装されてない道が多く、砂埃が舞う。
マスクをしておけば良かったなと若干後悔しつつも、アンコールトムの門が待ち受ける。

DSC04487.jpg

DSC04488.jpg

中に入ろうとするとアンコールワットの券を入り口の前にいる人に確認させられる。
ふむ、ジャパンか。
俺はトウクトウクをやってる、後から乗って行かないか?と声をかけられる。


一瞬吹き出してしまう。
何の為に、券を確認したんだよと、ついつい突っ込んでしまった。


門をくぐると、1人の男の子が自転車越しに声をかけてくれ、お話をする。
ちなみに、自転車で進んで行くと子供達が横切る度にヘローと声をかけてくれる。
男に水で0.5ドルって物価的にどうなの?って聞くと、どうやらものすごく高いという事が分かった。

アンコールトムが僕を待ち受ける。

DSC04490.jpg

DSC04489.jpg

中に入ると、アンコールワットとはまた違う雰囲気を感じさせられる。
そして様々な顔をしたバイヨンとよばれる遺跡が目の前に繰り広げられる。

DSC04498.jpg

DSC04494.jpg

DSC04495.jpg

DSC04500.jpg

DSC04502.jpg

後ろからのぞいて見た。

DSC04503.jpg

DSC04504.jpg

DSC04508.jpg

その後、自転車でアンコールワットを1周してみたけど、朝7時頃出発して着いたのは15時を過ぎていた。
とにかくアンコールワットは広大すぎて全部回りきる事が出来ない。
途中、変な若い2人に声をかけられ、怖くなったので逃げてたら、なぜか追いかけられてしまう。
今のところ、声かけてくる人は、ほとんどが商売に繋げてくるのが悲しく感じるし、前日の事があってカンボジアの人が怖く感じる。

明日は、あのお方と合流出来る!スゴく楽しみだ!

よかったらクリックしてね
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の人はこちらだよ
↓↓↓
世界一周ブログランキング

いつも押してくれてありがとです!

アンコールワット

今日は僕の誕生日。
記念に世界遺産のアンコールワットに行く事にした。
昨日の失敗はしないようにする為に、宿の人からいろいろな情報を仕入れる。


宿で1ドルで自転車をレンタルし、7kmの道のりをこいで、アンコールワットへとむかう。
途中でチケット売り場があり、1日券20ドル、1週間で3日行ける券を40ドルで買える。


行く途中、昨日の事を思い返すと、いろいろ嫌な気持ちにもなるが切り替えないと過去の出来事だしなと思いながら進んで行く。


道を通ると国道以外の道は舗装されてなかったりして砂埃が舞う。
マスクをしてくるべきだったなと思った。

DSC04437.jpg

DSC04436.jpg

通っていると道路をつくってるとこも見たりする。

DSC04438.jpg

進んで行くと、徐々にアンコールワットが近づいてくる。

DSC04439.jpg

自転車を止める場所が無いのだが、ジュース売り場のおばちゃんとこに行って水買う代わりに自転車置かせておいてと頼むと良いと聞いていたので0.5ドルで水を買って止めさせてもらう。
ちなみにこっちで水0.5ドルと言ったら、ものすごく高い。
物価がタイの時よりさらに半額になってるのではないかと感じる。
アンコールワット以外はの話だが。


ちなみにカンボジアの人は声かけてくる人みんな、商売に話を繋げようとしてくる。
観光客=お金という関係性が出来上がっているようにも感じた。
物価差があまりにも違いすぎるので仕方ないのかもしれない…。


自転車を止めて、アンコールワットへ向かうと、

DSC04440.jpg

DSC04441.jpg

アンコールワットの入り口が目の前に広がる。
中に入り、奥に進むとアンコールワットがお出迎えしてくれた。
改装中で緑のシートが被さってる…

記念に1枚!!
HAPPY BIRTHDAY 26歳!!

DSC04448.jpg

後ろを振り返ってみると

DSC04450.jpg

なんかいい感じ。

DSC04453.jpg

スケッチブックも持ってるよ!
ちょっとした企画を進めて行ってるからね!

DSC04454.jpg

DSC04455.jpg

階段登ると座れるくらいのスペースがあったので、のんびり。

DSC04458.jpg

わーい^-^

DSC04457.jpg

わーい、わーい^-^
何だか子供のようにはしゃいでたよ。
観光ツアーで来てる人もたくさんいるけど、1人でのんびり散策するのもいいね。

DSC04459.jpg

DSC04460.jpg

DSC04462.jpg

アンコールワットの中もスゴく雰囲気がある。

DSC04461.jpg

DSC04465.jpg

ついでに、かくれんぼ。

DSC04466.jpg

DSC04467.jpg

ピース。

アンコールワットの中の住人を発見。

DSC04475.jpg

彼らの名前はモンキー君。

DSC04474.jpg

お腹かいかいする時もあるけど

DSC04473.jpg

怒ると、襲ったりもしてくるよ。
僕も、バックの上に乗っかられちゃった。

アンコールワットの最上部の通路へ行く事も可能。

DSC04463.jpg

ただ、高さがすごいね。

DSC04464.jpg

DSC04472.jpg

アンコールワットを逆正面から見てみると緑のシートかかってなくていい感じだったよ。

DSC04484.jpg

DSC04478.jpg

ついでに、もう1度!
HAPPY BIRTHDAY 26歳!!  笑
みんなのおかげで、育ててくれた両親のおかげで26年間ここまで来る事が出来ました、ありがとう!!

DSC04477.jpg

DSC04480.jpg

世!!
最初のキーワードが世界遺産アンコールワットで発表されたよ〜。
さて、この先、どんなキーワードで言葉が作られて行くのかな。

DSC04481.jpg

DSC04482.jpg

DSC04485.jpg

DSC04483.jpg

DSC04486.jpg




よかったらくりっくしてね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらです
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ

昨日も最高クリック数更新して、64人の方がクリックしてくれました。
本当にありがとうございます。世界一周ランキング5位!!

心折れる

前回までのあらすじ

僕はバンコクからカンボジアに行く為、カオサンにあるジパングトラベルというツーリスト会社のパックプランを利用し、カンボジアVISA取得と、カンボジアまでのミニバン+カンボジアから市内までのタクシーをツアーで申し込む。
カンボジア行き2日前に高熱で病院に行き、その後、前日に屋台の食事にあたり、嘔吐を繰り返す事になる。


ツアーでカンボジアシェリムアップ市内にタクシーで向かい、本来の到着予定時間が16時だったのだが、着いたのは18時を過ぎていた。
僕が乗っていたタクシーはシェリムアップ市内にやってきた。
タクシーの運転手は市内中心部に車を降ろさず、なぜか通り過ぎ、奥の方に入って行く。
嫌な予感がする…


徐々に舗装されていない1本道をひたすら進んで行く。
どこに連れて行かれるんだと不安がよぎる。
そしてタクシーを止めると、数人の人が待っていた。
タクシーを降りバックパックをかつぐと、待っていた人が案内を始める。


僕    どこに行くんだ?

待ち人  目の前のホテルです。

僕    1泊いくらだ?

待ち人  25ドルです。


僕は、カンボジアで1泊3ドルで泊まれるホテルを知っていたし、明らかにぼったくってるのが理解出来た。
それと同時にジパングトラベルで組んだツアー自体が全てこういうシナリオにグル的にやっている事を理解した。
やられた…。


初めて来た場所で土地勘も無く、さらに舗装されてない1本道を奥に進んだ場所にある為、返しようが無い。
徐々に日が落ち始めようとする時間帯だが、僕はその場から逃げ出し、バイクタクシーを捕まえた。
人が見つかった事に一安心。

DSC04435.jpg

バイクタクシー、正確には単なる原付なのだが、タケオゲストハウスに連れて行ってくれと伝える。
運転手は2ドルとぼったくりな値段を吹っかけてきたが、早く宿に着いて安心を確保したかった僕は了承する。


舗装されてないガタガタ道を進んで行くと運転手は携帯を取り出し、日本語が出来る友達紹介するから電話代わってと言ってくる。
その時点で、その日本語が出来るやつとコンタクトをとって、違うホテル、もしくはそいつの元に連れて行かれると察知した。
僕は片手運転するなと怒る。
ガタガタ道で片手運転は本当にこけないか心配になる。


片手運転をさせたく無かった僕は電話をとる。
電話越しから、あなたは誰?と言ってくる。
僕は、頼んでもいないのに勝手に電話して、僕に電話を繋いだ事に頭にきて、お前が誰やねん!!と一言言って電話をすぐに切る。


この運転手は信用出来ない。
もしかしたら本気で違うところに連れて行かれる可能性がある…
来たばかりの場所で全く土地勘無く、本気で危険を察知する。


電話を切った僕は、本気で頭にきた。


おめー、何やっとんじゃー!!
ふざけんなよ!!
約束が違うだろーが!!
2ドル払ったら、連れて行くって約束じゃねーか!!


