スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリップBARで監禁事件

IMG_1417.jpg


ぺろんちょ3兄弟では恒例となっていた、夜のパトロール!!
今までアジア地域の夜の治安を守ってきた、ぺろんちょ3兄弟!!
しかし、おすぎ隊長がいなくなった今、グルジアの治安を守るべく立ち上がるしか無い!!
では、萌氏!!
グルジアの夜のパトロールを始めようではないかい!!


IMG_1418.jpg


早速、怪しげな店発見!!
萌氏、どうしましょうか!?
パトロール強化場所に指定いたしましょうか!?
おすぎ隊長なら、ここでどうする!?
隊長がいるのと、いないとでは、僕たちのパトロールにも差が出て来る訳であります。


IMG_1419.jpg

IMG_1420.jpg


今日は、おすぎ隊長の代わりに特別ゲストを派遣しました!
ゆーじ君!!
カッパドキアでおっぎー君と一緒にいた人ですね!!
おっぎー君のブログ→その時のブログ。


IMG_1421.jpg

IMG_1422.jpg


グルジアの夜の治安は、今のところ問題無し!!
夜のパトロールは問題なく、グルジアの治安を守って行かなければなりません。


IMG_1423.jpg


そして、萌氏、何かを発見!!


IMG_1424.jpg


ス…ス…ストリップBARですって…??
これはぺろんちょ3兄弟の潜入捜査対象エリアに指定されてる場所ですね!!
もし、おすぎ隊長がいるなら、間違いなく潜入捜査を命ずる事でしょう!!
って事で中へ!!
入場料30ラリ(1800円)を支払う事で潜入捜査が許可されます。
中では、ビール1杯12ラリ(720円)。
まずは一杯、注文し、捜査を開始する事にいたしましょう!!


IMG_1427_convert_20130719162508.jpg


お!お!何なんだ、これは!?
お姉さんが、ポールを使ってスピニングバードキックとか竜巻旋風脚とかやってるやんけ!
おもろ!!           ↑↑↑         ↑↑↑
ストリートファイターの必殺技ね。↑↑↑         ↑↑↑
数々の必殺技をポールの上からかましてきます!!
グルジア人すげー!!
どこで、チュンディの必殺技学んだんだよ?
グルジアにもストリートファイター(ゲームの)があるのか!?


IMG_1428.jpg


まあ1時間ほど、必殺技のオンパレードを見せつけられた後でしたかね。
会計しようと思って、チェックをお願いしてみた会計用紙見てビックリ驚き。
3人で3本しかビール頼んでないのに、10本になってる!!


文句言っても通用しない。
まー、そりゃ、そーでしょうね。
何を言われようとも3本分しか払わず、出て行く事に。
が、そこから話は急展開。
店のやつら、ブチ切れ。
一気にダッシュで店の外の扉に向かって3人ともダッシュ!!


ガタイがいいやつらが、行かせないようにしたり追いかけようとする中、少しの隙間をくぐって、脱出。
追いかけてくる、男達。
外は大雨。
スリッパはすべって、脱げてしまう。
すべって、転び頭を打ち、肘を負傷してしまう。
前の方を、ゆーじさんがダッシュで走り抜ける光景を目撃する。
その方向へ向けて自分も駆け抜ける。
なんとか逃げ切れたと思った矢先…


も…萌氏がいない…!!!
捕まった…ヤバい…。
近くのコンビニで急いで、警察を呼んでもらう…。


警察がやってくるが、僕たちが警察に捕らえられて、店の中に連れ戻される事になる。
どうやら店側は、お金払わずに客が逃げたと通報したようだ…。
やばい、ほぼ英語が通じない…。
俺たちは警察に捕まってしまうのか…。


事情を説明するも、全く受け入れてもらえない…。
店側の言い分が尊重されるばかりだ。
僕たちが思うに、この店は警察を呼ぶ事にためらいすら無かった…。
たぶん警察に賄賂を払っているのだろう…。


そして最後に警察に賄賂を要求され払わなければ釈放されない状況を作られてしまった。
周りには10人以上の警察と複数台のパトカーに囲まれていた。
完全にハメられた…。
結局、賄賂を支払い、釈放。
くそ…グルジアの警察はインドやカンボジア同様に腐りきってる…。
僕たちは悔しい思いで大雨の中、帰宅の路につくのであった。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。
スポンサーサイト

M性のM字開脚

DSC01560.jpg


空いてる時間は、おっぎー君や、萌生さんとお話ししたりとのんびり過ごしています。
やっぱり、仲が良い友達がいるのいうのは良いですね。
お互いにブログもやってるので、分からない事とかいろいろ教え合ったり出来るし、いろいろ旅の話をしたり、いろんな話をして話が弾みます。


DSC01561.jpg


若干、ここのホステルはロビーが狭くて過ごしにくかったりもするのですが、1泊600円朝食付きというのは、魅力的です。


DSC01583.jpg


おっぎー君はカメラが好きで画像の編集にはかなりこだわってるようです。


DSC01582.jpg


一方の、萌性さんは毎日ワインをガブガブ。
音楽とかDJが好きで、空いてる時間を利用して、音楽を楽しんでるようです。


DSC01584.jpg


やはり、久々の再会ってのはいいですね。
すぎちゃんもいたらなと考えてしまう毎日でございます。


DSC01586.jpg


ビールは1本1ラリ(60円)。
ますます、太る方向になる一方です。


DSC01587.jpg


さて、みなさん、お待ちかねの時間がやってきましたね。
インド、ネパール編に続き、グルジアでもこちらの企画やっちゃいます。


萌氏のウザい寝顔公開ですね。
早速、M字開脚!!
パンツに穴が開いていて、中心部に穴が開いていたという事で、モザイク加工!!
萌氏からコメントを頂いているので添付したいと思います。

え〜、みなさん股間の当たりに注目を。


DSC08858.jpg


ちなみに、こちらは2ヶ月前のネパール・ポカラの萌氏!!
若干、股の開き具合に若干磨きがかかったか!?


DSC01588.jpg


やっぱり、いつ見てもウザい!!


DSC01589.jpg


翌日からはアゼルバイジャンVISAが取得出来るまでの2日間、首都のトビリシから動く事が出来ないので市内観光です。


DSC01590.jpg


早速、萌氏、写真を撮りまくってます!!
さ〜、どんどんウザさを見せつけてあげましょう。


DSC01591.jpg


いい笑顔が撮れております。


DSC01592.jpg


なんじゃ、こりゃー!!
車の中がスイカだらけだ!!


DSC01593.jpg


トマトも全然、日本のものと違う!!
なんなんだ、これは!!


DSC01594.jpg


そして、ちけしが言ってたソフトクリーム屋さん発見!!
ようやく見つかったか!!
0、8リラ(48円)。


DSC01595.jpg


中では、綺麗なお姉さんがソフトクリームをくりんくりんしてくれます。


DSC01596.jpg


か…かわいい…。
萌氏は、この売れた感じが良いよねと、いやらしく言ってました。


DSC01597.jpg

DSC01598.jpg

DSC01599.jpg

DSC01601.jpg


ケバブ美味しい…。
グルジア最高…。



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

萌性が坊主にするんだってよ!!

DSC01563.jpg


グルジアのメトロ。
めちゃくちゃホームに降りるまでが長い。
そーいえば、ロシアも同じくらい長いみたいですね。
以前、サッカー日本代表でロシアで活躍する本田圭祐選手がロシアでの生活を密着取材されてて初めてロシアのメトロに乗った時にエレベーターが長い事に驚いていました。
実際に見て、僕も驚きです。
そして、めちゃくちゃスピードが速いのでミスったら、こけちゃいそうです。


DSC01564.jpg


今日はアゼルバイジャンVISA申請の為に日本大使館、アゼルバイジャン大使館に出向いて、いろいろ提出する書類を揃えなくてはなりません。
こちらの情報も皆無だったので、おっぎー君に事前に教えてもらっていました。


『教えてもらった情報』
メトロで数駅先の300アラビゲ駅で降りる。
降りたらタクシー拾って5ラリ(300円)で日本大使館に行く。
書類をもらったら、坂を降りる側の131番バスに乗る。0、8ラリ(48円)。
アゼルバイジャン大使館の近くに、トルコ大使館が近くにあるので、トルコ大使館を目指す。
近くにアゼルバイジャン大使館がある。
大使館の前でツーリストが声をかけてくれて、10ラリ(600円)でアプリケーションフォーラムを作ってくれる。
その際、顔写真が必要。
日本大使館でもらう書類と、そこで作る書類、パスポートを提出して終了。
帰りは34番バスで大使館と反対側のバス停から帰れる。
アゼルバイジャン大使館営業日は、月、水、金の10時〜12時。

という情報のみ仕入れて日本大使館へ向かいます。


DSC01565.jpg


まずは、地下鉄降りて、腹ごしらえ。
やはり近くにパン屋があるので必然的にパンになっちゃいます。
ソーセージパンとか1ラリ(60円)で食べれちゃうので、安い!!


DSC01566.jpg


おっさんも、美味しく頂いておりました。
で、タクシー乗って日本大使館を目指すも、みんな英語通じず…。
日本大使館(ヤポネリ コンソレート)で通じると聞いてたけど、全く通じず…。
何台か聞きまくって、ようやく行ける事に…。
が…タクシーの運転手…日本大使館の場所知らずに、途中で人に聞いてる…。笑
と、そんな事もありながら、5リラ(300円)で無事に日本大使館前に到着。


DSC01567.jpg


どうやら、大使館は9時半に開くみたい。
僕たちが着いたのは9時45分。
中で手荷物チェック等をクリアして奥の部屋に案内されます。
で、必要書類に住所や滞在日なっどを書き込んで、20〜30分ほどで資料作成完了。


DSC01568.jpg


このような資料を貰います。
で、向かいのバスで131番バスを待つものの…来ない!!
31番以外のバスが来る気配がありません。
近くに、たまたま英語が出来る人がいて訪ねると、31番バスで行けるとの事。
ついでに、グルジア語も教えてもらいました。


トルコ大使館〜トルコニーカルトレーナ。
アゼルバイジャン大使館〜アゼルバイジャンカルトレーナ。


DSC01570.jpg


31番バスに乗り込むものの、大使館に直接行けない事が判明。
ここでも親切な人が行き方を丁寧に教えてくれます。
61、140、59番バスで行けると。
で、案内されて降りて、違うバスに乗る事に。
でも、どこに大使館あるか分からない…。
その前に11時過ぎていて
閉まってしまう可能性が高い…。
間に合わない可能性が出てきたな…。


次のバスでも隣の人に、アゼルバイジャン大使館はどこで降りたら良いか聞いていると、教えてくれて、大使館があるらしき所で教えてくれました。


DSC01571.jpg


降りたものの、どこなのか全く分からず…。
いろんな人に聞きながら、進んで行きます。


DSC01572.jpg


どうやら、ここの細道を進んで行くらしい…。
そして無事に到着しました。
撮影は禁止なので写真はありませんが、到着するとすでに何人か並んでました。
で、声かけられてツーリストに行き、資料作成をしてもらいます。
この時点で残り20分…。
間に合わない可能性が出てきたので、焦ります…。
そして、もい氏から、とんでもない一言が…。


やっぱし、どーでも良くなってきた。


ちょ…嘘だろ…。笑
どうやら、あまりにも面倒な為、やる気が無くなった様子…。笑
何とか5分前に資料が完成し、ギリギリ大使館に持って行く事が出来ました。
無事に終わり、2人とも一安心。
もい氏のアゼルバイジャンへのモチベーションも復活しました。


DSC01573.jpg


一仕事終わったという事で、今日も公園デートに行く為にお昼ご飯を買いに行きました。
パン屋に。笑
こちらのソフトクリームパンが0、9ラリ(54円)。


DSC01574.jpg


ケーキがこのサイズで2、5ラリ(150円)。
安過ぎですね、グルジアは物価自体安いです。


DSC01575.jpg


では、公園デートの始まりとしましょう。
本日のデート会場はこちらの、噴水と緑に囲まれた公園。


DSC01576.jpg


もい氏。
なんだか噴水ってイイね
もいもい〜。早速パン食べようよ〜
もいもい、どこにいるのかな〜?


DSC01577.jpg


大きな木の下に、もいもいがいる〜


DSC01578.jpg


こっちにおいでって言ってる〜
もいもい〜
今、そっちに向かうからね〜
ちけしは、そんな事してくれなかったのに〜、もいもいったら〜
なんだかキュンキュンしちゃいそうだわ〜


DSC01579.jpg


そして昨日に続き、本日もピザ!!


DSC01580.jpg


ところで、吉崎ふみよ。
ちょいと聞いてくれ。
俺、本気でトマト祭りまでに記念Tシャツ作れなかったら坊主にするから!!


えっ?笑


ただの坊主じゃないよ。
トマト祭りで真っ赤に染まるだけに、俺も桜木花道ヘアーで完全真っ赤にするから!!


ウケる。笑
というより、マジでそれ見てみたい。



その後、祭りが終わったら、刈り上げるから!!


そ…そっか…期待してる。笑


もい氏が、坊主を宣言した時のブログ→こちら。
よかったら、ブログの最後の世界一周を1クリックして頂けると、もいさんのブログのモチベーションに繋がるので嬉しいです。


DSC01581.jpg


こうして、僕たちの公園デートは衝撃発言とともに締めくくったのでありました。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

ティコちゃん 20歳

DSC01503.jpg


グルジアに到着した翌日、早速、市内観光する事にしました。
おっぎー君はVISAの申請などでいろいろ忙しいみたいなので萌性さんと2人でデートする事にしました。
久々だな。
昨晩は襲われずに済んでとりあえず良かった。
毎日、襲われないか心配になりながらすごす日々が続く事になりそうです。


DSC01504.jpg


ところでグルジアってどんな街なんだろうね。
ヨーロッパ?アジア?
いまいち僕には分かりません。
場所的にはトルコの右に位置しております。
グルジア女性はロシア人っぽい子が多く、ヨーロッパと言ったところかな?


DSC01505.jpg


とか考えている間に、早速かわいい子発見。
発見するまでが早い。
というか、モデルのような女の子が街中に。
さて、僕はこの街で何回一目惚れするんでしょうね。


DSC01506.jpg

DSC01507.jpg

DSC01508.jpg


ロシアの下に位置しているので寒いのかなと思ってたけど全く寒くない。
むしろ暑い…。


DSC01509.jpg

DSC01510.jpg

DSC01511.jpg

DSC01512.jpg


歩いているうちにお昼の時間になりました。
ちけし情報では、パン屋さんとソフトクリーム屋さんが多いとの事だったのですが、話通り至る所にパン屋さんがあります。
ソフトクリーム屋さんは全然無いけど。
ピザで2ラリ(120円)と、めちゃくちゃ安い。


DSC01513.jpg


じゃじゃーん。
ボリューム豊富な上に、安くて美味しい。


DSC01514.jpg


今日から毎日繰り広げられるであろう、おじさんとの公園デートの始まり始まりです。
相変わらず、ビール飲んでるけど。


DSC01516.jpg


公園にも、可愛いらしい女の子達が歩いてたりで、おじさん2人でピザを片手に眺めておりました。
か…かわいい。
はい、もいさんも僕も一目惚れ〜〜。


DSC01517.jpg


そんな、いやらしい眼で見て、お前らはけしからん!!
そんな感じで、このおっさんも僕たちをけなすような眼で見てるんでしょうかね。
まー、男なんで仕方ないです。


DSC01519.jpg


おすぎ隊長〜!!
元気してますか〜??
おすぎ隊長がいないので僕たちで、キモいい写真いっぱい撮りますからね〜!!
おすぎ隊長、こんな感じでいかがでしょうか??
まだまだ、おすぎ隊長のセンスには遠く及ばないかもしれません。


DSC01523.jpg

DSC01524.jpg

DSC01525.jpg

DSC01531.jpg


街の至る所の美女美女って感じで全くもって観光してない。
グルジア美人、いっぱい写真載せなくちゃ!!
ビビって写真撮らせてくださいとか言えないけどね…。
ハぁ〜↓


DSC01532.jpg


僕が感じるに、グルジアは中世のヨーロッパのように見えます。
眺めも良く、橋の向こうには昔のお家がたくさんあったり。


DSC01533.jpg


本当に、場所が変わるだけで景色や人種、全てが変わるのでなんだか不思議な感覚になります。
つい数日前までエジプトにいて、女性はスカーフ被ってたし、景色も全く違ってたのに。
飛行機で数時間飛んだだけで、女性はロシア美女がたくさんいるし、建物は綺麗で整えられていて緑豊かな街が広がる。
世界って広いんだな。
アジアだったら、日本にしても韓国にしても中国にしても、そんなに人種に変化は無いけど、この地域はアフリカ、中東、アジア、ヨーロッパが交じってたり、近かったりするから、少し移動するだけで全然異なる景色に変わるんだもんな。


DSC01536.jpg

DSC01537.jpg


しばらくすると、かっこいい橋にやってきました。
すごーい!
とか、言ってた傍らで、一緒に行動しているおじさんは極度の高所恐怖症でビビり上がっておりました…。笑


DSC01540.jpg

DSC01541.jpg


まだまだ、グルジア美人は僕たちの前にやってきます。
か…かわいい。
もい氏、どう思うよ?
か…かわいい。
もい氏はすでに14回、僕は22回ほど1日で一目惚れしたようです。
すぎちゃんが、めちゃくちゃ嫉妬してるに違いないよ、きっと。
今頃、沖縄の海で修行してるのかな…。
帰ったら、報告会を兼ねた漢根会を開かなくちゃ。


DSC01542.jpg

DSC01548.jpg


グルジアには至る所に教会が存在します。
結構いい感じの教会が他にもあるようなので、ここでは通り過ぎるのみにして、違う場所で楽しみにしておきましょう。


DSC01549.jpg


途中で帰り方が分からなくなって歩いていると銀座のような中心街に出てきました。


DSC01551.jpg


めっちゃ、綺麗な街並だー!
ところで、どうやって帰ろうか…。
とりあえず、STATION SQUIERを目指そう。
いろんな人に訪ねるも、全く英語が通じずスルーされてしまいます。


