スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパール雑貨にハマりまくり

DSC08463.jpg


や…や…やっぱし何度見てもお土産可愛いよ。
あ、またネパール雑貨のブログです。
でも今回は前回より写真多めの種類多めで行きたいと思います。
もし女性の方でお土産見るの楽しみって言ってくれる人がいたら、そりゃもう嬉しい限りです。
早速、靴というかスリッパ?が動物柄のとかありますね。
あ〜、可愛過ぎる!!
何度も言うけど日本に荷物送るから欲しいなら今のうちに言ってくれないと知らないからね!!


DSC08464.jpg


手作りの国旗のワッペンとかもあります。
あ〜、こんなの見たらキュンキュンする。
バックパックに今まで行った国の国旗を刺繍したいです。
この国行ったぞ〜〜!!って。
1つ50ルピーくらい。
※1ルピー=1、1円
セットで買って少し安くしてもらおうかな。


最近は何を買うにしても必ず値下げ交渉しますね。
もともとが、ぼったくり価格で行ってくるのでノープロブレムなのですが。
大阪のおばちゃんみたいになってきてるのかな。


DSC08465.jpg


絵なんかもたくさん至る所で売られております。


DSC08466.jpg


今日は少し天気がいいのを見計らって、サワヤンブナート寺院にやってきました。


DSC08467.jpg


階段があるので、ひたすら登っていかなければなりません。


DSC08468.jpg


途中、刺繍を細かくしてるおじさんがいたり。


DSC08469.jpg


急な坂でキツいけど登って行く。


DSC08470.jpg


ぜーっ、ぜーっ。。。
やっぱし、体力ないや…。


DSC08471.jpg


途中でお猿さんもいるので、物取られないように気をつけなければなりません。
で入場料払うところで事前に調べておいた200ルピーを払おうとしたら、とぼけたやつが300ルピーだとか言って来ました。
もちろん調べてたので、スルーですが観光地の入場料ですらぼったくってこようとするので、マジで面倒くさいです。


DSC08474.jpg


上からの眺めと。

DSC08475.jpg


上にあるお寺。


DSC08476.jpg

DSC08478.jpg


上からの眺めは、インドのブルーシティー・ジョードプルの景色をなんとなく思い出しました。
その時の動画

DSC08479.jpg


上の広場には、ロウソクを売るおばちゃんがいたり。


DSC08480.jpg


建物がカラフルでおしゃれだったり。


DSC08482.jpg

DSC08483.jpg

DSC08484.jpg


ヒマラヤ山脈のトレッキングなどをモチーフにした絵なども売ってました。


DSC08485.jpg

DSC08487.jpg


餌に食いつくお猿さん。


DSC08488.jpg


お金をくれと言ってくるおばちゃん達。
逆に僕にちょうだいと言うと1ルピーくれました。
もらっても仕方ないので、インドの余ったお金あげました。


ちょうだいって言ったら、まさか貰えるとは…。
思ってなかったけど、くれた優しさに何だか心打たれたのでありました。


DSC08489.jpg


またもや雨が降り始めたので帰る事に。
少し雨が止んだのを見計らい、土産を見てました。
それにしても作業が細かくて繊細。


DSC08490.jpg


自分がデザインしたオリジナルの服も作ってくれるみたい。


DSC08491.jpg


国旗のワッペンとか売ってたので、服に刺繍するのもありかな。


DSC08492.jpg


か…か…かわいい〜〜〜!!


DSC08493.jpg


いいですな〜〜〜。


DSC08494.jpg


いいんじゃないでしょうか!!


DSC08495.jpg


やっぱし、ワッペン欲しいな…。


DSC08496.jpg


欲しい…。。


DSC08497.jpg


ほっしぃぃぃぃぃ〜〜〜〜!!


DSC08498.jpg


みなさんは何かお気に入りがあったかな??


DSC08500.jpg


ちょっと派手過ぎだな…。


DSC08501.jpg


象さんにタンブラーもあります。


DSC08502.jpg

DSC08503.jpg


かわいい小物だらけ!!


DSC08504.jpg


お財布とか。


DSC08506.jpg


ワッペンとか。


DSC08507.jpg


こんな感じでワッペンたくさん売られてるよ。


DSC08508.jpg


欲しい以外の言葉が思いつかない。


DSC08509.jpg

DSC08510.jpg


スパイダーマンのニット帽もあったり。


DSC08511.jpg


小さいワッペンが25ルピーで大きいのが50ルピーだって。
まだ安くなりそうだけど、安い!!


DSC08512.jpg


バックもいっぱい!!


DSC08513.jpg


牛さんのバックもあるよ〜〜。


DSC08514.jpg

DSC08515.jpg


オシャレなバック。


DSC08517.jpg


トレッキンググッズ屋。


DSC08518.jpg


こちらも。


DSC08520.jpg


壁の柄。


DSC08521.jpg


にゃお〜〜〜。


DSC08522.jpg

DSC08523.jpg


そんな感じで1日が終わりました。


DSC08526.jpg


あ〜、焼き肉うまい!!
1人600円くらい。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング


昨日は60人の方が応援クリックしてくれました^-^
ありがとうございます^-^
多くの方にサポートして頂き嬉しく思います、これからもよろしくです^-^

スポンサーサイト

物乞いに心動かされる

DSC08439.jpg


こちらが以前、言ってたおふくろの味のハンバーグ。
焼きたてなので、ソースがはじくくらい熱い。
でも、美味しいから最高って事です。
おすすめ!


DSC08440.jpg


あー、今日も雨です。
モヤモヤ…。
最近、毎日こんな感じで何も出来ません…。
雨が止んだのを見計らって外歩きに出かけます。


DSC08441.jpg


こちらが、ネパールの国旗。
だいたい四角が国旗だけど、ネパールの国旗はこのような珍しい形をした国旗です。


DSC08442.jpg


雨なので、若干舗装しきれてない地面はドロドロ。
おかげで、足もドロドロ〜〜。


DSC08443.jpg


歩いていると西洋っぽい建物を発見。
ネパールにも、こんな建物があるんだ!


DSC08444.jpg


歩道橋の張り紙。


DSC08445.jpg


歩いていると1人の物乞いが雨の中、傘をさしながら座っていました。
寒くて若干、震えているようにも感じる。
片足が無いおばあちゃんでした。
いつもは通り過ぎる僕だけど、その時ばかりはなぜか心が動かされました…。
少額だけど、10円ほど渡しました。


この10円がどういう風に使われるかは分からないし、一瞬助けたところで、どうにもなる訳でもないのかもしれないけど、なぜか無視する事が出来なかった。


DSC08446.jpg


全く分からない道を気分で決めつつ、進んで行きます。


DSC08447.jpg


ちなみにネパールは信号無いので、大きな交差点にはこのようにお巡りさんが立って指示しております。


DSC08448.jpg


こんな感じ。


DSC08449.jpg


歩いていると、市場があったので寄って見る事に。


DSC08450.jpg


見た事の無い野菜もちらほら。


DSC08451.jpg


おじいちゃん野菜売ってます。


DSC08452.jpg


雨でドロドロになって大変そう…。


DSC08453.jpg

DSC08454.jpg


働くお母さん。


DSC08455.jpg

DSC08456.jpg


こんな感じで道路の端で野菜を売ってました。
日本だとあんまし見ない光景かな。

DSC08457.jpg


こちらは、おばちゃん仲間で楽しくおしゃべりしながら野菜を売ってました。


DSC08458.jpg


夜は萌性さんの旅仲間がカトマンズに来てるって事で一緒に夕飯を食べる事に。


DSC08459.jpg


まだ、来てないのでカトマンズビールで乾杯しておりました。


DSC08460.jpg


で、到着したので、これから行くらしいインド情報を話しつつ、いろんな旅話で盛り上がりました。
ピザもうま過ぎる!!


DSC08461.jpg


こちらが一緒にピザ食べたハナちゃん。
ハナちゃんのブログはこちら。
よかったら、世界一周のボタン、クリックすると喜ぶと思います。笑


DSC08462.jpg


こちらの方もビール飲んで絶好調♪



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング



昨日は61人の方が応援クリックしてくれました^-^
ありがとうございます!
最高記録の
64クリックを越えられるように頑張りたいと思います^-^
今日も良かったら1クリックよろしくです。

桃太郎でイラッと来た話。

DSC08409.jpg


お土産をたくさん見たついでに観光もしてみる事にしました。


DSC08410.jpg


至る所にこのようにお寺みたいなものがあり、ネパールらしさを感じさせられます。


DSC08412.jpg


人々の生活も覗けたりして、いろいろ見入ってました。


DSC08414.jpg


大きな観光スポットに来たので写真撮ってました。


DSC08415.jpg


すると現地の子供達が、遊んでたので近くに行ってみました。


DSC08416.jpg


鐘をコロコロ一生懸命に回す子供達。


DSC08417.jpg


こちらが動画


DSC08418.jpg


一生懸命過ぎて、とてもかわいらしいです。
ネパールのお寺は至る所に、このような鐘があります。


DSC08419.jpg


周りの景色も仏教を思わせるような造り。
ネパールはヒンドゥー教と仏教が主な宗教です。


DSC08420.jpg


鼻水垂らしてても、関係無しにコロコロしまくる子供達。笑


DSC08421.jpg


みなさん必死になられております。笑


DSC08422.jpg


このような旗も至る所で見られます。


DSC08424.jpg


子供かわいいね。


DSC08425.jpg


寺も雰囲気があっていい!!


DSC08426.jpg


近くに別の子供がいたので、また仲良く。


DSC08428.jpg


か…かわいい…。


DSC08429.jpg


目の前ではテレビの取材もされておりました。
興味津々の子供達。
やっぱし、カメラが大好きなんだね。


DSC08431.jpg


そんな感じで仲良くしてたら雨が降り始めました。
それにしてもネパールの天気は時期も梅雨前で非常に崩れやすい…。


DSC08432.jpg


電線も垂れ流しで若干危険な気もするけど…。


DSC08434.jpg


雨降り始めたので、帰る事に。


DSC08435.jpg


それにしても毎日、こんな感じの天気でまともに観光出来ない…。


DSC08436.jpg


バッドでモヤモヤな日が続くばかりです。


DSC08437.jpg


近所の5ルピーのドーナッツ屋さん。
※1ルピー=1、1円
そう考えると日本食ってかなり高いね…。
ネパールの平均月収は6500円くらいらしい。


DSC08438.jpg


夜は桃太郎という日本食レストランに行きました。
いろんな丼が300ルピーくらいの中、カツ丼230ルピー。
速攻で注文しちゃいましたね。
230ルピー+税金(10%)なので実際には260ルピーくらいだけど。


でも、安過ぎ!!
食べ終えて値段を払おうとしたらなぜか320ルピー請求されました。
意味不明な僕。
なぜ?メニューに230ルピーって書いてるじゃん!!
と、店員に言うと、どうやら、全てのメニューの値段を上げてたみたいで、メニュー表の値段の部分に改正された値段を貼ってました。


が、なぜかそのメニュー表のカツ丼の部分だけ、はがされてたみたい。
いたずらで剥がされたのか、老朽化により剥がされたかは不明だけど…
他のメニュー表には290ルピーって書いてあるから290ルピー+10%税金分(合計320ルピー)を払うように言われるも、僕は230ルピーだからカツ丼を注文したんであって、違うなら食べてなかったし、メニュー表を毎日チェックしてない店側が悪いじゃん!


と言うも、他のメニュー表は290ルピーだからと非を認めようとしない。
だんだんイライラし始める僕。


もし日本で同じような事は通用しないよ!と言うと、
そんな訳は無いと言い、
それに60〜70円の違いなんて日本人からしてみたら少額だから、別にいいじゃんと言い始めました。


イラッ!!
この考え方が1番腹立つ考えで外国人の商売人はみんな同じ考えで平気で騙してきたりぼったくってくるので、正直、1番嫌いな考えです。


結局、何を言われても僕は悪く無いと思ったので結局最後まで折れず、向こうが折れて230ルピーを押し切りました。
なんだか後味悪い形に…。
スタッフも人によるけど対応が悪かった。
とりあえず、桃太郎カトマンズ店は行かん!!
(桃太郎ポカラ店は対応良いです。)



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング


昨日は63人の方が応援クリックしてくれました^-^
ハイスコアにびっくり!!
本当にありがとうございます、モチベーションもかなり上がっております。笑
過去最高はカンボジアの時に記録した64クリックなので、越えられたら非常に嬉しいです!
今日もよかったら応援クリックよろしくお願いします^-^

これから出発する人はネパールで買い揃えるのがいいと思う

DSC08381.jpg


なんとか薬を飲んで体調をもとに戻しました。
これ以上、この訳の分からないインド病というか、下痢が止まらない状況が続く事が起きない事を祈るばかりです。


DSC08382.jpg


ネパールといえば、お土産が可愛いことで有名と聞いてたので、早速、タメルの街並みを見つつ、お土産を見てみました。


DSC08383.jpg


このようにバックを取り扱ってる店もあり、値段聞いてみると200円以下とかで買えるみたい。
安過ぎだ…!…


DSC08384.jpg


カレンダー1つにしても、すごくオシャレでまだ来年なのに、もう2014年のカレンダーが売られていました。


DSC08385.jpg


このように、お店自体がオシャレになってるお店がたくさん!
女の子が来たら、キュンキュン言わせながら、お買い物してるんだろうな〜。


DSC08386.jpg


みんなは何か気に入ったのあったかな?
バックに、服に、ストールに防寒グッズもいっぱい!
いろんなデザインがある上に、数百円で買える物から数十円で買える物まで!
それくらい物価が安いんです。


DSC08387.jpg


ネパールのメインはヒマラヤ山脈のトレッキングなのでトレッキンググッズを取り扱う店も至る所にあります。
世界一周前にいろいろトレッキンググッズで準備用品揃えた事もあったけど、圧倒的にこちらで買う方が安いので夏に出発する人はネパールで防寒グッズなど揃えるのがおすすめ。


DSC08388.jpg


これ、700円だけど、たぶんまだ安くなる。
速乾性タオルも持ってなかったけど、ネパールなら300円ちょいで買えそうなので、買う予定。
日本なら1000円〜1500円はするかな。
防寒着もユニクロとかで4000円近く出して買う人多いと思うけど、ここで4000円相当の防寒着買うとしたら、かなり暖かい防寒着が買えるかな。
偽NORTH FACEのマーク入りだけど。


DSC08389.jpg


このような笛吹きながら笛を売ってくるおじさんもちらほら。
荷物になっちゃうので、買えないけど…。


DSC08390.jpg


マフラーとかストールが好きな人にはこういうのはいいのかも!!


DSC08392.jpg


子供に、こんな服はいかがかな??


DSC08393.jpg


こんな感じの店が何百軒と通りの横に並んでおります。


DSC08394.jpg


バックもたくさん。
何か欲しいのあったかな?


DSC08395.jpg


いろんなキャラクターのニット帽もたくさん。


DSC08396.jpg


で、セールらしく100円。笑
安過ぎでしょ!!


DSC08397.jpg


お母さん方、このようなお土産はいかげでしょうか?
ちなみに、ネパール最後に荷物を日本に送る予定にしてますので、ご希望があれば連絡ください。


DSC08398.jpg


とにかく、ここはお土産天国なのです。
まだ荷物になるから、ウィンドウショッピングというか、見て楽しむショッピングするだけなんだけどね。


DSC08399.jpg


このバックなんかなかなかいいんじゃないでしょうか??


DSC08400.jpg


ネパールアクセサリー。


DSC08401.jpg


お店。


DSC08402.jpg


アクセサリー好きな人はキュンキュンしてるのかな。


DSC08403.jpg


イヤリングに。


DSC08405.jpg


大仏さんコレクション。


DSC08406.jpg


こんなバックはいかがかな??


DSC08407.jpg


ネックレスもあるよ〜〜。


DSC08408.jpg


ネパールの少女達も可愛い子がいっぱい。


DSC08411.jpg


最近、雨でね、なかなか観光とか出来てなくて部屋にこもりっぱなし…。
って事で、もう1度、別のお店でお土産特集するしかないな…。笑



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング


昨日はお願いした事もあったおかげか、58人の方からクリックして頂けました。
おとといに続いて、たくさんの方からクリックを頂きありがとうございます。
やっぱし、多くの方からサポートして頂けるとブログ書くモチベーションが変わりますね^-^
予約投稿分で更新したブログ結構頑張っちゃいました。笑
いい感じの流れが保ててるので、今日も良かったら1クリックよろしくです^-^

そろそろ次の航空券を
予約しようと思ってます。
ネパール→ドバイ→バルセロナ
ペガサス航空(トルコの航空会社)ってとこが、すごく安いんだけど、全く聞いた事ない航空会社で若干不安。
評判もあまり書いて無く。。。まだ予約してないけど。
誰か知ってる人いるかな?
通常の航空会社より2万円近く安く行けるので取りたいとこだけど、調べてみたら予約完了メールが来ないとかいろいろ書かれてて不安かな。。

ネパールの病院に行く事に。

ネパールに来て2日目の夜。


あー…なんだか体調悪いし、寝れなかった。
ついでに下痢が止まらない。


デリーで最後に飲んだラッシーで腹を崩したのか、最後に飲んだスタバのフラペチーノで体を冷やしたのが原因か分からないけど、ずっと下痢が止まりませんでした。


それだけなら、バナラシの時と同じ症状だったんですが、腹痛も1日中続き、腸炎になってないか心配に。
インドに比べて一気に気温が下がった事や、インドを脱出出来た安心感、1日10時間以上続く停電になんだか体がついていけてなかったのかもしれません。


このまま放置して腸炎などになってたらいけないと思い、病院に行く事にしました。
タイの時に1度、行った事があったので今回は行くまでの手続きを把握してました。
Skypeで保険会社に連絡する事に。
が、電波状況が悪く、何度も電波が途切れて、繰り返しかけ直す事に…。


なんとか連絡が取れてキャッシュレスの病院を教えてもらい行く事に。
ciwec travel medical clinic…

って、クリニックかい!?
と若干、心配になりつつ、タクシーで向かいます。
歩いて20分らしいのですが、どこにあるかも分からないし、タクシー代金は保険サービスに含まれてるのでタクシーにお願いしようとするも、いきなり300ルピーとか法外な値段を吹っかけて来ます。
いや、50もかからんだろと思いつつも、100ルピーで交渉成立。


で、5分ほどで到着。
100ルピー渡すと…
いや、150ルピーだと吹っかけて来ました。
うわー、めんど!!
と思いつつも、ささっと病院入りたかったし、確実にタクシーから出ようとすると病院目の前だし、中まで入って来て揉め合いになりそうだったんで、仕方なく150ルピー払う事に。
日本人にとっては50円の差なのですが、現地人にとっては100ルピーでぼったくってり価格の上にさらに50ルピー。
完全に、金づる状態。
でも、揉めるほどの気力無しって事で中に入って必要事項や症状を書きます。


クリニックという事もあって本当に小さな病院。
血圧、体温、脈拍数、血中の酸素%を調べた後に、検便を行います。
小学生ぶりな検便。。
久しぶりだな〜〜。
あ、汚い話を毎日繰り広げて申し訳ない…。
食事中だったらさらに申し訳ない。
話し続けます。


30分ほど待ち、呼ばれ結果的には細菌やウイルス等はいないらしく薬をもらって歩いて帰りました。
あまりにも体調が優れず、ベッドの上で休んでました。
気持ち的にもかなり弱ってて、本気で一旦帰国しようか迷いました…。
それくらい究極に体調不良で自分自身追い込まれておりました…。


しっかり睡眠をとり、なんとか体力回復して今に至る訳です。
気持ちもなんとか安定して前に進もうという気持ちに立て直しました。


体調が復活し、宿のロビーで休憩してると過去のワールドカップのダイジェスト動画が流れてていてなんだか胸が熱くなりました。
やっぱし、僕が目指す場所はここなんだ。
ワールドカップを現地で見る事が僕の夢。
叶うかは分からないけど、ワールドカップまでは帰りたく無い!
1年2ヶ月後のワールドカップに向けて気持ちを改め直して、前に進むのでありました。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

昨日は63人の方がクリックして頂き、久々にハイスコアを記録しました。
ありがとうございます^-^
って事で今週1週間はポイント増やしたいとこでもあったりします。
よかったら今日も応援クリック頂けると嬉しいです。
少し順位あげたい気分でもあります、よろしくです。




9カ国目 ネパール

DSC08363.jpg


なんだかスタバでフラペチーノ飲んだあたりから、体が冷えたのかお腹の調子が優れず、トイレに駆け込みました。
そんなバッドなおしりコンディションの中、デリーからカトマンズまでの1時間のフライトになります。
出発するも飛行機からギーッ、ギーッという音がしてマジでインドの飛行機大丈夫かと若干不安な気持ちになります。
途中途中、何度もふわっとなり若干、大丈夫かいな〜と思いつつ順調に進んで行く訳でありましたが…


想定の範囲内で、おしりコンディションが悪くなった為、機内のトイレに駆け込みます。
お食事中の方には申し訳ない話ですが話は続けます。
便器に座るも、機体がふわっとしまくりで、なんだかぎこちない。
ぎこちないなりに、なんとかコンディションを整えて席に戻ります。


近づくなるにつれて、さらに機体は揺れるし、ギーッって音がするので、かなりテンパりました。
あかん…落ちたらマジであかんわ。
祈りが通じたのか、何とか着く事が出来ました。


DSC08364.jpg


こちらがネパールの国際空港。
国際空港と思えないような作りに一瞬マジかと思いました。


DSC08365.jpg


で、ネパールはアライバルVISAが必要なので書類に記入して2週間か4週間のVISA取得という流れになります。
4週間で40ドルです。
1つしかイミグレーションはないので、ここで大行列をくらいます。
今までは入国手続きはスタンプを貰ってましたが、ネパールではシールを貼られました。


外に出ると、たくさんのタクシー運転手が近づいて来ました。
どこに行くんだ?
100ルピーでどうだ??(ネパールは1ルピー=1.1円計算。)
でもインドみたいに全く絡みがうるさくありません。
なんだか絡みが可愛く見えて来ます。


結局、みんなコミッションが取れるホテルにしか連れて行かない事が分かったので、歩いて5分のとこにあるバス停からバスに乗って行く事にしました。
バスに乗るも人多過ぎて、バックパック背負ってる僕たちは大苦戦。


でもネパールの人たちは、こっちに荷物置いていいよって親切に接してくれます。
お〜、インドに比べるとネパールの人は穏やかだし、親切だ!!