今までの人生で間違いなく1番本気でキレたかもしれない。
そうでもしなければ、本気でどこかに連れて行かれる恐怖から、今までにない勢いで僕は運転手を怒鳴った。
運転手は、驚いたのか、すまないと驚いたような顔つきでタケオゲストハウスにおくってくれ、最後に申し訳なかったと謝って来た。


僕は宿のロビーで、国境越えてすぐのタクシー乗り場で両替したレートが良かったのかも、疑い始めていたため、確認してもらったところ、3万円近くあった、タイのバーツが、2万5千円相当のカンボジアのお金、リエルに変えられていた。
やられた…5000円近くも騙された。


ドルが使える事を事前に調べていた僕だったのだが、ツアーのガイドからドルも使えないし、ここはほとんどレートがかからないから、ここで両替するように勧められた。
僕はツアーであったため、安心していたという事もあり、従ってしまった。
ツアー自体が全てグルになったいる為、事あるごとに騙されてしまった…。


カンボジアVISA取得に関してもそうだ。
デスクから、国境付近では時間もなく、VISAを作成する時間はないと言われた。
もし作らずに行くのであれば、国境越える際にVISA作成で待つ事はツアー上出来ないので、作らないのであれば、国境越えた後の、タクシーなりバスは自分で拾ってくださいと言われていた。


初の国境越えで不安だった僕は、仕方なく全てをお願いする選択肢しか無かった。
しかし、実際にツアーに参加すると、僕以外、みんなVISAを作っておらず、昼休憩で作る時間もあれば、ガイドが15分ほどで申請も終わらせてくれた。


個人で作れば、1800円。
ツアーに依頼したら、3000円。
1200円分やられた…。
こっちの物価で、1200円はスゴく高いし、5000円あったら、1週間以上は贅沢な生活出来る。


全ての真実を宿のロビーで把握し、恐怖心と騙されてお金が飛んでしまったショックに僕はドミトリーで大泣きしてしまい、完全に心が折れてしまった。
全く見知らぬ場所で訳分からないとこに降ろされるわ、拾ったバイクタクシーに訳分からんとこに連れて行かれそうになるわ、土地勘も無ければ、物価や紙幣価値すら分からず、騙され、僕はこの街が怖くなった。


宿のオーナーに話を聞いてもらうと、カオサンのツアーはそういうツアーが多いらしく、グルになってお金を出させようとしてくるとの事だ。
タクシーだと到着時刻16時、バスだと到着時刻19時と宣伝してるが、絶対にそんなに早く着く事があるわけない。
バスで来た人は22時に着いたという話も聞いたからだ。


弱音を吐かないように決めていた僕はこの時ばかりは親に電話してしまった。
宿のオーナーさんなどにも助けられ、少し冷静さを取り戻す。


すると、このタイミングで咲子ちゃんがSkypeメッセージをくれる。
ちなみに、咲子ちゃんは最近、1年8ヶ月の世界一周の旅を終えたばかりで、僕が出発前の1年近く毎日欠かさず見てたブログを書いてた人で、ブログランキングも1位をとった事がある人。
まとめると、旅の先輩という事です。


咲子ちゃん   ふみさーーん、とうとう出発したんですね〜

僕       心折れました…

咲子ちゃん   えw


そこから事情を説明し、通話に切り替え、いろいろな経験を聞かせてもらった。
旅の上級者の咲子ちゃんでも、いろいろ騙されたり、バックを荒らされた事もあったとの事だ。
気持ちを切り替えるときは、あえて贅沢をしたりして過ごしていたみたいだ。

ちなみに咲子ちゃんの旅仲間もカンボジア行きツアーで同じような感じの被害を受けたらしく、知らない人も多いと思うので今後行く人の為に少しでも情報提供が出来たらと思う。


いろいろ聞き、僕自身も、悔やんでも、過ぎた過去などでなるべく考えないようにしようと決めた。
翌日は僕の誕生日。
世界遺産アンコールワットで自分を祝わなくちゃ!
もうすぐ、がっ君と萌生さんもシェリムアップに来る事だし、頑張ろ!

よかったら、くりっくしてね
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯はこちらだよ
↓↓↓
世界一周ブログランキング

いつもありがとです、みんなのおかげです。
昨日は58人の人がクリックしてくれて3日連続最高クリック数を更新しました!!
世界一周ランキング5位!!
ぬおおお、とうとう7位脱出したぞー^-^
みんなのおかげです、ありがとう!!

4カ国目 カンボジア 陸路国境越え

前日に屋台の食べ物にあたった僕は嘔吐を繰り返す。
何も食べず、薬を飲み、胃のムカムカを抑えながら何とか、朝を迎える。
朝7時に、ジパングトラベル前出発になっていた為、僕は20分前に到着。
7時になるが誰も現れる気配すらない…
これがよくある海外は時間のルーズってやつなのか…
と思っているが、10分経っても、15分経っても来ない…


もしや、日にち変更手続きがきちんと行われなかったのか…と不安にさせられる。
なんとか20分後、迎えに来てくれてミニバンに乗る。
そこから周辺の宿の予約者達を集め、カオサンを出たのは8時半くらいになる。


そこから4時間少しかけ、カンボジアの国境へと向かった。

DSC04419.jpg

DSC04420.jpg

途中、このような田舎道がひたすら続く。
ミニバンの中は僕以外、全員外国人。
まあ、僕も外国人の部類に現地では入るのだが、全員で6人と運転手さん。


再び、僕はバスの中でいろいろ振り返っていた。
日本にいた頃、どうしても叶えたかった夢。
世界一周の夢の舞台に今立っている。
ここまで来るまでの道のりはものすごく険しく、何年も悩み続けていた。


仕事辞めるの怖かったし、でも、どうしても諦めきれなかった夢。
そんな日本にいた頃の熱い思いを思い出しながら、僕はこの旅を自分にとって有意義なものにさせたい、何かしらの成長につなげたいと考えていた。
それと同時に、こんなとこで、お腹ゲロゲロさせてる場合じゃないなと自分に喝を入れるのであった。


旅に出て約10日間。
そんな簡単に人は変われるものでは無いのかもしれないが、僕自身はしっかり自分自身の変化に気付けていた。
人を見た目で判断するという事が日本にいた頃に比べて少なくなって来たように感じていた。


見た目、怖そうに見えたり、TATOOや入れ墨をしてたりする人を見ると一瞬、怖いのかなとかいろんな感情から逃げ腰になりそうになる。
実際に話してみると、すごく良い人たちも多く、見た目とは全然違うんだな〜と感じたりもした。


道とか行き方とか分からなくて、どんな人か分からない人に助けを求めると、すごく親切にしてくれる人も多くいた。
中身を知る事を僕自身求め、気になる人には自分からアプローチをかけて知ろうとするような、以前に比べると、人と関わる事が大好きになれてる僕がいる。
人と関わる事が臆病になってた時期もあったから…。


そんな事を感じながら、国境付近が近づいてくる。
その前に、お昼休憩があり、カンボジアVISAを取得してない人は、用紙に記入などをして20分ほどの時間を過ごす。
その後、申請書に訪れ、ツアーの方が15分ほどで、VISAを取得して来てくれた。

DSC04421.jpg

ちなみに、トラベル会社に依頼すると高くつくので、自分で書いた方が良い。
僕は騙されて、依頼する事になる。
※騙された内容は次の記事にて紹介予定。

DSC04392.jpg

これが、カンボジアVISA。

国境付近でミニバンを降ろされ、出国手続きを行う。

タイのボーダー

DSC04422.jpg

DSC04424.jpg

DSC04425.jpg

出国スタンプを押す場所は人が多い。

DSC04423.jpg

手続き後、数百メートル進み、今度はカンボジア入国手続きを行う。
ここで大行列のため1時間ほど待たされる。

DSC04427.jpg

手続きを終えると無料バスで10分ほど進み、タクシー乗り場に降ろされる。

DSC04428.jpg

バスに乗る以外の事は全てガイドが案内。
バスを降りるとガイドが待っててくれてる。
ここで両替所があるが絶対に両替してはいけない。
騙される。
※騙された内容は次の記事で紹介。

DSC04431.jpg


多すぎて訳が分からない…

DSC04429.jpg

案内されたタクシーに乗り、カンボジア シェムリアップ市内に向けて出発。

DSC04432.jpg



かなりの田舎道を100km近いスピードを出して2時間ほどでつく。

途中タクシーのおっちゃんは携帯に出るわ、話しかけたら、こっち向きながら運転するは、飛ばしまくるはで、とにかく危険を感じた。

そして、到着し、降ろされる。


ここどこ?

