スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産 タージ・マハル

DSC07742.jpg


朝、5時半。
タージマハルを1番乗りする為に、チケット売り場にやってきました。
ちなみに、タージマハルのチケット売り場が開くのが5時半で開門が6時です。


DSC07743.jpg


まだまだ外は薄暗く、あまり人が多くはいません。
チケット買う時点で欧米人が順番、勝手に追い越したので1番乗りするというは出来なくなりました。笑


DSC07745.jpg


こちらの通路を迷路のように進みながら入り口まで向かいます。


DSC07746.jpg


並んでると、早朝からランニングをしてるインド人もちらほら。
部活かな?


DSC07747.jpg


徐々に人が並び始めます。


DSC07748.jpg


インドの警察にたらい回しにされた結果、少し後ろの順番になっちゃいました…。。。


DSC07750.jpg


門からは徐々に朝日が差し込んできます。


DSC07751.jpg


6時少し過ぎに開門されると、手荷物検査などをして、中に入ります。
リュックサックを持って行ったものの中身までは検査されませんでした。
門をくぐると、すぐに見えてくる門。


DSC07752.jpg


若干、人もちらほら。
どうやら、反対側の門の方が先に開いていたみたい。


DSC07753.jpg


中からはタージマハルが少し見えて来ました。


DSC07754.jpg


おーーー、すげーーーー!!
タージマハルじゃん!!


DSC07757.jpg


いや〜、もう驚きしかありませんね。
タージマハルは僕のアジアの旅のゴール時点と位置づけた場所であり、よく日本でインドカレー屋さんに行くと、ポスターを張ってあって、いつか行きたいな〜って夢見てた場所であります。


DSC07765.jpg


さらっとタージマハルを解説いたしますと、
ムガル帝国5代皇帝シャー・ジャハーンの妃ムムターズ・マハルのお墓。
シャー・ジャハーン皇帝が熱愛した妃ムムターズ・マハルが亡くなったのは、1631年。
その死を悲しんだシャー・ジャハーンが建築狂らしく、ムガル帝国の国力を傾けて(実際、国は傾いた)このタージマハルを建設し、その愛を表現しようとした。
世界各地から貴石が取り寄せられ、また職人が集められ、22年といわれる歳月と天文学的な費用をかけて1653年に完成したとされている。


DSC07782.jpg


どちらかというと早い時間は外国人の観光客がいっぱいいたように感じました。
インド人ももちろん、ちらほら。


DSC07783.jpg


後ろを見ると、門が水に反射して映っててキレイです。


DSC07785.jpg


タージマハルも水に反射してキレイ。


DSC07790.jpg


ずっと憧れていた場所に来れたという事は1つの目標が達成されてなんだか感慨深くなります。


DSC07791.jpg


僕と萌性さん。


DSC07794.jpg


少し時間が経つと門の前の撮影スポットは人でいっぱい。
早い時間に行って撮影して正解でした。


DSC07795.jpg


白く美しく、朝日がタージマハルを照らす事で余計に美しく感じます。


DSC07804.jpg


嬉しくて嬉しくて仕方ない気持ちを抑えながら建物の中に進んで行きます。


DSC07807.jpg


途中、リスさんを発見。


DSC07819.jpg


近づいてみると、やっぱしデカッ!!


DSC07820.jpg


朝日がめっちゃキレイ!!


DSC07832.jpg


もう僕は、タージマハルが大きい事か美しい事か、朝日がキレイばかり言っておりました。


DSC07833.jpg


このような大きな扉の中に入ると、お墓が置いてありました。


DSC07834.jpg


でも残念だったのが、この美しいタージマハルが落書きされていたという事です…。
観光客のマナーに少しガッカリ。。。


DSC07839.jpg


反対越しには川が見えます。


DSC07840.jpg


こちらに本来、黒いタージを建設する予定だったとか…。


DSC07841.jpg


デカッ!!


DSC07843.jpg


タージマハルからの景色。


DSC07844.jpg


ここでタージマハルに1番に入る方法を自己流に解説。
まず、タージマハルには東、南、西に3つの門があります。
南は朝8時からしか開かないので、朝6時に開く西か東にいる必要性があります。


チケット売り場は西と南にしかありません。
今回、僕たちは西門でチケットを買って西門に並んでました。


でも入ってみると、東門の方がすでに開かれてた訳です。
運にも寄るのですが、たぶん東門の方が早く開く可能性は高いと思います。


でも、チケット売り場がないわけです。
って事で、前日にチケット買ってしまって、当日、朝1番で西門にいるのがベストだと思います。


チケットは750ルピー(1400円くらい?)
当日券とかじゃないので、いつチケットを買っても問題ありません。
水と靴カバーを必ず貰うようにしてください(もしくはチケット売り場の前に置いてある)
靴カバーが無いとタージマハルの建物内に入れません。
僕たちは無かったので一旦、引き返しました…。


DSC07821.jpg


花も添えられていて、なんだかおとぎ話のような風景です。


DSC07822.jpg


この時ばかりは風景が僕を輝かせてくれてるように感じました。笑


DSC07828.jpg


世界遺産 タージ・マハル


DSC07770.jpg


そして4つ目のキーワード    で   !!


DSC04480.jpg


世界遺産 アンコールワット


DSC05198.jpg


無人島 ピピ・レイ


DSC07770.jpg


世界遺産 タージ・マハル


DSC05709.jpg


マリーナベイサンズ


と、言う感じになっております。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。