タメル地区って言う安宿街に行きたいと言うと、隣の人が親切に着いたら教えるよって言ってくれました。
1人15ルピーのバスで3人で45ルピー。
って事で、50ルピー渡すも全くおつりを返す気がないバスの集金係。


DSC08367.jpg


かなりのブーイングです。
おい、ちゃんと、おつり返せ!!


僕たちの苦情に気付いた他の欧米人もぼったくられてる事に気付き、猛抗議!
隣の親切な人に値段等も確認し、間違いなくぼったくって来てる事が分かったため、ずっと文句言って、なんとか取り戻しました。


すると、ここがタメル地区だから降りていいぞと集金係が言って来ました。
僕はiphoneのGeogle MapアプリのGPS機能である程度の位置が確認出来てて、違う事を把握していたため、隣の人に確認すると、ここはタメルじゃない、あいつは嘘つきだと親切に教えてくれました。


DSC08369.jpg


あ、こいつがクソ野郎です。
もう毎日のようにこうして外国人観光客からぼったくって、小遣い稼ぎしてるんでしょうね。
バスを出る際に、お説教をしておきました。


DSC08368.jpg


その後も1度、乗り換えて無事にタメル地区に着く事が出来ました。
親切にしてくれた2人組。
ありがたや〜〜。


DSC08370.jpg


その後、何件か見て回り宿を決めました。
そして待ちに待った日本食です。
宿の近くにあったロータスっていう日本食レストランで、270円でした。


はあああ〜
やっと、インドから解放された。
しばらくは日本食に癒されよう。


DSC08371.jpg


移動日だったので、1日のんびりしながら過ごしておりました。


DSC08373.jpg


だんだんと食事の時間が楽しみになって来ました。
続いて行ったのは、おふくろの味っていう日本食レストラン。
いろんなメニューがあるんだけど、定食はこんな感じのメニューと料金設定。


DSC08379.jpg


インドで全くと言っていいくらい、牛肉、豚肉を食べてなかったので食べたかったのに、なぜか天ぷら定食頼んじゃいました。
で、豚肉天ぷらとか期待してたら、ほとんど野菜天ぷらだったというね、悲しいオチ。
でもね、ここのレストランは美味しいし、対応もスゴく良くて満足でした。
この後、またハンバーグ定食食べにきたんですが、美味し過ぎたので後日写真アップしておきます。


DSC08380.jpg


こちらが、おふくろの味の入り口。


DSC08374.jpg


タメル地区ってのは安宿街やツーリスト会社、お土産屋さんがいっぱいあります。
こんな感じ。


DSC08375.jpg


で、結構こういうエリアが続きます。
結構広いです。


DSC08376.jpg


学生さんはみんな制服を着てるようです。


DSC08377.jpg


カメラ持ってると写真とって〜だって^-^
写真好きはインド人と変わらないみたい。
ネパールの人見てると見た目がインド人っぽい人もいるし中国人っぽい人もいるかな。


DSC08378.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

インドの旅、注意すべき点

ようやく1ヶ月間のインドの旅が終わりました。
ん〜、めちゃくちゃ長く感じた!!
今回の旅は、コルカタ→バナラシ→アグラ→ジャイプール→ジョードプル→ジャイプール→デリー
という北部エリアを周った訳であります。


特にバナラシとアグラは観光地過ぎるって事もあって、インド人がウザ過ぎた。
とにかく、しつこいしつこい。
どかしても、どかしても前を塞ごうとしてくるわ、周りを囲んで値段を言ってくるけど、その値段もぼったくりに近い値段だし。
交渉成立しても、降りたら約束してた値段と違う値段吹っかけてくるし、もしくは目的地に連れて行かないし、もう面倒臭過ぎて仕方なかった。


特にリキシャは悪い人ばかりでした。
普通に生活してる人は結構良い人が多かったように思います。


最初に訪れたコルカタはそこまで観光地化されてない部分もあり、人の絡みも今思えばすごく優しかったなと感じてます。
油断は禁物ですが。
衛生面に関してもバナラシに比べたら全然良かったし。


物価に関しては、インドの経済成長が日本の経済成長を上回ってる事もあって、すごくお買い得な気分にさせられます。
以前は1ルピー=3円くらいだったらしいのですが、今では、1ルピー=1、7円くらい。
物価差は見ている限り5倍近く違うのかな。


まずは治安に関しては、何とも言えない部分もあるけど、かなり強引に来られるって事は無かったかなと思います。
強引に引っ張られたり、恐喝的な事は。
なので、男性1人旅に関しては、そこまで問題は無いかもしれません。
物も盗まれる事も基本的にはない気もします。
ただ油断してると、いつのまにか無くなってるパターンがあるので気をつけた方がいいかもしれません。


電車等も値段差があっても日本だと数百円単位の差なので無理せず、少しいいクラスの席をとるほうが無難なのかもしれません。
最低でもSL(スリーパー)。
ACクラスにすれば人もきちんとした人が多いので、さらに安心出来るかもしれません。
予約は早めに!
なかなかインド列車の席を取れない日もあるので。
特に中心のデリー行きは。


女性1人旅に関しては、いろいろ気をつけなくてはいけない点が多いような気もします。
今、問題になってるのがレイプ事件ですが、これからも増え続ける気がします…。
原因の1つに警察がほとんどやる気がない事。
結局、賄賂で動いてしまうし、僕が警察に蹴られた時に話した時も全くやる気ありませんでした。
というか、たぶん動く気ない。


さらにインド人の考え方としても、逃げればインド人多過ぎるし分からないよっていう安易な考え方もある気がします。
確かに同じ顔ばかりで顔の判断がつきにくい部分もあるかもしれません。
なにより人口が多い。
どこのだれで、名前も分からないのに顔だけ覚えてても捕まえきれる?っていうふざけた考え方を持ってる人も多いはず。


ヒンドゥー教がいろいろ規制してる部分も多い気もします。
お酒は基本的には飲めない感じだし、弱いくせに飲んだ結果、調子こいて暴走したり。
で、結果的に事件に繋がったパターンもあるようです。


あとは1人だとあまり何もしてこないくせに集団になると調子に乗って何でもあり的な感じに特にホーリーの時は思いました。
そういう事が集団レイプという形になってるのかなと。
だからこそ、起きてしまっては遅いので女性1人旅は気をつけなければいけないと思います。


現地人との交流も大切にしてる人は多いと思います。
よく、バナラシでインド人と日本人女性旅人が2人でいろいろ歩いてたり、レストランで食事をしてる姿を見ました。
仲良くなる事に否定はしないけど、そこまで打ち解けてて本当に大丈夫かな…と一瞬心配になった部分もあります。
信用して仲良くなってるのかもしれないけど…
リスクもあるって事をしっかり頭に入れておかなければなりません。


路地でインド人とキスしてる日本人女性を見た時は、マジかよ…って一瞬思いましたが…。
わずか数日で気を許しすぎてないかって…。
実際にバナラシでレイプ事件が多いって言う事を耳にしたりもします。


きちんと気をつけるべきとこは気をつけて、女性1人行動はなるべき控え、電車移動など少しお金を出してでも安心ある旅をし、知らない人に簡単について行かず、間違ってる事はきちんとした態度ではっきり言えば、ほぼ問題は無いのかもしれないけど、出来てない人も結構いる気がします。
別に、守れてない事が悪いとは言えないけど、ニュースになってない事件もいっぱい起きてるっていう話はいろいろ聞きました。


実際に旅してみて本当に信頼出来るインド人ってのはあまりいないような気もします。
特に観光地エリアでは。
日本人=お金、女性=弱い立場という図式が出来上がってるのは間違いないです。


その辺を割り切って旅しないと足下すくわれる事だってあります。
普通に会話して、仲良い素振りを見せてても、大抵は最後に、お土産屋に連れて行こうとする輩をみると、結局、金かよっていう風にしか思えなくなります。


コーラ1つ買うにしても、水1つ買うにしても絶対に現地価格では売ってくれないし、おつりもごまかす輩はたくさんいました。
で、はっ?おつり違うじゃんって言うと、いくらおつりが違うかも言ってないのに、間違ってる分のお金をすぐに出して、勘違いしてたとか間違ってたとかとぼけたふりをします。
適正値の間違った分のおつりを渡してくる時点で、いくら間違ってるか分かってるじゃん!ってキレそうにもなりますが。
渡してるお金を、隠して10ルピー足りないっていう輩もいました。
バナラシのURVASHIゲストハウスのスタッフとか。
基本はインド人は絶対に人の責任にしようとします。


とにかく、お金と女性に対してはそこ尽きないどん欲が見られたし、本気でクソ野郎っていうような輩がいっぱい過ぎて、諦めるとう選択肢か、ふざけた事言ったら、容赦しないという選択肢になっていまします。


そういう気持ちにならない人は、ぼったくられてる事に気付いてないか、別に数十円単位だからいいやっていう考え方の人だけでしょう、きっと。。


本気で怒れば大抵のインド人は、黙り込むので強い口調でしっかり言うべきだと思います。


結局、インド人に対して優しくしようって感情にはならなかったかな。
一瞬、そうなってもすぐに裏切ってくるし、日常茶飯事。
完全に外国人観光客はお金を落とすだけの存在という下にしか見られてないんです。


でも、これは北インドの話であって、南インドを旅してた人の話を聞くと、結構いい話を聞くので、本当のインドを知る意味では、両方行くべきだと感じてます。


ただ、北インドだけを旅したら、こういう気持ちになるのかも…。
人それぞれの感じ方があるから一概には言えないけど。


本当のインドを知るべきならツアーじゃない方がいいかな。
ツアーで来ても、ある程度プロテクトされてる部分があるから、良い部分しか見えてこないかもしれません…。


衛生面に関しては間違いなくバナラシが最強に悪いと思います。
たぶん、大抵の人がここで体調を崩すのではないでしょうか…。


デリーに関しては想像以上に客引きがウザく無かった事に驚きました。
ほとんど無視してた事もあるんですが、バナラシ、アグラは無視してても、ずっとしつこくついて来てたので。


トラブル例を見てると大抵の旅人が、インド人の言う事に騙されてついていったり、信じたりした結果、騙されたり数十万円のツアーを組まされたりしてるみたいです。
初めてのインド旅で国際空港から近いデリー駅に降りて全く分からず不安。
※デリー駅は九州で言うと博多駅みたいな感覚の中心駅。
そこで、声をかけられ、いろいろ情報をくれるのでついていってみる。
ついて行くと日本語が出来る人がいていろんな情報を教えてもらう。
信用する。
そういうパターンから騙されたり。
ヒドい時には、そこで監禁されて高額ツアーを組むまで出してくれない事もあるみたいです。


だから、デリーで声をかけてくるインド人は全員無視するくらいの感覚じゃなきゃいけないのかなと思います。
デリーに限らずだけど。

書ききれてない部分もいっぱいあるけど、特に女性一人旅はかなり注意しながら旅をした方がいいのかなと感じた。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

インドの旅、終了!!

DSC08330.jpg


インド門をまっすぐ直進すると国会議事堂があるので歩いて行きます。
インドの2大都市。
デリーが政治、ムンバイが経済の中心地となってるようです。
芸能関係の人は主にムンバイにいるみたい。
ここインド門では昨年末、レイプ事件が起き、大規模のデモとなった場所です。
なので、警察が至る所で警備してます。
一部の警察官は明らかにサボってましたが…


DSC08336.jpg


ここが政治の中心地となる訳ですが日本の永田町に比べると警備がいる訳でもなく本当に大丈夫か…
と一瞬疑いたくなります。


DSC08340.jpg


灯りはキレイでここでゆっくりしてました。


DSC08341.jpg


夜になるとライトアップされるインド門。


DSC08342.jpg


その後、地下鉄に乗って、またニューデリー駅に戻って来ました。


DSC08343.jpg


翌日、昼間は暑過ぎて全く外に出れないのでゆっくりしてました。
で、ネットしてたらイラン西部orインド〜パキスタン国境間で地震の情報が入って来ました。
デリーも少し揺れたみたい。
気付かなかったけど。


なんだか、いろいろ考えてしまいました。
以前、電車の中で、ネパールに行こうか、インド南部に行こうか、北部に行こうか迷ってた時期がありました。


最終的にはネパールに行く事にしたのですが、もしインド北部に行く決断をしてたら僕はインド〜パキスタンの国境のある街を訪れる予定でした…。


そういう事もあり、もしかしたら時期が重なっていた可能性もあり、ちょっと怖いな〜という気持ちと、1つ1つの決断って決めた以上は変わらないんだけど、運が悪ければ災害や事件に巻き込まれるだけに少し怖くもなりました。


最終的には、イラン西部の地震だったのかな?
正しい情報は。


DSC08346.jpg


街中に出てみると地震の影響は全くなくいつも通りの生活が行われてました。


DSC08347.jpg


夜になり、次のネパール行きの飛行機が翌朝に控えていた為、ガンジー国際空港に向かいます。
って事で空港泊です。
地下鉄でも行けるのですが、空港と直接繋がっているエアポートラインみたいなものを発見したのでそっちで行く事にしました。
料金は地下鉄に比べると高く、150(270円くらい?)ルピーです。
ただ、地下鉄に比べると混んでないので、快適です。


DSC08349.jpg


ここはインドなのかというくらい中がきれい過ぎて驚きです。


DSC08350.jpg


あ、昨日すぎちゃんがぬりぬりされたのが、このようになりました。
僕が書いたうんこもしっかりペイントされております。
数日で消えるらしいけど。


DSC08351.jpg


そして、空港到着。
かなり大きな空港で世界中の飛行機が通ってるみたい。


DSC08352.jpg


エレベーターで上に上がって行くと。


DSC08353.jpg


カウンターのある階に到着です。


DSC08354.jpg


で、中に入るにはeチケットが必要ですので持ってない人はコピーしてもらいに行かないと行けません。
僕たちは、到着した時間が早過ぎたため、待合室みたいなところで、そこで座って待ってました。
でも、蚊が多くて大変。
ちなみに、そこでタダでコピーしてもらえます。
たぶん、50ルピー払えとかとぼけた事言ってくるけど無視で大丈夫です。
トイレも中に中に入らないと無い為、トイレ行きたくて仕方ないから入れてくれと言ってカウンターがあるスペースに入らせてもらいました。


DSC08355.jpg


空港のトイレはめちゃくちゃオシャレ。
男女のスペースがこのように区別されてます。


DSC08356.jpg


カウンターのある空間は広く象さんもいます。


DSC08357.jpg


イミグレーションをくぐるとスターバックスがあったので、残りのルピーを使い果たす為にも、休憩しておりました。


DSC08358.jpg


やっぱし、インドのスタバは安いからいいね。
ヨーロッパ行ったら日本と同じ料金だから無理だわ。
って事で350円くらいのベンティサイズのフラペチーノを頂きました。


DSC08359.jpg


すると試飲会みたいなのをするから参加しないと言われたので参加してみる事に。


DSC08360.jpg


おいしいコーヒーの飲み方は、まず香りを楽しむんだそうです。
って事で、みんなで楽しみます。
やっぱし、いい香りですな〜〜。


DSC08361.jpg


記念にスタバの帽子を被らせてもらいました。


DSC08362.jpg


登場時間になるまで、3人でネットしたりして休憩中。


DSC08363.jpg


では、次のネパールへ!!




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

ぬりぬり

DSC08280.jpg


地下鉄に乗って世界遺産のフマユーンを見に行きます。


DSC08281.jpg


地下鉄はこのような感じでとてもキレイ。
まるでシンガポールのようなキレイさであります。


DSC08282.jpg


地下鉄から20分ほど歩いてフマユーンに到着しました。
周りは公園みたいになっていて、子供達がクリケットっていうインドの国技のインド版野球をしたりして楽しんでいました。
楽しそうに遊んでたので自分も中に加わってみる事に。


DSC08284.jpg


やっぱし、インドの子供達はすごく人懐っこいので、すぐに打ち解けられますね。


DSC08285.jpg


ぺろんちょしようって誘うと、みんなノリノリでやってくれます。
その時の動画もあるので、よかったらfacebookページのぞいて見てください。


DSC08288.jpg


ナーマー

DSC08287.jpg


ステ!!
そんな感じで遊んでおりました。


DSC08290.jpg


遊び終わり、フマユーンに入る事に。


DSC08291.jpg


それにしてもインドはどこも入場料が外国人は高いですね…。


DSC08292.jpg


では、入って行きましょう。


DSC08293.jpg


すると一匹のワンちゃん発見。


DSC08295.jpg


う〜ん、ポーズ決まってますね〜、かわいい!!


DSC08298.jpg


いよいよ、フマユーンの入り口がお目見えしました。


DSC08300.jpg


じゃじゃーーん!!


DSC08301.jpg


赤のタージマハルと言ったところでしょうか。


DSC08302.jpg


以前からデリーを訪れた際は行きたかった場所なので来れて嬉しいです。


DSC08303.jpg


入り口もとても大きい!!


DSC08304.jpg


タージマハル同様に同じ景色を撮ってみました。
何だか作りが似ているような気もします。


DSC08305.jpg


で、中に入ってみました。


DSC08306.jpg

DSC08308.jpg


内部の天井。


DSC08311.jpg


タージマハル同様にお墓が置いてありました。


DSC08312.jpg


1カ所だけでなく2〜3カ所にお墓がありました。


DSC08317.jpg


その後、歩いて今度はインド門に向かいました。


DSC08318.jpg


こちらがインド門。


DSC08320.jpg


歩いていると、子供達が近づいて来ます。


DSC08321.jpg


で、勝手に腕に模様を描こうとしてきます。
2ルピーで。


DSC08322.jpg


あまりにもしつこいので、すぎちゃんがしてもらう事に。


DSC08324.jpg


僕も手伝ってあげました。
うんこ。


DSC08325.jpg


いろいろ描かれるすぎちゃん。


DSC08326.jpg


ぬりぬり。


DSC08327.jpg


ぬりぬり。


DSC08329.jpg


で、最後に300ルピーだと言って来たので、最初に言われた2ルピー払ってさよならしておきました。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

PC表示になってない人はPCのボタン押して表示を切り替えてね!※スマホの人のみ。

ヘコんじゃったね。

DSC08237.jpg


ニューデリーの宿を決めた後、お2人さんは爆睡モードに入ったので、1人で観光に向かう事にしました。
1人行動をニューデリーでするってなんだかドキドキするな〜…
大通りに出ると、パレードみたいなのが行われててたので眺めてみる事にしました。


DSC08238.jpg


なんのパレードなのかな…??