DSC04435.jpg


次回、この後、心が本気で折れそうになる出来事が起きました。
騙された件も含めて詳しく書いて行く予定です。

よかったらクリックよろしくです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらです。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

いつも見てくれてる方ありがとうございます!
昨日は2日連続で最高クリック数更新して48人の人がクリックしてくれました、世界一周ブログランキング7位!!

屋台の食事で嘔吐

昨日は病院も行ってGOGO BARにも行ったので今日は予防接種を済ませてゆっくりする事にした。

DSC04403.jpg

DSC04414.jpg

DSC04406.jpg

ゆっくりするのに選んだのは、MBKセンター。

何をして遊ぼうかな!?

まずは映画見ようかなと映画のとこに行ってみました。
面白そうな映画が15分前に始まっていたという事もあり、諦め、のんびり歩く。
すると、サッカーゲームを発見!!

DSC04408.jpg

僕はマンチェスターUをつかって勝負します。
それにしても、香川のデータが低いのには残念…。
実際にはもっと技術のある選手なのにな…
シュート打ってもシュート力無いからすぐに取られてしまう。
なんだか悔しい。

DSC04410.jpg

あ、ファンペルシー点決めてくれました。

その後、屋台ばかりでなく、こういう大型デパートで食べたらどれくれい味が違うのかなと思い、45B(135円)で注文してみました。

DSC04412.jpg

どう違うかなと期待してたのですが、僕のお口に合いませんでした…。

ちなみに、ココイチのカレーは150B(450円)と日本とあまり変わらない事に驚き。

帰りにはかなり長いトウクトウクも発見。

DSC04413.jpg

ここまでは、ゆっくり休日を過ごせた感じで良かったんです。

夕食時に、カオサンの屋台で食事を摂りました。

宿に戻り、あー今日もGOGO BAR行こうかなと呟きました。
その1分後、屋台の食事にあたり、そこから嘔吐を繰り返す事になりました。
かなり厳しい状況…

やばい…明日、カンボジア行かなくちゃいけないのに…



よかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
携帯は
こちらから。
世界一周ブログランキング
いつも見てくれてる方ありがとうございます!

現在、ブログランキング7位!!昨日は過去最高の44人の方がクリックしてくれました!!
ありがとうございます!
7位継続中、やはり上位の壁はデカい!!
これからも、よろしくお願いします^-^

GO GO BOYS 初体験

バンコク病院から戻って来た僕はスケジュールを全て変更しなくてはならなかった為、ジパングトラベルでカンボジア行きの日にちを1日ずらす手続きを行った。
違約金は100B(300円)で済んだので良かった。


僕が寄った時、1人の日本人女性がタイに来たばかりで全く分からず、観光地の行き方をジパングトラベルに聞きまくっていた。
ツアーを勧めてくるデスクの方。
横で聞いてみるとツアー料金高過ぎる。
アユタヤ日帰り450B(1350円)
ちなみに個人で行けば電車で往復20B(60円)で行けちゃう。
入場料とかランチが入るともう少しかかるとは思うが…


あまりにも分からなそうでツアーで出費がかさむのも可哀想だったので、いろいろ情報提供するから出ようと誘い、マクドナルドに行った。
彼女は僕の2つ上の28歳、大阪出身で今日、バンコクに来たばかりのようだ。
何も知らない状態なので空港に行くのに1番安くて行ける方法からバスをただで使いこなす方法、市内観光するのにもっとも安く行ける方法などいろいろ教えてあげた。


彼女はラオスとベトナムに行ってるので、逆に教えてもらう。
どうやら、ベトナム人はぼったくりまくるらしい。
あ〜、あんましベトナム興味湧かないし、行くの辞めようかな…


ワットポー、ワットアルンにも行きたいらしく、バスでタダで行く方法も伝授してあげた。
ついでに、がっくんがワットポーで騙されて、いかさまポーカーに連れて行かれた話も教えてあげる。
すると、あれ?それ、私も知ってますよ!
僕…え、マジ?
彼女…がっくんじゃない?
僕…うん、そうそう 笑


どうやら、がっくんと彼女は同じさくらゲストハウスに泊まってて一緒にご飯行った時に聞いたらしい。
なんと言う偶然。 笑


他にも彼女の持ってる地球の歩き方 東南アジア編を見てると、なぜかタニヤ・パッポンにラインを引いてチェックを入れている。
ちなみにタニヤ・パッポンはGOGO BARが乱立する風俗街。
私、GOGO BAR行きたいんですよね〜
良かったら、今晩一緒に行きません?
ちょwまさか女の子の方から誘ってくるとは…笑


とは言っても、ぼったくりのお店も多いと聞くので初心者の僕たちだけで行くのは危険と判断し、だれか誘える人がいたら誘おうと言い、夜まで寝たりしてゆっくり体を休めた。


夜になり最終的には男3人、女2人の5人で行く事になった。
男(39歳、26歳、僕)女(28歳、22歳)


カオサンでパッポンに行くようにタクシーやトウクトウクに言うがどこも250B(750円)〜300B(900円)と5人いる事を逆手に取り、ふざけた値段をふっかけてくる。
もしくはそういう店と提携していてコミッションを取ろうとしてくる。
どのタクシーの人たちに言っても同じでカオサンでタクシー捕まえても、らちがあかないので47番バスのスネークファーム方面に行くバスで6.5B(20円)で行った。


バスの中で教えてもらったのだが、パッポンはスネークファームの次のバス停で降りて、反対車線に渡り、通った道を少し戻っていると、横に道がある。
そこを数百メートル進むとネオン街があり、そこがタニヤ・パッポン通りとの事で途中分からなくなったら現地人に聞いたりしてなんとかたどり着いた。


とは言え、店が乱立していて、どこが正規店か判別出来ない…
いろんな人が声をかけて店に案内し、コミッションを取ろうといてくるので基本的にはスルーする。

GOGO GIRLS周辺

DSC04393.jpg

DSC04394.jpg

DSC04395.jpg

GOGO BOYSに行くと決めていた僕たちは、それらしき場所に行ってみる。
たぶん、これが目印。

DSC04396.jpg

DSC04397.jpg


いかついお兄さん達が変なポーズで誘惑してくる。

DSC04400.jpg

DSC04398.jpg

DSC04399.jpg

通っただけなのに勝手に絡んで来て、ち○○を勝手に触って、お前のはデカいのかと聞いてくる。
お下品なお言葉なので、以降、ちーさんと呼ばせて頂く事にする。笑


基本的には500B(1500円)で飲み物1杯と見物料なのだが、280B(840円)と他店に比べ安い店を見つけたので、そこに入る事にした。

DSC04401.jpg

店内は撮影禁止!!
だから、ここからは想像の世界でお願いしたい。


まず番号札のバッジをしている、ブリーフ1丁に白のスニーカーに白のソックスのオカマちゃん達がステージ上に立っている。たぶん20人くらいはいるんではなかろうか。
順番に、数秒置きに隣となりに移動して行き、客らに俺はどうだ?と筋肉マッチョを見せつけて来たり、ウインクして来たり、手でいやらしく挑発してくる。


ある程度、客が集まるとショーが始まる。
最初はロウソクに火をつけ垂れる液体を体にかけては、熱そうな感じのものから始まる。
次にポールダンスみたいなものになり、その後、ぱくつき合いが始まる。
もちろんGOGO BOYなので…そういう事になる。笑


その後、ちーさんをバッド役にして、ゴルフチックなボーリング大会が始まる。
そんな感じで進んで行き、final stageを迎える訳だ。


バラード曲が流れ始めるとともに、ペロペロしたり、ぱくつき合ったりが始まる。
で、音楽が止まる…


ん?ん?


そして、音楽がかなりノリノリな曲が流れ出したとたん、とんでもない光景を目の当たりにする。
ありとあらゆる体勢から、鉄棒を使って、合体し合ってと、詳しくは書かないけど、とにかく衝撃的すぎて、驚き以外の何者でもない…。


ちなみに、隣には、一緒に来てた女の子達も…


って、めっちゃ、喜んでんじゃん!!ちょw


そんな感じで全て含めて1時間のショーが終わり、みんな、また行くしかないなという結論で締めくくり、タクシーで帰るのであった。


この説明で何となく分かるであろうか?
分からないですよね…?
いまいち詳しく書く訳には行かなくて店内が想像出来ないですよね…
すいません…







IMG_0713_convert_20130111020508.jpg


って、ちゃっかり写真撮ってしまってたーーーー!!!  笑


よかったらクリックしてね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯はこっちです。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

いつも押してくる方ありがとう、みんなのおかげです。

ブログ村を経由してみてくださった方々すいません、予約投稿を間違って公開投稿にしてしまい、直後に予約投稿に変更したのですが、ブログ村の更新履歴に反映されてしまい、記事が非公開の状態で更新されてしまいました、アクセスしてくださった方すいません。

バンコク病院へ直行!!