DSC01552.jpg


そんな中、助けてくれたので、こちらの女性。
ティコちゃん(20歳)。
ちょうど、今から同じ場所に進むという事で連れて行ってくれる事とになりました。


DSC01553.jpg


ティコちゃん、あんまし英語話せないけど、すごく優しいのです。
てか、ティコちゃんモデル並みにスタイル良くて美人だ…。


DSC01554.jpg


そして無事に到着する事が出来ました。
ここまで来れば、宿まであと少し。
それにしても本当に美人だな〜。


DSC01555.jpg

DSC01559.jpg


ティコちゃんにカメラを向けるとモデルのようなポーズを取ってくれました。
カメラ慣れしてるんだな〜。
中東、エジプトはほぼ撮影出来なかっただけに、すごく快く受け入れてくれて嬉しいものです。
こうして、もい氏も僕もホテルに戻るのでありました。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

16カ国目 グルジア 漢根会発足のお知らせ

DSC01483.jpg


未知なる地、グルジア。
あまり情報無し。
行く前に、数ヶ月前にグルジアを旅したちけしとダハブで知り合った旅仲間と現在グルジアに滞在中のおっぎー君にもらった情報を頼りに行く事になります。
早速、グルジア語で書かれてて何て書いてるか分からない。
おっぎー君から仕入れた情報はこちら。


『トビリシ空港⇒宿最寄駅までの行き方。』

大きな黄色バス(37番)か小さい黄色バス(200番)に乗って30分くらい、STATION SQUAREって駅で降りて、そこから徒歩10分くらいで宿=HOSTEL GEORGIAだよん。

バス代は0.5か0.8ラリ(30~50円)くらい。とのことですー。


のみ。
無事に到着出来るかは不明ですが、行ってみる事にしましょう。


DSC01484.jpg


トビリシ空港では、ATMでドルをおろす事が出来たので200ドルおろしておきました。
上空から眺めるグルジアは緑が多く田舎な感じに見えました。
フリーのwifiも飛んでいたので、到着した事をおっぎー君に伝えておきました。


DSC01485.jpg


同じ飛行機にグルジアのナショナルチームが同行してたようで取材陣やファンが殺到しておりました。
バスの場所を聞くと目の前との事なので見てみると、目の前にいました。


DSC01487.jpg


こちらが、37番の黄色いバス。


DSC01488.jpg


トビリシ空港。


DSC01489.jpg


大興奮したサポーター達が発煙筒使ってました。
バレーボールのナショナルチームかな?
STATION SQUIER駅を目指す訳ですが、周りの人に聞いても全く英語が通じません。
料金の払い方が分からないでいると、1人の男性が助けてくれました。
細かいお金を持っていなかったら自分のポケットから小銭を出して、払ってくれました。
早速、出だしからグルジアの人に親切にしてもらう事に。


周りが緑に囲まれた道をただただ進んで行きます。
グルジアはロシアの下に位置する為、女性はロシア美女のような美しい女性がちらほらいます。
後ろに座った美女に訪ねたところ、少し英語が出来るようだったので聞いてみると、STATION SQUIER駅は終点との事です。
一安心。
バスに乗って30分ほど経ったものの、全く到着する気配がありません。
大丈夫かな…若干、不安な気持ちもあります。
英語表記がほぼされてなく停車場所が全く分からない状態と言ってよかったからです。


DSC01490.jpg


どこかの大通りを通過して行きました。
もう45分近く経ってるけど本当に大丈夫だろうか…。
グルジア美女はここで降りたので全く分からないけど、終点という事を信じて進んで行く事にします。


DSC01491.jpg


そして大きな駅の前に到着しました。
確認してみると、ここがSTATION SQUEIRとの事。
約50分ちょっとくらいかかったのかな。
なんとか到着出来て良かった訳ですが、ここから宿までの道のりが分かりません。


DSC01492.jpg


駅に日本人のグループがいたので訪ねてみる事にしました。
す…す…すいません〜。
ぬぬ??
って、ネパールで会ったおっさん達やんけ!!


おっぎー君→さすらい さまよい さがしもの
萌性さん →萌性って言います。


おおー、久しぶりー!!
おっぎー君、僕の連絡見て、むかえに来てくれたの??


ん?連絡?う…うん…もちろん。


いや、間違いなく見てないっしょ!
たまたま居合わせたという話じゃん!!


DSC01493.jpg


もいし、昼間っからまたビール飲んでるし。
それにしても2ヶ月ぶりだなー!!
宿どこか分かんないから、連れってって!!


DSC01495.jpg


という事で、今日からもいしとの同棲生活が始まる事になりそうです。
Hostel Georgiaという宿なのですが夕飯付きで10ラリ(600円)。
ワイン飲み放題なので、早速、おっさんはワインばっかり飲んでおりました。


DSC01496.jpg


それにしても顔真っ赤。
テンション上がっちゃってますね〜。
萌性さんはネパールで別れた後、中国、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタンと中央アジアを回っていたそうです。
中央アジアで、いろいろ楽しんでたみたい。笑


DSC01499.jpg


おっぎー君は、同じくネパールで少しだけ会う事が出来ました。
その後、インド、UAE、トルコを回ってグルジアにやってきました。
2人とも2ヶ月ぶりの再会。
それにしても、おっぎー君少し痩せたかな?
3人とも久々に再会出来た事もあり、喜びに包まれておりました。


DSC01500.jpg


それと1つ、みなさんに報告をし忘れておりました。
あの、アジアを駆け巡った、ぺろんちょ3兄弟。
おすぎ隊長の帰国に伴い無期限活動休止となりました。
その、ぺろんちょ3兄弟のOB会として発足したのが、こちらの漢根会!!
こちらのLINEを通じて日々、OB会は毎日のように開催されてる訳です。
あんな事から、こんな事まで。
ぺろんちょ3兄弟は、漢根会という新たな組合を発足し、また活動を再開して行きたいと思います。
ファンレターなんかも、どしどしお待ちしておきたいところです。


DSC01501.jpg


おっぎー君は次に向かう予定のイランに向けて情報収集をしておりました。
グルジアはほとんど行き終えたらしいので情報をいろいろもらおうと思います。
おっぎー君の両親もブログ見てくれてるとの事らしいので現気な姿が見れたらと思います。
おっぎー君のお父さ〜ん、お母さ〜ん!!
元気に旅してますよ〜〜!!


BPONod_CMAExJ-M.jpg


僕的にはですね、彼を新ぺろんちょ3兄弟として迎え入れたい訳ですよ。
ひわいな事しか言わないけど。
新たなグループ名も決めてないので募集しないといけませんかね。
活動内容としては、たまにペロペロしてる写真とか撮ったりとか、いろいろ調教して行く予定ですので暖かく見守って頂けたらと思っております。
お父様、お母様、しばらくお預かりさせて頂きます!!


DSC01502.jpg


そして本日のお部屋がこちら。
2人でこのスペースか…。
襲われないか心配だ…。
もいし、以前、すぎちゃんと抱き合ってたしな…。


DSC08164.jpg




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

ありがとう、でも、さよならは言わない

DSC01476.jpg

DSC01477.jpg

DSC01478.jpg

DSC01479.jpg


僕とちけしが過ごす最後の夜。
僕たちは最後の夕飯を共にしていた。
ヨルダン、イスラエル、パレスチナ、エジプトの4カ国3週間の旅が、いよいよ終わりに近づいていた。


ブログランキングでも近い順位にいたという事もあり、会う前から知っていたし、一時帰国中は毎日ちけしのブログをチェックしていた事もあり、ヨルダンで初めて会った時は初めて会ったという感覚ではなかった。


お互いの事をブログを通じて知っていた事もあり、仲良くなるのに時間はかからず、すぐに打ち解けられる事が出来た。
3週間という期間は短いようで、やっぱり短く感じるけど、様々な絶景や宗教が僕たちの時間、思い出をより濃厚にしたのではないかと思う。


盗難事件による一時帰国からの再出発という事もあり、全ての面においてかなり慎重に神経質になってた部分もあった。
一緒に行動する旅仲間というものは、僕にとっては必要だったのかもしれない。
そんな中でたまたま、同じタイミングでヨルダン入りし、同じホテルだったという事もあって偶然会う事が出来た。
これから先のルートも重なっていたし、4カ国を共に行動出来る旅仲間が出来た事はとても嬉しく充実する日々を送れたと思う。


ちけしがいなければ、また違った旅になっていたと思うし、こんなに楽しめていたかは不明な部分もあると感じ取っている。
だからこそ、感謝の気持ちでいっぱいだし、なかなかこの気持ちを伝える事は難しかったりもする。


エジプト・ダハブで過ごしていた夜。
僕はビールをかなりの量をハイスピードで飲み、完全に出来上がっていた。
そして、ちけしを前に僕は自分自身の思い、気持ち、感謝を熱く語った。
どうしても直接、この気持ちを伝えたかった。


伝えたい気持ちを伝えられずに終わる事は友人関係でも恋愛関係でもたくさんあると思う。
僕自身、世界一周の旅を通じて、いろんな方々に優しくされ感謝の気持ちでいっぱいになったり、すごく優しくされる事の連続だった。
その度に、もっともっと気持ちを前に全ての感謝の気持ちを伝えたくても、伝えきれて無い部分もあったと思ってる。
ただ、ありがとうの一言だけじゃ、本当の僕の感謝の気持ちが伝えきれてるのか不安に感じさせる時もあった。


だからこそ、ウザいくらいに僕は本気で気持ちをちけしにぶつけた。
僕の感情は溢れ、涙眼になった。
ふと、ちけしの瞳をのぞくと、少し涙でウルんでいるようにも見えた。
伝わったかは分からないけど、感謝の気持ちでいっぱいだ。



ありがとう。



でも、さよならは言わない、また8月末にスペインで会おう。


DSC01480.jpg


朝5時、僕は寝ているちけしをあえて起こさず、カイロの空港へ向かった。
お互いに夢や目標、このブログを続ける意味合いを確認出来たのではないかと感じている。
ちけしがブログを一時休止する事、何かあったのかな…。
気づいてないフリしてるけど、何となく気がついていた。


8月末に会った時にお互い事故無く旅を続けられていて、ブログも順調に進めていればお互いにとっていいなと感じている。
お互いに頑張ろう。


ちけしのブログ→大学生ちけしの劇的世界一周ブログ


彼のブログも暖かく見守ってくれると嬉しいところです。
出会いがあれば別れもある旅というものはそんなものだ。
時に感情的になったりもあるが、全てを受け止めなくてはならない。
お互いが次に進む為に、いつまでも一緒にいる事が出来ない事を運命として受け止めて。


僕はカイロ空港に到着した。
次なる目的地グルジアという全く未知なる国へ向かう為。
今までの旅で行った場所とは違い情報量があまりにも乏しく、若干不安要素ありだけど、次に進まなくては。


DSC01481.jpg

DSC01482.jpg



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

添乗員さんとチョメチョメ!?

DSC01453.jpg


夕飯をごちそうになったのは、マハムッド君が住んでるピラミッド通りに逆戻りです。
食事をご馳走になった上に、メトロの交通費なども全部出して頂き、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
これから、マハムッド君のお友達と会う予定です。
マハムッド君の友達も日本語が出来ます。
みんな、日本人観光客相手に日本の旅行会社を通じて、観光案内をする仕事をしています。
実は、このピラミッド通りは風俗の店が多いと聞かされていました。
今はラマダン中でお休みしてるんだけど。


DSC01456.jpg


すると、1人のエジプト人に日本語で声をかけらえます。
お兄さん、ここは歌舞伎町ですよ。
エジプト人、中国人、ロシア人、いっぱいいるけど、どうしますか?と。
え?って思ってると、なんちゃって〜とマハムッド君のお友達が冗談で勧誘してきたというギャグをかましてきました。
てっきり、他人かと思ってた。
という事で、お友達と合流。
マハムッド君からは、彼はエロの塊だからと聞いてたのですが、早速、下ネタからの初対面となったわけで、喫茶店みたいなところに向かいました。


DSC01457.jpg


そーいう事なので会話の9割以上はエロ話になったわけですが。

僕、日本人とチョメチョメした事あるよー。

え?うそー?
そんな出会いあるの?

うん、学校とか仕事でね。

え?なんでなんで?

学校に留学してる人とかいるじゃん。

ふむふむ。

仕事だったら、例えば日本の○○(有名旅行会社)がエジプトでツアーとか訪れるじゃん?
でね、その添乗員さんとか、お客さんと。

え?マジで?そんな事あるんや。

うん、よくあるよー。

マジか〜?何人くらいあるのー?

5人だよ〜。
僕たちはツアー中は添乗員さんと隣の部屋同士になるからね〜。

へー、そうなんだ〜。
海外に行くと女性は心開きすぎちゃうんだね〜。

旅行会社で働いてる友達とかも、日本人好きだからみんなしてるしね。

へー。最近はそういうのが流行ってるんだね〜。

と、いろいろ他にも裏話をいろいろ聞かせてくれました。


DSC01458.jpg

DSC01459.jpg


シーシャやジュースなどもおごってもらい、なんだか嬉しいような申し訳ないような。
イスラム教なので女性は全身スカーフをしてたりするのですが、そんな真面目そうなイスラム女性の中に全身スカーフなのに、まさかの立ちん坊がいるよーと教えてくれた時は衝撃ものだったりもしました。
深夜1時前になり、そろそろ終電逃しそうになったので帰る事にしました。
が、途中で乗り換えしようと思ったら、まさかの終電終了。
途中から、深夜のカイロ市内を歩いて帰る事になりました。


ドキドキ…。
襲われないか心配。
後ろを常に警戒しつつ…。

深夜2時にも関わらず、喫茶店でシーシャを吸ってるエジプト人やボードゲームで楽しむエジプト人を横目に早足で進んで行きます。
やべ…おしっこ行きたいわ。
我慢、我慢。

1度通った事がある道だったので土地勘はありました。
早歩きで、駆け抜け、途中でおしっこ我慢出来なくなりながらも、なんとか宿に戻る事が出来ました。
ちけしとかも心配してただろうな、やべっ。
部屋に戻ると、すでに寝ていました。
よかった…。


DSC01461.jpg


翌日も同じように、漬け物屋さんに向かう事に。
エジプト来て観光せず、漬け物屋さんに来ちゃってます。


DSC01462.jpg

DSC01463.jpg

DSC01464.jpg


みなさんが仕事をしてる姿を横目に新聞をマハムッド君の解説付きで読んでました。
その他にも、ピラミッドを作った理由や作成過程の説明など(前のブログに記載済み)。
新聞で見ていると、デモはすごい事になってたんだ…。
でも広場でのデモは危険ではなかったようです。
カイロ空港の近辺で行われたデモは軍隊と衝突があったようで、そちらでは死者も出たようです。
カイロ市内から空港までは車で40分ほどの距離にあるので市内中心部とは無関係。
今回のデモはイスラム教徒によるもので、前大統領の方針に対する不満などの爆発が原因のようで最終的には軍隊により前大統領は拘束されたんだそうです。


DSC01465.jpg


外で人が集まってガヤガヤ言ってたので覗いてみました。


DSC01466.jpg


どうやら食事を配ってます。
エジプトではお金のある人が無い人に恵んであげる文化があります。
こちらの家の主人が周りに本日、配給する事を伝えていたようで、その時間になり人々が集まってきたようです。


DSC01468.jpg

DSC01470.jpg


人だかりが落ち着き、案内されたので僕も中に入ってみると、中では、お米とスープが振る舞われていました。


DSC01471.jpg


頂いていいとの事で1つ頂き、漬け物工場に戻って食べる事にしました。
漬け物サービス付き。
で漬け物スープ(めちゃくちゃ酸っぱい)を本日も飲ませようとしてくるので、なんとか逃れつつ、食べてみると鶏肉のダシがとても効いていてスープがすごく美味しい。
ちなみに、イスラム教徒は豚と牛は食べてはいけません。


DSC01472.jpg


工場の前では販売してるので、いろんなお客さんがやってきます。
1人の子供が僕に興味を持ったようで話しかけてきました。
が、何を言ってるか分からないので訳してもらうと、どうしてアラビア語を話す事が出来ないのかと言ってるようです。
彼にとっては初めて見た外国人が僕だったようで、全世界の人々はアラビア語で話すと思い込んでるようです。
なるほど、英語という存在自体を知らないという事かー。
これから、いろいろ学んでいくんだろうね。


DSC01473.jpg


車には他の場所に持っていく用に漬け物がいっぱい詰め込まれていました。
余っても、いろんなレストランがまとめて買いにやってくるので、余る事が無いみたいです。


DSC01474.jpg


本日も夕飯をご馳走になりました。
目の前には、漬け物会社の社長さん。
マハムッド君のお父さん。
見ず知らずの外国人を迎えてくれ、ご馳走してくれ嬉しいばかりです。
観光地以外の場所でのエジプト人と触れ合ったり、その国の暮らしを実際に見て学ぶ事は僕にとっては貴重な体験であり求めていたものでもあります。
こういう体験をさせてもらえた事に感謝の気持ちでいっぱいです。
昨日と同様に、夜はマハムッド君の家の近所に行き、お友達とお話しして帰る事にしました。


DSC01475.jpg


え?デモやってる?こっち近づいてきてるし…。



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

知らないエジプト人についていくin漬物屋さん

DSC01401.jpg


ピラミッドを後にし、メトロで宿に戻る事にしました。
駅が分からないでいると、日本語が堪能なエジプト人に声をかけられました。
とても親切ですごく感じが良い様子。
この後、どこに行くのか聞いてみると、漬け物屋さんに行くとの事です。
エジプトの漬け物ってどんなんなんだろう…気になる。


DSC01402.jpg


僕たちが珍しいのか、みんなこちらをチラチラ見たり、声をかけてきてくれます。
特に子供は興味津々。
それにしてもメトロ暑い…。
クーラー効いてないし、汗ビショビショな訳です。
ちけしはどうやら疲れているようなので、僕はエジプト人と2人で彼のお父さんが経営している漬け物工場に行く事にしました。