DSC08239.jpg


その時の動画はこちらのfacebookページより。
facebookしてる人しか見れないのがごめんだけど。


DSC08240.jpg


車が多いニューデリーだけど、お構いなしに道を塞いでおりました。


DSC08241.jpg

DSC08242.jpg

DSC08243.jpg

DSC08244.jpg

DSC08245.jpg


そして、ジャマー・マスジットという観光地に向かいました。
途中で道を聞くも、みんな親身になって教えてくれます。
あれ?
ニューデリーって、かなり治安悪いとか、悪い人が多いって聞いてたのに、全然違う気がする…。
そんな感じで優しさに触れつつ、目的地にやってきました。


観光地という事もあって来てた人も多く、僕も門をくぐろうとすると、入場を管理してると思われるインド人にカメラを持ってるから300ルピー払うように言われました。
少し後ろにカメラを持ったインド人がいたので、一旦、待ってそのインド人も払うのか見てました。
すると、なぜかカメラを持ってるインド人をスルーしました。


なので、なんであの女性は300ルピー払わなくていいのかと聞くと、
そのインド人に注意をする素振りをするも、そのふりだけで、スルーさせました。
僕は、どうして彼女は300ルピー払わないのかと訪ねると、彼女はインド人だからいいんだと言って来ました。


ふーんと考えてると、そのインド人から首をつかまれ、お前は門の前の階段で1時間座って待っとれと連れ出されました。
意味が分からないと再度、その人に言うと、今度は長老みたいな同僚と思われるおじさんにチップを払えとバカにするようにヘラヘラ笑われながら言われました。
断って中に入ろうとするも入れてくれません。


近くにいた警察官にどうやったら入れるのかと訪ねたところ、300ルピー払えば問題ないよって言われたので300ルピー持って行きました。
すると、そのインド人に蹴られ、お前はそこで1時間座っとけと暴力をふられました。
マジで意味不明です。


インド人は警察官など、権力的なものを持つと平気で街中でも人がいる前でも暴力を振ってくる事があります。
何度かそういう現場を見た事もあります。
周りに観光客がいる中、関係無しにそういう事をして来た事には本気でキレそうになったものの、観光地で逆キレして仕返しをすると、いろいろ問題になると思ったので、先ほどの警察官に起きた事を説明しました。


すると、その警察が上司と思われる警察官のところに案内してくれました。
で、事情を説明するも、聞く気があまりないのか英語が通じてないのか分からないけど、全く相手にされませんでした…。
その説明してるとこを見ていた人が僕に声をかけてくれて事情を聞いてくれて、いろいろ励ましてくれました。


なんだか観光する気が無くなったので帰る事にしました。
なんだか、無力な自分と、蹴られた事に動揺した自分がいてなんだか帰り道、いろいろ考えてしまいました。


早く気持ちを切り替えなければ。
蹴られた事に、いつまでも、ひきづっても仕方ない。
もう過ぎた事だから…。
なかなか気持ちの切り替えが出来ません。


もしかしたら、帰国後、どこかで暴力振られる事もあるかもしれません。
そういう時に引きずり過ぎない為にも…
もっと早く気持ちが切り替えれるように練習だという気持ちであまり考えないようにしました。


それにしても、1人行動になると心細い部分もあるのかもしれません。
もし同じ状況でも3人で行動してたら、もっと強気に蹴ったインド人に抗議するなり、何かしらのアクションを起こしてたのかもしれません。
1人だったという事と、問題を起こした時に1人で対処出来ないかもしれないという保守的な気持ちになった時に、何も出来ず泣き寝入り状態になった事になんだか悔しさもあります。
権力的に暴力を振るうインド人にも正直許せない部分もあります。


DSC08252.jpg


夜になり、3人でご飯に行く事にしました。
ニューデリーのホテル街はこのように、ネオン街になっています。


DSC08255.jpg

DSC08256.jpg


まずは美味しそうなジャガイモ屋さんを発見したので40円ほどで食べてみました。
うまい!!


DSC08257.jpg


とにかく何が何でもインド料理から逃げようと必死になってます。
というか、もう限界です。
日本食レストランでおくら丼を。


DSC08258.jpg


さらに、かき揚げうどんを。
スープが日本と変わらない味で感激です。


DSC08259.jpg


翌日はコンノート・プレイスという外資系の飲食店が並ぶ中心街に行く事にしました。
あ、犬にワンワン吠えられて逃げるおばあちゃんを、おっさんが追い払うシーンをパシャリ。


DSC08261.jpg


で、カオサン通りに似ているメイン通りを進んで行きます。


DSC08262.jpg


リキシャに子供がいっぱい乗ってます。


DSC08263.jpg


学校帰りかな??


DSC08264.jpg


近づいてみると、カメラが好きなのか、みんな興味津々。
変な顔もしてくれました。


DSC08265.jpg


よく見る光景だけど道ばたで睡眠とってるおっちゃん。


DSC08266.jpg


目的地に到着しました。


DSC08267.jpg


マクドナルドやケンタッキーなど外資系のお店が並んでいます。
きっと金持ちのインド人が来るんだろうな〜…


DSC08268.jpg


僕たちはケンタッキーに入る事にしました。
周りは現地人と外国人の半々といったところでしょうか。


DSC08269.jpg


とても、オシャレな人やキレイな人がいっぱいいます。
バナラシとは大違い…。


DSC08270.jpg


そして、STARBUCKSを発見しました。


DSC08271.jpg


中に入ってみる事に。


DSC08272.jpg


インドのご当地限定のマグカップ。
僕は以前、ご当地限定マグカップとタンブラーにハマってたので、少しテンション上がってしまいました。
荷物になるので買う事は出来ないのですが…。


DSC08273.jpg


店内はこのような感じ。


DSC08274.jpg


抹茶フラペチーノが1番大きいサイズで360円くらいかな。
旅中にスタバは行かないって決めてたんだけど、日本の半額くらいで飲めちゃうので、飲んじゃいました。


DSC08276.jpg


なんだかオシャレですね〜。
現地人にとっては日本の価値で2000円くらいのコーヒー飲んでるっていう計算かな。
わざわざ、スタバじゃなくてもいいようなって一瞬思うんですが…ここに来る事はインド人にとっては一流レストランにとか遊園地に来てる感覚なんでしょうか…。


DSC08277.jpg


インドなのにオシャレだな〜〜。


DSC08278.jpg


客層もどこかの有名大学に通ってるお嬢様なのかな??


DSC08279.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

PC表示になってない人はPCのボタン押して表示を切り替えてね!※スマホの人のみ。

航空券、発券ミス…

え~、まず結論から言うと航空券発券ミスでキャンセルくらっちゃいました。

4月17日 デリー(インド)→カトマンズ(ネパール)行きの航空券をskyscanner経由でexpediaから予約した訳なんですが、まさかの名字と名前を書く位置間違えてまして、無効となった訳です。
で、実家の電話番号で登録してたので実家に連絡かかって来た訳ですがエックレスジャパンから記入間違いで連絡するように言われてるから今すぐしてと連絡あった訳です。


え?エックレスジャパン??
なんじゃ、そりゃ?
わ~、絶対昨日予約した航空券のやつやんと思いながら、本日中に連絡ないとキャンセル料が発生する上に航空券が無効になるので若干焦りながらもなんとか話をして再度、航空券を予約してなんとか航空券を取れました。


あぶね~、wifi繋がってないとこに、いてたら完全アウトやわと思いつつも一安心。
航空券を予約する際は、しっかり名前が合ってるか確認しましょう!笑


DSC08212.jpg


さて、深夜列車でインドの首都デリーに向けて出発です。
と言いたいとこですが、なんじゃ、こりゃ~~~!!


DSC08213.jpg


人!人!!人!!!
みんな駅の構内で寝てるし!!笑


DSC08214.jpg



すごいな~と思いつつも駅のホームに向かいます。
すると…


DSC08215.jpg



電車の上に…
人!人!!人!!!
あまりの光景に驚いてしまいます…。


DSC08216.jpg



って人多過ぎて、ドアのとこも人…入りきれてないやん…。
警察も全く対処する気無し…。


DSC08217.jpg



インド人ですら驚きなんでしょうね…。
みんな写真撮ってましたよ…。笑


DSC08220.jpg



で、もの好きなんで近くに行ってみました。
この電車乗らないけど。
すると、なぜか大歓声。笑


DSC08222.jpg

DSC08224.jpg


盛り上げてみたら、みんな大歓声やら口笛やらでスゴい事に。笑
その時の動画など含めて今まで撮り溜めた動画
よかったら、ふみさんのfacebookページにイイネ押してもらえると嬉しいね。笑


DSC08225.jpg



その光景にどんどん集まってくるインド人。


DSC08226.jpg



しまいには写真とか撮られてました。
でも警察が騒ぎに怒ったから逃げちゃいました。


DSC08227.jpg


さて、鉄道移動を終えて、とうとうデリーにやってきました。
ここからは本気で気合いを入れ直さなければなりません。
今までのインドの中で1番治安が悪いと言って良いでしょう。
噂によるとだけど。
ツーリストが引きづりこんで部屋に入れた後に、監禁して高額ツアーを契約しない限り、ずっと監禁してる話や、その他にもいろんなトラブル情報を聞いておりました。


DSC08228.jpg



オールドデリー駅前。
ここから、ニューデリー駅に地下鉄に乗って向かいます。
若干、リキシャが客引きに来るも、そこまでは今のところヒドくは無い感じ。


DSC08229.jpg


そして地下鉄に乗ります。
今までのインドの建物に比べると、すごくキレイ。
むしろバナラシの汚さは何だったんだ…。


DSC08230.jpg


そして地下鉄を出る。
いよいよか…。


DSC08231.jpg


地下鉄ニューデリー駅から鉄道駅ニューデリー駅を越えて、いよいよトラブルが多く発生していると言われるニューデリー駅前を通る。
ドキドキ…
一体、どんなやつらが待ち受けているんだ。
全員、無視して進む!!


DSC08232.jpg

DSC08233.jpg


すると想定通り、リキシャのやつらが、声をかけてくる。
そして無視する。
が…全くついてこない…


え?
全然、しつこく無い…
あれれ…
まさかの、バナラシとは違い、無視してたら全くついてこないし、しつこさもなし!!


DSC08234.jpg


メインロードに向かいます。
今まで、ほとんど見る事の無かったBARも点在していて、バンコクのカオサンロードのようにも見えます。


DSC08235.jpg


インドの首都だけに大都会と思ってたら全然…
都会のような街並みでなく…むしろ汚い…。


DSC08236.jpg


何とか宿も決まり、腹ごしらえ。
もうカレー無理だ…。
何が何でもカレーから逃げ切ってやるんだ!!


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ

萌性さんから報告がありま〜す!?

DSC04516.jpg


お久しぶりっす!!
萌性っす!!



DSC04521.jpg


ペロペロ。


DSC04546.jpg


今日はみなさんに報告があるっす!!


やっぱ、萌性風にブログ書くの辞めた。笑
プレアヴィヒアに行っても高所恐怖症であんまし、崖に近づこうとしない彼でございますよ。


DSC04689.jpg


高所恐怖症の話は内緒やって!!BOKKIしてしまうやろが!!



GOGO BARでは鼻の穴になんか訳分からんの突っ込んでましたね。
タイでは有名なやつらしいんですけど。


DSC05073.jpg


あまりの気持ち良さにBOKKIしてしまいそうになったわ!!


僕たちがプーケット行くぞって強引に誘っても彼は、アユタヤ→インド行きを譲りませんでした。
って事でお別れしました。


DSC05079.jpg


俺も寂しかったんやで〜、でもどうしてもアユタヤに行かないあかん理由があったんや♡BOKKIした事は秘密やで!
↑↑↑
なんだか意味深な発言。笑

で、2ヶ月ぶりに久しぶりに再会しましたね。


DSC07363.jpg


俺も久々に会いたかったで〜、久々に会ってBOKKIしそうになったわ!!


ホーリーの前。


DSC07452.jpg


あー、もうBOKKIしてもうたわ!!


ホーリーの後。


DSCF0253.jpg



しぶい萌性。


DSC07550.jpg


寝る萌性。


DSC07592.jpg


イッちゃった萌性。


DSC07599.jpg

今日はサービスショット満載でお届けしております。
そんな彼から報告があります。



しばらくPC壊れてたんだよね
でも、ようやくなんとか復活したから
って事で再びブログ再開するんでよろしくっす!!



DSC07683.jpg



要チェック
↓↓↓
萌性って言います。〜世界異臭生活
↑↑↑
要チェック


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

PC表示になってない人はPCのボタン押して表示を切り替えてね!※スマホの人のみ。

永谷園さんに感謝の気持ちを

DSC08204.jpg


も…も…もうカレー嫌だ…
とうとう今まで、大事にしてきた、お茶漬けを使うしかない時が来たんだ…
な…な…永谷園さん…
お世話になります…


DSC08205.jpg


お茶漬けからの、たまねぎスープでお決まりですね。
もうね、
白ご飯に、お茶漬けのもと入れて、お湯入れた瞬間の、あの風味…
一瞬、ここは日本なのかと思ったね。
インド料理を完全に受け付けなくなった僕達にとっては、もうそれはそれは溜まりませんでした。
日本から持って来てもらった事に感謝でいっぱいですよ。
よく、こんなに美味しいものを開発したなと改めて素晴らしさを感じる訳です。
ぺろんちょの方々もペロペロ食べちゃいましたよ。


DSC08207.jpg


すぎ氏からコメントが入っています。

お母さんへ。
このご恩は一生忘れません。
必ず、GOGO BOYに招待しますので楽しみに待っててください。


DSC08208.jpg


もい氏はかなり興奮されておりました。


DSC08209.jpg


ふみ氏も感動でしたね。


DSC08211.jpg


おかげさまで60周年を迎えたそうです。


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ

オカマ軍団からの奇襲

DSC08165.jpg


ジョードプルにやって来ました。
早速、街歩きをしてみる事に。


DSC08166.jpg


ジョードプルにはこのように青い家がたくさんあります。
漫画のワンピースのアバラスタの舞台になったと言われてるとこでもあるみたいです。
確か、最初の頃に主人公のルフィーとクロコダイルが戦ったのがアバラスタだったけな?
記憶がうる覚えだけど。
間違ってたら…すまん!!


DSC08167.jpg


でね、もう完全にインド料理に飽きてた訳でありまして、インド料理を受け付けなくなってしまいました。
でも食べないといけないからね…食べ物売ってそうな店を発見しましたよ。
インド料理は脂っこいのが多いんですよね…
これも結局は揚げても、キッチンペーパーとかで油拭き取る訳じゃないからね…


DSC08168.jpg


でも食べなきゃって…
唐辛子を丸揚げしたのを食えって言われても絶対無理だわ…!!
あ〜…マジで限界だわ。
早くネパールに行って美味しい日本食に癒されなければ…。


DSC08169.jpg


パンはこんな感じで売られてるけど、埃にハエがびゅんびゅん。
萎えますな…。
もう、インド出たい…。


DSC08170.jpg


それにしてもタイに比べるとさらに気温が上がってるように思います。
日中、行動するのはかなり厳しい。


DSC08171.jpg


あんまし動けないので時計台を見るくらいにして宿に戻る事にしました。


DSC08172.jpg

この後ろに見えるのがアバラスタの舞台のやつね、漫画の。
最近は、ぺろんちょの誰かが体調崩す事が多く、なかなかスムーズに観光などが出来ておらず、宿でゆっくりしてる事が多いです。
時間あるのでスペイン語の勉強に取り組む訳ですが、少しずつ簡単な言葉や単語は暗記出来たかなという具合であります。


DSC08173.jpg


宿の屋上からの景色。


DSC08175.jpg


夜は21時までライトアップされます。


DSC08176.jpg


翌日デリー行きのチケットを取りに駅に行くものの、取れなかったため、一旦ジャイプールに戻る事になりました。
ピンクシティーですね。
数日前いたのに、また行く羽目になったので、もう1度、もいさんと禁断の愛が一瞬芽生えそうになった宿に行く事になりそうです。
それにしても暑く、インド料理を全く受け付けなくなったぺろんちょ達はイライラしておりました。
チケット取るにもいろいろ回った結果、デリー行きが取れなかったという事もあるのですが。


歩いてる途中にインドの子供がヘローと声をかけて来て握手を求めて来ました。
で、握手してあげようと手を出した瞬間、子供が手を引っ込めて、スルーして行きました。
あ〜、インドの子供も性格悪いわ。
もー、インド嫌だわ。
暑い…。
暑いけど、翌日のチケットも取ったのでその日のうちに観光を済ませようと城に上がる事にしました。


DSC08177.jpg


あんなに高いのか…。
かなり大変そうだ…。


DSC08178.jpg


って事で、進んで行きます。


DSC08179.jpg


それにしても雰囲気があるな〜。
少し歩いて行くと建物が見えて来ました。


DSC08180.jpg


昔のインドの人々は、それにしてもスゴいなと感心させられます。
タージマハルにこの前行った城に今回行った城に…。
まだ行ってない場所もいっぱいあるし改めてインドのスゴさを実感させられます。


DSC08181.jpg


お花にお姉さんになかなかお似合いの景色ですな。


DSC08182.jpg


…スゴッ!!


DSC08183.jpg


徐々に上に上がって行くに連れて、街の景色が一望出来ます。
青の街だけあって、青い景色が覗けます。
隣には大砲も。


DSC08184.jpg


まだまだ、上への道は続いて行きます。
大変だ…。


DSC08185.jpg


まだまだ歩く。


DSC08186.jpg


家族に写真撮影を求められたので記念に1枚っって、全然こっち向いてない…!!


DSC08187.jpg


建物の模様もすごくキレイだ。


DSC08188.jpg


途中に笛吹きもいたり。


DSC08189.jpg


で、目的地の博物館に行ったけど閉館時間の17時を10分ほど過ぎてたので中に入れずに終わりました。


DSC08190.jpg


中には入れなかったけど、外からはこのような景色。


DSC08193.jpg


この景色も一望出来るレストランもあるみたい。


DSC08194.jpg


こちらも上からの景色。
日本では無い景色。


DSC08195.jpg


城の反対からの景色もなんだかキレイであります。
そんな感じでさらっとジョードプル観光して終了。


DSC08197.jpg


で、翌日、電車に乗ってジャイプールに戻ります。


DSC08199.jpg


今日はこちらの彼は外の景色に浸りながら何か考え事をしてる様子。
僕の予想では、いやらしいこと想像してたんじゃないかと予想してます。


DSC08200.jpg


子供が近づいて来て遊んだりしながら、スペイン語を勉強しておりました。


DSC08201.jpg


かわいいね〜〜。


DSC08202.jpg


で、いつものように物乞いや、チャイ〜チャイ〜って言いながらチャイを売ってるおじいさんをスルーしつつ、いつも通りの時間をすごしておりました。
すると、サリーを来た明らかにオカマの数人組がお金を出せと言って来ました。
以前は、ビンタされたけど、今回はほっぺをつままれました。


まあ、物乞いもどきってやつですね。
明らかに動けないとかなら、まだお金を渡しても良いかと思うけど、元気すぎるくせにお金をもらおうという考えにいまいち納得出来ません…
お金を渡すそぶりすら見せなかったので、ずっとほっぺにぎったままで、ムカついたんでパンチしときました。
数秒後に来たおかまには今度は耳たぶを、つままれます。
これもイラっと来たので掴んでる腕を一瞬にして握り、ひねっておきました。
すぎちゃんも爆睡してるのに、おかまに起こされて金出せと言われてマジ切れ。
早くインド出たい。
あと5日だ。。。






よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ

物思いにふけつつ、自分を見つめ直す

DSC08152.jpg


ジャイプールからジョードプルの移動中、僕は今までの事を振り返ったり、これからの自分、いろんな事を考えてたよ。


DSC08153.jpg



電車の中から見える雲はとてもキレイだ。
そういえば最近、雲見てたかな?
なんだか、毎日のように繰り広げられるインド人との交渉や話しかけられるという戦いにそんな余裕すら無かったのかもしれないね。


DSC08154.jpg


インドが好きなのか嫌いなのかっていうと自分でも分からない。
1度、インドから離れて違う場所に行った時に、好きなのか、嫌いなのか分かるのかもね。
でも、僕が見て来たインドは観光地化されたインドが大半。
もっと、田舎の地域に飛び込んでみるのも大切なのかもね。


でも、まだ僕の旅は保守的な旅だと思う。
もっともっと深く入り込んで行くような旅をしてみたいけど、それなりに騙されるリスクだって上がる。
常に騙されまいと若干の距離を置いてる今の旅のスタイルが良いのか悪いのか…
何とも言えない。
このままの旅のスタイルで後悔しないかな…
逆に深く入り込んで、騙された後になって、後悔しないかな…


1番は深入りして、最高の思い出を作る事。
でも、それはなかなか難しいものでもある。


今まで3人で回って来たインド旅だけど、1度、1人になって深入りしてもいいのかもしれない。
でも、もうすぐ、すぎちゃんの旅が終わるから少しでも一緒にいれたらいいなって思う気持ちもある。


3人で一緒にネパールに行くという選択肢。
南インドに行く選択肢。
ネパールに行った後、再度、インドに戻り1人旅をする選択肢。
いろんな選択肢があるけど、あまりアジアにいる訳にもいかない、僕にも旅のスケジュールがあるから次に行かなくちゃ行けない。


刺激と緊張の一人旅も魅力を感じてるけど、こうして一緒に長期間、旅をしてる旅仲間に出会えた事にすごく感謝してるよ。
日本にいる頃は、毎日仕事ばかりでなかなか友達作る事が出来てなくて、旅ブログを見ながら旅人が出来て楽しくしてる人を見てると、すごく羨ましかった。
旅に出ている事自体に羨ましさを感じながら、ずっと日本での生活に日々、葛藤してた。


でも、今こうして僕はここにいる。
もっともっと、そのありがたみや喜びを感じながら過ごさなくちゃいけないんだ。
1つの景色にしても、ずっと憧れた夢が目の前にある訳でもっともっと、今というものを感じなくちゃいけない。


この文章を電車の中で書いてる中、1人の物乞いが僕にお金を求めて来た。
無視するのもウザいと思うのも、どう感じてもいいんだけど、これが今僕がいる現実であり、受け止めなくてはいけない。
受け止めるにしても、何にしても、これが今僕がいる場所の現状であり、僕が求めて来た空間なのだからここに来れた事を感謝して受け止めなくてはならない。