部屋に戻り、意識がフラフラになりながら、僕は体温計を手に取り体温を計った。

38度4分…

最悪だ…

気が遠のきそうになるが、解熱剤を飲みベッドで休む事にした。

いろいろな事を考える必要性が出てきた。


僕は、明日、狂犬病予防接種2回目。
明後日にはカンボジア行きのチケットを予約していた為、予定がぎっしり詰まっていた。
場合によっては全てのスケジュールをキャンセルする必要性がある。
明日の夕方にはVISA取得が完了するのでパスポートも取りに行かなければならなかった。


最悪なパターンを想像する。
タイに来てから、かなりの数の蚊に刺されていた。
都市型タイプのデング熱、山間部タイプのマラリア。
僕は、都市型のバンコク、山間部のカンチャナブリと両方に行っていた為、2つの病気にかかってる可能性も0ではなかった。


病院に行くにもパスポートはカンボジア大使館にある。
入院になれば、予防接種のスケジュールも崩れ、カンボジア行きも全てダメになってしまう。
そんな事をベッドの上でふらふらになりながら考えていた。


少し睡眠を取る事が出来、起きると解熱剤の効果が効いてるのか少し楽になっていた。
とはいえ、あくまでも薬の効果で調子が良くなってる事も分かっていたし、場合によっては明日、病院に行かなければいけないと考えていた。
マラリア、デング熱の可能性が1番怖かった。
マラリアは1週間くらいのペースで再度、発熱になり、徐々に高熱を繰り返すパターンだ。


病名が分からずに、カンボジアに行った場合、バンコクに比べ病院が少ない情報を持っていた僕にとって悩ましい問題となる。


海外保険(損保ジャパン)に入っていた僕だが、初めてという事もあり、どのような手順を踏んで病院に行くのか、タクシー代は保険適応になるのか、チケットのキャンセル代も保険適応になるのかなど分からない事だらけでテンパっていた。


すぐにPCを開き、半年近く前から旅の情報交換をしていた萌生(MOISEI)さんにすぐにSkypeで連絡を入れた。
ちなみに萌生さんは、すでに6回ほど同じ海外保険で病院に行っているので病院関連の保険に関する情報は豊富である。
しかし、MOISEIさんのSkypeはオフラインになっていて、かなり焦ってしまう。


ようやくオンラインに変わり、連絡を取り合う事が出来、保険適応の事を詳しく聞く事が出来た。
パスポートもコピーで大丈夫との事だ。
明日の体調次第で全て決める必要性があったため、僕はカオサンに出かけ、食事をしっかり取り、フルーツもいっぱい摂って寝る事にした。


翌日の早朝。
不安は的中する。
全く熱が下がってない…
それどころか、フラフラの状態になっていた。
僕は、必要なものを持ってロビーに降り、wifiをつないだ。
病院に行くしかない、スケジュールは全てキャンセルするしかなかった。


すぐにskypeクレジットを1500円分購入し、ガイドラインに従って電話をタイ専属保険会社に連絡を入れた。
しかし、何度かけても繋がらない…
どういう事なんだ?かなりキツい状態だった為、イライラと焦りが混合してしまう。
日本の保険会社に連絡を入れようと思い、東京の保険会社に連絡を入れた。
しかし、タイ担当のタイの保険会社に連絡を入れてくださいと言われてしまう。


もう1度、タイ国内担当に電話をかけるが、何度やっても繋がらない。
限界だったので、ロビーの方に携帯電話を貸してもらって、連絡を入れた。
料金が発生するので折り返しかけ直します。
番号を教えてもらっても良いですかという事でロビーの方に番号を教えてもらって、伝えた。


なかなか、折り返しの連絡が入らない。
ふと、僕はskypeのある項目に目が入った。
あれ?これ国番号が日本になってるわ!!
国設定をタイに変更しないと何回連絡してもタイの担当に繋がらんわ!!


すぐにskypeから連絡を入れようとしたと同時に、折り返しの電話が入った。
そこから身分証明から保険番号、現在地など、詳しい情報提供が求められる。
半分、気が遠のいちゃいそうになってた僕は、早く手配をしてほしかった。
だから、どんどん話を進めるように急かしてしまう。


病院はどこにしましょうか?
1番近い病院がバンコク病院である事は萌生さんから仕入れてたので、バンコク病院が1番近いんですよね?
はい、そうです。
じゃ、そこで手配してもらうようにお願いします。
今から行きますけど大丈夫ですか?
大丈夫です。


という、やり取りをし、ロビーのおばちゃんにバンコク病院をタイ語で書いてもらった。
タクシーに関しては帰国後に保険適応でお金が返ってくるので、出発時間・場所、到着時間・場所、かかった費用をメモしておかなければならない。


僕はタクシーを拾い、メモ紙を見せて、体調がキツい、急いでくれと伝えた。
タクシーのおっちゃんは、僕が直前にコンビニで買った冷たい水を見て、冷たいのは体に負担がかかると言い、冷えてない水を僕にくれた。おっちゃんが仕事中、休憩がてらに飲むはずの水を…
その後も1度、車を止め助手席に乗るように言われ、座席を倒して、寝ておくように言われる。
僕は途中でタクシー運転手の優しさ、今まで優しくしてくれたタイ人の人達を思い出すと、あまりにも嬉しすぎて、タクシーの中で涙を流してしまった。


到着し、タクシー代350B(1050円)と感謝の気持ちを込めて25B(75円)を渡した。
案内係に連れて行ってもらい、日本人専属デスクに案内され、個人情報、保険等の書類を確認、記入を行い受付を済ませ、血圧・脈拍・体重測定、日本人医師に診察をしてもらい、血液検査をする為、採血をしてもらった。

検査項目は感染可能性があるマラリア、デング熱、お腹も崩していたので、腸チフス。

出された薬を飲み、血液検査の結果が出るまで休ませてもらった。

DSC04377.jpg

イメージ写真。

薬の効果もあり、睡眠もとれた事もあり、体力が回復した。
それにしても、この病院の質の高さに驚きを感じた。
施設面もそうなのだが、看護師の気遣い面での親切さや、清潔面、サービス面、今まで見て来た病院の中でも間違いなく1番だと思う。

DSC04378.jpg

必ず患者さんがベッドを使う度にこのようなシートを交換して清潔さを保つ。

DSC04379.jpg

水などもフリー。

看護師は何度も気にかけて声をかけてくれるし、患者情報の確認も入念、定期的な体温計測、行きたい場所にはきちんと案内してくれたり、説明に関してもきちんと説明してくれて、質の高さに驚くばかりであった。

2時間ほどで血液検査の結果が出て、感染症の疑いはほぼ無いであろうという事が分かった。
ただ100%の検査結果出る事はないらしいが、ほぼ間違いなく無いという事で安心した。
その頃には元気も出て来て食欲も湧いて来た。
良かった…


でも、本当に旅をする上で体が1番大事だと思う。
3日くらい旅したら1日は休むくらいのペースでいかないと長距離移動や、常に動く日常は想像以上に体力を消耗する。節約を心がけて食事を摂らないのも避け、しっかり摂っておくべきだと思う。


ついでに優しくしてもらった看護師さんと記念に写真撮ってもらった。

DSC04380.jpg

DSC04381.jpg

親切にしてくれて、ありがとう。

病院内にスタバなんかもあってオシャレ。
エレベーターもあり、まるでホテルにいるような感覚になる。

DSC04383.jpg

薬入れの袋もすごくオシャレ。

DSC04382.jpg

受付から、会計までのスピードも早く、薬局の説明も詳しく、スゴいの一言だった。

DSC04385.jpg

DSC04386.jpg

真ん中にいる方が患者さんを受付等まで案内してくれる。

DSC04387.jpg


病院費用 7207B(21621円)  保険適応によりキャッシュレス!!