DSC01405.jpg


メトロを乗り継ぐ事、数回。
ドキドキ…もし悪い人だったら、身ぐるみはがされるかな…。
でも、話してる感じでは、全く悪い風には見えない。
僕の直感を信じてついて行ってみる事にしよう。
もしもの時は、玩具銀行で…。
最悪に備えて、いろいろ想定はしつつも、直感を信じた結果は僕の直感は正解。


本当にエジプトの漬け物工場にやってきました。
どんな物をつけているのだろう。


DSC01406.jpg


案内してもらうと、早速作業をしているところを見せてくれる事になりました。
このような青のケースにつけていて、中の漬け物を取り出していました。


DSC01407.jpg


こんな感じでね。


DSC01408.jpg


エジプト人は、すごく気さく。
仕事中だけど関係無く、写真撮ってくれって言ってくるし、冗談言ったりしてました。


DSC01409.jpg

DSC01410.jpg


こちらが電車の中で声をかけてくれたマハムッド君(22歳)
どうして日本語が出来るかというと、日本人観光客相手に観光ガイドをしているからです。
今は学校と両立しながら仕事もしているそうです。
でも今は夏休みとデモで仕事が無いらしく、ゆっくりしてるんだそうです。
親の会社は継ぐつもりは無いとの事です。
今の仕事がやりたい仕事だからだそうで。


DSC01411.jpg


どうやら話を聞いてみると漬け物工場を5つ持っているようで、エジプトでも有名なんだとか。
漬け物はこのようなケースに入れられていて10ポンド(160円)。


DSC01412.jpg

DSC01413.jpg


試食するんだと言われ食べてると、別の従業員が今はラマダン中なのになんで食べてるんだ!?と冗談で怒ってきたりとエジプト人は冗談が大好き。


DSC01414.jpg

DSC01415.jpg


いたずらも大好きです。
漬け物の汁で美味しいぞって事で飲んでみると…
おえ。。。
めちゃくちゃ、酸っぱ過ぎて飲めたもんじゃない。
その反応を見て喜ぶ従業員達。


DSC01416.jpg

DSC01417.jpg


1日に何パックも製造していきます。
さっきまでピラミッド観光してたのに、エジプト来て、漬け物工場観光するなんて想像していませんでした。
でも観光地ばかりの観光も良いけど、こうして人々が生活しているエリアに入って日々の生活や仕事風景を覗けるというのは本当に貴重な経験です。
もっと、エジプト人の生活風景を見てみたい。
どのような暮らしや日々を送ってるんだろうか。


DSC01418.jpg

DSC01419.jpg

DSC01421.jpg


続いて、次の工場に連れて行ってくれる事になりました。
こちらでもウェルカムに迎えてくれます。
みんな、とても親切で漬け物食べてみなよと言ってくれたり中まで案内してくれたりと親切にしていただくばかり。
エジプト人ウザいって聞くけど、本当にそうかな…。
僕が今感じてるエジプト人は全然ウザいと感じないし、みんな優しく人懐っこい。
もっともっと、みんなと交流してエジプト人を知っていきたい。


DSC01422.jpg


こちらでも、たくさんの漬け物が作られていました。


DSC01423.jpg


裏で漬け物はタッパに仕舞われて、表では売り場になっています。
それにしてもエジプト人はみんな漬け物が大好きみたい。
全く客足が途切れません。
こんなに、漬け物がエジプト人に愛されてるなんて初めて知った。
日本の柴漬けもぜひ食べてもらいたい。


DSC01425.jpg


若い人から年寄りまで年齢層も様々です。
小さい子供は興味津々だし、カメラにも興味を持ってます。
目が純粋だな〜。
ぺろんちょ3兄弟の目はみんな腐りきってるけど。


DSC01426.jpg


僕は会計係ですね。
隣はマハメッド君のお兄さん。
お兄さんはこの店を任せられています。
3人兄弟で上の2人のお兄さんはそれぞれ工場を任せられているみたい。
なかなか大きな会社なんだな、すごい。


DSC01428.jpg

DSC01429.jpg

DSC01431.jpg


観光客がほぼ来ないエリアだけに外国人の僕はすごく珍しいみたい。
おじいちゃんに呼ばれて握手を求められたり、子供達から絡んできたり、なんだか人気者になってました。


DSC01432.jpg


こちらは砂漠でしかとれない果物らしい。
食べてみるものの、初めて食べる味でした。
例えても何の果物に似ているか分からない…。
ただ…甘い…。


DSC01433.jpg

DSC01435.jpg

DSC01436.jpg


今度は友達のトゥクトゥクに乗って、ドライブに連れて行ってくれました。


DSC01437.jpg


サトウキビジュースが売られてました。
そういえば、沖縄にもサトウキビジュースあるのかな。
でも飲んだ事が無かったのですが、たくさん買ってくれました。


DSC01439.jpg


ドライブを終え、戻ってくると夕ご飯が並べられていました。
今日はここで食べて行ってねと。
見ず知らずの外国人を迎え入れてくれたごちそうにもなり、すごく嬉しく感じます。


DSC01440.jpg


野菜や魚など贅沢に並べられています。


DSC01441.jpg


こちらの魚はナイル川でしか取れない魚らしい。
骨に苦戦してると、なんとむしってくれました。
何だか申し訳ないような…でも、みなさんの優しさに触れられてすごく嬉しい気持ちでもあります。


DSC01442.jpg


本当に美味しい…。
でも、これ以上食べたら本気で太っちゃうわ…。
ダハブで贅沢しすぎたのに…カイロに来ても贅沢続き…。
こりゃ、絶対太るわ。
毎日、コーラ飲んでるから通風ならないか心配だな…。


DSC01443.jpg


働いたみんなで食事を共にして、毎日を過ごす。
すごく大事な事だし、コミュニケーションはチームワークなどにおいても重要ですね。
みんな楽しそうで、いいな〜とすごく思いました。


DSC01444.jpg


子猫ちゃんにもお魚を分け与えます。
見ず知らずの人がいつの間にか、食事の輪に入り、食事をしていました。
最初、え??って思ったのですがエジプトでは普通の光景なのです。
お金がある人が無い人に分け与えるという事が。


ドライブをしていた時も配給のようなものが行われているところを発見しました。
今はラマダン中なので昼間の時間は水すら飲みません。
そういう光景を目の前で見れた事も貴重な体験なのかも知れません。


DSC01445.jpg

DSC01451.jpg


初めてのサトウキビジュースを味わい、初めてのシーシャも経験させてもらいました。
長時間吸える水タバコと言ったところですね。
地元の人なら1ポンド(14円)なんだそうです。


DSC01452.jpg


夜も更けてきた訳でありますが、この後、マハムッド君が友達に会いに行くとの事でついて行く事にしました。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

世界遺産ピラミッド

DSC01342.jpg


とうとう、あのピラミッドが目の前に見えてきました。
興奮気味の僕たち。
ピラミッドは客引きなどのウザいエジプト人が多いとの事で、警戒モードを一気にMAXにする。
すると早速、道ばたで、ここで入場券を買わないと中に入る事が出来ないとしつこく僕たちに迫ってくるエジプト人。


いや〜、そんなはずがない。
絶対、チケット売り場があるはずだし、騙そうとしてるに違いないよ〜って事でスルーして進む。


DSC01343.jpg


今度は、こっちがチケット売り場だと案内しようとする人達。
絶対に何か裏があるなと警戒してたら予想通り。
馬乗り場みたいなところに連れて行こうとしてきます。
どっか、行ってくれと言っても、とにかくしつこい。


DSC01344.jpg


ピラミッドのチケット売り場に到着しました。
大人、80ポンド(1120円)、学生、40ポンド(560円)。
ピラミッドも少し値上がりしているようです。
60ポンド(840円)から80ポンド(1120円)に。
その後、手荷物チェックをして中に入る事が出来ます。


DSC01345.jpg


ラクダさんもセクシーなポーズで僕たちのピラミッド入りを歓迎してくれてるようです。
それにしても商売系のエジプト人…結構しつこい。
勝手にお土産を渡してタダだと言ってきます。
もちろんタダじゃないのは知ってるけど。
で、数秒後に1ドルだと言ってきます。


いらないから、返そうとしても受け取ろうとしない。
仕方ないので、地面にお土産置いてスルーしていきます。
暑いのに、こういう1つ1つの絡みが面倒くさい。


DSC01347.jpg


ピラミッドすごいと感動に浸る間もなく次から次へとエジプト人が物を売りつけようとしてきたり、ラクダに乗せようとしてきます。


DSC01348.jpg


1つ1つの大きな石が積み重なっているんだもんな。
本当に昔の人はすごいよ。
しかも、あんなに高い位置まで。


DSC01349.jpg


あー、しつこい。
何度もついて来ないでほしい、ゆっくり観光させてほしいとお願いしてもラクダに乗るまでずっとついてくるし、知ってる日本語を使って何度も話しかけて来る訳です。
若干、イライラ。
後から、乗るから本当に今はついて来ないでほしい。
ついてきたら、乗らないから!!
2人でゆっくり観光させてくれ!!
何度も説得してようやく、後から乗るという事でどこかに行ってもらいました。
絶対、乗らん!!


DSC01351.jpg


デモの影響で余計に観光客減ってる。
実際には、ほとんど観光客がいない為、僕たちは完全なターゲットにされてる訳です。
この客引きがいなかったら、僕たちがピラミッドを2人だけで観光してるという風に思わせられるくらい。
それにしても、ピラミッド想像を裏切らないデカさ。
僕が思い出すピラミッドといえば、小学生の時にしていたファミコンのスーパーマリオ3ではないだろうか。
ピラミッドのステージとかありましたよね。
知っている人は知っているけど、たぶん知らない人の方が多い。


でも気にせず、話を続けると、あのステージは太陽が追いかけてきたり、北風がビュンビュン吹いてきたり難しかったもんな〜。
いやー、懐かしいスーパーマリオ3。
カエルのマリオとかタヌキのマリオに変身出来るシリーズね。
お地蔵さんマリオとか。


DSC01352.jpg


よーく見てみると、てっぺんは石が積み重なってないのか。
てか、本当に大き過ぎる。
昔の人達はあんなに高く積み重なって本当にスゴ過ぎる…。


DSC01354.jpg


とうとうアフリカ大陸のメインイベント・ピラミッドに僕は足を踏み入れてるんだ。
信じられない、感無量だ。
小さい頃、こんな想像が出来ただろうか。
ピラミッドって言ったら小さい子供でも知ってる有名な場所だもんな。
やっぱ…すごいわ…。


DSC01355.jpg


近づいてみると分かるように、1つ1つの大きな石がうまく並べられていて、それぞれの石の大きさも全て違うし、うまく積み重なってる。
あっぱれ!!


DSC01356.jpg


1つ1つの高さも決して低くはない。
実際に立ってみると全然、僕の慎重を上回ります。
2メートルくらいはあるんじゃないでしょうか。


DSC01358.jpg


ここに来た記念にピラミッドに座って写真を撮らなくちゃ。
お〜、今、僕はピラミッドに座ってる。
感激。
と思ってた矢先でした。


『注意書き』
コメント欄にてピラミッドの上に登っては行けないとの指摘を受けました。
僕自身の情報不足で座ってしまってますが、登っては行けないルールに変わったとの事なので、今後よろしくお願いします。


DSC01360.jpg


おいおいおいーーー!!

ん?またウザいエジプト人か?

今ピラミッドの上に登っただろう!?

ん?だから何だ?

チップだ、チップだ、1ドル!!

は!?てか、お前誰やねん?何でチップ渡さないかんのか意味分からんし。
従業員でも何でもないやつに。

どっ、どーーーーーん!!行かせん棒!!


なぜかピラミッドに登ったらガキがチップを請求してきた上に、払わなかったら通せんぼうしてきました。
とりあえず、無視して進もうとする僕たち。
でも、めちゃくちゃしつこい。
何度も道を塞ぐ上に、お金を徹底的に要求してくる。
イライライライラ…。
こいつ、マジでウザいわ。


全く引き下がる気配を見せなかったので、5千円渡してどっか行ってもらう事にしました。
もちろん玩具銀行のだけど。
あ〜あ、また1枚減ってしまった…。
こんなにウザい奴ら相手にしてたらマジでキリがないわ。


DSC01361.jpg


その後も、違うウザいラクダ乗りが、ずっと、しつこくついて来るので全くゆっくり観光出来ず。
玩具銀行にお願いするしかありませんでした。

それにしてもスフィンクスってどこにあるんだ!?
そんな事をちけしに言ってると。
ちけしは、え?それガチで言ってるんですか?
そーだよと答えると、笑われる始末。
え?って思ってると、目の前に普通にスフィンクスいました。
右手前に。


DSC01362.jpg


ピラミッドは1つでは無く、いくつも存在します。
タージマハルのように長期間を費やして作ったんだろうな。
タージマハルは王様の命令により強制的に作られたのですが、ピラミッドは違います。
農民が農業のシーズンを終えた時期に、新たな仕事としてピラミッドを造る行程を手伝っていたそうです。
大きく積み上げられた石は、南部エジプトからナイル川を通じて運ばれてきました。


そこから、木に油を塗り、その木を通じて大きな石を運んでたそうです。
でもピラミッドはナイル川から距離があります。
数kmに渡って人々は大きな石を運んだ事になります。
なぜ川の近くにしなかったかというと川の近くだと地面がゆるく、ピラミッドが壊れてしまう可能性があるからだそうです。
たくさんの石に、そしてこの距離を運んだと想像してだけでも驚きです。


ピラミッドの中には王様の墓場があります。
どうしてピラミッドを作ったかというと、エジプトでは死ぬと魂が抜けるという考えがあります。
王様はその魂を留め、またいつか復活したいとの思いからピラミッドを作ったと言われているそうです。
この後、知り合うエジプト人に教えてもらう事になるんだけど、その話は次のブログにて。


DSC01371.jpg


記念にピョンピョン飛び跳ねておきました。


DSC01376.jpg


すると1人のエジプト人が親切に写真を撮ってくれました。
大丈夫かな…お金最後に請求されないかな…。


DSC01379.jpg


でも、本当にすごく親切な人で、すごく上手に写真撮ってくれました。
ピラミッドのてっぺん、つまんだ写真とかね。
ちけしのカメラで撮影してるからデータはちかけしが持ってるはずだけど。
って事で、ちけし君、データ送っておいてね。笑
危ない人多いから気をつけて〜とアドバイスくれたりで、すごく嬉しい気持ちにさせられた訳です。


DSC01380.jpg

DSC01381.jpg

DSC01382.jpg

DSC01383.jpg


さてと、スフィンクスの方に向かって行きましょう。


DSC01387.jpg


僕たちは、エジプト人に狙われまくりです。
至る所で、このように商売を持ちかけられまくりです。
いつまで、経っても諦めない。
確かにピラミッドのエジプト人はインド人並みにウザい。


DSC01388.jpg


…。


DSC01392.jpg

DSC01393.jpg


完全に疲れきってるちけし君。


DSC01394.jpg


それにしても暑いな…。
なんとか記念にスフィンクスと記念撮影しときました。
よくスフィンクスとキスする写真撮ってる人見るけど、あえて撮らずに、次に向かうのでありました。


DSC01398.jpg

DSC01400.jpg


最後にケンタッキーへ。
ここからピラミッドを眺めながらお昼ご飯を食べるのでありました。
これにて、ピラミッド観光終了。
あー、疲れた。



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

エジプトデモ現場…

DSC01310.jpg


う…う…うそだろ…。
流血しながら足をひきづってる人と、肩を抱えて補助する人が目の前を過ぎて行った。
や…やばい…。
デモが行われている周りを見守る群衆。
銃声音…。


DSC01311.jpg


タハリール広場(カイロの中心広場でもありデモ会場)までは距離があるはずだ…。
周辺もヤバいのか…
多くの人が集まる中、罵声や物を壊す音が飛び交う…。
ドキドキ…。
もっと近づいて、この目で確認したい気持ちと、恐怖心が入り交じる。


DSC01312.jpg


デモ周辺は群衆によって交通渋滞が起きる。


DSC01313.jpg


近くで見てみたい…。
ドキドキ…。
自分の警戒オーラをMAXにして、少しずつ近づいて行く…。


DSC01315.jpg


だが、周りのエジプト人にこれ以上行くと撃たれるから辞めておいた方がいい…。
地面を見てみるんだと言われ、下を向く。
嘘だろ…。
地面には誰かが負傷して飛び散った流血跡が飛び散っていた。
なんて言う事だ…。
夢なんかじゃない…ガチであかんパターンだ…。


DSC01316.jpg


これ以上、進む事は出来なかった。
遠くから見る事で精一杯。
これ以上近づくと、危険だと判断し、立ち止まる事にした。


DSC01317.jpg


広場でのデモはもっとヒドイらしいけど、この場所でのデモではスーパーマーケット等が無差別に破壊されているみたいだ。
近くで見る事が出来ないから、それぐらいの情報しか見てとれない。


とは言ってもエジプトの全てが危険という訳ではありません。
一部の広場などのエリアは危険かもしれませんが、その場所以外はどこも安全だと感じてます。
ドキドキしながら部屋に戻り、翌日観光予定のピラミッドの情報収集をする事にしました。


DSC01320.jpg


翌日、前日仕入れた情報を元にバス乗り場に歩いて向かいます。
早速、話しかけてくるエジプト人。
エジプト人もインド人同様に人懐っこい。
でも親切な方が多く、インドみたいにしつこくない。


そんな風に感じてたものの、話して仲良くなって行くうちに、今日はバスは安息日(金曜日)だから休みだ。
ピラミッドに行くには30ポンド(420円)かかると嘘をついてきました。
実際には2ポンド(28円)くらい。
って事でムカついたのでスルーする事に。


DSC01322.jpg

DSC01323.jpg

DSC01325.jpg


どこか分からないけど、エジプト人は親切な人が多い。
みんな詳しく教えてくれたり、アラビア文字でピラミッドと書いてくれて、これを見せたらいいよと教えてくれます。
よく旅人がエジプト人はインド人並みにウザいって言うけど、実際に接してみるとそうでも無いように思えます。


DSC01327.jpg

DSC01329.jpg


いろんな人に聞いたりして何とかバスに乗る事が出来ました。
途中で何回も写真撮影求められたけど。
エジプト人はカメラが好きみたい。


DSC01330.jpg


こちらのお連れの方ですが、本日は眼鏡仕様になってます。
珍しいね〜って言うと、僕は観光地に行く時は必ず眼鏡かけますからとか言っておりました。
ペトラで、眼鏡かけてたっけな?ま、いっか。


DSC01331.jpg


道路を通っていると戦車等も出動していました。
こわっ。
タハリール広場周辺は市街地にデモが流れ出ないように、軍隊が周りを包囲してるのだそうです。
ここはタハリール広場じゃなかったけど。
離れてる場所でも、戦車が出動してるみたい。
間違って発砲しないか心配になります。


DSC01332.jpg

DSC01333.jpg


進んで行くと、さらにたくさんの戦車達が並んでいました。
ドキドキ…。


DSC01334.jpg

DSC01335.jpg

DSC01339.jpg


うまく撮影する事は出来ない…。
撮影する事自体、喧嘩をうっているようなもの。
気づかれないように、こっそり撮る事しか出来ませんでした。


DSC01340.jpg


そして、いよいよ…ピラミッドが目の前に!!