そう思うと、普段渡さないお金を少額ではあるが、物乞いに渡す事にした。


今までの旅を振り返ると、いろいろな場面や出会った人が思い返される。
でも、それ以上に毎日の出来事が濃ゆ過ぎて、脳みその思い出キャパシティーがついていけてないのかもしれない。
10年後、僕は今という現実をどのように思い返しているのかな。


長い人生のたったの100日間に過ぎない出来事。
100日だけど、いっぱいいろんな事がありすぎたよな。
毎日が充実出来てる訳じゃない。
夢に走る今でもいろんな事で悩んだりもする。


将来の事も含めてだけどね。
でもね考え方に柔軟性が出来たかな。
以前の固い考え方に比べて今は生きてればどうにでもなるかな、なんとかなるさってね。
昔は少し周りを気にしてたかな。
地位とかプライドとかね。


旅に出て、いろんな人を見た。
物乞い、騙す人、ディープな部分も含めて。
物乞い…近づくなって一瞬思っちゃうけど、いろいろ考えると、いろんな考えが出てくる。
物乞いでも生きて行ける。
正直、人からお金をねだるって行為は勇気がないと出来ないと思うんだ。


もしかしたら、罵倒されるかもしれないし、冷たい態度とられるかもしれないし、あっち行けってどけられるかもしれないけど。
でも、周りになんて気にしてられないくらい必死なのかもしれない。
たまに、もらって当たり前みたいな態度をとってくる人は嫌だけど。


そんな事を考えているうちに、以前程、周りや立場を気にしなくなったのかな。
世の中いろんな人がいるって改めて気付いたよ。
全員からよく見られようと思っても絶対無理だもん。
諦めるという表現にもなるけど、いろんな人がいるんだから、いちいち周りを気にしてるほど、面倒くさく、無駄な時間はないかな。


そういう部分では以前に比べると考え方に変化が生まれてるのかもしれない。
今後の生活においても、この考え方が保てれば、深く人間関係にストレスを感じず、自分らしく生きて行けるのではないかな。
以前は少しストレスを抱え込みすぎてしまってたかな…。


自分の事を大事にしてくれてる人や応援してくれてたり、面倒見てくれてたり見守ってくれる人を大切に。
敵対視する人や合わない人についていく必要性なんて無いし、軽く流しておけば良いかな。



長時間の電車移動ではいろんな事を見つめ直す時間が生まれる。
ブログにおいても。
僕のブログは自分にとってどういう位置づけなんだろうって。


毎日更新する以上、常に何かしら僕の1部と切り離せない存在になってる。
写真をたくさん載せて、たくさんの景色や、文章を多くする事で、その時の感情を伝えたいと思って書いてるけど、時に多くの作業が自分に苦痛を与えて自分を見失う事がある。
でも、今まで支えてくれた人や、これから旅をする人たちへ伝えて行きたい気持ちと、その時の気持ちを綴る事で一生忘れないものにしたい。
26歳という今、世界一周している今という時間は今しかないからこそ、僕にとっては無限大に大切なものである。


DSC08157.jpg



ブログランキング。
正直、このランキングを意識し出すと僕自身が時に旅を楽しく感じなくなる時がある。
1つの景色や体験をする。
でも頭の中では、どのようにブログに書こうかな…
どういう風に書けばより伝わるかな…
とか、いろいろ無意識に考えている僕がいる。


出来る事なら考えずに、自然のままに思った事をそのまま感じて終わってしまいたい。
だからこそ、時にこのランキングから外れようかなと考えたりする。
単純にランキング関係無しに、見てくれてる人にブログで伝えて楽しんでもらえたらそれでいいのかもしれない…。


まだ、よく気持ちが整理出来てないかもしれないけど、ブログを意識するあまり旅が楽しめないと感じる感情が続くならば、一旦ランキングから外れようと思う。
でも、毎日クリックしてくれてる人には感謝の気持ちでいっぱいです。
一時期、少し休んでた時期もあったけど、クリックしてくれてた人がいた事、facebookページで毎回更新する度に、イイネを押してくれてる人がいる事に感謝の気持ちを持って、その気持ちを大切にして行きたい。
おかげで、10位以内に入れている事。


全くもって僕の力なんかじゃない。
一人一人のクリックが僕をこの位置まで保たせてくれてる訳であって。
そして、この順位にいれてる事が、さらにアクセス数を増やすきっかけになって、いろんな人に見てもらえてるようになっているという事を。


何人の人に見てもらえてるかは分からないけど…ブログ村からのOUTポイントは3000は越えてるから300人以上のブログ村登録者から見てもらえている事は間違いないと思う。
毎日、楽しみに見てくれてる人がいるとしたら嬉しい事だし、ありがとう。
時に何を書けば良いか分からなくて写真ばっかし文章短めになっちゃう時もあるけど、その時は何を書けば良いか分からなくて悩んでる時かな。。。


ブログ村に登録した以上、どうしても意識しちゃうけど、出来る限り順位を意識せずに、僕が感じた事、伝えたい事を書いて行けたらいいな。


さあ、これから先のルートや旅のスタイルどうしようかな。
もっともっと、チャレンジして行かなきゃね。
チャレンジして充実すればするほど、ブログの更新が無くなる時もあるかもだけど、その分、内容が充実して行けたらいいかなって思う。


DSC08156.jpg



世界で1番行きたい国、スペインへの憧れも徐々にヨーロッパが近づくにつれて大きくなってるかな。
出来る事なら、すぐにでも行ってしまいたいよ。


僕がバルセロナのカンプノウスタジアムに立てた時、僕は何を思うんだろうな。
世界で1番行きたい場所。
何年も何年も前からの憧れの場所。
きっと、感極まるものがあるんだろうな。
楽しみ楽しみ。


でもいつ何が起きるか分からないからこそ、早い段階で行っておきたいというのも事実であり、悩みどころ。
こういう風に悩める事自体の今の現状に感謝。
旅立つ事を決断出来た事に一切の後悔は無い。


とにかく今はスペイン語の勉強を徹底的にやっていこうと思う。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ










25歳のインド美女

DSC08056.jpg


あー、美味しいね〜。


DSC08058.jpg


ん〜、美味しいね〜。毎日カレーばかりで飽きちゃってるね。


DSC08057.jpg


飯食って1人でぽつりと歩いてると、おっさんがトゥクトゥウ乗って行かないかと声をかけて来たのでタダなら良いよって言ったところ、タダで宿まで乗せて行ってあげると言うので怪しみつつも、乗ってみる事に。
で、普通に宿到着。
なんてことだ。
初めてインド人かタダで連れて行ってもらいました。
やっぱし、この街は良い人が多いみたいだ。


DSC08059.jpg


日を改めてピンクシティーを観光する事に。
駅前ではデモが行われておりました。


DSC08060.jpg


いろいろ、街の中心では店が出てましたね。


DSC08062.jpg


奥の方には城が見えますね。


DSC08063.jpg


いろいろ市内観光。


DSC08067.jpg


で、メインスポットの風の宮殿…。


DSC08066.jpg


のはずが工事中…。
しょんぼり。


DSC08068.jpg


で、バスに乗ってお城に向かうはずが、バスの中人多過ぎる。
バスの中は人殺しからあるから乗ったらダメだってトゥクトゥクのおっさんに言われてたけど、何も無く普通に向かう事が出来ました。


DSC08071.jpg


バスの途中の子供達。


DSC08072.jpg


かわいいね〜。


DSC08073.jpg


バスの途中からは湖の上に宮殿がある、水の宮殿も見えたよ。


DSC08081.jpg


そして、アンベール城に到着。


DSC08083.jpg


万里の長城みたい。


DSC08086.jpg


いろんな古い時代のような景色を見つつ、


DSC08087.jpg


眺めつつ、


DSC08088.jpg


階段を登って行きます。


DSC08089.jpg


それにしても眺めが良い。


DSC08090.jpg


サリーを着たインドの方々が景色を覗いてたので僕たちも見てみる事に。


DSC08092.jpg


上からの眺めは非常に良い。


DSC08097.jpg


子供達も可愛くて、街もキレイでいい街だなって思ってました。
ただ、観光地価格と外国人という事もあって飲み物が若干高め。
普段、インド人ならコカコーラ 20ルピー(34円くらい?)
外国人で 30ルピー(51円くらい)
ここでは 40ルピー(68円くらい)で少し高いな〜って思いながらベンチで休憩してました。


すると20代前半のインド人が話をかけて来たので、コーラは現地人ではここで、いくらくらいで買えるのか聞いたところ、50ルピー(85円)だと言って来ました。
こいつ、俺らの事なめてるなと思いながら、もう邪魔だからどっか行けって言って追い払いました。


数分後、また話しかけて来たのでウザいな〜と思いながらその場を去る事にしました。
で、よくある事だけど、インド人は外国人に対してなめた態度で絡んできて多少バカにしたような行動をとってくるので立ち去る際に、次とぼけた事言ったら覚えておけよと一言だけ言っておきました。


すると、インド人が、

I kill you!!(お前を殺す)

と言って来ました。


で、僕と萌性さんブチ切れ。


今まで、インド人に対して溜まってたうっぷんが大爆発してしまったので、そのインド人に制裁を下しました。
仕方ありません、タイミングと運があまりにも悪かったとしか言いようがありません。


DSC08099.jpg


その後、集合写真を撮ってたので、こっそり仲間入りする事に。
すると、ウエルカムに迎えてくれて交流を深める事にしました。
どうやら家族で観光に来たみたい。


DSC08101.jpg


お姉ちゃんも妹さんも美人さん。


DSC08102.jpg


もう、たくさんの女性に囲まれてハーレム状態ですね。笑


DSC08103.jpg


ちなみにお姉さん、25歳。
あんましグラサンしてる女の子見ないのでなんだかセクシー。


DSC08104.jpg


お父さんも、なんだかキマってます。


DSC08105.jpg


う〜ん、姉妹共に美人ですな〜。


DSC08107.jpg


家族で仲良くしてて、微笑ましく思いました。
さっきまでの嫌な想いが一変。
とても素敵な気持ちになりました。


DSC08108.jpg


帽子似合ってるよ〜〜!!


DSC08109.jpg


城の内部に進んでみる事にしました。


DSC08110.jpg


なんだかきれいな建物に、


DSC08111.jpg


外からのきれいな景色。
ジャイプールはピンクの街だけかと思ってたので、こんな素敵な城があるとは思ってもいませんでした。


DSC08113.jpg


1つ1つの模様が細かい!!


DSC08114.jpg


隙間から子供達が覗いていました。
かわいいね。


DSC08118.jpg


中はこんな感じ。


DSC08119.jpg


きらきら。


DSC08123.jpg


きらきら〜〜。


DSC08124.jpg


女性の警察官もたまに見ます。
あまり見ないので、なんだか物珍しい感じに思えちゃいます。


DSC08125.jpg


インド人は男同士でも仲良く手を繋ぎます。
でも、インドでは普通みたい。
左手でうんこ、ふきふきしてるみたいだけど。


DSC08129.jpg


ヤギさんも至る所にいました。


DSC08131.jpg


やっぱし雰囲気あるな〜〜!!


DSC08132.jpg


やぎさん、いっぱい。


DSC08133.jpg


メーメー。


DSC08134.jpg


アユタヤの音楽隊に引き続き、今度はインドの音楽隊を結成させようかな。


DSC08147.jpg


帰り道、また水の宮殿を通って帰ったよ。
湖の真ん中にあるって何だか不思議だね!!


DSC08148.jpg


街中はなんとなくピンク?


DSC08149.jpg


ゾウさんもピンク?


DSC08150.jpg


そしてアイス入りのラッシー!!
もちろんアイスの色もピンク!!


DSC08151.jpg


もうカレーが限界で夜はピザ食べ放題に手を出してしまったね…。
スタッフの対応が素晴らし過ぎて、嬉しかったね。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ

インドの可愛い女の子

DSC07987.jpg


アップルストアに向かったものの、パソコンの修理は別の場所らしく住所を教えてもらいながら、近辺の公園までやって来ました。
途中、いろんなインド人の方々が親切に教えてくれて、今まで僕が見て来たインド人は何なんだったんだって思うくらい優しい方々がいっぱいです。


DSC07989.jpg


やっぱり僕の想像通り観光客がいないエリアに入ると、みんな優しい方ばかりで、嬉しい気持ちや本来の姿を見れて嬉しかったです。


DSC07990.jpg


公園の近くまで来たものの分からずにいると、またインドの方々が助けてくれます。
みんなで、この住所はあっちだこっちだ相談してくれる訳です。


DSC07991.jpg


本当に、みんないい人ばかり。
中には途中まで歩いて案内もしてくれました。


DSC07992.jpg


でも、やっぱし子供は写真が大好きだね。
何度も撮影してくれと言って来ます。笑


DSC07994.jpg


案内された場所を進んで行き、また1人のおっちゃんに場所を訪ねました。


DSC07995.jpg


すると、とりあえずチャイ美味しいから飲んで行きなよと勧めてくれます。
お金はないよって言うと、もちろんサービスに決まってるじゃねーか!
と、とても僕たちの事を良くしてくれます。


DSC07996.jpg


修理してもらえる場所まで教えて頂き、向かったものの本日は閉まってるみたいでした…。
修理してもらえる場所が普通の民家ってのも若干驚きましたが。


DSC07997.jpg


という事で、またおっちゃんの元に戻ると暑いし大変だから、飴ちゃん食べて行きなと飴ちゃんくれました。
優しすぎる人々達。
嬉しくて嬉しくて仕方ない。
タージマハルより僕がインドで1番見たかったのは、本当に優しいインドの人々だったかもしれません。
むしろ、こっちの方が感動しちゃってます。


DSC07998.jpg


次のビルラー寺院の行き方を教えてもらい進んで行きます。
街並みはキレイに整備されています。
でも今日も暑いね。
すでに5キロ以上の道のりを歩いたのでは無いでしょうか…。
でも、リキシャには乗りたく無い。
もっともっと、歩く事で見つかる出会いがいっぱいあるはずだから。


DSC08000.jpg


すると1人の家族に出会いました。
こんな炎天下の中、暑く無いのかな…。


DSC08001.jpg


子供もやっぱしカメラに興味津々。
さっき、もらった飴ちゃんを分けてあげる事にしました。


DSC08002.jpg


喜んでくれて良かった。


DSC08004.jpg


でも、まだまだ先は長い。
途中、熱中症にならないように水分を摂って目的地にむかいます。


DSC08005.jpg


やはり、ここはスゴい。
今までのインドとは想像出来ないくらいの大きな街で、とてもキレイ。


DSC08006.jpg


遠くからはレインボーな建物もお目見え出来ます。
聞いてみると何かの高級店みたい。


DSC08007.jpg


大学も発見しました。
道行く人に挨拶すると、みんなすごく丁寧に挨拶を返してくれます。


DSC08009.jpg


レインボーが何か気になるね、行かなかったけど。


DSC08011.jpg


ようやくビルラー寺院に到着しました。
近くには城みたいなのを発見。


DSC08012.jpg


こちらが、ビルラー寺院。


DSC08013.jpg


中にはステンドガラスがあります。


DSC08014.jpg


キレイですね〜。


DSC08015.jpg


これもキレイですね〜。


DSC08016.jpg


これもこれもキレイですね〜〜。笑


DSC08017.jpg


外から城を眺めつつ、


DSC08018.jpg


のんびり寺院の中で休憩していました。
萌性さんは爆睡zzz


DSC08019.jpg


出て、また歩いてると子供達に出会いました。
で、こちにおいでと言われたのでついていくと、お母さんに会いました。
で、お母さんから、お金ちょうだいって言われました。


よくあるパターンです。
なんだか、このパターンがすごく残念で、僕はたまに子供と絡む事に臆病になる事もあります。
純粋に僕と遊びたいのかな…もしかしたらお金くれって言われないかなって…。
お金を求められて、結構ヘコむパターンです…。


DSC08020.jpg


道ばたの動物園にはトラさんがたくさんおられておりました。


DSC08021.jpg


ちょー、かっこいい!!


DSC08022.jpg


ハトさんもいっぱい。
って、写真いっぱい載せすぎてなんだか、ブログ書くの疲れて来たぞ。。。
何か文章が、感想のみの一言になってるわ。。。
頑張れ、俺!!
頑張るんだ俺!!
ぬおおおおお…おやすみzzz
みなさん、ふみさんに声援お願いします。笑


DSC08023.jpg


次に向かったのが、アルバート・ホールっていう中央博物館。


DSC08024.jpg


入場料が学生だと半額になるんだよね。
マジでカオサンで偽学生証作らなかった事を後悔したよ。


DSC08025.jpg


あ〜眠くなって来たな…。
エジプトのミイラとかいたんだよね。
その他にもいっぱい彫刻とか宝石のコレクションあったね。


DSC08026.jpg


なんか、すごいね。
でも、実は僕、博物館とかあんまし興味なくてさ、


DSC08027.jpg


サドゥー先輩の置物にかなり興味津々だったね。


DSC08028.jpg


だってさ、先輩かなりセクシーショットのオンパレードだもん。


DSC08029.jpg


このポーズにはさすがに興奮したね。
先輩セクシー過ぎるもん。
でも、出会った先輩はこんなポーズしてくれなかったもんね…。


DSC08030.jpg


景色がキレイだな…
本当にここはインドなのかな…。


DSC08031.jpg


博物館もいい具合に夕日があたってキレイだね。
何か写真がキレイになったでしょ?笑
タージマハルのブログあたりから一旦、パソコンに取り込んでから写真に色つけられる補正機能使っちゃってるからね。
こっちの方がキレイな写真になるからね。
やっぱしキレイな写真見せたいよね。
いっぱい見てもらいたいから、いっぱい載せたいよね。


でも今日の写真量は完全、計算間違いだね。
もう1日歩きまくったこの日の観光以上に今疲れちゃってるね。
さすがだな。笑
このまま、文章入れずに終了したいんだけど、最後に可愛い女の子でるから、そこまで書くんだけどさ。。。


DSC08032.jpg


これが博物館の全体ね。


DSC08036.jpg


これも上の全体写真に僕が入り込んだだけの写真ね。
結論2枚もいらないって事なんだけどさ。
おまけみたいなもんね。


DSC08041.jpg


もうちょいで、可愛い子出るからね。
これがピンクシティーのピンクの門ね。


DSC08042.jpg

DSC08043.jpg


途中でコロコロしてるおっさんいたから、気になって声かけたらアイス作ってるんだって。
だから食べてみたね。


DSC08044.jpg


可愛い子出て来たね。


DSC08045.jpg


家族と仲良くアイス食べたね。


DSC08046.jpg


やっぱし、可愛いね。
ずっと僕の反応見ながら笑ってたね。


DSC08051.jpg

DSC08053.jpg

DSC08054.jpg

DSC08055.jpg

ジョードプルの街並みだね。おやすみzzz



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ

なんかエロい…

DSC07937.jpg


自分たちで駅で予約したチケット。
少し高かったけど、この日に移動したかったので、問題ないのですが、乗ってみるとびっくり!!
インドの電車にこんなキレイな席があるのか…。
まるで日本の電車のようだとびっくりしながら、乗る事にしました。


DSC07938.jpg


少しづつインドに対しての感情が変わり始めたり、もっと好きになりたいと思えるような考え方を持とうと工夫したりして頭の整理をしていました。


DSC07940.jpg


前の席の子供がこっちを向いて、遊んで欲しそうにしています。
かわいいね。
座ってる客層も、今までとは違いすごくいい人ばかり。
丁寧な対応で接して来てくれます。


DSC07943.jpg


窓からは子供達がいっぱい。
中には手を振ってくれる子供達も。
このあたりは観光地ではなく、田舎の子供達が住んでいる地域。
手を振ってくれる姿にふとカンボジアを思い出しました。


カンボジアの時を思い返すと僕はふとした事を思い出しました。
そういえばカンボジアでも観光地ではぼったくりとかあったけど、少し田舎の地域に行くと人が純粋で素晴らしい体験が出来た。
僕が見て来たものは、まだ観光地のインドのみ。
もっと、観光客が行かない地域に行ってみたい。
もっと、優しい心を感じたい。
この目で、本当のインド人の優しさを体感したいと思うようになりました。


DSC07945.jpg


途中、車内食が出て来ました。
びっくりです。
スタッフの対応も丁寧で食事を下げる祭や、お湯を入れる際、確認の許可をとってきます。
日本では当たり前の事でも、インド人がしてくれると、すごく礼儀正しい方だという風に見えてしまう不思議な現象。


DSC07948.jpg


後ろの席の子供達も遊んでと絡んできます。


DSC07947.jpg


後ろの席では、おばあちゃんが僕たちの絡みが気になって、ちらほら、隙間からのぞいてきます。笑


DSC07950.jpg


なので、音楽を聴かせてあげたり、写真を撮ってあげたりして遊んでみます。


DSC07952.jpg


子供は遊ぶのが大好き、周りを気にせず、ずっと遊んでました。
それと、礼儀正しいインド人の方々が多く、日本の電車に乗ってるような気分にさせられてなんだか不思議な気持ち。


DSC07954.jpg


到着後、少し長い距離を歩いて地球の歩き方に載っている、サンダルパレスというゲストハウスにしました。
宿のスタッフの対応もものすごく丁寧過ぎてビックリ!!
400ルピーの部屋にしたかったけど、空いてなかったので900ルピーの部屋に。


DSC07955.jpg


1800円くらいで、この部屋!!
クオリティー高過ぎる!!
ジャイプール自体、若干都会で少し物価が高いです。
なので、同じ値段で古い宿もあるので、大満足。
ただね、照明とか含めてなんか…エロい!!