早速、保険に助けられた。

帰りにタクシーで宿まで戻って来た。
タクシー代 137B(411円)…


あれ…
行きのタクシーで350B(1050円)取られたのに、どうして帰りは137B(411円)なんだ…


やられた…
間違いなく行きのタクシーでぼったくられてる…
そういえば帰りのタクシーの運転手さんはメーターをしっかり表示してくれてたけど、行きのタクシーはメーターを切っていなかった。
行きのタクシーでは、余裕無くて、タクシー出た時にメーター見らずに、いくらか聞いて、優しさに信用して言い値のままに支払ってしまった…。


そして僕にメーターが動いてない事を見せない為、助手席で寝ておくように指示した。
少し楽に感じたので1度、起き上がろうとした際も、キツいから寝とくんだというおっちゃんの言葉に従い、横になって休んでいた。


完全に信用してしまってた…
タクシーの運転手にとって、僕の状態より、利益優先主義で、優しさを芝居してたのか…
常にぼったくられないように気をつけて来たつもりだったが、さすがにこの時ばかりは警戒するほどの余裕が無かった。
チップまであげてしまったのに…
仕方ない、気持ちを切り替えて行こう。


よかったらこちらのトマトの世界一周を押してもらえると嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこっちだよ。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示になってない人は、右上のPC押してね^-^


リアルタイムはカンボジアにいます、今日来たばかりですが来た初日にいろいろ騙されたり裏切られたりありまして心折れてしまいました、ちょっと精神的に立て直す事が難しい状況です…頑張ります…。詳しくは後日ブログにて。


Facebookページで僕のブログが紹介される事になりました、よかったらのぞいて見てね!
Facebookページ たびはち


memo

2013,01,09
7:24 カオサンロード
8:15 バンコク病院
350B

11:14 バンコク病院
12:18 カオサンロード
137B

あれ?なんだかフラフラするな…

DSC04358.jpg

カンチャナブリもサンクラブリも野良ワンちゃんがたくさんいる。
噛まれて狂犬病になるのが怖い僕は、あえてワンちゃん達から距離をとろうとする。

宿に戻ると、隣の夫婦と話す事になり、この街のオススメスポットを教えてくれたり、いろんな会話で盛り上がる。
夫がイタリア人、妻がフランス人で現在ロンドンに住んでるらしい。
旦那さんと会話が弾み、ひなたぼっこしながらついでに写真も撮ってもらった。

DSC04363.jpg

DSC04364.jpg

DSC04360.jpg

お日様の照らしもまぶしいが場所がとても素敵でのどかに落ち着く事が出来た。
翌日の大移動に備えて、その日はゆっくり休んだのであった。

翌日、朝早くの出発になった僕は、最後に挨拶出来なかったので、感謝の気持ちを綴った置き手紙を残して6時間かけてバンコクまで移動する。

DSC04365.jpg

途中、頻繁に検問が入りVISAオーバーしてないかなど徹底的に調べられる。
行く途中、珍しいものを発見した。

DSC04367.jpg

DSC04368.jpg

崖の上にあるお寺。スゴく珍しい。

DSC04371.jpg

大仏さんカップルがドライブデートを楽しんでたりもした。

6時間の移動中、僕はいろいろな事を考えていた。
タイ人の優しさに触れ、今まで以上に優しくなれてる自分がいた。
最初は勇気が無くて、サンクラブリに行く事をためらったりしたけど、実際に行動に移し、帰って来れる事が出来た事は僕自身の大きな自信に繋がった。
行く前の、おどおどしていた僕はそこにはいない。
気持ちの面でも少しずつだけど成長し始めているように感じた。

明日は予防接種、明後日はカンボジア行きが決まっていた僕はバンコクに戻って来たら、代理店にカンボジアVISAの申請をしておかなければならなかった。

宿に着くまでは良かったのだが、着いて安心したのか、急に気分が悪くなり、体にだるさを感じる。
ちょっと、ヤバいかも…
しかし、今後の予定が決まってる僕は重い腰をあげ、カンボジアVISA申請に向かう為、ジパングトラベルとBIG BLUE TOURLISTを訪れ値段比較を行った。

結果的にジパングトラベルの方が安かったので僕はジパングトラベルを訪れた。

DSC04373.jpg

VISA申請 1000B  タクシー 650B  合計1650B(4950)+手数料3%でジパングトラベルが出来るのに対して、BIG BLUEは 1600BでVISA申請とバスと考えるとジパングトラベルが良いと思う。
タクシーだと7時発の16時着に対してバスだと20時から22時着となるからだ。

DSC04372.jpg

案内されたとこで4.5×3.5サイズのカンボジアVISAの申請サイズの写真を120B(360円)で撮影。

DSC04375.jpg

体調不良で若干、元気が無い。

その後、ジパングトラベルで手続きを完了させた、ちょうど同じ時間帯に日本人の方がいて、同じ時期にカンボジアに行くという事で話す事になる。

彼の名前はがっくん。
僕の2個下の24歳らしい。

地図も何も持ってこずに、旅人から聞いて情報を集めるスタイルの彼は旅を始めてまだ5日くらい。
すでに2回ぼったくられたらしい。

1回目は空港からカオサンまでのタクシー代で本来の4〜5倍となる1600B(4800円)をふっかけられ、物価を把握出来てなかった彼は、そのまま分からずに支払ったらしい。

2回目は僕もおっちゃんと一緒に観光して回った、ワットポーでワットアルンへの行き方が分からずに、地元の人に教えてもらってた所、タクシーで1時間近く回った上に、家に連れて行かれ、食事をごちそうになった後、個室に連れて行かれ、トランプで絶対に勝つ方法を教えてもらった後に、勝負してぼったくられるという展開になったらしい。
危機感を感じ、トイレの窓から脱出して来たという強者だ。

ちなみにワットポーからワットアルンの船乗り場まで歩いて2分で着く。

基本的には知らない人には着いて行かない僕だけど、彼の話を聞いて驚いてしまった。
僕は自己防衛にと何かあったらこのお金を渡して逃げた方がいいよと3000円渡したのだった。

DSC04376.jpg

ちょっと、キツかった僕は話をある程度のところで切り上げ、部屋に戻った。
部屋に戻ると、フラフラし、ちょっとヤバいなと感じ体温計を計った。


38度4分


ヤバいかも…



よかったらクリックしてね!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちら
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホの方でPC表示にしてない人は1番右上のPC押してね!
みんなのおかげで世界一周ランキング7位!!
いつも、ありがとう!!

3カ国目 ビルマ 陸路国境越えに挑戦

DSC04323.jpg

僕はサンクラブリーから22kmトラックで北上し、ビルマ(ミャンマー)のイミグレーション(国境)にやってきた。
場所でいうと、この位置になる。

DSC04319.jpg

国境越え出来る可能性は半々で確実に来れる自信は無かったが、行って確認してみないと分からなかったし、行きたかった。
イミグレーションのおっちゃんにビルマに行きたいんだ!!
って伝えた。
おっちゃんから、タイ人しかダメだ!!
外人は行けないんだと言われた。

やっぱりか…
覚悟はしていたが落胆する。
目の前にはビルマがあるのに行けないなんて…

DSC04321.jpg

目と鼻の先には、ビルマがあった。
仕方なく諦め、記念に1枚撮った。

DSC04320.jpg

このあたりは、ビルマのお土産屋さんがたくさんある。
そして、モン族という民族が多数存在する。

DSC04324.jpg

DSC04326.jpg

モン族はこちらのおばちゃんのようにほっぺに肌色の粉をかけている。
もちろんサンクラブリー地区にもモン族はたくさんいて、調べてみた所、1948年にビルマの内戦からタイに逃れたとの事だ。
サンクラブリーであるタイに住んでるモン族もたくさんいるのだが、タイの市民権は無いとの事だ。
現在、サンクラブリにはこのような事から、モン族、カレン族、タイ族、ラオ族、ビルマ族とたくさんの民族が存在するのだが、僕はほっぺに粉を塗るモン族以外の判別は出来なかった。

国境入り出来ず残念に思いながらお土産屋を散策する。

DSC04335.jpg

ビルマのアクセサリーがたくさん売られており、中にはモン族が商売をしてたりもする。

DSC04336.jpg

DSC04337.jpg

DSC04339.jpg

DSC04343.jpg

DSC04342.jpg

1000B(3000円)から100B(300円)のものまで、たくさんの品揃えである。
これがビルマのお土産なのか。

ついでに付けさせてもらった。

DSC04340.jpg

お土産屋を歩いて周ると1つの道を発見した。

DSC04327.jpg

一瞬、??となる。
この先ってビルマの国境内じゃないの?
気になった僕は隣の土産屋で売ってる店員さんに聞いた見た。

DSC04333.jpg

その道はビルマ国内になるよ!
さらに疑問に思った。
あれ、イミグレーション無くて大丈夫なの…
どうやら、この道は地元住民がイミグレーション関係無しに出入りしてる場所らしい。
いつもはこの道を通過してタイに入国しここで商売をしているようだ。