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

エジプト・カイロのデモの影響なし?

DSC01238.jpg


廃墟のような場所にひっそり構える宿は中も想像を絶するほどの廃墟のような宿だったので、違う階のベニス細川家という日本人宿に宿泊する事にしました。
廃墟みたいな宿なら20ポンド(280円)だけど、2倍の40ポンド(560円)ほどで宿泊。
ダハブに比べると、若干、カイロは首都だけあって少しだけ物価が上がっています。
ヨルダン、イスラエル、エジプトと日本人宿に主に宿泊していた事もあり、見た事ある人や再会をしたりという、今までの旅ではなかなかなかった事が起きています。
ヨルダン→イスラエル→エジプトとこの3カ国はルートが重なる人が多いです。


DSC01240.jpg


宿に荷物を置き、少し休んでから、シタデルという城塞を見に行きました。
カイロでは有名な観光地なんだそうです。
でも、デモの影響でほとんど観光客がいなくなってるのが今のエジプトの現状なんだそうです。


DSC01241.jpg


エジプトって砂漠とピラミッドというイメージを多くの人が持ってるかもしれませんが、決してそうではなく、城から市内を覗くと、このようにしっかり建物や道路があります。
イスラム教徒が多いため、モスクが所々に存在します。
街を歩けば、スカーフを覆う女性も、ヨルダン、イスラエル同様にいます。
今回のデモはイスラム教徒によるもの。


DSC01246.jpg


市内を少し移動してたものの、全くデモなんてやってるところに遭遇しません。
むしろ、日本のメディアは大きく報道しすぎてるのではないかと感じてしまいます。
まるで、エジプトに行くとデモに巻き込まれて死んでしまうみたいな。
海外=危険すぎる=死ぬ。というイメージがあまりにもマスコミ等により、海外に出た事のない日本人の方々の心に植え付けられてるように感じます。
むしろ、一時帰国で日本にいた時の方が毎日、殺人事件が1日に1件は報道されてたし、報道されてない事も含めると、日本も海外同様なのではと感じてます。
今まで旅してきた国を思い返した時に。
スペインを除いて。


DSC01248.jpg


それにしても、とても暑い。
こんな暑さの中、水分取らないと本当に体調崩しちゃいそうです。
でも、ラマダンが始まります。
ラマダンはイスラム教徒にとってはお祭りのようなもの。
でも、この時期に断食をするので、本当にすごいなと思います。
ラマダンを目の前で見れる経験はなかなか無いので貴重な体験になりそうです。


DSC01251.jpg


話は戻りまして、シタデルという所に来た訳ですが、入場料60ポンド(840円)と聞いて目ん玉飛び出しちゃいそうになっちゃいました。
ガイドブックには40ポンドと書いてたのに、至る所で入場料の値上がりが行われています。
エジプトに関わらず、バンコクのワットプラケオとか2年前に比べて200バーツ(600円)も値上がりしてたからね。
寺入るのに、500バーツ(1500円)ってふざけ過ぎだろと突っ込みたくなります。
タージマハルも値上がりしてたしね。
さらに円安で余計にダメージってとこです。
どんどんドルが安くなれば良いのに。


DSC01254.jpg


モスクの中に入ってみました。
イスラム教徒の女の子達が写真を撮ってました。
ipadで。
少し驚きの光景でもあります。
なぜなら、イスラムの女性はあまり写真を好まないと聞いてたからです。
でも記念撮影してる。
時代が進むとともに少しずつ宗教に対して考え方が寛容になってり薄れてるみたいですね。
最近の子達は。


DSC01255.jpg


本当のイスラム教徒の信者。
ユダヤ教で言う絶対的な信者というか信仰心が強い方は超正統派のようなスーツを常に着てる訳ですが、イスラムの女性のスーパー信者は目以外を全て黒のスカーフで覆っています。
でも、最近の女の子は頭だけスカーフ巻いています。
カラフルに。


DSC01256.jpg


こちらのモスクはムハンマド・アリ・モスクと呼ばれるものです。
1824年にムハンマド・アリによって建設がスタートしオマーン様式の天井モスクなんだそうです。
でも、オマーン行った事ないし、ムハンマド・アリがだれか分からない…。
気にせず、行きましょう。
シャンデリアがとても大きく美しい。
いくらしたのかが気になるところです。


DSC01261.jpg

DSC01271.jpg


今旅してるエジプトの国旗は黒、白、赤のこの色です。
僕はいろんな国の国旗を撮影する事にハマってるので、エジプトの国旗を今回もコレクション。


DSC01273.jpg

DSC01274.jpg

DSC01275.jpg

DSC01277.jpg

DSC01285.jpg

DSC01286.jpg

DSC01287.jpg

DSC01288.jpg

DSC01295.jpg

DSC01293.jpg


この城壁はとても広くて全部観光してたら1〜2時間くらいかかるかなと思ってたんですけどね。
デモの影響でほとんどのエリアが封鎖されて、見れたのはわずかなエリアのみ。
マジか…。
デモの影響はやっぱり酷かったのか…。


DSC01297.jpg


暑いし、疲れたので、タクシーで帰る事にしました。
宿の最寄り駅の地下鉄駅までお願いしたのに、全く別のメトロ駅で降ろして、ここからメトロ乗って行けるとか言われて、結局そこで降ろされて地下鉄で帰るという面倒臭い事があったけど…。
お金も目的地に全然着いてないのに、最初に値段交渉した値段を請求されたりね。
城塞から一番近い地下鉄駅に連れてきただけやん!!って突っ込みそうになりましたけど。
まー、それは解決したのでいいとしましてと。


宿の近くにある100パーセントオレンジジュース。
このように絞ってくれます。
でもね…やっぱしここはエジプト…いろいろインドに似てるところに気づきました…。
コップとか前が使った人のコップをサラッと水で流してまた使ってましたからね。
マジかよ…と一瞬思っちゃいましたね。


インドの時は、もっと汚かったのでまだいいんですけど。
でもジュースは100パーセントオレンジジュースなので美味しい。
どうして果実って砂糖使ってないのにあんなに甘いんでしょうね?
飲み過ぎて糖尿病にならないかと心配になりそうになりますが、きっと大丈夫なんでしょう。
砂糖使ってないから。


DSC01298.jpg

DSC01299.jpg


街の様子は至って安全。
エジプト行ったら危険すぎるとか報道過剰過ぎでしょう!!
地元人は普通に生活してるし。
僕たちは外国人なので珍しいのか、やたらと周りの視線を強く感じるけど。


DSC01300.jpg


お金を売ってるおっさんもいました。
昔のお金売ってんのかな、分かんない、まあ、いっか。


DSC01301.jpg


道に普通に本並べて売ってたりと日本ではあんまり見られない光景もごく普通に見られます。


DSC01302.jpg

DSC01304.jpg

DSC01306.jpg

DSC01307.jpg


やはり、街並みはインドに似ている。
でも、うんち落ちてないから綺麗かな?
果物とかにはハエが集ってるけど。


DSC01308.jpg


お昼ご飯はマクドナルド。
Lサイズが大き過ぎてマジでビックリ。
カオサンでマック頼んだ時を思い出すな。
ビックマックで28ポンド(400円)。


DSC01309.jpg


食べ終えて、少しデモが行われてる広場方面に向かってみると…。
え?足を流血した人が、足引きづりながらこっちにやってきた…。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

緊追状態のカイロへ

DSC01206.jpg


いよいよ恋するダハブでダイビングを断念し、毎日、シュノーケリングとネットでのんびり生活を5日間ほど終えて、ダハブ滞在最終日を迎えました。
今日の21時20分に宿に迎えが来てくれて、首都カイロに向かう訳ですが、カイロの状況がいまいち掴みきれておらず…。
デモがヤバい感じになってるとか、いろいろ聞くけど、いつまでもダハブにいる訳にはいかないので行く事にしました。


首都カイロのメインはやっぱり世界遺産のピラミッドですね。
ピラミッドが見れたら次は一気にグルジアに飛ぶ予定です。
トルコのイスタンブールを経由してトルコの右にあるグルジアという、あまり聞き慣れない国に行く訳であります。


イスタンブールで、とある無職の方にトルコ来るなら、ご飯一緒に食べませんか?と誘われたんですけど、しばらく先の話になりそうです。
代わりにではありませんが、グルジアの首都のトビリシでネパールのカトマンズで一緒になった、おっぎー君と萌性君が待ってるとの事なので一気に飛ぶ事にしてみました。
とある無職さん、トマト祭りで会いましょう。


DSC01208.jpg


5日間、堪能したお魚生活にピリオドを打つ時がやってきました。
お魚さん、5日間感動をありがとう。
おかげで、すごく癒されました。
中央アジアを旅している萌性君は周りに海が無く、お魚が食べれず、嘆いていましたが、僕は空気を読んで毎日食べる前に、魚料理を写真に撮影して毎回、LINE(漢根会)で写真を送ってました。
きっと、羨ましがってたに違いない。


DSC01210.jpg


そして、お魚料理を美味しく頂こうとすると例のやつらが現れます。
僕のブログにそんなに映りたいのか?それとも、お魚が食べたいのか?
どっちなんだ?と言いたい訳ですが、答えは出てるのであえて聞きません。
それにしても、よーく見てみると、ニャンコ先生、鼻の横にホクロあるやんけ!!
鼻水垂らしてるのは、あえてスルーするけど。
ホクロと言ったら実家にすみついている、ニャンコ先生を思い出しました。


DSC03932.jpg


こちらのニャンコ先生ですね。
実家にすみついてる。
正確に言うと野良猫なんですけど、知らないうちに親父が勝手に毎日エサあげてるうちに、ニャンコ先生がなついてしまって、しまいには猫のお家まで作ってもらったというお話なんですけどね。
ニャンコ先生が親父になついたのか、親父がニャンコ先生になついてしまったのか不明な部分もあるんですけど。
我が家では、こちらのニャンコ先生は『ほくろ』と命名されてしまったようなので、ほくろと呼ばせてもらいます。


親父自身が気に入って勝手にエサあげてるんですけど、どうやら我が家はお小遣い制らしく、決まった金額しか毎日もらってないそうなんです。
お酒は飲むし、タバコは吸う。
これだけで、お小遣いの半分は飛んでるはずなんです。
なのに、さらに、毎日、ほくろに猫の缶詰買っちゃうので、お小遣いが無くなると文句言ってる始末です。
僕的には全部止めてしまえば、お小遣いがかなり浮くじゃん!!
って突っ込みたくなる話なんですけど、なかなかうまく話が進んでないようです。


DSC01212.jpg


本来だったら、食事中なので、あげようかあげまいか考え中ってなるはずなんですけど、同じところにほくろがあるニャンコ先生が鼻水垂らしながら、お魚をくださいって言われたら、そりゃ〜あげるしかないよなって事で、分け与えてあげたんです。
そしたら、もう1匹、全く同じところにほくろがあって鼻水垂らしてるやつが出てきた訳であります。
世の中、同じ場所にほくろがあるやつに同時に3匹も巡り会えるなんて世間は狭いなと思いました。


DSC01215.jpg


最後に、ニャンコ先生達とお別れした僕は荷物を詰め、バス乗り場に向かいます。
最後は宿のみんながお見送りをしてくれました。
嬉しくて鼻水垂らさなくて良かった。
100ポンド(1400円)で宿で予約しておきました。

本日のバスはこちらのVIPなバスで首都カイロまで向かわれるとの事です。
手前のVIPのステッカーが手作り感満載だと感じたのは僕だけでしょうか…。
話では途中でパスポートチェックが何度も入ると聞いてたのですが評判通り何度も起こされてパスポートチェックがありました。

そして、まさかの上着をバスの中に持ち込み忘れた為、ハンパじゃない冷房で寒い中で過ごす事になるという厳しい現実が待ち受けていた為、かなりキツかった訳であります。


DSC01216.jpg


で、翌朝、全く分からないところに降ろされる。
ちーん。
仕方ないので地下鉄乗り場を探す事にしました。
いまのところエジプト人に対してすごく良い印象を持っています。
みんな優しいし、道を尋ねてもすごく親切に教えてくれます。


DSC01217.jpg


教えてもらった通り順調に進んで行きます。
今のところ、デモの気配全く無し。
意外に大丈夫なのかもしれない。


DSC01219.jpg

DSC01220.jpg

DSC01221.jpg


しばらく進むとメトロステーションを発見しました。
このMはMOISEIのMでは無くて、METROのMです。
どこに行くにも1ポンド(14円)で行けます。
目星のホテルは決めてたので、最寄り駅を目指して進んで行きます。


DSC01222.jpg

DSC01224.jpg


電車の中で知り合った親切な青年達のおかげで、迷わず進む事が出来ました。
それにしても、エジプト人は親切な人が多いです。
インドとかとは全然違います。
誰だ?インド人並みにウザいとか言う噂垂れ流してたのは。
全然ウザくないし、人懐っこく親切な人がとても多い。


DSC01226.jpg


時計はアラビア語。
ここは首都カイロなんだ。
今までとはまた違う雰囲気にピンと気持ちが張る。


DSC01227.jpg


地下鉄を降り宿に向かうと見慣れた光景が広がるように感じます。
この臭い、ゴミの散らかり具合。
ここはインドではないだろうかと一瞬、錯覚すら起こさせられます。


DSC01228.jpg


エジプトのカイロとインドのデリー…そっくりじゃん…。
もうデリーでの日々は想像したくありません。
暑さに、ウザさに、カレー大っ嫌い。
そんな日々がまた戻ってきたのかなと一瞬、憂鬱になりそうになります。


DSC01229.jpg


あちゃー、地面にゴミだらけ。
まだまだ、インドのバナラシに比べたら、ここは、かわいいかもしれません。
2度とバナラシ行きたくない…。
ハエも飛んでます…。


DSC01230.jpg

DSC01231.jpg


しばらく進む事、ようやく到着。
なんだか廃墟のような雰囲気を醸し出す建物に吸い込まれて行きます。


DSC01232.jpg


こわっ。
完全に廃墟だわ。ここ。


DSC01233.jpg

DSC01235.jpg

DSC01237.jpg


うそだろ…まさかこれ…エレベーター…?




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

癒し系ブログを目指す事に?

DSC01144.jpg


ダハブでダイビングしない方向になったので、ゆっくり体を休めています。
毎日、観光に移動は、さすがにキツいので時には休む事も大事なのかなと思います。
休んでいる間に次に行くグルジアと言う、いまいち未知数な国の情報収集をいろんな方のブログを参考にさせて頂きながら勉強中です。
毎日、何かをする事無くのんびりと。
シュノーケリングをすると、目の前にお魚さんがたくさんいるのですごく嬉しいです。
ちなみに宿から歩いて2分でシュノーケリング出来るくらい近距離。
ついでにスペインでipodパクられてたんで、iphoneにたくさん曲ダウンロードしておきました。


やっぱし音楽はその時の景色や思い出を思い出させるのでいいなと深く思います。
東南アジアで聴いてた曲を今聞くと思い出すし、中学生や高校生の頃聴いてた曲を今聞くと、その時の記憶が蘇りますしね。


DSC01145.jpg


ダハブと言ったら海。
海と言えば魚という事で、毎日、魚料理ばかり食べています。
インドとネパールの時は全く食べれず、本当に魚が恋しくて仕方ありませんでした。
もちろん一時帰国中もお魚いっぱい食べた訳で、おかげで、食べて寝る生活が大半だったので太ってるのではないか疑惑を最近言われるようになった始末であります。
ダハブでこれくらいの料理を食べても300円しない。
という事で確実に太る気配がしてなりません。


DSC01146.jpg


焼き魚に魚のフライ、イカフライとかある程度の魚料理をコンプリートしたつもりです。
ちなみに、こちらも300円しません。
毎日のように魚料理を食べて5日。
ほとんど、のんびりする生活が5日ほど続き、そろそろ動かなければ行けないなと考えてるとこです。
ただ、カイロのデモ状況がいまいち分からず、行っていいのかなと悩み中であったりもします。


DSC01148.jpg


そんな事を考えてるうちに、僕の魚達を狙うハンターが現れました。


DSC01152.jpg


えー…間違いなく狙われていますね…。
どうしよう…。


DSC01153.jpg


毎回の事なんですけど、お魚さんが運ばれてくると…。


DSC01156.jpg


彼らのスイッチが一気に入ります…。


DSC01157.jpg


見つめてくる子猫ちゃん達と、見つめられて困る僕。


DSC01159.jpg


こんなにたくさんのネコを賄ってあげる余裕はありません…。
困ったな〜…。


DSC01160.jpg


こちら、今泊まってる宿の従業員『KOBAYASHI』。
エジプト人なのに、会ってすぐに、僕の名前はKOBAYASHIだからねと自己紹介されたので、宿泊している日本人は彼の事をみんなKOBAYASHIと呼んでます。