DSC07956.jpg


そんな事を萌性さんと2人で話してました。


DSC07957.jpg


なんかエロいぞ 笑


一旦、食事を摂る為に、部屋を出ようと鍵を差し込み口から抜くと電気が消えます・。
で、部屋が真っ暗になりながらも外に出る為にドアノブを感覚で探します。
そしてドアを開けようとドアノブを持った瞬間、まさかの同じタイミングで萌性さんもドアノブに手を…
そして重なり合う手と手…


えっ…??


いけませんいけません…
変なところで愛が芽生えるんじゃないかと、一瞬心配になりました…。
そして萌性さんが…
あかんわ、愛が芽生えるとこだったわ 笑
と、冗談をかましてきました。


あぶね〜〜〜!!


DSC07958.jpg


部屋も今まで過ごしたインドの宿で1番広く清潔。
そんなに長居は出来ないので、安い部屋を予約しておきました。
ちなみに400ルピーの部屋は1つのみ、500ルピーの部屋も1つのみ。笑
歩き方見ると、いくつかありますよみたいな書き方なんだけどね。笑
訪ねてみると、素直に答えてくれるスタッフ。
って、嘘つかずに、素直に答えてくれるんかいと、正直なインド人に驚き。


DSC07959.jpg


外に出てみると、普通に信号があります。
すごっ!!


DSC07961.jpg


久々に美味しいアイスも頂きました。
ちなみに看板の左下にある緑のマークは牛肉が入ってませんという意味。
宗教が絡むので、こういうマークが必要になります。
マレーシアのペナンの時にもこれを発見しました。


DSC07963.jpg


翌日は萌性さんのパソコンが壊れてるので修理出来るところに持って行く事にしました。
街は今までと違って都会。


DSC07964.jpg


建設ラッシュが進んでいます。
ジャイプールに関しては最初に描いていた街のイメージと違い、結構都会な事にビックリ!!
僕たちはアグラで歩く事で様々な発見が出来る事に気付かされたので、リキシャには乗らず、歩いて行く事にしました。
予定では今日1日で10キロ以上歩く予定。


DSC07965.jpg


こちらがジャイプール駅。
ピンクシティと呼ばれているので駅のカラーはピンク。


DSC07966.jpg


線路はどこまでも続きます。
それにしても暑過ぎるな…。


DSC07968.jpg


熱中症にならないように、良い子の皆さんは帽子を被りましょう。。。


DSC07970.jpg


大きな荷物を運ぶリキシャ。


DSC07971.jpg


子供達が僕たちを見つけて手を振ってくれます。


DSC07975.jpg


道が分からなくて2時間くらい歩いたのかな。
やっとアップルストアがある建物に入りました。
で、入るとイベントやってて歌ってくれと言われたのでインド人の観衆の前で歌う事に。


DSC07977.jpg


あ〜、なんだか恥ずかしいですね〜〜。
ノリノリなはずのインド人が、みんな、きょとんと僕を見ています。
あ〜、もうちょっとリアクションとって欲しいとこです。。。


DSC07983.jpg


記念に写真撮ってくれました。笑


DSC07984.jpg


そして、久々にマックを発見して、たまにはカレー以外の違う気分を味わいたいと思いました。
なんか、マハラジャマックとか言うのがあったんで、それにしました。


DSC07985.jpg


で、食べたらカレー味…
で、クソ不味い…
めちゃくちゃ税金かかっちゃって、200ルピーもしたのに、泣きそう…。。。
あ〜、マハラジャの呪いにかかっちゃいました…。


DSC07986.jpg


ドライブスルーなんかもあったり。
都会だね〜。


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ

インド人が好きになった瞬間

DSC07717.jpg

DSC07718.jpg


悪いインド人ばかりで僕自身、インドの場所は好きだけど、インド人が嫌いという現象が起きてました。
このままでは、インドを楽しんで旅を終える事が出来ない…
そんな葛藤の中、僕自身、客引きやオートリキシャに過敏に反応し過ぎるのも良く無いと感じてました。


DSC07719.jpg


ふざけた事や騙して来た時にどれだけ冷静にいられるか、すぐぶちキレないように出来るかという事は僕自身が成長しいて行く上では絶対必要な事であり、もし、この壁を乗り越える事が出来るならば、きっと日本に帰ってからの生活は悪いインド人以上に悪い日本人に会わない限りは、キレる事がないくらい、器の大きな人間になれるんではないかと感じてました。


DSC07720.jpg


どうすれば、インド人がいきなりふっかけて来たり、騙してくる状況に臨機応変に対処出来るか…
そんな事を考えながら、バナラシでの出来事を反省をしていました。
電車の出発まで時間がない状況でオートリキシャは別ルートを吹っかけて来てさらに100ルピー払えと…
冷静に考えれば聞いてないふりをするか、NOの一点張りで済んでたものの、時間がない事に焦り、ふっかけられた事にムキになり、その結果キレてしまった。
むしろ勝手に行かせて、お金は払わないという全くブレない気持ちを持ってたら良かったなと思いました。
いろいろ考えた結果、
何かぼったくってきたり、ふざけた事を言って来たら、インド人はギャグを、かましてるんだ。
逆に突っ込み入れるか、とぼけて対応しておけば、深く考える事もないし、ムキになる事もないという結論に至りました。


タージマハル周辺には、たくさんのお土産屋さんがあります。
修学旅行などで学生さんもいっぱい。
女の子はお土産選びやアクセサリー探しに夢中。
やっぱり、女の子は買い物が大好きなんだね。


DSC07721.jpg

DSC07722.jpg


タージマハル周辺には、たくさんのお土産屋さんがあります。
修学旅行などで学生さんもいっぱい。
女の子はお土産選びやアクセサリー探しに夢中。
やっぱり、女の子は買い物が大好きなんだね。


DSC07723.jpg


僕はタージマハルのマグネットのお土産屋さんを見つけたので写真撮ってました。
いろんなデザインがあっていいね~。

すると店員のインド人が写真撮ったからお金払えと言って来ました。
あ…早速来たか。
でも、インド人がギャグかましてきたと冷静に捉えて、僕もとぼけた事を言い始めます。


DSC07724.jpg


ワタクシはニッポンから来た旅行ジャーナリストだ。
有名店を取材する為に写真を撮ったノニ…
仕方アリマセンネ。
ココのお店を取材するのは辞めておきマショウ。


DSC07725.jpg


すると、慌てるインド人。
待つんだ待つんだ。
だったら、ウチの店の名刺も宣伝してくれ。
という事で、名刺持たされて写真を撮らされます。
店の商品もスムーズに撮影許可を頂き、インド人のギャグにとぼけて返す作戦成功となります。
若干、あれも撮れ、これも撮れとウザさはあったけど。。笑
君も店の商品と一緒に入って撮らせてくれと多少面倒ではあったものの、冷静に対処出来ました。


DSC07726.jpg

DSC07727.jpg

DSC07728.jpg

DSC07729.jpg


そういう絡みを繰り返して行くうちにインド人がだんだん面白く感じて来ました。
それにアグラの子供達は外国人の僕たちに興味津々。
Helloと声をかけて来たり絡もうとしてきます。


DSC07730.jpg


子供と絡むのが大好きな僕は、すこし嬉しい気持ちになりました。
コルカタやバナラシの子供達と絡む事はあまりなかったし、特にバナラシの子供達は徹底してお金くれと言って来てたのでなかなか仲良くなる事はありませんでした。


DSC07732.jpg


そして夜、悲しい事が起きてしまいます。
50ルピー(100円)でトマトチーズサンドイッチを頼みました。
メニューの写真から僕は日本で出されるサンドイッチを想像してたのですが出て来たのはこれ。笑
物価が5倍違うので、もし日本で500円で注文して、これが出て来たらマジでショッキングな訳です。


悲劇は前回もありました。
ミルクシェークを頼んで冷たいシェーク気分を堪能しようとしてたのに、届いたのは、ぬるい牛乳でした。
その時のショックと味を思い出しただけで悲しい気持ちになります。
確か30ルピー(60円)だったので、日本で300円のミルクシェーク頼んで、生温い牛乳出て来たら、みなさん含め僕もショッキングな気持ちになるはずです。涙。


DSC07733.jpg


夜、歩いてるとラクダさんが歩いておりました。
ラクダが路上で歩くというのは初めての光景で何だか驚きもありました。


DSC07862.jpg


翌日、仲良くなったリキシャのおっちゃんに城まで連れてってと頼んで乗る事にしました。
すると、リキシャのおっちゃんは、途中でお土産に寄ると言い出しました。
萌性さんは、城以外の余計なとこは行くなと怒る中、なんだか冷静な僕がいました。


そんな、ふざけた事かましてきたら、僕がおっちゃんと入れ替わって、おっちゃんがお客さん、僕がリキシャをこいでいくという、オモロい事かましたろうかなって。笑
そんな事を想像しながら、リキシャから降りて歩いて城まで行く事にしました。


DSC07863.jpg


歩いているといろんな発見があります。
僕たちが見て来たのは主に観光地のエリアだったけど、1歩、観光客が通らないような道を通ってみると、いろんな出会いがありました。


DSC07864.jpg

DSC07865.jpg


家族で仲良く家でゆっくりしてる家族を発見し、案内されたのでお話ししてみる事にしました。
すごく家族団らんを楽しんでて、みんな笑顔。
なかなか街中でこんな光景を見てこなかっただけに、心が和みました。

DSC07866.jpg


お母さんもおばあちゃんも大笑い。
しまいには、お母さん、パーティグッズを持って来て笑いを取り始めました。
インド人がこんな事してるのに、驚きと笑い。


DSC07867.jpg


みんな子供のように大笑いをしている姿に、やはりインド人は感情豊かなんだな~って思いました。
映画の時だって、映画なのに大盛り上がりで歓声や拍手なんかも起きてました。


決闘をするはずだったサドゥー先輩もそうだったんですが、ホーリー祭りの最中に僕たちと最後の別れに結果的になったのですが、その時、実は先輩の眼から涙が出てました。
その時はなぜ先輩が泣いてるのか分からなかったのですが、その日以降、先輩は僕たちの前に姿を現す事はありませんでした。
僕が思うに、いつも先輩のとこ通ってたので、最後の別れが悲しくて先輩は涙を僕たちの前で流し始めたのではないかと思ってます。


DSC07868.jpg

DSC07869.jpg


お母さんは奥に行きました。
何をするのかなと思ってたら…
おもちゃの斧を取り始めました。笑


DSC07870.jpg

DSC07872.jpg


その後、その光景に子供達が珍しがって集まって来ました。
なので子供達と遊びます。
子供達の笑顔はやっぱし純粋。


DSC07873.jpg


僕が見て来た、お金をせびる子供達は1部であり、インドの子供達がみんながみんなそうではない。
逆にそういう風に外国人から物乞いのように教育されてしまった子供達も悲しく感じてしまいました。


DSC07874.jpg


この子はとても人懐っこく、ずっと僕のそばから離れようとしませんでした。


DSC07875.jpg

DSC07876.jpg


今まで牛ばかりしか見なかったものの、この少し入った道にはヤギさんもたくさんいます。


DSC07878.jpg

DSC07881.jpg

DSC07882.jpg

DSC07883.jpg


子供達と遊んだ後、城に向かって歩いて行くと、ラクダさんを発見しました。
ラクダさんはおむつをしております。笑
おむつをしてないラクダさんは、道にう○こしちゃうからです。笑
公園の草取りをしているおばあちゃん。


DSC07884.jpg

DSC07885.jpg


ようやく途中、金目的でやってくるインド人達をかわしながら、アグラ城にやってきました。
ちなみに世界遺産です。
1565年に作られたとの事。
インカ帝国の権力の象徴だったみたい。


DSC07886.jpg


旅仲間の萌性さんと記念撮影。
ちなみに、インドの床屋で髪切ってもらったら、とんでもない事になってて、終了後、めちゃくちゃ文句言ってました。笑
なのでオレンジターバンでアレンジしております。笑(僕の推測w)
入り口をくぐると、このような大きな壁が立ちはだかります。


DSC07887.jpg

DSC07889.jpg


中には修復中の箇所も。


DSC07890.jpg


この大きな建物に進んで行く訳です。


DSC07891.jpg

DSC07892.jpg

DSC07895.jpg

DSC07898.jpg

DSC07900.jpg


インドの女性はサリーを来てる人が多いけど、私服ってのも珍しい。


DSC07901.jpg

DSC07903.jpg


むこうには、タージマハルものぞけます。


DSC07904.jpg

DSC07905.jpg

DSC07907.jpg


きれいな緑の木。
下にはカップルがお話ししてました。
なんだか絵になってます。


DSC07909.jpg


木にはリスさんがどんぐりを頂いてます。
リスは何て鳴き声なのでしょうか?
分かりませんが、ちゅーちゅーって事にしておきましょう。


DSC07912.jpg


ちゅーちゅー。


DSC07918.jpg


ちゅーちゅー。笑


DSC07922.jpg


リスさん、可愛過ぎです。
かなり夢中になってシャッター押しまくってました。笑


DSC07926.jpg


とても大きな城壁。


DSC07930.jpg


家族で観光に訪れたみたい。
やっぱし、インド女性はサリーが象徴だね。


DSC07932.jpg


この前、散髪してもらったライバル店発見。笑


DSC07933.jpg


食べ物にたかる、ハエや虫達。
やっぱし、インドの汚さはカオス。笑


DSC07934.jpg




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。


世界遺産 タージ・マハル

DSC07742.jpg


朝、5時半。
タージマハルを1番乗りする為に、チケット売り場にやってきました。
ちなみに、タージマハルのチケット売り場が開くのが5時半で開門が6時です。


DSC07743.jpg


まだまだ外は薄暗く、あまり人が多くはいません。
チケット買う時点で欧米人が順番、勝手に追い越したので1番乗りするというは出来なくなりました。笑


DSC07745.jpg


こちらの通路を迷路のように進みながら入り口まで向かいます。


DSC07746.jpg


並んでると、早朝からランニングをしてるインド人もちらほら。
部活かな?


DSC07747.jpg


徐々に人が並び始めます。


DSC07748.jpg


インドの警察にたらい回しにされた結果、少し後ろの順番になっちゃいました…。。。


DSC07750.jpg


門からは徐々に朝日が差し込んできます。


DSC07751.jpg


6時少し過ぎに開門されると、手荷物検査などをして、中に入ります。
リュックサックを持って行ったものの中身までは検査されませんでした。
門をくぐると、すぐに見えてくる門。


DSC07752.jpg


若干、人もちらほら。
どうやら、反対側の門の方が先に開いていたみたい。


DSC07753.jpg


中からはタージマハルが少し見えて来ました。


DSC07754.jpg


おーーー、すげーーーー!!
タージマハルじゃん!!


DSC07757.jpg


いや〜、もう驚きしかありませんね。
タージマハルは僕のアジアの旅のゴール時点と位置づけた場所であり、よく日本でインドカレー屋さんに行くと、ポスターを張ってあって、いつか行きたいな〜って夢見てた場所であります。


DSC07765.jpg


さらっとタージマハルを解説いたしますと、
ムガル帝国5代皇帝シャー・ジャハーンの妃ムムターズ・マハルのお墓。
シャー・ジャハーン皇帝が熱愛した妃ムムターズ・マハルが亡くなったのは、1631年。
その死を悲しんだシャー・ジャハーンが建築狂らしく、ムガル帝国の国力を傾けて(実際、国は傾いた)このタージマハルを建設し、その愛を表現しようとした。
世界各地から貴石が取り寄せられ、また職人が集められ、22年といわれる歳月と天文学的な費用をかけて1653年に完成したとされている。


DSC07782.jpg


どちらかというと早い時間は外国人の観光客がいっぱいいたように感じました。
インド人ももちろん、ちらほら。


DSC07783.jpg


後ろを見ると、門が水に反射して映っててキレイです。


DSC07785.jpg


タージマハルも水に反射してキレイ。


DSC07790.jpg


ずっと憧れていた場所に来れたという事は1つの目標が達成されてなんだか感慨深くなります。


DSC07791.jpg


僕と萌性さん。


DSC07794.jpg


少し時間が経つと門の前の撮影スポットは人でいっぱい。
早い時間に行って撮影して正解でした。


DSC07795.jpg


白く美しく、朝日がタージマハルを照らす事で余計に美しく感じます。


DSC07804.jpg


嬉しくて嬉しくて仕方ない気持ちを抑えながら建物の中に進んで行きます。


DSC07807.jpg


途中、リスさんを発見。


DSC07819.jpg


近づいてみると、やっぱしデカッ!!


DSC07820.jpg


朝日がめっちゃキレイ!!


DSC07832.jpg


もう僕は、タージマハルが大きい事か美しい事か、朝日がキレイばかり言っておりました。


DSC07833.jpg


このような大きな扉の中に入ると、お墓が置いてありました。


DSC07834.jpg


でも残念だったのが、この美しいタージマハルが落書きされていたという事です…。
観光客のマナーに少しガッカリ。。。


DSC07839.jpg


反対越しには川が見えます。


DSC07840.jpg


こちらに本来、黒いタージを建設する予定だったとか…。


DSC07841.jpg


デカッ!!


DSC07843.jpg


タージマハルからの景色。


DSC07844.jpg


ここでタージマハルに1番に入る方法を自己流に解説。
まず、タージマハルには東、南、西に3つの門があります。
南は朝8時からしか開かないので、朝6時に開く西か東にいる必要性があります。


チケット売り場は西と南にしかありません。
今回、僕たちは西門でチケットを買って西門に並んでました。


でも入ってみると、東門の方がすでに開かれてた訳です。
運にも寄るのですが、たぶん東門の方が早く開く可能性は高いと思います。


でも、チケット売り場がないわけです。
って事で、前日にチケット買ってしまって、当日、朝1番で西門にいるのがベストだと思います。


チケットは750ルピー(1400円くらい?)
当日券とかじゃないので、いつチケットを買っても問題ありません。
水と靴カバーを必ず貰うようにしてください(もしくはチケット売り場の前に置いてある)
靴カバーが無いとタージマハルの建物内に入れません。
僕たちは無かったので一旦、引き返しました…。


DSC07821.jpg


花も添えられていて、なんだかおとぎ話のような風景です。


DSC07822.jpg


この時ばかりは風景が僕を輝かせてくれてるように感じました。笑


DSC07828.jpg


世界遺産 タージ・マハル


DSC07770.jpg


そして4つ目のキーワード    で   !!