僕も行って良いのか聞いてみた。
そこの通りなら大丈夫だけど、奥に行っちゃうと不法入国で捕まっちゃうよって言われたので、ビルマ近辺をまさかまさかの入国というかビルマの地に足を踏み入れる事に成功した。

DSC04344.jpg

やった!!
という事で、ビルマに足を踏み入れたと勝手に解釈する! 笑

DSC04329.jpg

DSC04330.jpg

DSC04332.jpg

DSC04331.jpg

そう、この場所はもうタイではない、行ってみたかったビルマ国境内なのだ。
でも内心ドキドキ、警備員来たら面倒な事にならないかと。
という事で、深入りしない程度にビルマを後にした。

でも本音はやっぱりイミグレーションを通過したい。
なんとかならないかともう1度、国境の検問付近である、もっともビルマに近いとこに戻った。


すると、アジア人(中国人?韓国人?)がビルマ国境内、強行突破をしてるではないか…
確実に、ボーダー超えてますよね?笑

DSC04347.jpg

警備員焦る。笑
で、呼び止められる。

DSC04348.jpg

で、パスポートチェックして指導をしていた。笑

DSC04350.jpg

僕もあのボーダーまでは行けそうだと思い警備員さんにどこまで行って良いか1歩1歩確認しながらギリギリ進んで良いとこまで進んだ。

どうしても行きたかった場所が目の前まで来て行けなかった、残念だった…

DSC04351.jpg

DSC04352.jpg

DSC04353.jpg

DSC04346.jpg

仕方ないので、近くで35B(105円)のチャーハンを食べた、都市部に比べて安いし、たまらなく旨くて2杯もたいらげてしまった。

DSC04345.jpg

土産屋さんのおばちゃんのとこに戻り、モン族のほっぺに付けてるのは何か聞いてみたらどうやらこれのようだ。

DSC04334.jpg

近くに日本の国旗を発見した。

DSC04341.jpg

タイとビルマを結ぶ鉄道をタイと日本が共同で作った証らしい。
現在は取り壊されているが。

DSC04354.jpg

DSC04355.jpg

なんとかビルマ入りに成功し、僕はサンクラブリに戻ったのであった。


PCの方はこちらをクリックしてね
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
携帯の方はこちらをクリックしてね
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホでPC表示になってない人は右上のPC押してね!

いつもクリックしてくれてる方、見てくれてる方ありがとうございます!
1日1回クリックで10ポイント入る仕組みです。
1人(PC,スマホの機械1つにつき)1回まで有効。
7日間の合計クリック数が順位に反映されます。
現在2000ポイントほど週間ポイントになってるので1週間に200回分のクリックがされてる計算になります。
1日平均30回ほどのクリックがあったという計算です。
1日に30人もの人が応援してくれてる事にただただ感謝の気持ちでいっぱいです、これからもよろしくお願いします!

昨日は記事がたまっていたこともあり、2つ更新しています!
見てない方は見てね!
昨日は35人の方がクリックしてくれました、世界一周ブログランキング8位!!

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

ビルマ国境付近へ向かう

その後、チェディ・ブッダガヤに向かった。

DSC04293.jpg

歩いて宿に戻る。

DSC04296.jpg

宿に戻ると夕日が沈みかけていて、とても美しい。

DSC04299.jpg

DSC04304.jpg

夜ご飯はベジタブルチャーハン 60B(180円)を2杯たいらげた。

DSC04307.jpg

DSC04306.jpg

DSC04309.jpg

今夜はこちらのベッドを独り占めさせてもらった。

サンクラブリに来て気付いた事は、まず物価がバンコクに比べて安い。
このゲストハウスの食事以外は。
町の人も客引きせず、バイクも声をかけてこない。
むしろ、こっちから声をかけないといけないくらいだ。
時間もゆっくり流れ、自然もいっぱいで景色もきれいで、とても素敵な場所だと感じた。



そして翌日、僕はビルマとタイの国境にあたるスリー・パゴダ・パスに向かった。
場所はサンクラブリから22km北上した所にある為、トラックに揺られながら進む事になる。

DSC04314.jpg

DSC04313.jpg

霧に覆われ前が見えにくい道を奥へと進んで行く。
途中、検問があり、僕のパスポートを確認される。

DSC04311.jpg

さらに進んで行くと、霧が晴れ、崖が迎えてくれた。

DSC04316.jpg

そして、僕はいよいよ国境に到着したのだった。
国境の目の前にスリー・パゴダ・パスがある。
その横に、僕がどうしても来たかった場所、ビルマのイミグレーションが存在する。

DSC04318.jpg

DSC04323.jpg

DSC04319.jpg

そして僕は陸路でビルマ国境越えに挑戦するのだった。

今日も良かったらクリックしてね^-^
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

見てくれてる方、ありがとうございます!

サンクラブリ

カンチャナブリの地球の歩き方のページを見てた時に、次のページにサンクラブリという地区のページが載っていた。
写真を見て、すぐに行ってみたいと思った。
そして、現地に行ってみないと分からないが陸路でビルマに国境越えする事も出来るかもしれないという情報も得た。
サンクラブリ地区はカンチャナブリから北西240kmの場所に位置する、タイとビルマの国境から22kmの位置に存在する街だ。

地図で見る限り、明らかに山道を越え、山奥にあるように見える。
僕は行きたい気持ちを全面に出し、行く準備をする。
朝、起きて7時半のバスに乗る為、1時間早く起きて準備を始めるが、なかなか荷物を整理しきれず、中身が多すぎてパッキングが出来ない。

時間ギリギリで焦ってた僕は猛ダッシュで大通りに出た、たまたま通ったバイクタクシーを捕まえる事に成功し、バスセンターに向かった。
時間ギリギリにも関わらず、チケット売り場は行列状態でさらに追い打ちをかける。
なんとかチケット 185B(555円)を購入し、ミニバンに乗り出発する事が出来た。

DSC04251.jpg

山道を進み、クネクネ、ガタガタ道が続く。

DSC04252.jpg

DSC04253.jpg

途中何度か、休憩場所に到着する度に警備員が中に入り検問のようなものを行った。
周りの景色は大草原が広がり、神秘的に感じる。
地図で確認すると国立公園内の道を進んでるように見える。

3時間ちょいで到着後、バイクタクシーのおっちゃんにお願いし宿に案内してもらった。
驚きだったのが、安そうな宿にしてたので、ある程度は覚悟していたのだが着いてみると。

DSC04260.jpg

DSC04258.jpg

DSC04261.jpg

DSC04262.jpg

リゾートちっくな宿だった。
庭も素晴らしく、目の前には湖が広がっていて、泳ぐ事も可能。
部屋が広いのにも関わらず、ツインを1人で使わせてもらって1泊250B(750円)!!


早速、街歩きを始めて見た。
とても、のどかな時間が過ぎていく。
行く前まで山奥に行くとあって、まさかこんな素晴らしい南国のような場所に着くとは想像すらしてなかった。

DSC04266.jpg

DSC04267.jpg

DSC04268.jpg

街の中心でもこんな感じだ。

歩いてると、子供達がおいかっけをしていたので僕も参加する事にした。
カメラを撮ろうとするとしっかりポーズをしてくれる。
戦隊ヒーローのポーズかな?

DSC04269.jpg

2人は駄菓子屋さんに入ってお菓子を選んでたので、僕もコーラーを買ってみた。

DSC04271.jpg

熱くてのどかわいてるかなと思って店員のおばちゃんにコップを取ってもらって、コーラーを分けてあげた。

DSC04273.jpg

DSC04274.jpg

弟に気を遣って、あまり飲もうとしないお兄ちゃん。
とっても優しいね。
記念においらと1枚撮っておこう!!

DSC04272.jpg

何だか楽しい時間が過ごせて満足な僕。
バイバイして先に進む。

DSC04277.jpg

DSC04276.jpg

あれ?見たかった橋があんなに遠くにある…。
どうやら、かなりの距離を通り過ぎてしまってたようだ。

でも、間違ったおかげで、出会いがあったので良かったのかもしれない。
ついでにビルマ国境付近に行くバス停が近くにあったので時間調べて、バイクタクシーに乗って橋に向かった。

モン・ブリッジという橋にやってきた。

DSC04279.jpg

DSC04280.jpg

DSC04282.jpg

DSC04284.jpg

DSC04283.jpg

写真撮ってもらったついでに一緒に話しながら歩いたおっちゃん。

DSC04285.jpg

次に向かったのが、ワン・ウィワッカラーム。
インド・ビルマ・タイの様々な文化が混ざり合った寺院のようだ。

DSC04287.jpg

DSC04288.jpg


案内してもらった子供達。

DSC04286.jpg

中に入ってみた。

DSC04292.jpg

そして、今までにないオーラが漂う…。
え?本堂に本物の坊さんが座ってる!?