DSC01163.jpg


本題に戻りますと、見つめられる攻撃に負けて、お魚さんを分けてあげる事にしました。


DSC01164.jpg


やっぱし、猫はお魚さんが大好きなんですね。
一生懸命食べております。


DSC01167.jpg


そうこう、しているうちに、ぺろんちょ3兄弟みたいな、いやしそうなやつらが3匹ほどやってきました。


DSC01169.jpg


どんどん増えてくる猫…。
なんだかキリがありません…。


DSC01170.jpg


ただいまの全体図はこんな感じ。
左にぺろんちょ3兄弟、右に魚をGETした猫。


DSC01172.jpg


しばらくすると、魚を巡って猫達が喧嘩を始めました。


DSC01173.jpg


左で見つめる猫ちゃん。


DSC01174.jpg


今晩は、イカのフライを頂く事にしましょう。


DSC01175.jpg


ん…。。目が合っちゃった…。


DSC01181.jpg


黒猫もやってきて、今度はイカフライをターゲットにしてるようです。


DSC01185.jpg

DSC01186.jpg

DSC01187.jpg


そんな目で見つめられると…困っちゃうな…。


DSC01188.jpg


この子猫ちゃん…かわいい…。


DSC01190.jpg


イカフライ…。子猫ちゃん…。イカフライ…。子猫ちゃん…。
どうしよう…。
そんな顔で見つめて来るなんて…反則だ…。


DSC01192.jpg

DSC01193.jpg

DSC01195.jpg


本日のモデル代と言ったとこですかね…。
お礼に、イカフライたくさんあげておきました。
代わりにブログで使わせてもらうからね。


DSC01197.jpg


では、ばいばいニャー。


DSC01198.jpg


通い詰めた事もあり、このレストランのオーナーさんとも仲良くなりました。
話してると、エジプトの平均月収は3万円いかないんだとか。
カンボジアとかインドと同レベルの物価と言ったところかな。
レストランのスタッフ含め、すごく良い人や人懐っこい人が多く、僕はエジプト人を結構気に入ってます。
インド人のようなウザさもそこまで感じません。


DSC01199.jpg


ダハブの道沿いはこんな感じでレストランが密集してて、レストランの外は、どこも海が隣接してる形です。


DSC01200.jpg

DSC01202.jpg


どこのレストランを見渡しても、その日取れた魚介類が並べられております。


DSC01203.jpg


毎日、通い詰めてるFriends
マンゴージュースが有名なところ。
というのも他の場所のwifiが弱すぎるので、ここに通うしか無いのです。
セブンへブンは日本人が多くて常にみんなwifi使ってるので、かなり重い感じ。





世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

いまいち…文章力が無い事に気づいた今日この頃…。
もっと、うまく書けるようにならなくちゃ。

15カ国目 エジプト ダハブ で断念

DSC01132.jpg


エジプトのダハブにやってきました。
見ての通り、海は真っ青。
宿はセブンへブンという日本人宿に宿泊中。
それにしても、日本人が多い。
どうやらカイロのデモ状況が不透明でダハブで様子を見ている人が多いんだとか。
ちなみに1泊20ポンド(280円)


DSC01133.jpg


でも安いのは宿代だけじゃなく、こちらの料理も20ポンド(280円)で食べられちゃったりと、物価が安すぎな訳です。


DSC01134.jpg


こちらのマンゴーマンゴーも10ポンド(140円)。
ここに来たら太る事間違いなしです。
たぶん出る頃には今まで以上に太ってそうで心配です。


DSC01138.jpg


部屋に戻ると、おっさんはお酒を片手に爆睡。


DSC01139.jpg


地べたで酒飲みながらブログ書き始めちゃいました。
僕たちのダラダラ生活の幕開けです。
ダハブに来たら、みんなダイビングのライセンスを取るんですが、僕たちが参加する前日からライセンス取得費用が380ドルから450ドルに値上がり。
昨日だったら…と思えば思うほど若干凹んでしまいそうになります…。


DSC01140.jpg

DSC01141.jpg


シーフードスープにイカだったり、海鮮づくし!!


DSCF0280.jpg


1日休憩を挟んだ後、翌日、近くのキャニオンという絶景の海に何人かで行ってきました。
それにしてもヒッチハイクしたら1台目で止まった。
それどころか、次から次に止まり値段交渉しようとしてくる。
エジプトではヒッチハイクでお金を稼ぐのが普通な感じなんでしょうね。


DSCF0282.jpg


それにしても海がめちゃくちゃ綺麗!!
見て分かるように真ん中の方は水色になっています。


DSCF0286.jpg


そしてシュノーケリングを開始すると、お魚さんがいっぱい!!
ピピ島以来の大興奮です。


DSCF0289.jpg

DSCF0292.jpg


お魚さんと一緒に泳いでいると、ウニなんかも発見。
刺さったら痛そ〜〜!!


DSCF0293.jpg

DSCF0296.jpg


お魚さんいっぱいで、かわいいな〜。ニモもいるじゃん!!


DSCF0298.jpg


ん?…。


DSCF0299.jpg


んん??……。


DSCF0301.jpg


えー、先ほどの2枚の写真はスルーしましてと。


DSCF0302.jpg


お魚さんとの楽しいひとときを楽しむ訳でありました。


DSCF0305.jpg


上を眺めるとこっちは海、目の前は砂漠という不思議な感覚。


DSCF0306.jpg

DSCF0309.jpg

DSCF0313.jpg

DSCF0326.jpg


珊瑚礁なんかも見るのもとても面白い。


DSCF0327.jpg

DSCF0338.jpg


奥を覗くとダイビングをやっていました。
楽しそうだな〜。


DSCF0339.jpg


奥に進むに連れて徐々に海が真っ青に美しく映ってます。
沈めな沈むほど、耳にも負担がかかってきます。
山登ったり、飛行機で一気に上昇した時にかかるような圧力。


DSCF0342.jpg

DSCF0344.jpg


ダイビングしてる人達は羨ましいな〜。
そーいえば、ダハブは恋するダハブって呼ばれてるんだよな。
ダイビングライセンスを取得する際、男女でペアを組まされるらしく、そこから一緒に練習したり行動するうちに恋が芽生える事で有名なスポットらしい。
お魚さんとも泳ぎたいし、そりゃ〜ライセンス取るしか無いか!?
そんな感じで楽しくシュノーケリングを楽しんでた訳ですが…


DSCF0354.jpg


楽しく泳いで陸に戻ろうとしたら…まさかまさかの…痛っ!!
まさかまさかのウニのトゲが足に刺さってしまいました。
痛〜っ…。
やっぱし海をなめたらあかんな…って事でダイビングライセンス取得…断念。






世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

イミグレ職員の嫌がらせinヨルダン出国

DSC01055.jpg



今日はペトラ遺跡を観光し終え、みんなのんびりしております。
早速、ちけし君、ブログ書いてる最中にミスちゃったようで、あちゃーって顔してますね。
どうやら勝手に記事保存してしまったみたいで、何も書いてないのにブログ更新してしまったみたいです。
ペトラの宿ではちけし君のパソコンと…ここのwifiの相性が悪かったらしく、今日はあやかちゃんのipadを借りての投稿です。



DSC01056.jpg



空いた時間を使って、ブログ書いてみたり、テレビ見たりとのんびり過ごしております。
ここ数日、移動ラッシュ。
明日はいよいよエジプトのダハブに行ける事もあり、みんな気持ちが晴れております。
ちなみにダハブはビーチスポットなのに物価がめちゃくちゃ安くて長居してしまいそうになるほど、素晴らしい場所なのです。たぶん。



DSC01057.jpg

DSC01058.jpg

DSC01061.jpg


翌日、5DH(640円)でヨルダンの1番下にあるアカバという街にバスで向かいました。
バスで2時間くらいかかったかな。


DSC01062.jpg


バス停降りてすぐの場所で、47DH(6700円)で船のチケットを買って、フェリー乗り場に向かいました。


DSC01065.jpg

DSC01066.jpg

DSC01067.jpg


で、到着。
海を眺めると、とても綺麗な青い海。


DSC01068.jpg



フェリーーミナルの前に建物があるので1階で出国税10SH(1430円)を払って2階のイミグレーションに向かいました。
が、このヨルダン出国イミグレーションでイミグレ職員から嫌がらせにあう事に。
馬鹿にされるは、パスポート受け取ってくれない、スタンプ押してくれないと最後にすごく嫌な気持ちにさせられてしまいました。
ペトラ遺跡でも、少し馬鹿にされた態度を取られたのですが、ヨルダン人は日本人を馬鹿にしたり、下にみたりするのかな。
もしくはヨルダンで差別や嫌がらせ受けた日本人が他にもいるのではと感じてしまうくらい悪質でした。


あまりにも怒りが収まらなかったので職員出入り口のドアの前で、その職員が出てきたタイミングを見計らって捕まえて話をする事にしましたが、完全になめ腐っていて、なめた態度でしか対応してきませんでした。
親指、下に突き出して、対抗して終了。



DSC01069.jpg

DSC01070.jpg


その後、3時間ほど待って、13時発のフェリーに乗る訳ですが…出発する気配…なし!!
15時30分くらいだったかな、2時間半待ってようやく出発しました。


DSC01071.jpg

DSC01072.jpg



待ち時間含めて、長い船旅になるわけですが、途中で、喉乾いたので売店に行こうとすると…
ちけしがエジプト人に早速、からまれてる。笑



DSC01073.jpg


状況を聞いてみるものの、ちけし本人もなぜこの状況になったのかは意味不明らしい…。
ただ、噂ではエジプト人はインド人並みにウザいと聞いていたので、早速絡まれ始めたのかな〜なんて思ってました。


DSC01077.jpg


すると…僕も呼ばれて絡まれ始める。


DSC01078.jpg



で、いつのまにか、いるはずのちけしが…いなくなってる!!
知らぬ間に…こっそり逃げてるやんけ!!笑
まんまと、ちけしのトラップにハマってしまいました。
なかなか、ここから出してもらえず。
なぜか自己紹介が始まりました。



DSC01079.jpg


仲間が寝ているのも関係なしに起こして自己紹介させようとする始末。笑


DSC01082.jpg


海の向かうには砂漠。
なかなか普段見られない風景です。
ついでに、船の中でパスポートを預けないと行けないらしく預けておきました。


DSC01084.jpg


ちけしはどこ行ったんだ?と思ってたら真面目に本とか読んでました。


DSC01085.jpg


と言ってる間にまたエジプト人に絡まれる。
アジア人は珍しいみたいで興味津々なエジプト人が多いです。


DSC01087.jpg

DSC01088.jpg


ちけしを邪魔しないように別のところを進んで行ってたら少女発見。
カメラが好きみたいで写真撮ってあげてました。
にっこり笑顔。
エジプト人は、人懐っこい人が多いのかな。
ヨルダン初めて言った時もみんなwelcome jordanって迎えてくれてたのに、1部の人のせいで嫌いになっちゃったもんな〜。


DSC01090.jpg

DSC01091.jpg

DSC01093.jpg


なんか良く分からないんだけど、いろんな人に絡まれる訳であります。


DSC01095.jpg


今度は前の子供達が僕に興味を持ってくれたようで、交流する事になります。


DSC01098.jpg


カメラ向けられたので、とぼけておいてと。


DSC01100.jpg


また写真撮ってと言われた。
で、先ほどの2人が友達の名前教えてというので、ちけ だと教えるとちけしの元に、ちけちけと絡みに行きました。


DSC01102.jpg


で、記念撮影。
どんどん子供達が集まってきました。


DSC01103.jpg

DSC01105.jpg

DSC01107.jpg

DSC01114.jpg

DSC01117.jpg


で、なぜか歌を歌ってと言われて1人ライブが始める事に。


DSC01119.jpg

DSC01120.jpg


すると、どんどん人が集まってきます。


DSC01122.jpg



今度は日本の写真を見せると、さらに人だかりが。
人口密度が密集しすぎて暑い…。


DSC01123.jpg

DSC01125.jpg


なんでか分かんないけど、どうやらエジプト人にウケたらしく、その後、記念撮影会、サイン会など求められて、頑張ってサイン書いたり、記念撮影求められてハイポーズしておりました。
エジプト最初から人々との交流があっていい感じ。
なんだかエジプト人みんな良い人多いし、楽しい旅になりそうな気がしてきた。


DSC01126.jpg


船を降りて、こちらのBANGUEでエジプトVISAを15ドルで購入して、スタンプを別の場所でもらったらいよいよアフリカ大陸に初上陸。
エジプトの旅の始まり。
30ポンド(420円)の乗り合いタクシーでダハブに向けて出発。


DSC01127.jpg





世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。
ちけさんの順位が少しずつ上がってるので、僕も追いついておきたいところ。
1クリックよろしくです^ー^

ぺろんちょ3兄弟、トマト祭り参戦!?

BPONod_CMAExJ-M.jpg



リアルタイムはグルジアでおじさん達と合流!!
さて、本題へ行きましょう!!



DSC04519.jpg



ところで、吉崎ふみ、トマティーナどうする!?




DSC04571.jpg



いや、おいさん行かないから、俺も行かない方向にしたよ〜。




DSC04689.jpg



まー、そー言ってたんだけどさ、会場の中には入らないんだけど、会場には行こうと思ってるんだよね。




DSC06251.jpg



え!?何で?会場の中入らないんじゃ意味ないじゃん!?(笑)




DSC07451.jpg



いや、何となく!!



DSC07454.jpg



いや、行くなら入ろうよ!!



DSC07592.jpg



じゃあ、参加する事にするか!



DSC07683.jpg



チケットも宿も予約してないけど、とりあえず行ってみよう。(笑)



DSC08733.jpg



という事で、ぺろんちょ3兄弟、トマティーナ参加の方向で!!



DSC08164.jpg



相方はどうするんだろう…??



DSC08858.jpg





世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

すぎちゃん最新情報in石垣島

1058823_171258656379992_781307061_n.jpg



ニューヨークの次に、おすぎ隊長が向かったのは日本の沖縄・石垣島!!
どうやら、しばらく石垣島とその周辺でバカンスを楽しんでいるようです。
ニューヨークからの石垣島!?
いまいちおすぎ隊長…何を考えているのかいまいち分かりません…。



1059572_171515753020949_693815936_n.jpg



おすぎ隊長の大ファンの方には久々の登場にきっと大喜びでしょう。
前回、ニューヨーク編をお伝えして、おすぎ隊長への応援メッセージを募ったところ…まさかのコメントなし!!
正確に言うならば、もう1人のぺろんちょ3兄弟からのコメントのみでありました!!
これは、想定の範囲外ですな〜。
って事で今回も、おすぎ隊長への応援メッセージ募集しております!!



1060237_171515466354311_1103587131_n.jpg



やっぱし、沖縄と言ったら民謡なのでしょうか!!
早速、おすぎ隊長踊っておられます。笑



1060112_171458186360039_836505699_n.jpg



でも最初に向かったのは、実はここじゃなかった!!
まさかの具志堅用高のボクシングジムで修行してるではありませんか!!
おすぎ隊長、次に狙うは世界タイトルなのでしょうか!?
本当に、隊長が考えてる事…不明です。



1057013_172000502972474_1348867508_n.jpg



どうやら、さとうきび畑の前で寝転がって、沖縄気分に浸ってるようです。
隊長、風邪には気をつけて、しっかり布団してくださいね!!



1057916_172231672949357_1199708165_n.jpg

992485_171737806332077_2024105592_n.jpg



隊長!!やっぱし沖縄と言ったら海ですよね!!
そーいえば、ピピ島に一緒に行ったのが懐かしいですね!!



1057678_172326706273187_1090320474_n.jpg



隊長のスイミングシーン!!
本邦初公開!!



1056621_172223659616825_70244196_n.jpg

1060855_172299452942579_2037508027_n.jpg



隊長はマンゴーが大好物のようで、噛み砕いております。
きっと、数週間以内に石垣島のマンゴーが無くなるに違いない!!



1059006_171988652973659_2010160089_n.jpg



出たーーー!!
隊長のセクシーショット!!
こういうの見るたびに、彼はゲイではないのかと疑ってしまう!!



1063268_172482416257616_1866327167_n.jpg



って事で、ただいま、おすぎ隊長、沖縄にいますので見つけた人は声かけてあげてください(笑)




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓

世界一周ブログランキング

あなたの1クリックでブログのモチベーションに左右されるナイーブなふみさん。笑


そして次回、ぺろんちょ3兄弟より重大発表あり!!
ヒントはこれ
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

6つめのキーワードのお時間

DSC01011.jpg



やっぱ、ペトラ遺跡は壮大だ!!
さて今日も3日連続でペトラ遺跡のお時間です。
本来なら1日で済ませたいとこなんですが、あまりにも広すぎて3日分になっちゃいました。

前回言った通り、世界遺産を回って、感動するというだけのお話をいかに文章くっつけて、1つの記事にするかというのは腕の見せ所にもなって来るので、今日も文章力無いながらに、いろいろ文章くっつけて頑張って行こうと思います。

正直、ブログって難しいですね。
個人的には、パレスチナの問題とかなかなか、現地に行ってみないと分からない事が多くて、そーいう部分をブログで伝えたくて書いてる訳なんですけど、なんでか、ブログのタイトルに パレスチナ自治区 みたい真面目な内容書くと全然アクセス数もポイント数も伸びない。笑

なのに、大学生のちけしって知ってる?とかギャグのようなタイトルつけちゃうと、めちゃくちゃアクセス数が伸びて、それに比例するようにポイント数が伸びちゃうんですよね。笑
全く不思議な話だ。笑



DSC01014.jpg



全員就寝モードに入っちゃって、これじゃ日が暮れるはと思ったんで全員起こして、ペトラ観光に向かいます。
どうやら少し寝たくらいがちょうど良かったみたいで、かなり元気になったと3人ともご満悦な様子です。
4人のグループなんで、ドラクエみたいなもんですね。
先頭を歩いてるのが回復系のあやかちゃん。
出来れば、勇者系のキャラが先頭歩く方がいいかもしれません。



DSC01015.jpg


ボスキャラがいると思われる場所を発見しましたが、スルーして次に向かいましょう。


DSC01019.jpg

DSC01020.jpg

DSC01022.jpg



結構、客引きがウザかったりするんですよね。
かなり、ぼったくりの値段吹っかけて来るんで、おもちゃ銀行投げつけてやろうかなって本気で思っちゃいます。
ちなみに、とうとうペトラの宿でおもちゃ銀行使っちゃいました。
大人買いじゃなくて、大人使いみたいな使い方なんですけどね。
夜、うんこ行きたくなって、行ったんだけどね…。

まさかのがない…。
結構、悩みましたよ…。
ちけし起こして、トイレットペーパー借りるべきかどうするかって。


さすがに起こすのかわいそうだなって思ったんで、ダミー代わりに使ってる財布からおもちゃ銀行の札束取り出して、おしりふきふきしましたよ。
感触はやっぱし、トイレットペーパーに比べると、紙質が固いんで、何か拭き心地悪かったんですけど、仕方ないですね。


かーみが無いなら、葉っぱで拭きたいけど、葉っぱも無いからお札で拭いたってやつです。
お食事中の方には申し訳ない話ですけどね。
やっぱし、事実は伝えて行くしか無いんで仕方ないです。




DSC01026.jpg

DSC01028.jpg



結構、歩いたのに、今度は階段の連続。
どうやら頂上まで、まだ1時間近く歩くらしい。



DSC01030.jpg

DSC01033.jpg



でも景色は、やっぱし絶景でアメリカのグランドキャニオン?みたいなとこを想像させられます。



DSC01035.jpg

DSC01036.jpg

DSC01037.jpg



途中、かわいい子犬を発見。
でも僕の視線は子犬ではなく、お姉さん!!
良い絵になりますね〜。



DSC01038.jpg



今日もうまく文字書けてなくて、つまらないブログになってるかもしれません。
やっぱし、今日も昨日と同様に何かサービスショットを載せるしか無いですね…。
昨日のラクダに続いて、今日は、ロバのおしりと言ったところでいかがでしょうか…。
2日連続のおしりシリーズでした。笑
ご希望のコメントがあれば、これからも、おしりシリーズ続けて行きたいと思います!!