DSC04480.jpg


世界遺産 アンコールワット


DSC05198.jpg


無人島 ピピ・レイ


DSC07770.jpg


世界遺産 タージ・マハル


DSC05709.jpg


マリーナベイサンズ


と、言う感じになっております。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。



インド人は旅人をバカにしている(怒)

DSC07683.jpg


最近、僕の隣ではこちらの方が毎晩爆睡されております。
今日もぐっすりと眠られてるようです。


DSC07684.jpg


すぎちゃんもモイさんも、爆睡なので僕は1人で昼ご飯とラッシー飲みに出かけてました。
そこで出会ったインド人の家族。
言葉は通じないけど写真を見せたり、片言で意思疎通をとりました。
徐々に打ち解けて、仲良くなる事が出来ました。


DSC07686.jpg


子供想いのお父さん。
まだ若そうにも見えます。
家族でラッシー飲みに来てて、なんだかいいね。
そして僕はこのインド旅が始まって以来、驚くことが起きました。
お父さんが僕のラッシー代をおごると言い始めたのです。
もちろん僕は気持ちは嬉しいけど、お断りして自分の分は自分で払う意志を強く示して、握手で感謝の気持ちを伝えました。
とても嬉しい出来事だった。
なのでFacebookを交換する為に名前を教えアイコしました。


何が驚きかというと、本当にインドの男性はお金、下ネタ、人を騙す人がものすごく多いです。
お父さんも日本の女性の写真を見せたりした時は、お互いニヤニヤしてたものの、インド人から奢るって言ってくるのは、滅多にありません。
もちろん日本人とだと物価も違うし、むしろ外国人をカモにする連中はいっぱい、いるのに…。
だからこそ、お父さんから、おごるって言われた時には、すごく驚きもあったし、打ち解けれた事に嬉しさもありました。


部屋に戻ってFacebookで検索するも、同じ名前が多過ぎて見つからなかった時には少しヘコみましたが…
さすが11億人の国…


DSC07688.jpg


その後、すぎちゃんが、ガンジス川で泳ぐという事でついていきました。


DSC07689.jpg


ガンジス川はヌメリが多少あるので入る際は滑らないように気をつけなくてはなりません。
すぎちゃん、入ろうと思ったら、階段で滑っちゃいました…。
インド人も数人、滑ってる人がちらほら。


DSC07690.jpg


ガンジス川に入る事で今までしてきた悪い事が全て水に流されるんだそうです。
でも、また、悪い事したら50倍になって返って来るんだそうです。


DSC07691.jpg


あ、すぎちゃんクロール中に水飲んでしまいました…
この後どうなるのやら…。。。


DSC07694.jpg


カレーに飽きた僕たちは日本食を食べる事にしました。
こちら、唐揚げ定食。
日本ほどではないものの、久々の味に満足しました。


DSC07695.jpg


インドの女性から声をかけてくる事は、ほぼないけど子供は外国人に好奇心があるみたい。
写真撮ってあげて、見せてあげたら喜んでました。


DSC07697.jpg


こちらカツ丼さん。
やっぱし、日本食が1番です。


この日までは、平和に暮らせてたのですが翌日、すぎちゃんと僕に変化が訪れます…
ガンジスの水を飲んでしまったすぎちゃん…
何かに食あたりを起こした僕…


朝から体調が悪くて嘔吐、下痢を繰り返してしまいます…。
1日で10回以上、トイレに行ったのではないかと思います…。
今まで経験した事無いような感覚でかなり弱気になり、日本の事を考えてしまった僕もします…。


やっぱし、インドは東南アジアに比べると、精神的にも体力的にもキツく消耗してしまいます…。
常に騙してこようとするインド人に神経を尖らせる毎日…。
僕は何の為にインドに来たんだ…。
自分自身の旅の目的や楽しみを見失い始めててのかもしれません。


旅を楽しみたいのに、常に騙され無いように気を張ってる自分。
インド人を相手にする事すら面倒になってて、インドはいい場所がいっぱいあるのに、嫌な事をしてくるインド人を考えただけでインドが好きになれそうでありませんでした。
まだ、コルカタの時は自分の許容範囲でついていけてたインド人の行動や言動が、バナラシに入ってから、インド人の質の悪さに、若干、気がめいってたのかもしれません。


さらに体調不良で余計に自分自身の心が弱ってた部分もあります。


DSC07698.jpg


夜になり、若干空腹を感じたので、おじやを食べました。
それにしても、美味しい…。
若干、胃が驚いてまた吐き出さないか心配になりながらも、全て食べきってしまいました。
翌日、チェックアウトタイムは12時だったけど、18時の電車だったので、宿代を半額の200ルピーを払う代わりに、夕方4時過ぎまで部屋で休ませてもらう事にしました。

DSC07700.jpg


翌日、すぎちゃんは、悟りを開くため、ブッダガヤに行きました。
残った、僕と萌性さん
夕方16時頃になりチェックアウトの前に宿の高いレストランで夕飯を食べる事にしました。
僕が注文したのが唐揚げライス。
萌性さんが注文したのが、キムチチャーハン。
注文したメニューが来たものの、どちらが唐揚げライスか分かりません…。
お互い食べてみるもどちらも不味い…。


DSC07702.jpg


少し食べ進むと唐揚げというより、焼いたチキン発見。
むしろ、こっちがキムチチャーハンと思って食べていた萌性さん。笑
高い料金払ってるのに、この質には若干がっかりです。


ご飯を終えて鍵を渡してチェックアウトする事にしました。
鍵を渡すと宿のスタッフは16時を少し過ぎてるから、100ルピー余分に払えと言ってきました。
ぶち切れる僕と萌性さん。


とにかくインド人は金にうるさい。
僕はこの宿に対して不満はあったけど流してた部分もありました。
宿のスタッフは勝手に僕たちの部屋に入ってくる上に、許可無しで物を取って行きます。
空き瓶などはインドではお金になるんですが、僕たちの部屋に空き瓶があると許可無しで部屋に入って知らない間に持って行かれてました。


さらには、レストランでおつりを返してくれなかったり、40ルピーの食べ物を50ルピーだと嘘をついたり。
お金を渡した後に、10ルピーを勝手に隠して、10ルピー足りないと言って来たりもしました。
部屋に勝手に入っては、夕飯は宿のレストランを使うのかとしつこく聞いて来ます。
確かに、宿のレストランを使えば外国人料金なので宿が儲けるのは分かるのですが、わざわざ部屋に勝手に入って来て、俺たちが決める事を勝手に聞いてくるなと思ったりもしました。


そういう事もあり、最後まで金金金としつこい宿のスタッフに本気で頭に来た部分もあります。
100ルピー払わずに宿を出ました。
もうインド人に優しさとか見せる必要性ないと感じてました。
別に16時になった時点でチェックアウトして別のレストランで食事すればそれで済んだものの、最後だからと思い感謝の気持ちも込めて、宿のレストランを最後に使ったのに、100ルピーと言って来たので残念でもあります。
食事中も一緒に仲良く話してたけど、お金が絡んだ瞬間、態度が変わるのには残念すぎる部分もあります。
※100ルピーは日本の物価的価値で1000円相当です。


女性の部屋でも鍵が閉まってるドアをノックしまくって開けようとしてたとこも見たので、嫌だと思う方は泊まらない方がいいかもしれません。
嫌な思いして欲しく無いので、ゲストハウスの名前のせておきます。
バナラシのURVASHIゲストハウスです。
コルカタや、その後宿泊したアグラのゲストハウスでは勝手にスタッフが入って来たり、物を盗って行く事はありませんでした。


大通りに出て駅に行く為、リキシャ探しを始めました。
予想通り、大勢の運転手が集まり、値段を吹っかけて来たので値下げ合戦を始めるのを待ってました。
が、100ルピーからみんな下げようとしない…。
※1ルピー=2円くらい。
1人が99ルピーと言った途端、98、97と1ルピーを巡る値下げ合戦が始まり最終的には60ルピーまで落ちました。


DSC07703.jpg


当然、今回もプロミスさせます。
まー、確実に裏切ってくる事はもう分かってはいたけど…。


DSC07704.jpg


で、荷物もリキシャに乗せて準備オッケーのとこでいきなり80ルピーだと言ってきました。
またもやブチ切れる、僕と萌性さん。
もう面倒臭くなったので行く事にしました。


マジでクソ野郎だと思ってたら、今度は道が渋滞してるから別のルートで行く。
さらに100ルピーがかかると言って勝手に別のルートを進もうとします。
戻れと怒鳴り散らすもインド人は応じる気無し。
ぶち切れる僕。
冷静さを失ってる僕を焦らせないように落ち着かせる、萌性さん。


このままだと180ルピー。
もう相場の6〜7倍近くの値段を吹っかけられていた僕はある決心をしました。
玩具銀行の1万円を使う!!


僕が玩具銀行のお札を使うのは襲われた時や恐喝された時などの緊急事態のみ遣う切り札的な位置づけにしてました。
こいつを本気で黙らせるには、こいつしかない。
運転中に僕達はあらゆるシミュレーションを始めます。


まずは支払う料金は80ルピーのみ。
100ルピーを出すと絶対におつりを返してこないので、2人で10ルピー札と20ルピー札を集めてピッタシにする。
逃げ切れれば、そこで終了。
逃げ切れなければ、玩具銀行から1万円札を借金して、くそインド人に渡して逃げる。



駅周辺に到着した。



そしてリキシャを降り、80ルピー札分を折り畳んで渡した。
札を数えてる隙に、僕たちは逃げる。
数秒後、80ルピー札分しか無い事に気付いたインド人は怒鳴り始める。


が時既に遅し…
完全に逃げ切り成功。
運転手はリキシャから離れる事が出来ず、僕たちの作戦勝ち。


それでも最初の言い値は60ルピーだったけど…。


DSC07705.jpg


バナラシ駅から見えた雲。
僕は入道雲が大好きだけど、空と雲がコントラストがついてるのも好きだ。
駅構内でホームの番号を確認し、アグラ行きの電車がある8番ホームに向かう。
売店で水を買い、確認の為、電車の中に座ってた4人組の乗客に電車の外から、この電車がアグラ行きで間違いないか確認する。
するとアグラ行きは7番だと言う。
僕はそんなはずは無いと思い、後ろにいた売店の店員に確認すると、
そいつらは悪い奴らだ、嘘つきだ!!


と、若干、4人組に対して怒りの感情もこもりつつ、教えてくれた。
いい人はこのようにきちんと教えてくれて本当にいい人なのにな。
どうしてクソヤローが多すぎる事か…。
イラッとくる僕。
4人組に対して、文句を言うと、僕をバカにしたようにヘラヘラ笑いながら、からかってくる。
こいつらマジでクソだわ。
こうやって、僕以外の旅人に対しても騙して、困ったり焦ったりしてる旅人の反応見て楽しんでるんだろうな。


マジでインド人、クソヤローだわ。
こいつらに秩序なんて無いわ。
そして、僕は心に決めました。


次、クソな事したら覚えておけよと。


DSC07706.jpg


今回買った列車はスリーピングのエアコン無し。


DSC07707.jpg


なので前回の3Aに比べると若干ランクが落ちるけど、たまたま今回座った席は、中国人カップル、韓国人女性、ドイツ人おじさんと僕たちの6人とインド人がいない組み合わせになったので前回のような勝手に席に座られてる事も無く快適な電車となりました。


DSC07708.jpg


ベッドメイクをして熟睡してました。
夜は予想以上に冷えて、Tシャツ1枚の僕は上着を取り出そうと思い、下に置いてあるバックパックを取ろうとしました。
すると…


DSC07711.jpg


誰だ、こいつ…
勝手にタダ乗りして来たと思われるインド人が地べたで寝ています…。
意味不明だ…。
バック取りたいのに…。
どうしようかと思ったけど、勝手に寝てるのが悪いので起こして取り出す事にしました。
バックを取り出してる途中…


ぷ〜〜っ


インド人が屁をこきました。
ケツの下にはビニールシートを敷いているので、余計に響いて聞こえました。
ちょ…。
臭いに我慢しつつ、上着を着て再度ベッドに戻ります。


DSC07712.jpg


廊下にも寝てる人がちらほら…


DSC07714.jpg

DSC07715.jpg

DSC07716.jpg


インドの列車は扉が開きっぱなしなので、外からのぞく事も出来ます。
徐々にアグラ行きの到着時刻が迫る中、どこがアグラか分からず、ソワソワし始める外国人達。
欧米人が何度も僕に確認して来ます。
なので、外国人はみんなアグラで降りるから、教えあいこして、みんなで分かるようにしようという事にしました。


定時より1時間ほど遅れて進んでいると電車の中からタージマハルが見えて来ました。
ここがアグラで間違いないと分かったので降りる準備を始める僕たち。
でも欧米人がアグラと気付いていなかった為、ソワソワしてたので教えようと思いました。
すると、欧米人が近くにいたインド人に、ここはアグラかと訪ねました。
インド人は、ここはアグラじゃないと答えました。


そのやりとりを見た僕はぶち切れ。
テメー、何とぼけた事言ってんだよ。
同じようなふざけた事をしたら、次はないと、決めてた僕は欧米人にアグラ駅に間もなく着くという事を伝えた後、そのインド人を怒鳴り罵倒しました。
悪い人は至る所にいるので、本当に気をつけなければなりません。


僕はインドを旅する前、インド人は優しさで答えが合ってても合ってなくても返事をする事があるから、たまに間違ってる事もあるから、いろいろな人に聞いて確認した方がいいよって聞かされてました。
でも今回の場合は明らかにタージマハルが電車の外から見えてるのに、アグラ駅じゃないと悪意を込めて言ったのは明らかでした。
だからこそ、余計にイラッとした部分もあります。
とは言っても、僕がアグラの到着時刻について訪ねた人たちは1時間近く遅れてるよとか詳しく教えてくれたので全員がそういう訳ではないですが。。。
それにしても日本人だからとか関係無しにインド人は旅人の事をなめてます。


金としか思ってないのかもしれませんね。
なので本気の付き合いをインド人としようと思っても、こういう事が起きると余計に警戒心や信用を失うので出来なくなります。


アグラ駅に着くと予想通りリキシャの運転手達がたかってきます。
ぼったくりにも、程があるような値段を吹っかけてくるのでマジで面倒臭い。
しまいには歩こうとする道を塞いでこようとするので、手で払いのけます。
最終的には1人のじいさんの運転で70ルピーで指定したゲストハウスに連れて行ってもらう事に。


すると、勝手にインド人が乗って来ました。
乗るなと言うものの、運転手と仲間だと、とぼけた事ぬかしてきました。
そんなの俺たちには関係ないと、言ってなんとか降ろさせました。


リキシャと値段交渉すると、ほぼ、ぺろんちょ3兄弟含め、僕たちは怒りを感じる事が多い。
多くのインドを旅した旅人が経験していると思うけど、それくらい、しつこいし、ぼったくってくるし、目的地に連れて行かないし、多少強引でもある。
お金があって、別にぼったくり料金でもいいよ、高いホテルに案内されてもいいよって感じの旅行で来てる人は別として。


タージマハル近辺のゲストハウスに連れていって貰う事で交渉成立となった運転手のじいさん。
すごく陽気な感じで、さっき道を塞がれた時に手でじいさんを、払いのけた事をすごく申し訳なく思いながら、リキシャは進んで行き、到着した。


が、どこにも指定したゲストハウスは存在せず、先に違うホテルを見て行けと、僕たちのお願いしてた場所とは違う場所に止めた。
本気で怒鳴る僕たち。
さっきまで申し訳なく思った気持ちが一瞬にして変わった。
申し訳なく思った感情を一瞬にして裏切るような行動をしてくれたじいさんに本気で怒りの感情が爆発しそうになった。






よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。





インド人多過ぎる…

DSC07463.jpg


キョロキョロ。キョロキョロ。


DSC07465.jpg


あ、お友達もやって来ました。
キョロキョロ。
こちら只今、宿泊中の部屋の壁でございます。笑


DSC07615.jpg


インドおすすめの歯医者さんをご覧になった後は、今度は映画館に行ってみようって事で映画館に行く事になりました。
驚きだったのが、ガンジス川の近くに映画館があるって事なんですよね。
ガンジス川周辺があんなに汚かったので、その近くにある映画館は廃墟のような映画館でしょうか。。。
そんな感じの期待をしておりました。


お馬サン達がいっぱいいます。
馬車に乗って移動という何ともオシャレでありますね。


DSC07616.jpg


歩いていると、映画館に到着しました。
街が、めちゃくちゃ汚い中、まさかまさかの最新鋭の建物がぽつりと。
驚く、僕たち。


DSC07617.jpg


手前のチケット売り場でチケットを買います。
DIAMOND 180ルピー。
GOLD 130ルピー。
SILVER 90ルピー。


もちろんSILVERって言ったら当然のように外国人だからとなめられてるのか、高い席しか空いてないって事で仕方なく高い席を買わされる事に。
結果的には空席ありありなのに。。


DSC07618.jpg


映画館に入ると、まさかまさかのエスカレーターが目の前に。
何、この建物と街並のギャップ差は…笑


DSC07619.jpg


中には日本同様、ポップコーンも売っております。
確か80円だったかな。


DSC07620.jpg


今回見る映画がこちらHIMMATWALA
あの有名なやつですね。笑
たぶん日本でも上映されてるはず。。。
もう3ヶ月以上、日本離れてると、全くもって日本の情報が分からなくなります。
テレビも新聞も3ヶ月以上見れてない訳で、頼りになるのはyahooニュースのみ。
WBCも結果しか知らなければ、最近よくyahooニュースに出てくる、キンタローって人が誰なのかも分からない。。。


DSC07621.jpg


中に入ると、クオリティーの高さに驚くばかり。
画面デカッ!!


DSC07622.jpg


座席数も変わらず、もう日本とさほど変わらないような本格的な映画館な訳であります。


DSC07623.jpg


こちらの、おっさん達も興奮気味。


DSC07624.jpg


僕たちは1番高い席だったので、1番後ろでした。
で、当然のように前には若干空席がありました…。
やっぱし、外国人だからって事で高い席を強制的に買わされてしまったのかな…。


映画の中身は、主人公が悪いやつを倒して最後はラブストーリー的な物語。
途中、ラブシーンなどになると、いきなりシチュエーションが変わり、なぜかミュージカルになり、悪いやつも主人公も周りの人も音楽ノリノリで踊り始めます。


観客は、主人公が悪者をやっつけると、イケイケー!!と大騒ぎ。
ラブシーンになると、ヒューヒューと大声出したり、拍手したり。笑
それを見て僕は楽しんでおりました。
日本の映画を見るスタイルとは若干違うみたい。


DSC07625.jpg


外には、このような遊具が置いておりました。
で、すぎちゃんはこれに乗って遊んでおりました。笑

DSC07626.jpg


インパクトある景色…。


DSC07627.jpg


牛さんが服屋でお買い物して出てくるシーンも見てしまいました。笑


DSC07629.jpg


外はいつものように人人人。


DSC07630.jpg


さて、僕はどうやって、この道を渡れば良いのでしょうか…。
いつも、かなり危険なので、ぶつけられないように神経尖らせながら進む訳です…。


DSC07631.jpg


本当に多過ぎる…笑
さすが11億人の国。
この光景はどこでも同じなので、どこに行っても人しかいません…。


DSC07632.jpg


餃子みたいなのも売ってるよ。
インドはカレーだけかと思っててけど、実際にはいろいろあります。
パスタとかも。


DSC07634.jpg


こっちは、カレーだけど。
豆が入ってて少し甘かった。


DSC07635.jpg


翌日はガンジス川をボートで渡る事にしました。
サドゥーの弟分達がいっぱい乗ってました。


DSC07637.jpg


ガンジス川で沐浴をしているインド人。


DSC07639.jpg


ボートから見る景色は、なんだかキレイに感じました。


DSC07640.jpg


萌性さん。


DSC07642.jpg


すぎちゃん。


DSC07645.jpg


本当に僕は気の合う旅仲間に出会えて幸せ者ですね。
カンボジアで出会ってから2度目の再会です。
カンボジアでは素晴らしい思い出が作れた訳で、ここインドでまたこうして、いろんな思い出が作れて、嬉しい限りです。


DSC07649.jpg


川の向こうにはこのような場所があるので船を近づけると、1人のインド人が入場料1人、40円だと言ってきました。


DSC07650.jpg


無料の場所と知ってたので、嘘をついてくるインド人にキレる萌性さん。


DSC07651.jpg


結局、そいつがぼったくろうとして気分悪くしたので、行かずに戻る事にしました。


DSC07665.jpg


徐々に暗くなるに連れて、灯りが灯され始める街並。


DSC07666.jpg


毎晩行われるプジャーを見ようと席を取る事にしました。


DSC07667.jpg


準備中の僧侶達。


DSC07668.jpg


こちらは行方不明の張り紙なのですが、よく道を歩いてると、このような張り紙を見ます。
それだけ、ここバナラシでは行方不明者が多いという事なのかもしれません…。
お礼金は4万円とインドにしては高い。


DSC07670.jpg


そして、またプージャーを見て、とても熱い気持ちにさせられました。


DSC07672.jpg


何度見ても、この礼拝は心を熱くさせます。


DSC07673.jpg

DSC07674.jpg

DSC07675.jpg

DSC07680.jpg


見終えた後は、夕飯に行きました。
今日の晩ご飯はこれで、250円くらい。
カレーの中に豆腐が入っているという不思議なカレーでした。


DSC07681.jpg


美味しそうに食べる萌性さん。


DSC07682.jpg


全て食べ終え、店を出ると隣の店で、サドゥー先輩が食事をされておりました。
高級レストラン。笑
そして、すぎちゃんはこちらのサドゥー先輩にあげた20円のお賽銭を、金持ちならあげなければ良かったと悔やむのでありました。笑





今日のブログは、インターネットカフェからの投稿で限られた時間の中でのブログ作成となってしまった為、若干、手早に書いてしまった事もあり、少し雑になってるかもしれません…すいません。。。


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。




インドおすすめの歯医者さん

DSC07575.jpg


サドゥー先輩のお宅訪問を終え、萌性さんは宿に戻っちゃったので、すぎちゃんと2人で周辺を散策しておりました。


DSC07576.jpg


ガンジス川で泳ぐバッファロー。


DSC07580.jpg


バッファローがおしりをふりふりさせながら、僕たちの道を塞ぐ訳です。
で、この時、ひとりの日本語が出来るインド人に話しかけられて、いろいろインドの情報をもらいました。
自分が感じてたのは、日本の物価はインドの5倍違うという事。
日本で100円のジュースがインドでは20円で売られてます。
で、話を聞いてみると、観光客相手にリキシャしてるおっちゃん達で月収2万円。
ちなみに、リキシャの月収は平均以上。
銀行員で6万円。
警察はお金払えば、なれるみたいです。
で、事件が起きても賄賂で片付いちゃうみたい。
なので警察は信用出来ないらしい。


DSC07472.jpg


あ、こちらはブルーラッシーっていうラッシー屋さんのラッシーです。
まあまあ美味しいんですが、もっと美味しい店発見したんで後で紹介します。


DSC07581.jpg


こちらは20円くらいで揚げる前のコロッケを焼いて潰してカレーかけた感じの食べ物。


DSC07582.jpg

DSC07584.jpg


ガンジス川周辺も夜はライトによって雰囲気を、かもし出されております。


DSC07585.jpg


すぎちゃんが写真を撮ってるとインド人が写真をのぞいて来ます。
僕も体験したんですが、インド人はカメラに興味津々。
全員がそういう訳ではないけど。
なので写真撮ろうとすると、どんな写真撮るのか気になって後ろからのぞいてくる訳です。
もっと、すごい人は自分の顔とカメラの間にある隙間に顔を入れてカメラをのぞいてくる人まで。笑


DSC07587.jpg


細い道はワンちゃんがたむろってて、時に通るのに一苦労する事も…
とにかく狂犬病にだけは、なりたくない!!