DSC04290.jpg

一瞬、驚きに変わる。
今まで人間が座ってる寺なんて見た事なかったので、緊張が走る。
恐る恐る近づいてみる。
ん?

DSC04289.jpg

お坊さん作り物だな?
どうやら勘違いしたようだ。 笑
でも安心した。


良かったら、下のトマトの世界一周押してもらえると嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の人はこっちだよ。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

昨日は31人の人がクリックしてくれました、現在ブログランキング9位!!
ここからが、大変な道のりかもしれないけど頑張ろっと!
いつも見てくれてる方ありがとうございます、時間あったらクリックしてもらえると順位が上がるので嬉しいです!

カンチャナブリ

僕の気持ちは前に進む。
前日にカンチャナブリの情報を50カ国以上回った方とロビーのお姉さん達から仕入れていたので行き方は把握していた。
カオサンの前の大通りに出て、反対車線に進むと、たくさんのバスやミニバンが出ている。
いろんな人に話しかけ、ロビーの方にカンチャナブリとタイ語で書いてもらったメモを見せて、カンチャナブリと言い教えてもらいながら、カンチャナブリ行きのバスまで向かう。

DSC04213.jpg

DSC04216.jpg

DSC04215.jpg

カンチャナブリ行きチケット 110B(330円)を購入し、バスに乗る。
バスの運転手曰く、11時に出発して13時に着くとの事で2時間以上ある待ち時間をどうしようかなと考えてると、なぜか9時に出発した。
たぶん僕の聞き間違えだったのだろう。

Tシャツでバスに乗った僕は出発前の時点でクーラーの効き過ぎで、上着を取り出したかったのだが、荷物はこのとおり、パックセーフで頑丈に囲った上に、ワイヤー式南京錠でバスの1部とパックセーフを囲っている為、隙間から取り出そうと試みたが失敗に終わる。


バスの中では、様々な感情が巡らされながらの移動となった。
前にどんどん進んで行くしかない。
マイナスに考えて行動する事に臆病になる事ほど、面白く無い物はない。
絶景や、行きたい場所を求めてどんどん突き進んでやる。
死んだ時は仕方ないけど、恐れても仕方ない。
無意識に歯を食いしばりながら、新たな決意を胸にする。
気付くと、強く噛みすぎていて、なんだか痛い。


2時間半ほどで無事にカンチャナブリのバスセンターに到着する事が出来た。

DSC04217.jpg

着くと、おっちゃん達に声をかけられ、宿のパンフレットを見て、安いとこがあったのでそこにしてチャリンコで連れて行ってもらう。

DSC04218.jpg

DSC04219.jpg

DSC04220.jpg


移動費50B(150円)と言うが、何とか、35B(105円)にまけてもらって交渉成立となった。
宿に着くと、そこにはオシャレなコテージがあり、ゆっくり出来そうだ。
おしゃれなのに宿代150B(450円)とバンコクより物価が安い事に喜びを感じた。
ちなみに、バンコクNAT2ゲストハウス1泊270B(810円)。

DSC04221.jpg

DSC04222.jpg

オシャレな感じでなかなかいいじゃないかい!!
その後、映画の舞台になった事で有名になった橋に向かった。

DSC04225.jpg

DSC04226.jpg

DSC04227.jpg

DSC04231.jpg

DSC04228.jpg

そして列車が近づき

DSC04236.jpg

来て

DSC04237.jpg

通り過ぎた。

DSC04238.jpg

ついでに近くに寺があったので寄ってみた。

DSC04232.jpg

DSC04234.jpg

その後、連合軍戦没者共同基地を見る。

DSC04239.jpg

DSC04240.jpg

DSC04241.jpg

ある程度、観光をし終え宿に戻ろうとしたのだが、宿から出る時、着いた事と宿のオシャレさにてっきり浮かれてしまい、帰りの目印となる場所を忘れてしまった。
というのも、この宿は少し奥に入った所にあるのだが、他にも奥に入って行く道がたくさんあり、入っては間違ってて出て、今度は違うとこに入っては出てを繰り返してると、ようやく見つかった。

そして、普通に看板が立ってた事に気付いたのだった。笑

DSC04242.jpg

戻って、コテージでゆっくりしながらのんびり過ごす。
物価が安いので、今まで控えていた食事をいっぱいとり、元気をつける。

DSC04244.jpg

このベジタブルチャーハン 40B(120円)がたまらなく美味しい。
ごま油に、たくさんの野菜を焼いたものだと思うけど、感動してしまった。
夕方に近づくにつれて夕日が美しくなる。

DSC04245.jpg

DSC04246.jpg

DSC04247.jpg

まだまだ元気をつけようと今度は豚肉チャーハン50B(150円)もたいらげて明日の移動に備えるのであった。
景色は良かったのだが、蚊がいる感じだったので蚊取り線香を買った。
そして、まさかの水シャワーで叫びたくなった。
数時間後、隣部屋の欧米人らしき人が水シャワーを浴び叫んでいた。笑



よかったらクリックしてね、ブログランキングの順位に反映される仕組みです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちら
↓↓↓
世界一周ブログランキング

昨日は33人の人がクリックしてくれました、世界一周ランキング9位!!
本当にありがとうございます、徐々にクリック数、アクセス数が増えて来て、嬉しい気持ちでいっぱいです。
これからも継続して頑張って行きたいと思います!

心の葛藤

夜遅くまで飲んだ僕は疲労も溜まって来たので翌日はゆっくり休む事にした。

朝、宿のロビーでゆっくりしながら日本人旅人達と話をし、いろんな情報を仕入れる事が出来た。
大半の旅人が、カンボジアのシェリムアップを勧めてくれた。
シェリムアップとは世界遺産、アンコールワットがある場所だ。
有益な情報もたくさん得たが、それと同時に自分の心が激震する情報も得た。
東南アジアでリアルタイムで行方不明になってたり、日本でなかなかピックアップされてない事件や死亡事故も起きてたりして気をつけた方が良いとの事だ。


いろんな話を聞き、僕はマイナス方向に心が揺らぎ、部屋にこもってしまった。
気持ちを落ち着かせるため、外に出て、食事をとり、散歩する事にした。

DSC04189.jpg

DSC04190.jpg

DSC04202.jpg

DSC04201.jpg

DSC04192.jpg

DSC04196.jpg

DSC04198.jpg

DSC04195.jpg

DSC04199.jpg

DSC04203.jpg

DSC04204.jpg

空を見ながら、今までの人生を振り返ったり、生死について深く考えながら過ごした。

戻って、ロビーでゆっくりしてると今度は50ヶ国以上回った旅の上級者と話をする事が出来、いろんな深い情報を教えてもらう。

そして最後にこのようなアドバイスを頂いた。
旅をしてると、必ず良い事があれば、悪い事、騙される事だってある。
悪い事が起きた時に、深く考え込んでしまい、マイナスの方向に考えれば、マイナスの事ばかりが起きてしまう。
逆に、良い事や助けてもらって嬉しい事だって、いっぱいあるんだから、いかに悪い事が起きた時に深く捉われ過ぎず嬉しかった気持ちを大事にして前向きに旅して行く事が大切だと。
本当にヤバいと感じたら、抵抗せずにお金をすぐに渡した方がいい。
渡せば、絶対殺されたりはしないからと。


僕にとって本当にここからが自分の気持ちとの戦いなのかもしれない。
状況によっては、殺されるリスクや脅される可能性がある海外で、いかに気持ちの面で押し潰されずに前に進む事が出来るのかが重要となってくる。


マイナスに考え込み過ぎず…そのマイナス感情を払いのけてプラスに考える事。
もし、その大きな壁を乗り越える事が出来た時、僕は大きく成長出来る可能性を秘めてるのかもしれない。



とは言え、現段階で気持ちがすぐに切り替える事は難しく、その日、僕は無難に週末行われる近くのweekend marketに行こうかと考えていた。

翌日、目を覚ますと、僕の気持ちはなぜか研ぎすまされ、覚悟が出来ていた。
よし、前に進もう!!
カンチャナブリ(タイ西部)に行く!!




よかったらクリックしてね☆クリック数に応じてブログランキングの順位が決まる仕組みになってます。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯はこっちだよ!
↓↓↓
世界一周ブログランキング

いつも、ありがとうです!
昨日は29人の方がクリックしてくれました、世界一周ブログランキング10位!!
スマホの人でPC表示に変わってない人は1番右上のPC押してね!