DSC01039.jpg


下を覗くと断崖絶壁でマジで怖い…。


DSC01042.jpg

DSC01043.jpg

DSC01044.jpg

DSC01045.jpg



まだまだ先は長く、みんな頑張るものの、バテバテ…。
そして日陰に移動。



DSC01046.jpg



頂上に行くと、もう1つメインスポットぽいものがありました。
ここで休憩して、今度は来た道を戻るという過酷な時間がお待ちしております。
頑張って戻って最初のスポットへ。



DSC01050.jpg



ヨルダン 世界遺産 ペトラ遺跡 で6つめのキーワードは 優 !!

予定では26個ほど並べたい訳でありますが、このままのペースだと間に合わない!!
って事で、うまく旅が終わる頃に並べられるように調整して行きたいと思います。



DSC01048.jpg








DSC04480.jpg
カンボジア シェムリアップ 世界遺産 アンコールワット
DSC05198.jpg
タイ 無人島 絶景ビーチスポット ピピレイ
DSC07770.jpg
インド アグラ 世界遺産 タージマハル
DSC05709.jpg
シンガポール 5つ星ホテル マリーナベイサンズ 屋上プール
DSC00111.jpg
スペイン バルセロナ 世界遺産 サグラダファミリア
DSC01050.jpg
ヨルダン ペトラ 世界遺産 ペトラ遺跡




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

ペトラ遺跡…全員就寝。

DSC00944.jpg



ペトラ遺跡のメインスポットにやってきました。
むしろ、メインスポットよりラクダさんに夢中。
この辺りになると観光客相手にラクダ商売しかけてくる人がいっぱいなのです。



DSC00951.jpg



ラクダさん、かわいそうだな。
自由になりたいだろうに。
毎日こんなに暑い中、人を乗せて頑張ってるんですね、きっと。



DSC00950.jpg



やっぱり、ラクダも日陰が好きなんだろうな。
道ばた歩いていると、うんちがいっぱい落ちてて、草の成分が大半を占めるうんちぽかったので、主食は草なんだろうなと思います。



DSC00947.jpg

DSC00954.jpg



こちらがメインスポット…。
でも、ラクダさんが気になりますね。



DSC00955.jpg



こっちもラクダさん。
でも僕はモロッコのメルズーガっていう、めちゃくちゃ砂漠が綺麗な場所があるらしいので、そこまで乗りません。
あとは、コロナウイルスが動物から感染するらしいので、なるべく接触は避けておこうと思ってます。



DSC00959.jpg



ラクダさん以外にもロバとかもいます。
ネコもいたんで、ここはペトラ遊園地なのかもしれません。
すんません。
もー書く事無さ過ぎて、結構適当な感じになっちゃってます。
結論から言うとペトラ遺跡を観光しただけで、そこにいろいろ文字埋め込むのって結構難しいんですよね。
ペトラ遺跡で感じた感想って、すごい、暑い、楽しかったくらいしか無いですもんね。
よく、旅ブログ書いてる人であんなに、たくさんの文章を毎日のように書いてる人すごいなーって感心しております。



DSC00960.jpg

ロバ。

DSC00963.jpg

青い空。

DSC00971.jpg

階段。

DSC00972.jpg

壁に開いてる穴。

DSC00973.jpg

DSC00974.jpg

ペトラ遺跡にローマ劇場。

DSC00975.jpg



本当に観光地を見て回るというだけで、書く事なんて感想くらいしかない!!
そんな時にでも何かネタを作らなくちゃならなくて、毎日考えて何とかネタ振り絞って書く訳なんですが、やっぱし毎日更新となると結構限界なんかもやってくる。
そんな時に、頑張ってもらうのが、こちらの子猫ちゃん。
じゃなくて、なんか変なポーズしてるちけし君。
今日も、いろいろダサいポーズとってもらって頑張ってもらおうと思います。



DSC00976.jpg



どうやら移動による疲労があったり、夜遅くまでインディージョーンズのDVD見てたらしく、かなり寝不足のようです。
僕はというと、疲れてたので、途中まで見て就寝。
そーいえば、再出発してから、ほとんど休まずに移動と観光繰り返してたので結構疲労が溜まってました。
結果的に、ブログ少し休まないと体力的に厳しいなーという事で休んだ訳ですが。
この後、エジプトのダハブっていう物価がめちゃくちゃ安くて、のんびり出来るビーチリゾートに行く為に、少し急ぎ足になってました。
イスラエルとかヨーロッパ並みに物価高いし。



DSC00977.jpg



いやー、それにしても暑いですね〜。
帽子被って、いい感じにインディージョーンズに成りきってるつもりですよ。
まー、モデルがいまいちなので、いまいちなんですけど。



DSC00983.jpg



こんないい具合の縞模様があったんで、記念に撮影してたら、やっぱし大学生のちけし君も後ろからさりげなく映っておりました。
なんか、楽しそう。



DSC00986.jpg



ポストカード売ったりと物売りの少女達が何か話し合ったりしてますね。
暑いのに、大変だなと思います。



DSC00988.jpg

DSC00989.jpg



ラクダにペトラって何かいい感じですよね〜。
個人的には好きな写真。



DSC00990.jpg



宗教の方はこのように全身を覆ってるので本当に暑いと思います。



DSC00991.jpg



あんまし文章がうまく書けなくて楽しく読んで頂けてるかは分かりませんが、許してほしいものです。
毎日読んでくれてる方へ感謝の気持ちも込めて今日はサービス、セクシー写真をお届けしたいと思ってるとこです。
では、どうぞ。
本日のサービスショット、ラクダのおしり
男性の読者はメスラクダと思って頂ければいいですし、女性の読者はオスラクダと思って頂ければいいと思います。
きっと、大満足してくれたに違いない!!笑



DSC00993.jpg


ペトラ遺跡って思っていた以上に広すぎです。


DSC00994.jpg

DSC00996.jpg



ちなみに写真見たら分かるけど、この奥まで続いてるからね。
全長で4〜5kmはあるんじゃないかと思う。
往復したら10kmくらいあるんじゃ…。
だから、暑い中歩くのって本当に大変…。



DSC00998.jpg

DSC00999.jpg

DSC01000.jpg

DSC01001.jpg

DSC01006.jpg



途中で休憩タイムとか取んないと、ヤバい感じなので取る事にしました。
この時点で水2ℓくらい飲み干す勢い。
お昼ご飯ついでに、スナック菓子とか食べてのんびりしてる訳です。
そしたらね…



DSC01007.jpg


ちけし、寝た。笑


DSC01008.jpg


…。


DSC01009.jpg


あやかちゃんも、しょーや君も全員…就寝。
さて…僕どうしよう…。




世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

あ〜あ、手荷物検査ひっかかっちゃった

DSC00880.jpg



イスラエルからヨルダンに戻る事になりました。
イスラエル入国は手荷物検査等厳しいけど出国時は簡単。
なので、すんなり出国出来て、すぐにヨルダンに戻れるという事を事前に聞いておりました。
イブラヒムじいさんの家から40SH(1100円)でイスラエルのボーダーまで行きました。
一緒に行くメンバーも見つかり全員で5人。


イスラエル出国税も高く、160SH(4500円)近く取られたかな…痛いな。
評判通り入国時に比べると何も問題なくそのまま出国出来、ヨルダンに到着しました。
ここまで来たら、もう何も問題なくヨルダンに入れて、そのままペトラに向かえるな。
そう思いながらヨルダン入国時に手荷物チェックが行われました。
X線通すやつ。
が…他の4人はあっさり通過したのに、僕だけひっかかってバックパックの中身全部チェック…。
まさかのイスラエル側で引っかからず、簡単なヨルダン側でひっかかっちゃいました…。



DSC00881.jpg



何とか無事に終えた後30DH(4300円)でタクシーをシェアして、キングフセイン橋からペトラ行きのバスターミナルまで向かいました。
実は行き方とか把握しておらず完全に任せっきりにしてました。
到着すると、みんな急いでバスに乗るんだー出発するぞーと現地人が急かしてきます。
この人とか。



DSC00882.jpg



陽気すぎる。
で、急かされて乗ったのに、そこから30分以上待たされるというギャグをかまされました。
乗り合いバスなんですが、僕たちが最初に乗ったというオチですね。
だったら、急かすなよと突っ込みたくなる訳ですが、いまいち、ヨルダン人よく分かりません。
インド人と変わらない気も…。



DSC00883.jpg



バスに乗ると、小さな子供が僕たちのバックパックの上に座ってます。



DSC00886.jpg



こっち向いてくれた。
カメラに興味津々で撮影すると必ずチェックが入ります。



DSC00888.jpg



お、ポーズをしてくれた!かわいらしいね〜。



DSC00889.jpg



一方でこちらの子猫ちゃんも真似しようとします。
が…かわいくない!!



DSC00896.jpg



またまた、ポーズをしてくれたぞ〜。



DSC00897.jpg



が…またもやかわいくない!!



DSC00899.jpg



そして2人とも…就寝!!



DSC00900.jpg



丸1日移動に費やして、夕方、ペトラに到着しました。
ペトラは世界遺産のペトラ遺跡がある街です。
明日はペトラ遺跡に向かいたいと思います。



DSC00901.jpg



ドミトリーで休憩していると、ぼっちゃんは何かお勉強を始めました。



DSC00903.jpg



て…照れてる。笑
どうやら、旅をしながら世界史の復習をしてるようです。
学生か!?
大学生のちけしだよ!!



DSC00904.jpg



翌日、宿のバレンタインインホテルがバスをミニバンを無料でピックアップしてくれて、ペトラ遺跡に向かいました。
入場料50DH(7000円)とかなりの強気な値段です…。



DSC00905.jpg



やはり、猛暑が続くので水4ℓ用意して行きました。



DSC00907.jpg



遠くからは、お馬さんがやってきたりもします。



DSC00909.jpg



ツアーで来た、かわいいお姉さんも見る事も出来ます。
僕たちと目が合うと、ウインクしてくれるので、ちけしと2人でキュンキュンしておりました。



DSC00911.jpg



写真撮影するお姉さん…何か絵になってるな〜。
最近、絵になってるような写真を撮る事にはまり始めてる訳であります。



DSC00912.jpg

DSC00913.jpg



空は青一色。
とても綺麗な訳であります。



DSC00917.jpg



本日のメンバーは僕以外全員大学生。
ちけし、あやかちゃん、しょーや君。
1人、変なポーズかましてるのが、ちけしです。



DSC00919.jpg



このような細い道をしばらく進んで行く訳であります。



DSC00921.jpg



すると、子猫ちゃん発見。



DSC00923.jpg



かわいいじゃん!!
どうやって、あんな高い場所に登ったんだろう。



DSC00924.jpg



子猫ちゃんの写真いっぱい載せたらブログのランキング上がるかなー。



DSC00925.jpg



子猫ちゃん、かわいいのに、こっちの子猫ちゃん全然かわいくない!!訳であります…。



DSC00926.jpg



ではでは、奥に進んで行きましょう。
ペトラ遺跡はインディージョーンズの映画の舞台になった場所である訳ですが、いい感じに僕の帽子がそれっぽくなっているようにも感じております。
ちなみに、カンボジアで3、5ドルでした。
ちけしも、そーだったけど、初めて僕と会った時、僕に会った事より、この帽子を見た事の方に若干、感動しておりました。笑


DSC00936.jpg

DSC00939.jpg



そして…いよいよ…



DSC00938.jpg



メインスポットへ…



DSC00940.jpg

DSC00941.jpg



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

ちけしと同棲生活中

DSC00559.jpg



今滞在してるのが、イブラヒムハウス。
寄付制で宿泊ホテルとかじゃなくて、イブラヒムじいさんのお家に宿泊してます。
日本人の方に有名なので、周りは日本人だらけ。



DSC00560.jpg



イブラヒムじいさんはパレスチナの有名な平和活動家で結構有名な方らしい。
今までの功績が飾られておりました。



DSC00593.jpg



夜はこのように綺麗な夜景がベランダから覗けます。



DSC00595.jpg

DSC00596.jpg

DSC00597.jpg

DSC00599.jpg



子猫ちゃんの写真載せたらブログの順位上がるかな…。笑
イブラヒムハウスの目の前には、ニャンコちゃんの親子がニャーニャー言わせながら、のんびりしております。
こ…こ…子猫、、かわいい…。



DSC00600.jpg



一方で僕たちのお部屋はキッチンに寝泊まりしてる訳ですが、こちらのニャンコちゃんは僕の隣でお寝んねしております。



DSC00602.jpg



こんな感じのキッチン部屋。



DSC00603.jpg



zzz…。



DSC00607.jpg



子猫みたいに…かわいくない!!
萌性とすぎちゃん並みに、ぶさいくだ!!笑
一瞬、こちらの子猫ちゃんに怒鳴り散らしたくなっちゃいますが、温かい目でニャンコちゃんの寝顔を毎日眺める日々が続いている訳でありました。
この子猫ちゃんは大学生で劇的な世界一周しながら子猫ちゃんの寝顔のモノマネしてるんでよかったら見てあげてください。
子猫の缶詰が大好物らしいです。
それか1クリックが大好きなので、良かったら、彼のブログ応援してあげてください。
ブログはこちら→大学生ちけしがニャンコの缶詰持って世界一周。



DSC00869.jpg



ところで最近ブログの調子はどうだい?



DSC00870.jpg



最近、ポイント上がんないんですよ〜、助けてください。



DSC00873.jpg



あ、俺しばらくお休みするから順位上がるんじゃないの〜?



DSC00874.jpg



マ…マジっすか?



DSC00876.jpg



ちょいと疲れたからな。
少しゆっくりいてまた始めるわ。
とりあえず…眠い!



DSC00875.jpg



わ…分かりました、子猫頑張ります。
どうか、子猫ちゃんとふみさんを応援よろしくです。



DSC00878.jpg



こちらが、イブラヒムじいさん。
毎日、welcom!Eat!!と大きな声で叫んでおります。



DSC00879.jpg






世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

スマホで写真が半分しか表示されてない方は、画面を1番上にスクロールして右上にある[PC]を押すと全表示になります。

僕とちけしの夏物語

DSC00787.jpg



結局行けなかった岩のドームを前にしながら僕たちはメトロに乗って、セントラルバスターミナルに向かう。
どうやら、セントラルバスターミナルに行ければ、死海に行けるみたい。
最寄り駅はセントラル駅。
それ以外の情報分からず行ってから聞いてみる事に。


DSC00788.jpg



そういえば、行く途中にバスの荷物入れのとこで寝てるおっさんいたな。
インドではタクシーの上に寝てる人いたり、電車の上に乗車するという珍プレーかましてる人いたけど、ここにもいた。



DSC00789.jpg



メトロで切符かじって変なポーズとってる人とかもいたな〜、そーいえば。
バスターミナルで死海に行きたいって言ったら、バスの番号教えてくれて行ける事になった。
往復63、8シュケル(1800円くらい)で行けるみたい。



DSC00791.jpg



1時間ちょっとで着くんだけど、行く途中、超正統派の人が物乞いになってたのには驚いた。
周囲の人も決して悪くない。
周りの超正統派の人達は応援するかのように、お金渡したり、ハグしていた。
イスラエルにも確かに物乞いはいるけど、この光景は衝撃的だったな。



DSC00797.jpg



このような砂漠地帯を進みながら、1時間ちょっとで死海に到着した。
このエリアは海抜数百メートルとかの表示があり、本来の海より下の位置にあるみたい。



DSC00803.jpg



で、ここに降ろされる。
あ…暑すぎる…。
溶けちゃいそうだ…。



DSC00804.jpg



でも周りの光景はこのように美しく、ずっと見ていた。



DSC00805.jpg

DSC00806.jpg

DSC00807.jpg

DSC00808.jpg



そして見えてきた、ここが死海。
場所によっては入場料とられるんだけど、ここは公共の場所なのでフリー!!
死海とは何かって言うと塩分濃度が濃ゆすぎて、沈むはずの水中でまさかの浮いちゃってしまうっていう不思議な現象が起きる場所。



DSC00810.jpg



遠く見てると、早速浮いている人発見。
暑いし溶けそうだし、早く行かなくちゃ!!