DSC07588.jpg


写真を撮ろうとすると、みんな構えてしまいます…。
自然な姿を撮りたいのですが…。


DSC07589.jpg


夜細い道を通る時は怖い…。


DSC07591.jpg


インドはほぼ毎日停電が起きてます。
勝手にインド人が配線から流れてる電気を盗む為にこのような現象が起きてるとの事。
警察にバレたら賄賂で済ませる訳です。
なので、全く前が見えない…。
ワンちゃん踏んだら、完全アウト!!
って事で、そういう時はiphoneアプリのLEDライトにお世話になりながら、明るさを保ちます。


DSC07592.jpg


あ、本日のおまけ写真。
口を開けた、もいさん、ただいま就寝中。


DSC07593.jpg


翌朝は20円のカレーを食べに行きます。


DSC07594.jpg


美味しい写真だけど、地面にはネズミさんがチュウチュウ駆け足で走ってる姿も見られます。


DSC07595.jpg


こちらも20円。
でも、油で揚げたら、そのままシロップつけて出されるので、油っぽい。。。
日本みたいに油取り紙がある訳でも、ありません…。


DSC07596.jpg


本日2枚目のおまけ写真。
もいさんのどや顔。
しばらく、もいさんはブログ書けないので共同ブログという事で、おまけ写真もちょいちょい出して行きます。笑


DSC07597.jpg


こちらも20円。
カレーの上にラッシーをかける事で甘みを出すという何ともオシャレな食べ物です。
でも、周りは砂埃とハエがたかっております。。。
結論、周りの衛生面が本当にバナラシは良く無いと言う事です。
ここで体調崩す日本人もかなり多いはず。
ぺろんちょ3兄弟はこの数日後、全員体調不良起こしております。。。


DSC07604.jpg


いろいろ散策してると最高に美味しいラッシー屋さんを発見したので紹介しておきます。
コルカタのラッシー屋さんが1番ですが、バナラシではここが1番だと思います。
矢印はこの看板!!
その名もラッシーコーナー!!


DSC07602.jpg


店内はこんな感じ。


DSC07601.jpg


店の前でおっちゃんがクルクル回しながら、ラッシーを冷やしております。


DSC07598.jpg


すでに2杯目ですが、めちゃくちゃ濃厚で美味しい!!
この日から毎日、朝、昼、晩と5杯近く飲む生活が続きます。
その結果、数日後とんでもない事になる訳ですが…詳しくは後日のブログで。


DSC07599.jpg


またまた、おまけ写真。
ラッシーで完全にイッちゃった萌性さん。


DSC07603.jpg


飲み終えたら陶器はこのように捨ててあげます。
なんだか、日本に持って帰りたくて、もったいない気もします…。


DSC07605.jpg


一撃Tシャツがお気に入りの萌性さん。。。


DSC07606.jpg


歩いてると人気の歯医者さんを発見したのでのぞいてみる事にしました。


DSC07607.jpg


患者さんの問診をする歯医者さん。


DSC07608.jpg


問診をとった後は患者さんから入れ歯を預かって、金属製のやすりでゴシゴシし始めました。


DSC07609.jpg


こちらが先生の歯科グッズ。


DSC07611.jpg


患者さんに、はめてもらって、つけ心地を確認。
つけ心地が悪ければ、再度、やすりで削って微調整。


DSC07614.jpg


最後に患者さんに、はめてあげて完成。
患者さんも満足したみたいで笑顔でした。
きっと料金も良心的な価格で患者さんに満足して頂けてるんだと思います。
もし、インドで歯が痛くなった時は、街の歯医者さんに訪れてみては?
以上、インドの歯医者さんからでした。笑



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。




イッちゃった先輩

DSC07533.jpg


プージャーが終わると路上は大混雑が起こります。
で、大混雑なのに原付で無理矢理通り抜けようとしてる人もいるし、通れないの分かってるのに、ずっとクラクション鳴らし続けるので、マジで意味分かんないというか、ここまでくるとキチガイとしか言いようがありません。


DSC07534.jpg


中には警察じゃないけど、誘導して渋滞を解消しようと頑張ってくれるインド人もいます。笑


DSC07535.jpg


翌日は、ガンジス川周辺をぺろんちょ3兄弟はお散歩してました。
ガンジス川周辺の建物周辺にはこのようなデザインがされた壁がたくさんあります。
歩いていると、サドゥー先輩がお宅においでと言ってくれたので、ちょいと寄って見る事にしました。


DSC07537.jpg


どうやら、他のサドゥー先輩はお昼寝タイムのようでした。


DSC07538.jpg


せんぱ〜〜〜い!!
そろそろ起きてくださ〜〜〜い!!


DSC07539.jpg


睡眠中のところを申し訳ないけど、起きてもらって、相手してもらう事にしました。
でも、また爆睡。。。


DSC07540.jpg


あ、ようやく先輩は眼を覚ましてくれました。
眼も先ほどとは違いパッチシ!!


DSC07541.jpg


そして、おでこに黄色をつけられて、先輩と交流を始めました。
どうやら、先輩がこちらのお家の親分のようです。


DSC07542.jpg


しばらく話して、そろそろお邪魔しましたしようと思ってたら、先輩の弟分がチャイを作ってくれると言ってくれました。
若干心配な、ぺろんちょ3兄弟。。。
なぜなら、目の前にはガンジス川があります。
もしや、使ってる水…ガンジス川の水だったらどうしようと、若干へこたれてました。


DSC07543.jpg


寝起きの親分先輩は何かを作り始めました。
どうやら、眼が真剣です。


DSC07544.jpg


サドゥー先輩はまさかの、牛乳パックを使い始めました。
てっきり、原始的にチャイを作って行くのかと思いきや、めちゃくちゃ近代的というかスーパーで売ってそうな牛乳パックを使ってる事に若干、笑いをこらえてました。


DSC07545.jpg


いろんな粉をまぜまぜして沸騰していくのを待ちます。


DSC07546.jpg


先輩は今度はコネコネを始めました。
ここまで来るのに20分近く経っております。
どうやら、自分が吸う為の葉っぱを作ってるみたい。
バナラシにいるインド人はたくさんの人が葉っぱを吸ってます。
警察にバレても賄賂渡せば問題ないので平気な訳です。


DSC07547.jpg


そろそろチャイも完成に近づいております。
最後の仕上げにとりかかり始めました。


DSC07548.jpg


そして温かなチャイが完成。
飲んでみると濃厚で、お店で売ってるチャイなんかよりすごく美味しい訳です。


DSC07549.jpg


水を飲み干す先輩。


DSC07550.jpg


しぶい顔の萌性さん。
ちなみに今はパソコンの充電部分が壊れてるため、ブログ更新出来てないのでtwitterの方で呟いてるとの事で暇な方はフォローしてみてください。
下ネタばかり呟いております。
すぎちゃんのはこちら
すぎちゃんも下ネタばかり呟いていますので18禁とさせていただきます。
18歳以下はフォローしちゃダメだからね!
フォローしたら月に代わってお仕置きするそうです。笑


DSC07556.jpg


途中で雨が降り始めて必死に雨漏りを防ぐ弟子達。
やはり親分は偉大なのです。


DSC07558.jpg


とうとう先輩の葉っぱも完成したみたいで、おいしく吸い始めました。
この前の決闘を申し込まれたサドゥー先輩のように覚醒するのでしょうか。


DSC07559.jpg


めちゃくちゃ、おいしそうなサドゥー先輩。
吸ってる姿がすごく、様になってます。
先輩に撮影した写真はブログとかfacebookに載せても構いませんかね〜と訪ねると、ふむふむと頷いてくれました。
さすが、先輩は懐がデカいです。


DSC07551.jpg


そして、全員で記念撮影。
あ、先輩の眼が完全に覚醒してます。
いや正確に言うと完全にイッちゃってます。笑


DSC07560.jpg


先輩が吸った後は弟分達が順番に葉っぱを周し合って吸っておりました。


DSC07568.jpg


先輩!!
お宅に招いて頂きありがとうございました!!
その直後、萌性さんはお腹を崩して宿に駆け込む事になる訳ではありますが…。


DSC07571.jpg


葉っぱを吸ってる途中で咳こむ先輩。


DSC07572.jpg


先輩、大丈夫でしょうか…。。。


DSC07573.jpg


あ、先輩、イッちゃった。





よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。

僕は生きているinインド、プージャー

DSC07473.jpg


僕が日本にいた頃からどうしても訪れたかった場所、見たかったものが、このバナラシのプージャーと呼ばれるヒンドゥー教の礼拝。
聖なるガンガーに祈りを捧げる。
初めて、この写真を見た時からこの劇場空間を体感したくて、ずっと待ち遠しかった。
その、来たかった場所にやって来た。
すでに、周りは数千人単位のヒンドゥー教徒達によって埋め尽くされていて、そこは劇場のような空気すら漂わせる。
写真だけでは伝わりにくいかもしれないけど、たくさんの写真から雰囲気が伝わればいいなと思う。


DSC07474.jpg

DSC07476.jpg

DSC07477.jpg

DSC07478.jpg

DSC07479.jpg

DSC07480.jpg

DSC07481.jpg

DSC07482.jpg

DSC07483.jpg

DSC07484.jpg

DSC07485.jpg

DSC07486.jpg

DSC07487.jpg

DSC07488.jpg

DSC07489.jpg

DSC07490.jpg

DSC07491.jpg

DSC07492.jpg

DSC07493.jpg

DSC07494.jpg

DSC07496.jpg

DSC07497.jpg

DSC07499.jpg

DSC07502.jpg

DSC07503.jpg


僕はこのプージャーと呼ばれる礼拝に圧倒されていた。
礼拝中、大観衆が一体となって拍手を繰り出す。
それとともにステージに立つ礼拝僧が一体となって祈りを捧げる。
何億人と言われるインド人のヒンドゥー教に対する信仰心を目の当たりにし、僕はものすごい彼らのパワーを感じ取った。
この劇場空間から繰り広げられる雰囲気や空気に圧倒された僕は、ものすごく衝撃を受けた。


DSC07505.jpg


ステージ上の火を手に浴びせ、おでこにかけるような仕草を繰り返す人々。


DSC07506.jpg


熱心にお祈りをする人々。
ものすごくヒンドゥー教に対する熱心さが伝わってくる。


DSC07507.jpg


礼拝僧から、甘いお菓子を受け取る為にみんな我先にと前に並ぶ。


DSC07509.jpg

DSC07510.jpg


花びらを振りまく姿は、花吹雪のようで圧巻なのだ。


DSC07511.jpg

DSC07512.jpg

DSC07514.jpg

DSC07515.jpg

DSC07517.jpg


想像以上にインドはすごいよ。
人がいっぱいで溢れてるし、みんなハンパじゃない生命力を感じる。
こんな汚いとこで生活してるのかと思うくらい衛生面は悪いけどそれでも平気な感じで過ごしてるし、道ばたで寝てる人もいる。
道を歩くにしても周りはインド人だらけで、歩くスペースがないくらいインド人いっぱいで生命力が溢れきってる。
汚いガンジス川でも余裕で泳いでるし、汚い路上の井戸でお風呂にだって入ってる。
ハエもいっぱい、砂埃もいっぱい。
でも、そんなの関係ない。
生き抜く事は出来る。
アグレッシブに話しかけてくる人々、汚い路上に座って賽銭を求める物乞い。
物乞いの数もハンパじゃない…。
少しでも油断してると商売人に引っ張られて無理矢理店に連れて行かれるし、油断してると引ったくりだってある。
最初に値段交渉を済ませてリキシャに乗っても降りる時に倍以上の値段を払えと訳分からない事まで言ってくる。
みんな、生活する為に、生き抜く為に必死なのだ。
時に人を騙したりしたとしても、そうやって生き抜くすべを覚えている。
確かに日本からの視線で考えるとスゴい事が毎日繰り広げられてるけど…このガンガーのあるバナラシは今まで訪れた場所の中でも最高級に特別な気持ちにさせられる。
やっぱし、ここは聖地だよ。
俺も油断してられない。
今まで以上に騙されない事に必死になったり、生き抜く為に、気持ちが折れない為に必死になってる僕がいるよ。
いつも恐怖心と好奇心が隣り合わせになりながらの旅で時に恐怖心が夢で出てくる事がある。
なんだかんだ、インドは危険な事もあったり人の数多過ぎて道を歩く事すら、かなり気をつけたりで、全てにおいて必死になっちゃうんだよ。
いろいろ必死になればなるほど、このような生命力が溢れ出す人々が集まる、このプージャーという劇場空間を体感すればするほど、僕は溢れる気持ちで今ここに僕がいる事を感じている。
僕は生きている。


DSC07519.jpg


だから、今のこの気持ちのまま、僕は神様にお祈りしに行ったよ。


DSC07521.jpg


そして、僧侶がおでこに塗ってくれた。


DSC07525.jpg


そして、手に巻いてくれた。


DSC07527.jpg

DSC07528.jpg

インドという国は日本人の僕にとってすごく特別な感情にさせられる場所なのかもしれない。
この旅で絶対死にたく無いって強く思う、だからこそ絶対に生き抜いてやる。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。





インド、ホーリー祭り

DSC07445.jpg


すぎちゃんだぜ〜
今日は、ホーリー祭りの日だぜ〜
この日の為に、ミャンマー行きの航空券を捨てたんだぜ〜
早速、すぎちゃんが今回参戦する3人のメンバーを紹介して行くから、みんな見て行ってね♡


DSC07452.jpg


ただいま世界一周生活中の、萌性(MOISEI)って言います。
どうやら、最近、世界一周に興味が無くなったらしく、この先どうなって行くのか不明!!


DSC07451.jpg





DSC07455.jpg


ふみさんの世界一周のふみさん。
最近、すぎちゃんと萌性さんにブログのタイトルを、ふみさんの世界の果てまでイッちゃいます。に変更しろと言われて頑に拒否し続け中。


DSC07454.jpg





DSC07458.jpg


すぎちゃん。
見た目は大人、中身は子供の29歳!!
決め台詞は、月に代わっておしおきよ!!


DSC07457.jpg


いつも、セクシーショットばかりのすぎちゃんだけど、決して、おかまじゃありません!!
3人揃って、ぺろんちょ3兄弟再結成!!


DSC07450.jpg


必殺技は、泣く子も黙る3人揃ってぺろぺ〜ろ〜!!


DSC07459.jpg


ボス!!3人揃ってバナラシのパトロールに行って参ります!!


DSC07461.jpg



で、1時間後…

………。


せんぱ〜〜〜い  涙
やられちゃいました〜〜〜。。。涙


DSC07462.jpg


では、何がこの1時間の間にあったのかゆっくり説明して行こう!!
俺たち、ぺろんちょ3兄弟はインドの平和を守る為に水鉄砲を片手にパトロールに向かったのであった!!


DSCF0225.jpg


もちろん、牛さんたちの平和も守らなければならないし、女性のみんなも守らなければならないから、俺たちの任務は重大なのだ!!


DSCF0224.jpg


そして宿を出る事1分。
いきなり、インド人達に襲撃されて逃げ惑う、ぺろんちょ3兄弟…。


DSCF0226.jpg


もう任務どころではない、彼らの装備は強力なものである。
こっちが水鉄砲なら、やつらはバズーカーかのような重装備なのである。


DSCF0229.jpg


まだ開始3分にして、すでに襲撃されて服を汚されてしまったではないか…。


DSCF0231.jpg


牛さ〜ん、気をつけてくださ〜〜〜い!!
今日はパトロールの任務が多くなりそうだ…。


DSCF0233.jpg


子供たちも決して、外に出てはいけないぞ!!
しっかり、ぺろんちょ3兄弟がインドの平和を守ってくるからね!!


DSCF0236.jpg


そして、新たなインド人発見!!
バトル勃発!!
インド人は集団になると非常に危険な一面を持っていて、イキがってくる。。。
で、空気読まないので度が過ぎる…。


DSCF0239.jpg


その結果…ぺろんちょ3兄弟の象徴でもある、戦闘服はこのように破られてしまった…。


DSCF0243.jpg


く…くそ…。
シャツが破れて力が出ない…。
助けて、サドゥー先輩…。


DSCF0244.jpg


ぺろんちょ3きょうだ〜〜い!!サドゥー先輩が助けに来たよ〜〜!!


DSCF0246.jpg


そして、サドゥー先輩は3兄弟に力を注入してくれました。
サドゥー先輩も今日は気をつけてください!!
お互いの安全を祈願し、またパトロールに行きました。


DSCF0247.jpg


多くの牛サン達はこのように狭い路地で管理されておりました。


DSCF0248.jpg


そして、また集団発見。
集団で襲いかかって来て、1.5ℓのペットボトルに入ったペンキを全部頭にかけてこようとするのでタチが悪い。
集団で、肩にのしかかって来て動けないようにしようとしてきます。
祭りじゃなかったら完全にリンチです…。
なので、本気で蹴りを入れるなり、払いのけないとガチでヤバい訳です…。


DSCF0249.jpg


女性は上に避難。
中には屋上からバケツいっぱいのペンキを下に狙って落としてくるので、もし下にいたら最悪…。


DSCF0251.jpg


そして、ぺろんちょ3兄弟、途中で…撃沈…。


DSCF0252.jpg


まるで、映画アバター状態。


DSCF0255.jpg


ここで、2人はリタイアしたので、もう1度体勢を整えて、ふみさんは1人で果敢に中心地に向かいました。
女性は本気で危険です…。
おっぱい揉まれる覚悟が出来てるなら、いいのかもしれませんが…
このようにインド人達に囲まれております…。
インド人はエロ過ぎるし、性欲がハンパじゃないんでガチでヤバい…。
特に祭り時は、普段禁止されてるお酒を飲んでも良いのでガンガン飲んでる。
で、お酒弱すぎるのでかなり酔ってる…。


DSCF0257.jpg


インド人同士でバトルすればいいのに、外国人ばかりを狙ってくるので、大変…。


DSCF0260.jpg


牛さんと警察官と、サドゥー先輩はほぼ狙われておりませんでした。
牛さんは道路の真ん中で休憩中。


DSCF0261.jpg


また、写真撮れって言われたので撮影。


DSCF0262.jpg


みんなも、シャツ汚れまくり…。


DSCF0265.jpg


女性は狙われてる…。。。


DSCF0266.jpg


なんか集まってたので近づいてみました。


DSCF0269.jpg


そしたら、牛のうんこ、踏んづけたらしくスルッと滑りました…。
どうやら今日の僕はウンがついてるようです。


DSCF0270.jpg


みんなお祭りでワイワイ楽しんでて、日本人の僕はかなりの確率で握手を求められました。
汚れてるほど良いって事なのかな?
なぜか、汚れてる僕を抱きしめてくるインド人も何人かいました。


DSCF0272.jpg


コスプレなんかもしてて、楽しそう。
写真撮影にもスムーズに応じてくれます。


DSCF0273.jpg


終わったら、ガンジス川で体を洗い流しておりました。


DSCF0274.jpg

DSCF0276.jpg


コスプレ男子。


DSCF0277.jpg


帰宅後のシャツ。。。


DSCF0279.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。

危険!!インドのレンガ投げおじさん

DSCF0218.jpg


それにしても、バナラシは本当に汚過ぎです。
間違いなく今まで過ごして来た場所でダントツの汚さを誇っております。
牛のうんこにたかるハエ、砂埃が目に見える中、過ごして行かなければなりません…。
でも、なんだか今まで旅して来た街で1番好きな街という、不思議な現象が起きております。
これくらい、インパクトあるようなカオスっぷりの街の方が僕は逆に好きなのかもしれません。


DSCF0219.jpg


一部のインド人を覗けば、僕はインド人は良い人が多いと思うし、人懐っこい部分もなんだか好きです。
一部の人間の何が嫌なのかってのは、また書こうかなって思うんですが…。

こういう日本ではありえないような汚い場所でも、野菜などを売ってる姿に最初はド肝を抜かれそうになったものです。


DSCF0220.jpg


ワンちゃんも狭い路地なのに至るとこで寝てるので気をつけて歩かないとしっぽ踏んでしまって、逆に噛まれないか心配です…。
特に夜なんかは真っ暗過ぎて、本当に怖い…。


DSC07370.jpg


夜のバナラシもなかなかいいかもしれません。
夜はプージャーっていう、有名な儀式があって、日本にいた頃から見たかったんで楽しみにしてたんですが、この時は行われてませんでした。
毎晩18時半からあるみたいです。