テーマ : タイ
ジャンル : 旅行

灼熱バンコク・Ivoとの出会い

DSC04154.jpg

その後、インド人街、中華街に向けて歩き始める。

DSC04155.jpg

DSC04159.jpg

DSC04161.jpg

DSC04162.jpg

15分程歩き、たどり着くと、インド人だらけの場所にたどり着く。
ここがインドなのかと思ったがインドに行った事がないので、どこがインドかはいまいち理解出来ない。
ただ、僕が写真を撮ってると、インド人が横に来て僕が撮ろうとしてる写真の画面を近距離で真横からのぞき込んで来た。
一瞬あまりの接近に、え?と戸惑ってしまう。


その後ファランポーン駅周辺のバス停から40番でサイアムまで経由し、いつも通り15番でカオサンに戻った。

到着後、宿のロビーで旅の情報を仕入れる事にした。
カンボジアVISAの取得、ミニバン手配、インドVISAの取得方法が分からなかった僕は、関西の大学に通ってる2人組にカオサン通りのどこで出来るのか、連れていってもらう。


僕はカオサン通りが1つだけの通りだけと思ってた。
カオサン通りを入り、すぐ右の路地裏に案内され、200メートルくらい進むと、そこには、なんともう1つの大きな通りが存在した。


DSC04166.jpg

DSC04168.jpg

そこにあるジパングトラベル(カンボジア行き手配会社)とBIG BLUE TOURLIST(インドVISA手配会社)を教えてもらう事になる。

DSC04167.jpg


その後、いろんな店を見てみたかったので訪れ、食事どころを探す。

DSC04169.jpg

とても、美味しそうな店を見つけたので、ここで食事をとる事にした。
メニューを注文してると、後ろのテーブルに座ってる欧米人が、店員でもない僕に、
おい、チョップスティック(箸)取ってくれ〜い
と、言って来た。

僕に言って来た事に面白さを感じた僕は、前のテーブルに座って良いかい?
と言い、一緒に食事をする事にする。


話を聞いてると名前はIvoでスイス人との事だ。
仕事は障害者の教育活動をされてるそうだ。
そこから、僕たちの熱いトークが始まる。


僕の旅の目的の1つにボランティア活動を掲げている。
その1つにインドのマザーテレサハウスを訪れる事も含まれてるのだが、インドで10年間、そういう活動に従事してたIvoにとって僕との話の波長が合い、3時間以上の熱いトークが続く。

DSC04170.jpg

DSC04176.jpg

DSC04171.jpg

DSC04177.jpg

DSC04172.jpg

DSC04178.jpg

DSC04181.jpg


その他にも宗教の事や、政治、旅情報から、女の子の話までいろんな話で盛り上がる。
徐々にビールの量も進んで行く。
それでも気が済まない僕たちは2次会に向かう。

DSC04182.jpg

DSC04183.jpg

DSC04185.jpg

DSC04186.jpg

DSC04188.jpg

熱く語り合った僕たちは固い握手を交わしお互いの旅の健闘を祈って、カオサンを後にしたのだった。


よかったらクリックしてもらえると嬉しいです!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方は↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ

スマホの方でPC表示になってない人は、右上のPC表示押してね。
昨日は31人の方がクリックしてくれました、世界一周ランキング10位!!
もうすぐ1ケタ台、いけるかな?

ワットポー・ワットアルン

DSC04163.jpg

僕は悩んでいた。
予防接種で1週間空く期間をどのようにして時間を過ごそうかと。
部屋に戻り5日間ある時間をどのように過ごそうか検討した。
僕は地球の歩き方というガイドブックを全世界分スキャンしてパソコンに取り込んでいるのだが、タイの地球の歩き方を見て近距離で行けるとこを探す。
タイ北東部のアユタヤ、スコータイにしようか…
南東部のパタヤにしようか…
西部のカンチャナブリーにしようかと…


ふとバンコクの部分を見た時、バスの番号表示がされている部分を発見した。

DSC04164.jpg

この情報を手にする事で、僕はバンコク市内のバス情報を完全に把握する事になる。

翌日、タイの2大寺院のあるワット・ポーとワット・アルン(写真左中央)に行く事を決めた。
カオサン(写真左上)から寺巡りのあるバス停に行く為には、共通番号である2番バスに乗る必要性がある。
そこまで事前に調べ、眠りについた。


翌日、ゲストハウスのロビーで調べ物をしていると、日本人の方がいたので、1週間くらいで行ける観光スポットを訪ねると、マレー鉄道に関する情報を教えてもらえる事になった。
ついでに、アユタヤがオススメという情報も得た。


その後、2番バスに乗り、寺がある場所へ向かう。
もちろん昨日情報を仕入れた無料バスの青色バスを使って。
バスの人にワット・ポーに着いたら教えてねと伝えるが英語が通じないため、理解してもらえなかった。
その後、英語が出来るタイ人が前に座ったので、教えてねと言うと、反対方向に進んでるよ!
と、言われ次のバス停で降りて、反対車線の2番に乗ったらいいよと教わる。


バス停についたので、降りると、昨日アナザースカイしたばかりの、ISETAN前に降りる事になった。
昨日、アナザースカイして、いろいろ記憶が蘇らせられたばかりなのに…

またもや青色の無料バス2番に乗り、さっき進んだ方向に戻り、寺に向けて進みだす。
でも、僕はどこで降りていいか分からなかったので、周りの人に教えてねと言うと、周りの方々がいろいろ聞いてくれて親身に接してくれる。

DSC04113.jpg

左のおっちゃんは写真撮っていいぞと言ってくれたのに、なぜか前を向いている…
その後、真ん中のおっちゃんが俺もワットポー行くから教えるよと言ってくれたので任せる事にした。
左にこっそりと隠れてるおっちゃんも、そのおっちゃんの仲間だ。
ただ、写真嫌いな為、隠れてしまう。

DSC04114.jpg


その後、バスに着き、おっちゃん達がワットポーまで案内してくれる。

お前はシンガポール出身か?

俺はジャパニーズだぜ!

と、やりとりしてるにもかかわらず、おっちゃんはひたすら、タイ語で僕に話しかけてくる。
全く、何を言ってるのか分からない。
その後、ワットポーの入り口に入ったのだが、なぜか外国人だけ入場料100B(270円くらい)とられる事になる。
おっちゃん達は現地人なので入場料を払う手間が省ける訳なのだが、おっちゃん達待っててくれてるかな〜と思ってたらなぜか、いなくなってた。

その後も、おっちゃん探しをするが、見つけられなかったので、仕方なく1人でワットポー観光をする事にした。

DSC04116.jpg

DSC04123.jpg

DSC04120.jpg

DSC04126.jpg

続いてワット・ポーのすぐ近くにあるワット・アルンの船乗り場へ向かった。

DSC04128.jpg

DSC04129.jpg

DSC04130.jpg

3B(8円くらい)で船に乗り3分ほどで着くワットポーのある船乗り場へ向かった。

DSC04131.jpg

到着後、ワット・アルンを見て回る。

DSC04132.jpg

DSC04134.jpg

DSC04136.jpg

ワット・アルンの階段はとてつもなく傾斜がある。

のぞいてると、さきほど見失ったおっちゃん達を発見する事になる。
お〜、おっちゃん!!
僕たちはテンションがあがったので、おっちゃんと記念撮影をする。

DSC04137.jpg

写真苦手なおっちゃんが撮影を担当になるのだが、写真の撮り方が分かって無い為、教えてると、勝手に撮影されている。
その後、やり方をしっかり教えて改めてもう1枚。

DSC04138.jpg

ワット・アルンの階段を上るとなかなかいい景色が覗ける。

DSC04140.jpg

DSC04141.jpg

DSC04142.jpg

DSC04146.jpg

DSC04145.jpg

上から見ても、階段の高低差に驚かせされる…。

DSC04144.jpg

DSC04147.jpg

階段から降りると、おっちゃん達が待っててくれていて、再び観光案内をしてくれるおっちゃん。

DSC04149.jpg

DSC04152.jpg

DSC04150.jpg

すると、おっちゃんがここでは、こういうポーズを撮ったらいいぞと言ってくれて僕の撮影会が始まる。
とりあえず、言われた通りにポーズを撮ってみる。

DSC04151.jpg

DSC04153.jpg


その後、おっちゃん達と別れて、中華街、インド街に向かった。



よかったらクリックしてね!
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方はこちら
↓↓↓
世界一周ブログランキング

昨日は23人の方がクリックしてくれました、世界一周ブログランキング14位!!
ありがとです。
でも、1人で旅するの、何だか寂しいな〜。
だれか、いないかな?
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。