DSC00812.jpg



お〜い、おっちゃん行くで〜〜!!
海の余韻に浸ってる暇ないで〜!!
暑すぎる…。



DSC00813.jpg

DSC00815.jpg

DSC00822.jpg



想像以上に海は透き通っている。



DSC00823.jpg



でも石とか見てみると塩が付いてる。
トゲトゲなので、これで足切る人とかもいるらしいから、気をつけないと。



DSC00824.jpg



って事で死海、初体験行ってきます!!
いやー、海って言ったら、可愛いビキニのお姉さんとかといちゃいちゃしたり、ビーチボールでえーいとか言って楽しむやつですよね。
水着のお姉さんに目がいきそうになるのを、見てるようで見てないようなフリしながら、ちょいちょい見て楽しむあれですよ。
想像したでけで、海って最高。
ここから始まる夏物語みたいな。



DSC00825.jpg



って、となりにいるのちけしやん…。
なんで、ちけしやねん…。
早くも僕の夏物語終了〜〜〜。
ヲワタ。


DSC00828.jpg

DSC00836.jpg



で、実際に試してみると本当に浮いちゃった。
下から、かなりの圧力かかるんで勝手に浮いちゃいました。
でも、この時点でちけしは足の傷が痛んでギブアップ!!
塩がすごくて、ヒリヒリするらしい。



DSC00838.jpg



で、僕はお決まりのポーズというか必殺技。
ぺろんちょ3兄弟の必殺技ペロペロ〜〜〜!!
のはずが、しょっぺーーーー!!
すぎちゃん、萌性さんごめんなさい。
僕、ぺろんちょ出来ましぇーーーーーん。涙



DSC00839.jpg



調子乗った事せずに僕はやっぱりのんびりするのが1番なんですよ。
って思ってたら、今度は…。



DSC00840.jpg



ちんち○いてーーーーーー!!
なんと言う事だ、恐るべし死海…。
人によっては浮いた事利用して、死海で読んだりとシャレた事するらしい。
じゃあ、俺たちは死海の上でパソコン持ってブログ書いてやろうじゃねーかと思ってシミュレーションしてみたけど、想像以上にバランス保つ事が難しく…リタイヤ。



DSC00841.jpg



死海から上がって、のんびりしてると、この男は今までの人生を思い返すように、何か考え事をしながら海を眺めていた。



DSC00844.jpg



石ころ投げたりとかしながら、青春時代を思い返すように。
すまん、隣にいるのは可愛い女の子じゃなくて、26歳のおっさんだ。
諦めてくれ。



DSC00845.jpg



ちけしの奥をのぞいてみると、中年のおばはん2人が海に浮いてるしな。笑



DSC00846.jpg



残念ながら、かっこつけても、僕には後ろのおばはん達がプカプカしてる事が気になって仕方ない。
すまん。



DSC00847.jpg

DSC00848.jpg

DSC00849.jpg



そして今回は特別にシャワータイムを公開。
き…キモチいい。
マンスールも、イブラヒムハウスも温かいシャワー出ないから、日光で暖かくなったシャワーは最高だ。
久々にシャワー浴びた感覚にさせられたよ。
な、ちけし?



DSC00853.jpg



ん?



DSC00854.jpg



なんじゃ、そりゃー!!
シャワーで溺れてるやんけ。笑
嘘だろ、おい?笑
どうやら、この後、復活したみたいだ。



DSC00857.jpg



シャワータイムはなかなかいいぞ〜。
ビキニのお姉さんが目の前通ったりもするし。



DSC00858.jpg



マジでさっき、ちんち○痛くなったから、ちゃんとシャワー浴びさせておかなくては。



DSC00859.jpg



気温見たら40度になってた。
そりゃー、暑いはずだわ。笑
気が狂いそうになったわ。



DSC00862.jpg

DSC00865.jpg



そして帰りもバスに乗って帰るんだけど、1時間に1本とかしか来ないから、50分くらい待ってなんとか乗車。



DSC00866.jpg

DSC00867.jpg





世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

超正統派のナンパ術

DSC00679.jpg



超正統派と呼ばれる黒いスーツを着たユダヤ教徒。
嘆きの壁で嘆いていた超正統派。
そんな彼らが住んでいる場所がある。
旧市街から新市街の方へ移動すると徐々に超正統派の方々が徐々に増えてくる。



DSC00680.jpg



メトロでも行けるけど、僕は歩いて行く事に。
メアシェアリム通りという場所を目指して途中途中聞いたりしながら到着。



DSC00681.jpg

DSC00682.jpg

DSC00683.jpg



新市街には都会化した場所と、このような住宅街に別れます。
超正統派が見られるのはこちらの住宅街。



DSC00684.jpg



この少年は何を見ているのだろう?
過去の歴史を見て、何かを学んでるのだろうか?
住居の壁に貼付けられた紙を見ながら小さいながらに、いろいろ考えてるのかな。



DSC00685.jpg

DSC00686.jpg



奥に進んで行くに連れて超正統派のスーツの人が多くなってきました。



DSC00687.jpg

スーツ。

DSC00688.jpg

スーツ。

DSC00689.jpg

スーツ。

DSC00690.jpg



全員がスーツなので、彼らにとっては普通の光景が僕にとったは異様な光景なのです。
ものすごく宗教心熱い人々の集まりなんだろうな。
毎日のように壁に唱えに行ってるんだろうな。
無宗派の僕には難しい事も多いです。
そんな彼らの生活などを観察してると1人の超正統派の人が声をかけてきました。



DSC00691.jpg



年齢は25歳。
正体不明。
警戒心MAXの僕は少々怪しいやつかと疑いつつも、彼の行動が気になったのでついて行ってみる事に。
今から、高級ショッピングモールに僕を連れて行ってくれるんだそうです。
本当に大丈夫なのか?
途中で変なとこに連れて行かれないか不安になりつつも超正統派の人と交流出来る事を期待しておりました。



DSC00693.jpg



しばらく歩いているとメトロがある通りに出てきました。
ここが新市街の栄えている場所。
若者達が多く、旧市街では全身をおおっている服を着ていた女性が、さここでは最近流行であろうファッションに変わっていました。
少し移動するだけで、こんなにも来ている服が違うのか。



DSC00694.jpg



メトロの乗り方も料金も分からないので、とりあえず彼には乗らないという事だけは伝えておきました。



DSC00695.jpg



新市街の街並みは旧市街の街並みと違い、バルセロナを思い出しました。



DSC00696.jpg



本当に彼は超正統派の僕が思っているようなまじめな感じなのか…
行動を見ている限り…???な行動がとても多く、若干好奇心を抱かせます。



DSC00697.jpg

DSC00698.jpg

DSC00699.jpg



バルセロナそっくりの街並みだ。
バルセロナと言えば盗難事件に遭った事が、あまりにも印象的だ。
絶対、次は失敗しないようにと思い、バックに南京錠をかける。
彼は僕を誘い出して、どういう目的なんだろう…。
そんな不安と好奇心が交差しておりました。



DSC00700.jpg



そして、タバコを吹かし、スイッチを入れた彼はまさかの…



DSC00701.jpg



すれ違ったり、近くにいる女性を躊躇する事無くナンパしまくり…笑
すでに、この時には数人目。笑



DSC00702.jpg

DSC00703.jpg



な…な…なんと言う事か…。笑
昨日まで真剣に嘆きの壁で唱えていたのに…。笑
やっぱり男だな。笑



DSC00704.jpg



あっさりかわされるかと思いきや、意外にお姉さん会話にとけ込んじゃってる!!
うっそーーーーーー!!
かわいい女性には、はっきり美しいと言うストレートな感じ。
やっぱり外国人は違うな〜、見習わなければ。笑



DSC00705.jpg



次は車を駐車させようとしている人に声をかけ、バックオーライとか言ってるし。笑



DSC00707.jpg



この子は、普通にスルーされてしまった。笑



DSC00708.jpg

DSC00709.jpg



でも全然気にせず陽気な感じ。
彼に嘆きの壁に行ってるのか聞いてみたら昨日行った〜って言ってた。笑



DSC00710.jpg

DSC00711.jpg



そうこうしているうちに、本当に高級ショッピングモール街着いちゃった。笑



DSC00712.jpg



と、そんな事言ってる暇もなく、次の女性に迷い無くアタック!!
全くもって、めげるつもりも無く、当たりまくり。笑


DSC00713.jpg



さすがだな…。



DSC00714.jpg



と言いつつ、僕も乗っかる!笑



DSC00715.jpg



超ノリノリだな。
その性格、お手本にさせてもらうわ。笑



DSC00716.jpg



マジでニコニコだよ。笑



DSC00717.jpg

DSC00718.jpg



香水コーナーでは試供品をバシバシ使いまくってたわ。笑



DSC00719.jpg

DSC00720.jpg



超正統派のナンパ。
当たって砕けても、ひたすら当たる。
押し負けるなと言う事でした。笑
あと、あまり気にしない。笑



DSC00785.jpg



最初はこんなイメージだったのに、いろいろいるみたいだ。
なかなか面白い。笑





世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

イスラエルの女性と少女に萌え〜〜

DSC00641.jpg



旧市街にやってきました。
イスラエルの旧市街は宗教色交じる不思議な場所。
キリスト教徒が集まるイエス・キリストの墓も、ユダヤ教徒が嘆く嘆きの壁も、イスラム教徒が礼拝する岩のドームも旧市街の中にあります。
若干、迷路みたいで、迷います。
旧市街の広さは大きなサッカースタジアムや野球スタジアムと同じくらいの大きさと言ったところか。
僕が目指すのは左の看板の岩のドーム。
どうやら9時と13時の2回しか行けないらし時間ギリギリに迫っていたので若干焦り気味。
向かってるけど、迷路になっててたどり着かないし、それらしき場所に入ろうとしても直前の検問みたいなところで銃を持った兵隊さん達に止められるのです。



DSC00642.jpg



旧市街こんな感じ。



DSC00644.jpg



で、結局岩のドーム行けずに嘆きの壁に戻ってきました。
毎日来ても、いい感じなのでまーいっか。
今日は珍しくなのか、昨日はいなかった女性隊員のみなさんが集合されてます。
か…か…かわいい。
金髪にサングラスとか本当に萌え〜ってやつです。
個人的には白のバックが大好きです。



DSC00645.jpg



何の集まりかは分かりませんがイスラエルにはこういうコスプレーヤーじゃなくて、こういう女性隊員の方が結構います。
中には銃持っている人もいるので気をつけなくちゃいけません。
変なエロ親父とかはお姉さんに軽く触れるという、若干セクハラっぽいやってる人も1人見かけました。



DSC00646.jpg



13時過ぎちゃったけど諦めず、岩のドームへの行き道を探す僕。
見つからんくて若干焦っています。
人に聞いて、あっちって言われるけどたどり着かない。
たどり着いた人はどこを通って行ったのでしょうか。
諦めるしか無いのか…。



DSC00647.jpg



楽器で演奏したりしながら大行進行われていました。
動画撮ったんですが、どうやら、ちけしの話によるとYouTubeにアップする方法があるらいいので、教えてもらって、しばらく慣れたらブログに動画を貼付けて行きたいと思います。
今までは簡単にアップ出来るfacebookページというものを利用して今まで撮影分の動画をあっぷしてたので。
こちらがふみさんの世界一周facebookページ→こちら
どこかのだれかさん(萌性って言います)みたいに、ひわいな事は一切つぶやいてないので大丈夫な感じです。



DSC00648.jpg



その目の前ではセクシーなお姉さん達がバックパック担いでましたね。
マジでギャップが堪んないですね。



DSC00649.jpg



まだ行進続いてる。



DSC00651.jpg



旧市街は宗教色交じる神聖な場所かと思いきや物乞いだったり、演奏してお金もらってる人もちらほらいます。



DSC00652.jpg



岩のドーム探しは実はまだ諦めていません。
探しながら歩いていると、可愛らしい少女達を発見しました。
いっぱい、いるなー。



DSC00653.jpg



あ、1人と目が合った。



DSC00654.jpg



か…かわいらしい…。
何とも微笑ましい風景なんだ。
岩のドーム行く予定がどーでも良くなってしまって、少女達の後ろ姿を追ってみる事にしました。
ストーカーとかロリコンとかじゃないからね、変な意味で捉えないでね。笑



DSC00656.jpg



よーく見てみると、ハローキティのキャリーバック持ってる。
かわいい〜〜。ますます気になって仕方ありません。
そういえばイスラエルであんまり人の写真撮ってなかったもんな。
少女の写真、可愛らしく撮ってみる事に。



DSC00657.jpg

DSC00659.jpg

DSC00660.jpg



写真撮ってるのバレた。
でも笑顔で笑ってる。
むしろ、僕に若干興味持ってるみたい。
これはうまく行くかも!



DSC00662.jpg



特にこの子はかなりの写真好きみたいでポーズとっては→写真撮影→確認するってのを繰り返してました。
か…かわいい。
も…萌え〜


萌性風に言うならば



萌え〜


こんな感じで良いでしょうか?
萌性さん。
なかなか彼のブログが面白くて書き方とか研究中。
ただ真似してみただけだけど。



DSC00663.jpg

DSC00664.jpg



子供達がどこかに向かってるので、ついて行く事に。
すると目の前でカップルが濃厚なチュ〜してる〜。笑
そんな事はお構いなしに進んで行きましょう。



DSC00665.jpg



徐々に少女達も写真が面白くなってきたのか、いろんなポーズしてくれるようになりました。



DSC00666.jpg



ヒゲ生やした変なおじさんは無視しましてと。



DSC00667.jpg



何枚か撮影してたら、とても良い写真が出来上がりました。
個人的には本日のベストショット。
世界中の子供達の元気な姿をたくさん撮影出来たらいいなと思います。



DSC00668.jpg

DSC00669.jpg

DSC00670.jpg

DSC00672.jpg



子供達と遊んだ後に、遠くを覗いてみると岩のドームが見えてきました。
金色の屋根のやつ。
明らかに遠いてことで却下。



DSC00673.jpg

DSC00674.jpg

DSC00675.jpg



近くに学校があったみたいで子供達がたくさん。
少年達はこのように帽子を被っています。



DSC00676.jpg

DSC00677.jpg


DSC00678.jpg



すると小学生くらいの2人組の子供達に声かけられました。
いい景色があるからって。
で、ついて行く事に。
で1分ほどついていく。
で、ここに案内されて、景色きれいだろ?って言われる。
で、写真撮ったら、マネーだと言われました。
マジかよ、こいつらと思ってたけど、少年達は常習的にやってるみたいで若干面倒臭くなってきました。
仕方なく、1万円あげると、めちゃくちゃ喜んで、後からお父さんであろう人に渡してました。
イスラエルの子供達は若干目つきが悪いようにも感じ、街中歩いていても少し嫌な気配を感じます。
結局、この子達もまだ幼いのに、観光客相手にお金を取ろうとする始末。
まー、おもちゃ銀行の1万円だから両替に行っても出来ないんだけどね。



DSC00780.jpg



次に向かったのが嘆きの壁。
ここはユダヤ教徒の神聖な場所です。
ここに入るには必ず、帽子着用しなくてはいけません。
帽子つけずに入ろうとした観光客にユダヤ教徒が大激怒してました。
スーツ姿の人達は超正統派と呼ばれ、とても熱心なユダヤ教徒みたい。
スーツじゃなくて私服の人にもユダヤ教徒はたくさんいます。



DSC00781.jpg



聖書みたいな物を嘆くというか呟いたり合唱したりしてました。
何度も頭を挨拶するように上下に動かしながら。



DSC00783.jpg

DSC00784.jpg

DSC00785.jpg



みなさん、嘆いておりましたので、僕も日頃、嘆きたいと思う事を嘆いておきました。
無職でどうしようかなとか。
年金もらえるかなとか。
ドル高にならないでとか。
まー、お金の話ばかりなんですけど。



DSC00786.jpg



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

あなたの1クリックでブログのモチベーションに左右されるナイーブなふみさん。笑

イエス・キリスト

DSC00608.jpg



イスラエルとパレスチナ。
現在では1つの国・イスラエルとして存在する。
この1つの国にイスラエル人(ユダヤ人)とパレスチナ人(アラブ人)が存在する。
1つの国でもイスラエルとパレスチナには、このようにチェックポイントが存在する。
自由に行き来出来る、ユダヤ人に対して、アラブ人がイスラエルに行く際には身分証などのチェックが必要となる。
そのチェックポイントを収めた1枚。



DSC00610.jpg



今日は再び、イスラエルから、パレスチナのベツヘルムにやってきた。
言語も、通貨も変わらないけど、この地域の人々はパレスチナの独立を常に望んでいる。
女性は、ユダヤ人もアラブ人も同様に全身を覆っている。
全員じゃないけど。



DSC00612.jpg



今日この場所に訪れたのは、イエスキリストの生誕地・生誕教会へ行く為。
パレスチナの人々に道を聞いていると親切に案内してくれる。
イスラエルの人々もパレスチナの人々もとても優しく、人懐っこい。



DSC00613.jpg



バスを降りて10分ほど歩いたところにそれはあった。
イエスキリストの教会。



DSC00614.jpg

DSC00615.jpg

DSC00616.jpg



今から2000年ほど前、天使ガブリエルがイエスキリストが誕生する事を予言した。
そして処女マリアがイエスを身ごもった。
当時、イスラエル(ユダヤ)はローマ帝国や宗教的指導者達に支配されていた。
ユダヤ人達は、その従いに苦しみ、独立を望んでいた。


ローマ帝国の命令で、住民登録令が発せられ、ユダヤの人々はそれぞれの故郷に帰らなければならなくなった。
その為、出産直前に控えたマリアと、夫ジョセフはやっとの思いで故郷ベツヘルムに戻るが、宿がなく、家畜小屋でイエスは誕生した。



DSC00618.jpg



近くに居た羊飼い達は、天使のお告げにより、イエスを拝見しにやってきた。(初めてのクリスマスとなった日)
ユダヤの王がベツへレムで誕生したと聞いたイスラエルの王様は、自分の地位を守るため、ベツへレムの2歳以下の子供達を全て殺させたが、ヨセフ夫婦は天使のお告げにより一足早くエジプトに脱出した。



DSC00619.jpg



イエスが30歳になった頃、ヨハネから洗礼(水に全身を浸す儀式)を受けた。
その後、荒野で40日の断食を行い、悪魔から3つの誘惑を受けたが、イエスは聖書の言葉により退けた。
そして布教を開始した。
漁師達を始め、様々なユダヤ人を自分の弟子とし、その中から12人を特別に選び、そばに置き教えた。