DSC07371.jpg


DSC07372.jpg


ガンジス川は想像以上に汚く無いようにも思えます。
今は乾期という事もあり、水かさも少ないらしく、雨期の時期はヤバいらしいです…。


DSC07374.jpg


歩いてると、知らないおじさんが勝手にマッサージ始めました。
よくある、後から金くれパターンでしょうか…?
放置して、見てたら、マッサージだけして、満足してどこか行ってしまいました…。
お金を要求されず…。
どういう目的だったのかよく分かりません…。
優しい気持ちだったのでしょうか…。
もう、僕はこのあたりからインド人の心を理解しようとする意欲が薄れ始めていました。
というのも、インド人は本気で僕の想像を絶するくらい何を考えてるか読めなくて意味が分からなくなって来てました。


DSC07377.jpg


そうこうしてる矢先に今度は別のインド人が目の前に現れました。


DSC07378.jpg


で、頭よしよしされて、


DSC07379.jpg


何かの呪文を唱えられました。笑


DSC07381.jpg


何か良く分からないけど、偉そうな人なので、お礼に握手しときました。。


DSC07386.jpg


子供達も日本人って事で興味津々で近づいてくる。
で、毎回写真を撮ってくれと言ってくるので撮影。
インド人は、写真大好きですね。
撮った写真はいつもどうり、確認して満足する訳です。


DSC07388.jpg


そんな感じでのんびりしてたら、訳分からんおっさんが叫びまくってます。


DSC07389.jpg


で、積み上げてるレンガを、


DSC07392.jpg


拾って、


DSC07394.jpg


落とす。


DSC07396.jpg


という日本には無い遊びを繰り返してました。


DSC07398.jpg


また拾ってはどっかに投げ飛ばそうとするという若干危険な空気が漂ってたので、僕たちを含めた周りの人たちは、若干距離を保ちつつ、のぞいておりました。
このおじさんも、たぶん葉っぱで覚醒されたっぽいです。
バナラシは葉っぱをしてる人が多く、街中でもよく、インド人に、声をかけられて葉っぱを勧められます。
日常的に手に入るらしく、このように覚醒しちゃう人もいるので危険です。。


DSC07399.jpg


それ以上にすごいのが、こちらの中国人カップル。
周りは危険を察知して、距離を保ってるのに、このカップルは全く気にせず、記念写真を撮ってる訳です。
気付いてないのか空気を読んでないのかは不明ですが、マジで驚きです。


DSC07402.jpg


で、おっさん、またレンガ投げた後、


DSC07403.jpg


レンガ置き場に取りに行って、


DSC07405.jpg


また投げ飛ばしておりました。


DSC07406.jpg


そして、とうとうあのサドゥー先輩に喧嘩を売り始めました…。
ドキドキ…。


DSC07407.jpg


もう収拾不可能で道行く人にガンガン、けんか売ってました。


DSC07411.jpg


怒鳴りまくるおっさん。


DSC07412.jpg


で、サドゥー先輩はそんなの相手にせずどっか行っちゃいました。


DSC07417.jpg


ガンジスを眺めるサドゥー先輩。
良い絵になっております。


DSC07418.jpg


とにかくバナラシにはいろんなコスプレしたサドゥー先輩がいっぱいいます。
こちらの方のコスプレはなかなかイケてるんじゃないでしょうか。


DSC07423.jpg


こちらの方も、なかなか、かっこいいですねって思ったら、先ほど会った先輩にまた会いました。
僕はサドゥー先輩達を尊敬してたんですが、どうやらインド人曰く、彼らはコスプレした単なる偽物だそうです。


DSC07424.jpg


先輩は何かのポスターと一緒に撮影するように言って来たので撮ってあげました。


DSC07425.jpg


で、すぎちゃんは差し入れにコーラをお供えしました。
が、気に入らなかったらしく、7UPが良いと言って来ます。
7UPが無いと言うとマンゴージュースと言って来たのでまた買いに行きました。


DSC07427.jpg


待ってる間、フエでピロピロ吹いて遊ぶ先輩。


DSC07428.jpg


昔の写真とか見せてくれました。
どっかで修行してたみたいです。


DSC07429.jpg


この写真なんかはなかなかイケてました。笑


DSC07430.jpg


で、待望のマンゴージュースを持ってくると、


DSC07433.jpg


先輩持参の7UPとマンゴージュースをまぜまぜし始めました。


DSC07437.jpg


こちらが昔の先輩で、隣が先輩の先輩らしいです。


DSC07438.jpg


先輩とも交流を深めたので、帰ることにしました。
牛さんには、明日はホーリー祭りだから気をつけてねと言っときました。


DSC07440.jpg


おやすみzzz


DSC07443.jpg




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。

サドゥー先輩からの挑戦状

DSCF0180.jpg


ずっと来たかった場所、ガンジス川にやってきました。
ガンジス川は思ったほど、濁ってないようにも思えます。
そんな感じでガンジス川を眺めてたところサドゥー先輩を発見しました。


DSCF0165.jpg


ステージの上でサドゥー先輩が何かしております。


DSCF0166.jpg


先輩がストレッッチを始めました。
何かするのかな??


DSCF0167.jpg


と、思ったら今度は隠れて僕たちを覗き見してます。笑


DSCF0177.jpg


と、思ったら今度は大胆にも柵の上に上がった!!


DSCF0178.jpg


と思ったら、僕たちに話しかけて来ます。
話しかけてくるというより、葉っぱ吸った後のサドゥー先輩なのでキレキレになってて、若干、目がイッテます。笑


DSCF0169.jpg


あ、先輩、おしりふりふりし始めました。
お、どうした?どうした?笑


DSCF0170.jpg


先輩流ストレッチを始めました。
先輩は何をするのでしょうか??笑


DSCF0171.jpg


何かを眺める先輩…。。。


DSCF0172.jpg


からの、天空飛び膝蹴り!!
完璧に決まりました!!
先輩、絶好調みたいです!!


DSCF0173.jpg


ん!?
先輩、急に止まった!!
どうしたんだ!?
次は何が繰り広げられる…ドキドキ。。笑


DSCF0174.jpg


お!?


DSCF0175.jpg


出ました!!
必殺技の単なるジャンプ!!笑


DSCF0176.jpg


と思った矢先…江頭2:50がレフリー無しで、決闘するからかかってこいとご指名がありました。
先輩と決闘出来るなんて夢のまた夢の話なので…


DSCF0181.jpg


決闘する事にしました。
でも、ステージ上がったら、先輩、お家に戻っちゃいました。笑


DSCF0182.jpg


で、なぜか先輩のお家に招待されました。笑
お邪魔になったので、まずは挨拶です。


DSCF0184.jpg


で、先輩流の足の組み方を教わります。


DSCF0189.jpg


で、握手を交わして、


DSCF0190.jpg


話を聞いた後、先輩に、ではそろそろ決闘の方へと言うものの決闘してくれません。
どうやら、葉っぱの効果が切れたみたいで先輩の目はきょとんとしてました。
さきほどのような覚醒された目ではなく冷静になってるので残念です…。


DSCF0193.jpg


面白く無くなったので、先輩にはなくそ、ほじほじしてつける事にしました。


DSCF0192.jpg


めちゃくちゃ逃げようとする先輩。笑
完全に先輩は逃げ腰になっちゃってます。笑
もう、サドゥー先輩なんかじゃないです。笑


DSCF0194.jpg


すると先輩が新しいポーズを披露してくれました。


DSCF0196.jpg


対抗しようとするおじさん。笑


DSCF0204.jpg


先輩に手を合わせます


DSCF0209.jpg


今度は先輩が呪文を唱えてくれました。


DSCF0210.jpg


そして、パワーを頂きます。


DSCF0211.jpg


なんだか観衆が多くなって、その中に女性がいたので服を着させられました。
どうやら、インドでは女性の前では裸になってはいけないようです。


DSCF0213.jpg


やっぱし、先輩キマってます。
いつ見てもやっぱし、先輩は先輩です。
かっこいい!!


DSCF0214.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。

ぺろんちょ3兄弟再結成inバナラシ

DSC07358.jpg


無事に約束をプロミスを破る事無く、きちんとリキシャで目的地のダシャーシュワメード・ロードに到着後、ガンジス川に向かいました。
で、バナラシに滞在中のとある方に電話しておりました。
それにしてもインド人はリキシャで降りるとともに日本人をターゲットにしてるかのようにガンガン話しかけて来て宿はどうするのか聞いて来ます。
それくらいなら、良いものの、電話してる最中もずっと話しかけて来て、全く会話が出来ないのでさすがに、お前は俺が電話してるのが分からんのか?とぶち切れました。
インド人には本気でガツンと言わないと理解しません。
少し丁寧な感じで言ってても、空気を全く読みません。
バナラシのインド人は日本人に慣れてる分、ガンガンくるので、時にウザく感じます。
とは言っても、優しいインド人や陽気なインド人もたくさんいるので、全員が悪い訳ではありません。
ごく1部のインド人が加減など知らずに強引な部分や嫌な事をしてくるのが何だか嫌な気持ちにさせるだけです。


DSC07359.jpg


で、しばらくすると、とある方が遠くからやって来ました。


DSC07360.jpg


あ、やって来た。


DSC07361.jpg


2ヶ月ぶりの再会です。


DSC07362.jpg


ニコニコしております。笑


DSC07363.jpg


到着。笑
彼の名は萌性っていいます。
なんか世界一周生活やってるそうで、カンボジアでお会いした事あるんですが、今回もう1度会えるかなとお手紙出したところ見事に要望に応えてくれました。
嘘です、綿密に計画しての再合流です。


DSC07364.jpg


バナラシの宿はだいたい、こういう路地裏に行かなくちゃ行けないので歩いて、萌性さんの宿に行きます。
翌日がホーリー祭りで宿が埋まる事もあって、宿を確保してもらってた訳です。


DSC07365.jpg


おばあちゃん発見。


DSC07366.jpg


で、お金をせびてっます。
こういう光景が日常茶飯事でインドでは行われてます。


DSC07367.jpg


あ、ぺろんちょ3兄弟再結成のおしり、ふりふりダンスです。
カンボジアの世界遺産プレアビヒア以来のふりふりです。
がっくんがいないのが残念。。。
がっくんはもう世界一周しちゃって帰国しちゃってます。。。

おしりさんも久々の再会に喜んでおりました。
今のところは全くお腹崩してないので、みなさん絶好調みたいです。笑
あ、お下品な話で申し訳ない。
でも、インドではほぼ100%お腹崩すらしいので、僕たちにとってはすごく重要な問題なのです。


DSC07369.jpg


もちろん、ぺろぺろのポーズも忘れてはなりません。
ぺろんちょ3兄弟を知らない方は、ふみさんの世界一周 カンボジア編をご覧下さい。


DSCF0144.jpg


買い物に出かけると、このような粉があちこちで売ってました。
明日のホーリー祭りで使う為の粉です。


DSCF0145.jpg


路上には牛がいるんで普通に道通るのが大変です。
そこらじゅうに、うんこするので、ハエがいっぱいだし、砂埃もいっぱいで、マジで汚いです…。


DSCF0146.jpg


あ、サドゥー先輩発見。


DSCF0147.jpg


道こんな感じで、マジ汚いからね…。
今までで過去最高に汚いです…。


DSCF0148.jpg


すでに犬もホーリー前夜祭でペンキがついてました。
明日はマジで気をつけた方が良いですよ〜〜。


DSCF0149.jpg


明日に備えて水鉄砲もいっぱい売っておられました。


DSCF0150.jpg


牛デカッ!!


DSCF0151.jpg


続いて明日に備えて戦闘服の購入に向かいました。
なかなか値切らないので、乳首いじって安くさせました。


DSCF0152.jpg


すぎちゃも真剣に選んでおります。


DSCF0153.jpg


店員さんがいないので、すぎちゃんが勝手に店番したりと、結構いいかげんなインドを感じた後、


DSCF0157.jpg


こちらの道を通りながら3人で宿に戻ってました。
すると、1人のインド人(定年を超えたであろう年齢くらいの)が僕が買った戦闘服をひったくりました。
すぐに気付いた僕は、じじいを捕まえて、ふざけんなとキレました。
ぶちキレて、じじいを取り囲むぺろんちょ3兄弟。
すると、じじいは何事も無かったかのように、俺たちの機嫌を取り始めました。
一瞬の態度の変わりように、インド人と真剣に接するほどバカらしくなって来ます。
言い方を変えれば、インド人は秩序とか無いし、何でもありって感じの心構えでいないと、受け止めきれないのかもしれません。
まあ1部のインド人ではあるのですが…。


DSCF0158.jpg


すでにホーリー前夜祭を楽しんでる子供達。
服はペンキだらけです。


DSCF0159.jpg


こちらがガンジス川。
僕が来たかった場所でもあります。


DSCF0160.jpg


DSCF0161.jpg


DSCF0162.jpg


物売りの子供。
なかなか人懐っこい。


DSCF0163.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。

インドのクソばばあにビンタされる  鉄道移動編

DSC07288.jpg


ガンジス川のあるバナラシにコルカタから行くには鉄道で移動する必要性があります。
って事で、タクシーで駅に到着。


DSC07290.jpg


それにしても人が多過ぎるし、初めてのインド鉄道移動で若干ドキドキ…。


DSC07293.jpg


構内に入ると回りは人だらけで、やかましいアナウンスがあちこちから響き渡る。


DSC07296.jpg


どけどけと周りをあおったり、手でどかせて前に進もうとする人から、構内で寝てる人、物乞いまでたくさん。
何番のホームに行けば良いか分からないのでインド人に聞いて言われて通りに行き、着いたホームで番号が正しいか確認すると違うと言われ、たらい回しにされてしまう。


DSC07298.jpg


それにしても人が多過ぎる。
特にヤバいのがこいつ。
前に人が、いようといまいと関係無しに前に進むので油断してるとぶつかって来た上にキレる。


DSC07297.jpg


とにかく、いろんな人に聞きまくってたら親切な方がホームの番号と確認方法を教えてくれた。


DSC07300.jpg


この掲示板で確認出来ると。


DSC07299.jpg


僕たちのホームは1番下の8番という事が分かったので待っておく事にした。
時間になり電車に乗ろうとすると、喧嘩や怒鳴り声が響き渡る。


DSC07302.jpg


どうやら1番安い席の自由席を巡ってインド人同士で大喧嘩をやってる。
もちろん順番なんて彼らには関係ない。
我先にと群がるインド人に周りのインド人もあきれている。
警察も警備に入る。
あまりの衝撃に笑いが止まらない僕…。笑
あんな訳分からんインド人がいっぱい座る席にしなくて、良かった…。


で、少し高い3Aの席だったので、のんびりしながら席を見つけるが、知らない人が座っている。
分からないんで、教えて欲しいんですが僕の席はこのあたりだと思うんですが合ってますよね?
と訪ねると、その通りだと言う。
でも、どこが僕の席なのか分からない。
それもそのはず、僕たちの席も含めて勝手に訪ねたインド人が座っているからだ。


ちゃんとしてそうな人に確認すると、勝手に席を取られてる事を教えてくれたので、先ほど訪ねたやつらに猛抗議をしたら、やっとどいてくれた。
それにしてもタチが悪い。
本人に1度、席の確認をしたにもかかわらず、知らないふりをしやがった。


電車は定時に進み始め、席もスペースに余裕があり、快適な時間をすごしていた。
が…
途中で、前に座っていた子供が水こぼして、僕のバックパック濡らしてしまうは、ゲロ吐き始めて若干、テンションが…いや、かなりテンションが下がってしまった。


DSC07304.jpg


150円くらいで食べられる電車の夕飯。

途中で座席をベッドメイクしてこれくれいの大きさのベッドで寝る事になる。


DSC07311.jpg


DSC07313.jpg


電車のトイレは少しいい席だった事もあり、想像よりかはキレイな気もする…。


DSC07315.jpg


朝を迎えるがしっかり睡眠を取れた事もあり、いままでの長距離移動の中でも1番疲労を感じさせないくらい体調も良い。


DSC07317.jpg


途中、何度か電車が停まったりもして外で休んでる人もいた。


DSC07319.jpg


DSC07320.jpg


DSC07322.jpg


写真を撮ってくれたおっちゃん。


DSC07321.jpg


電車の中はこんな感じで夜間はカーテンで仕切られている。


DSC07323.jpg


前の席には厨房もあり、こんな感じ。


DSC07336.jpg


DSC07335.jpg


こちらのおじさん…いや青年もスペースに余裕があり爆睡していたのですごく快適だと呟いておりました。


DSC07333.jpg


DSC07334.jpg


水こぼしちゃって、バックパック濡れたから本当はちょっぴりヘコんでたけど、子供の笑顔がかわいく仲良くなったので遊んでました。
また新たなホームで長時間電車が停まっていたのですぎちゃんは外にストレッチをしに行っておりました。


DSC07337.jpg


変な人がガラス越しから覗いて来ます…笑


DSC07338.jpg


あ、どっか行っちゃった。
そんな感じで、のんびりした時間が過ぎ去って行ってた直後の話でした。
1人のばばあが僕たちの座席に入って来ました。
何か僕に言ってるけど何か分からないし、意味分かんないからスルーしてました。
前の人はなぜか10ルピー(20円)を、ばばあに渡しました。
物乞いかなんかかな〜なんて思ってた矢先…




バシッ!!



は?



クソババアは僕にビンタかましました。


お前、何やってんだよ!?


今まで訳の分からないインドルールに付き合わされて来た、ふみさんでしたが、その時ばかりはガチでキレました。
本気でキレるも、クソばばあは知らんぷりでどっか行っちゃいました。
インド人、マジで意味不明です。
本気で頭に来たんで写真撮ってやりました。


DSC07339.jpg


くそ!!くそ!!
他の人からも集金してるのか。


DSC07340.jpg


このクソばばあ!!
訳の分からないインド人の復讐にビビって、ビンタ仕返す事が出来なかったふみさんでありました。
なので、写真を撮るという幼稚な反撃で威嚇したのでありました。


DSC07341.jpg


後からイタリア人に聞いたけど、お金渡さなかったって言ってたから強制的に支払わなかれば行けないものでも無いらしいが、いまいちよく分からん…。
ばばあは電車出発とともに電車から出て行きました。
たぶん車内に滞在してたのは、電車が停まってた時間のみ。
ますます意味不明。。。


そんな感じで進んでると、とうとう僕はあの神と言われている、いやゴッドで良いでしょう、あの有名なサドウーが寝ているところを発見しました。


DSC07342.jpg


もう感激としか言いようがありません。
僕はサドウー師匠…いや、サドウー先輩に会いたくて仕方なかった訳ですから。


DSC07344.jpg


ようやく当初14時間移動の予定が16時間かかって、バナラシ駅に到着しました。


DSC07345.jpg


で、駅から出ると、いきなりリキシャの人たちから、
どこ行くんだ?
来い!
みたいな事を言われます。
だんだんリキシャの運転手がいっぱいやってきました。


DSC07347.jpg


アラレちゃん、困り気味です。
しまいには、勝手に値下げ合戦が繰り広げ始められました。


DSC07348.jpg


で、リキシャのおっさん同士で喧嘩が始まりました。笑


DSC07349.jpg


その中から1人をチョイスしてメイン道路に行くようお願いしました。
とは、言っても途中もしくは到着後に値段吹っかけてくる可能性があるので、絶対にそんなとぼけた真似はしませんとプロミスさせました。


DSC07350.jpg


プロミスした証拠写真を収めたので、これで、ぼったくられるとかはないはずです。


DSC07351.jpg


リキシャって言ってたけど、なんかバイクっぽいやつでした。
値段は変わらないからいいかって思って重たいバックパックを中に入れて乗って準備オッケーなはずだったんですが、運転手が宿の話を始めました。
なので、予約してあると言ったら、急にやる気無くしたのか、行くのやめたとか言い始めました。
で、ぶち切れる僕たち。
マジで、プロミスしたのに速攻で約束破りました。
さすがインド人です。
ドタキャンどころか、後になってやっぱ辞めた〜とか言い出し始めるくらいなんで、こいつらの常識はもう訳分かんない。
マジでげんこつ、かましたい気分になりました。


その後も他のリキシャを探すものの、なかなか50ルピー(100円)で行ける人が見つからず、周りは、100ルピーだ!80ルピーだ!
と、相場より高い値段を吹っかけてバトルをしてます。
仕方ないので、すぎちゃんと話し合いを重ねた結果、50ルピー(100円)から60ルピー(120円)に上げる事にしました。
で、60ルピーって言った瞬間、リキシャの野郎達が、俺に乗れ!いや、俺のだ!
と、またもや争奪戦を始めました。


さっきまで100ルピーとかとぼけた事言ってたのに…。。。
なんだかインドの物価が余計に訳分からなくさせます…。笑
10円や20円で、インド人とバトるのも何だか疲れてきました…


まあ、先ほどのとぼけた事が起きないように再度、プロミスさせました。


DSC07353.jpg


もう、これで先ほどのようなミスが起きる事は無いでしょう。


DSC07355.jpg


ホーリー祭り前日で街は賑わってるみたい。


DSC07357.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。