DSC00620.jpg



イエスは病人を癒した。
目に見えない人を見えるようにし、耳の聞こえない人を聞こえるようにした。
水の上を歩き、2匹の魚と5つのパンで5000人に食を与えた。
悪霊に取り付かれた人から悪霊を取り除き、立ち直れなかった人立ち直れるようにし、信仰の大切さ、愛、幸せ、天国の道などを教えた。



DSC00621.jpg



一方、ユダヤの宗教的指導者と対立が始まった。
ユダヤの指導が時間が経つにつれ、人々が誤って理解したり、人間的な解釈が付け加えられた事で、イエスはその間違いを正し始めたからだ。
イエスが行う様々な奇跡に人々の心はイエスに向かった。
指導者の立場が危うくなった宗教的指導者はイエスの行動は死に値すると決めつけた。
宗教的指導者はユダヤの人々がイエスを革命の王にし、ローマに対抗し戦い、イスラエル国内が混乱する事を恐れた。



DSC00622.jpg



その頃、イエスは奇跡により人を蘇らせる事が出来るようになり、その話を聞き、1度イエスに会ってみたいという人も増えてきた。
イエスは神殿で賭け事をした商売人を追い出した。
その事がさらに反感を買う事になり、数日後、宗教的指導者はイエスを殺す事を決めた。



DSC00623.jpg

DSC00624.jpg

DSC00625.jpg

DSC00626.jpg



そんな歴史を知らぬまま、僕はイエスキリストすげー!
クリスマス、クリスマスとはしゃいできた。
今年のサンタさんからのプレゼントは何かな?現金かな?ってね。
正直、今でもこんな事あり得るのかなと思ってるし、架空の世界なのかなと思ってるけど。
でも信者もいるので否定せず、肯定せず。



DSC00627.jpg



パレスチナの物価はイスラエルに比べると、安い。
飲み物とかでも缶ジュース1つにしても50円くらい差がある。
125円か75円かと言ったところ。
だから、コーラをがぶ飲みする。
イスラエルでもがぶ飲みするけど、こっちでも関係なく、がぶ飲み。
だって、暑いんだもん。
炭酸最高〜!!
骨溶けませんように。



DSC00628.jpg



パレスチナの歴史はとても難しく、もっといたかったけど、いつか国として認められる日が来るといいな。
イスラエルという国は兵隊たくさん送り込んだりと悪い感じに見えるけど、住んでいる人々は優しい人多いから悪い人じゃないと思う。



DSC00629.jpg



この後、ちけしとお昼から会う予定を入れてたので急いでイスラエルの旧市街に戻る事に。



DSC00630.jpg

DSC00631.jpg



バスの中では、僕に興味を持ったのかパレスチナの子供が絡んできた。
カメラが好きらしく、いじってた。
僕のカメラを。


DSC00632.jpg



英語の勉強も頑張ってたけど、訳がアラビア語?になってて何書いてるか分からない。
分かるのは、Apple juiceという美味しそうな名前。
すると、おばあちゃんの乗客がやってきた。
イスラエルの人々は優しい人が多く、おばあちゃんがいるとすぐに席を譲る。
子供、席を譲った。
僕の隣におばあちゃん座った。
こんにちは。



DSC00633.jpg



バス動き始める。
やべ、ちけしとの集合時間ギリギリ間に合うかな。
やべー、時間ないわー。
おばあちゃん、笑顔。
チョコレートくれる。
2個も。


DSC00634.jpg



えええええ?
ふみさん感動。
イスラエルの人々は親切だと改めて感じる。
そして、改めて旅のやりがいを再認識させられた。
やっぱし、現地の人々との交流なしに旅するのは無理だわ。
以前のような旅みたいに、積極的にならなくちゃ。
盗難にあってから、全てが消極的で、交流する事に警戒して、旅が本来のスタイルからズレておりました。
パレスチナからイスラエルに戻る時、パレスチナ人だけチェックポイントで降ろされて銃持った兵隊に身分証のチェックされてた。
毎回、チェックとか絶対面倒だし、嫌だわ。
早く独立出来たらいいのにね。



DSC00722.jpg



結局、ちけし君とはすれ違いで集合場所で会えなかったので、1人で旧市街にあるイエスのお墓に。
イエスは翌日自分が十字架にかかる事を知った。
そして、弟子達と最後の夕飯(最後の晩餐)をともにした。



DSC00723.jpg



弟子達に遺言とも言える最期のメッセージを残した。
自分が翌日十字架にかけられる事。
その3日後に生き返る事。
逮捕や十字架から逃げる事は可能だったイエスだが、それをしませんでした。



DSC00730.jpg



食事が終わり、オリーブ山に祈りに行くが、弟子の1人ユダの裏切りにより、居場所が知られ、オリーブ山で逮捕された。
その後、イエスは十字架にかけられ、息を引き取った。



DSC00739.jpg



たくさんの信者がこの場所に集まり、イエスに祈りを捧げにやってくる。
世界中のキリスト教信者にとってここは聖地なのであろう。



DSC00740.jpg

DSC00747.jpg



さきほどの弟子達とはこの絵の人達の事なのだろうか。
無宗派の僕にとっては、いまいち理解が出来ない点も多く、難しすぎた。



DSC00749.jpg

DSC00750.jpg



いよいよ、イエスキリストの墓場にやってきた。
大行列で、ここまでくるのに1時間近く待つ事になった。



DSC00755.jpg

DSC00757.jpg



頭をつけて深く祈りを捧げる信者達。
奥の扉をくぐると、本殿になる。



DSC00758.jpg

DSC00762.jpg

DSC00764.jpg



本殿の扉をくぐった。
入った瞬間から奇妙な雰囲気を感じた。



DSC00765.jpg

DSC00769.jpg

DSC00770.jpg

DSC00771.jpg



そして、僕の目の前に世界中から崇拝されているイエスキリストのお墓が存在する。
この場所に僕1人。
目の前にはキリスト。
ドキドキ…。
はじめまして、こんにちは。
吉崎ふみっていいます、よろしくです。
いまいち僕には空想の世界観過ぎて理解出来なかった部分も多かったけど、世界中に信者がいるってことはすごい人なんだろうな…。



DSC00772.jpg

DSC00773.jpg



少しすると、次の方が入ってきて深く頭を下げて、このように礼拝していた。



DSC00774.jpg

DSC00776.jpg

DSC00777.jpg



世界一周ブログランキングに参加しています。
よかったら、トマトの世界一周押してもらえると1日1回クリックで10点入り、ブログの順位が上がるので嬉しいです。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

あなたの1クリックでブログのモチベーションに左右されるナイーブなふみさん。笑

しばらくお休みzzz

DSC00561.jpg



イスラエルの旧市街にやってきました。
ここには、嘆きの壁やイエス・キリストの墓などがあります。



DSC00562.jpg



観光地化されているという事もあり、観光客がたくさんいました。



DSC00563.jpg

DSC00564.jpg



こちらが嘆きの壁。



DSC00565.jpg

DSC00566.jpg



何かを唱えながら嘆いてるようです。



DSC00567.jpg

DSC00568.jpg

DSC00569.jpg



こちらがイスラエルの国旗。



DSC00571.jpg

DSC00572.jpg

DSC00573.jpg



次に向かったのがイエス・キリストのお墓。



DSC00574.jpg

DSC00575.jpg

DSC00576.jpg

DSC00577.jpg

DSC00578.jpg

DSC00580.jpg

DSC00582.jpg

DSC00583.jpg

DSC00584.jpg

DSC00586.jpg

DSC00587.jpg

DSC00588.jpg

DSC00589.jpg



すごいオーラを感じました。



DSC00590.jpg

DSC00591.jpg



お腹が減ったのでケバブ食べました。




おわり。
すいませんが、しばらくブログお休みしようと思います。
ほぼリアルタイムで毎日あった出来事を、その日のうちに更新するのは体力的にも厳しく出来そうにないですし、ある程度宗教について勉強したものの、みなさんに説明出来るほどではなく、中途半端にブログを書く事に気持ちが前に進みません。
少し体力的にも気持ちの面でも、ゆっくり出来たら毎日更新出来たらいいなと思います。
おやすみなさいzzz





よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

パレスチナ自治区 ベツヘルム

DSC00511.jpg



毎日、宗教について勉強しているものの、まだまだ分からない事が多いです。
他の方々のブログを見てると、すごく詳しく書いていてすごいなと思います。
実際に行ってみて、帰ってきて勉強して、もう1度行ってみてと繰り返して行くうちに分かってくるのかなと思いながらも頑張っています。
続いてパレスチナ自治区のベツへレムのアイーダ難民キャンプに行ってみました。
キャンプ場と言っても、以前そうであっただけで今は難民キャンプではありません。



DSC00512.jpg

DSC00513.jpg



今では普通に人々が生活していますし、みんな気さくに声をかけてくれます。
イスラエル人もパレスチナ人もヨルダン人も含めて中東の人々は気さくで陽気に声をかけてくれます。
ニーハオばっかり言われるけど…。



DSC00514.jpg

DSC00516.jpg



壁を通じて、パレスチナの独立を訴えてると思われるデザイン。
このようにパレスチナとイスラエルを隔てる壁は数百kmに渡りあり、今もなお、壁は作られ続けているんだそうです。
イスラエル人がパレスチナ人のデモ暴動を抑制する目的があるんだそうです。
なのでパレスチナ人がイスラエル側に行く際には許可証などが必要だったり、厳しくチェックなどあり時には数時間に渡るんだそうです。



DSC00517.jpg

DSC00518.jpg

DSC00520.jpg



壁の手前には以前、家が建てられていたらしいのですが、イスラエルによって壊されたんだそうです。



DSC00522.jpg



壁にスプレー等で何かを訴えている観光客もいます。



DSC00521.jpg



目の前のがれき等は壊されて残った跡なのかもしれません。



DSC00524.jpg



1948年にこの場所が難民キャンプになった場所と書いています。



DSC00525.jpg

DSC00526.jpg

DSC00527.jpg

DSC00528.jpg



子供達は僕たち、外国人に興味津々。
至る所で声をかけてくれます。



DSC00529.jpg

DSC00541.jpg



こちらがパレスチナ自治区の国旗。
アメリカ以外の国は国として承認しているのですが、国連常任理事国の全ての国からの承認が得られなければ国として認められない為、現時点では認められていないという形になります。



DSC00542.jpg



分離している壁にはたくさんのアートやメッセージが書かれています。
パレスチナに自由を。



DSC00544.jpg

DSC00545.jpg

DSC00546.jpg

DSC00547.jpg

DSC00548.jpg

DSC00549.jpg

DSC00551.jpg

DSC00552.jpg



今まで旅してきた国でこんな国に来たのは初めてで深く深く考えさせられるばかりです。
何も調べずに観光として来るのも1つの旅。
でも、この場所に来て、何も歴史を知らずに終えるのは、今の僕には出来そうにありません。
歴史が深く、まだまだ未知な点が多いですが、パレスチナの人々がいつか独立出来たらと感じさせられます。
両者にはそれぞれの言い分があると思います。
今回はパレスチナ側を回った事でパレスチナ側の受けている現状や悲しみ、思いなどを少し学んだように思います。
ただ、パレスチナの若い人はイスラエルに入国した事が無い人が多く実際に行ってみないと分からない点も多く、いろいろな話をおじいさんやお父さんから聞き、看板や壁などを見て、強くパレスチナに対する復讐心や憎悪の感情を抱いて居る人も多いらしいです。
ある程度の年齢になるとイスラエルに行く事が出来、そこでイスラエル人と交流する事でいろいろ知る事実等もあるようです。
聞かされている話を全て真に受けた結果、過激派などはテロや暴動を起こしているそうです。
ヘブロンでもそうだったけど、子供達は隔離されたような場所で暮らし続け、イスラエルが包囲してるため、イスラエルにも外国にも行けず…場所によっては通っては行けない暗黙の道などもあり、とても悲しい現状を感じました。



DSC00518.jpg



先ほどのこちらの写真…何を感じたでしょうか…。
つい最近までイスラエルとパレスチナが自分たちの宗教を巡り、戦争を起こしているガザ地区。
右側のパレスチナの青年は、自分の顔を隠し、石を投げてパレスチナ兵に応戦しようとしています。
でも、正体がばれると家族も含めて全て捕らえられてしまう為、自分の身を隠しつつ、戦っている姿を訴えているようです。
中には捕まり、兵に捕らえられた姿も。



DSC00554.jpg



イスラエル側に戻る際のこのように仕切りがあり、その向こうでは手荷物チェックやパスポートチェックもあります。



DSC00555.jpg



このような大きな壁に仕切られて…。
そして今も増設している壁…。
少しずつ圧力をかけていきつつ、イスラエルはいつか100パーセント、パレスチナをイスラエルのものにしようとしているのかな。
あまりにも、難しすぎる問題で僕にはまだ理解出来てない点が多いのかな。
イスラム教、ユダヤ教、キリスト教…複雑に絡み合い、争い合う…。



DSC00556.jpg

DSC00557.jpg



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

パレスチナ自治区

DSC00448.jpg



イスラエルに来て、宗教の事にすごく考えさせられています。
まだまだ勉強中で理解出来てない事も多く、ブログでみんなに伝えられるほどの知識はありません。
インターネット等で調べたらいろいろな情報が出てきますが、今回、情報とか関係なしに行ってみて感じた事を素直に書いてみたいと思います。
今回、同じ宿の大学生がパレスチナ問題を勉強していて、案内してくれる事になり、パレスチナ自治区のヘブロンに行ってみました。
このパレスチナ自治区のヘブロンはパレスチナの中でも、イスラエルの監視がとても激しい場所と言って良いと思います。



DSC00451.jpg



到着して、すぐにイスラエル兵が銃を構え、走ったりしていて緊張しました。



DSC00452.jpg



なかなか兵隊を直接撮影する事は難しく、後ろから撮影。
間違って撃たれないか心配にもなります。
いきなり集団で走って何かを追いかけているので怖い…。



DSC00454.jpg



ここはパレスチナだとパレスチナ人(アラブ人)が壁に訴えています。
そもそもなぜイスラエルという国でパレスチナ人がここはパレスチナと訴えてるのでしょう…。



DSC00456.jpg



全ての1階の扉は南京錠によって閉ざされています。



DSC00459.jpg



上を覗くと、このような金網があり物が投げ落とされています。



DSC00461.jpg



ヘブロンの中に入るにしてもセキュリティー等があり、ますます緊張します。



DSC00465.jpg



このパレスチナ自治区に入り、最初の道を通ろうとすると誰1人いない…。
まるでゴーストタウンのようで緊張感があり、全く違う空気を感じます。
気味が悪い…。



DSC00466.jpg



建物の1階は全て頑丈な鍵で固定…。



DSC00467.jpg



道を歩いているのはイスラエル兵のみ…。



DSC00469.jpg



そうやら、向こう側にパレスチナ人が住んでるようです…。



DSC00470.jpg



車などでパレスチナ人を通させないように大きな石などで行き止まりを作っていました。



DSC00471.jpg



本当に誰もいない…怖い…。



DSC00472.jpg



ここに住んでいる住人が訴えています。
イスラエル人によるアラルトヘイト(人種隔離政策)だと。



DSC00473.jpg



ヘブロン同盟という、それぞれパレスチナとイスラエルの土地を決めたのも関わらず…



DSC00478.jpg



イスラエル側が同盟を破り、土地を占領してきたと壁に訴えています。



DSC00482.jpg



上からイスラエル兵がパレスチナ人を監視。



DSC00486.jpg

DSC00487.jpg

DSC00490.jpg



誰も人がいなすぎて本当に怖い…。



DSC00491.jpg



もともとはパレスチナ人(アラブ人)の国であったパレスチナ。
そこにイスラエル人(ユダヤ人が)勝手に自分たちの国だと言い始め、ある日突然、全ての家の1階をこのように封鎖し、嫌がらせを始めました。
あくまでも武力行使はせずに。
先ほどの金網も、イスラエル人による嫌がらせで以前はレンガなども投げ込まれていて非常に危険だったらしいです。
そこにイスラエル人が住み込み始め、終いにはこの場所はイスラエルの物だと訴え、世界中から承認をもらい、パレスチナにイスラエルという国を作ってしまいました。



情報が間違ってたらごめんなさい。
まだまだ勉強中で、わずか数日の滞在ではまだまだ理解出来てない部分も多く、情報が誤ってる部分もあるかもしれません。
もし、間違ってたら、ご指摘頂けると僕自身の勉強にも繋がり助かります。



DSC00492.jpg

DSC00493.jpg



途中でパレスチナ人の住居に繋がる道を見つけました。
近づくと、イスラエル兵の目に止まりそうなので、ほどほどに。
先ほどの道も誰もいない道も本当はパレスチナ人の道なのに、通ってはいけないような暗黙の了解があるらしいです。
通るにしても何時間もイスラエル人にチェックされたり、嫌がらせのような事もあるらしいです。
とは、言っても買い物に行くにも、お参りに行くにもあの道を通る必要があるらしく、かなり苦痛を感じているのは間違いないようです。



DSC00496.jpg



パレスチナなのにイスラエルの国境が掲げられています…。



DSC00499.jpg



監視するイスラエル兵と道を歩くパレスチナ人という不思議な光景です。



DSC00500.jpg



上から監視するイスラエル兵。
毎日のように監視される生活というのもいいものではありません。
パレスチナ人による暴動などを防ぐため、24時間態勢で監視にあたり、自治区の中にイスラエル兵が寝泊まりする施設もあります。



DSC00501.jpg



パレスチナ人の民家。
パレスチナの子供がイスラエル兵に何か叫んでました。



DSC00502.jpg



パレスチナ人にとって、大事なマークらしい。



DSC00504.jpg

DSC00505.jpg

DSC00510.jpg



パレスチナ自治区ヘブロン…。
最初にここに来て、いろいろ考えさせられる。
でも、数日の滞在だけでは、パレスチナの歴史を理解するのはあまりにも時間が無さ過ぎる気もする。
少し時間をかけて、いろいろ学んで行こうかなと思う。


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。