スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人が好きになった瞬間

DSC07717.jpg

DSC07718.jpg


悪いインド人ばかりで僕自身、インドの場所は好きだけど、インド人が嫌いという現象が起きてました。
このままでは、インドを楽しんで旅を終える事が出来ない…
そんな葛藤の中、僕自身、客引きやオートリキシャに過敏に反応し過ぎるのも良く無いと感じてました。


DSC07719.jpg


ふざけた事や騙して来た時にどれだけ冷静にいられるか、すぐぶちキレないように出来るかという事は僕自身が成長しいて行く上では絶対必要な事であり、もし、この壁を乗り越える事が出来るならば、きっと日本に帰ってからの生活は悪いインド人以上に悪い日本人に会わない限りは、キレる事がないくらい、器の大きな人間になれるんではないかと感じてました。


DSC07720.jpg


どうすれば、インド人がいきなりふっかけて来たり、騙してくる状況に臨機応変に対処出来るか…
そんな事を考えながら、バナラシでの出来事を反省をしていました。
電車の出発まで時間がない状況でオートリキシャは別ルートを吹っかけて来てさらに100ルピー払えと…
冷静に考えれば聞いてないふりをするか、NOの一点張りで済んでたものの、時間がない事に焦り、ふっかけられた事にムキになり、その結果キレてしまった。
むしろ勝手に行かせて、お金は払わないという全くブレない気持ちを持ってたら良かったなと思いました。
いろいろ考えた結果、
何かぼったくってきたり、ふざけた事を言って来たら、インド人はギャグを、かましてるんだ。
逆に突っ込み入れるか、とぼけて対応しておけば、深く考える事もないし、ムキになる事もないという結論に至りました。


タージマハル周辺には、たくさんのお土産屋さんがあります。
修学旅行などで学生さんもいっぱい。
女の子はお土産選びやアクセサリー探しに夢中。
やっぱり、女の子は買い物が大好きなんだね。


DSC07721.jpg

DSC07722.jpg


タージマハル周辺には、たくさんのお土産屋さんがあります。
修学旅行などで学生さんもいっぱい。
女の子はお土産選びやアクセサリー探しに夢中。
やっぱり、女の子は買い物が大好きなんだね。


DSC07723.jpg


僕はタージマハルのマグネットのお土産屋さんを見つけたので写真撮ってました。
いろんなデザインがあっていいね~。

すると店員のインド人が写真撮ったからお金払えと言って来ました。
あ…早速来たか。
でも、インド人がギャグかましてきたと冷静に捉えて、僕もとぼけた事を言い始めます。


DSC07724.jpg


ワタクシはニッポンから来た旅行ジャーナリストだ。
有名店を取材する為に写真を撮ったノニ…
仕方アリマセンネ。
ココのお店を取材するのは辞めておきマショウ。


DSC07725.jpg


すると、慌てるインド人。
待つんだ待つんだ。
だったら、ウチの店の名刺も宣伝してくれ。
という事で、名刺持たされて写真を撮らされます。
店の商品もスムーズに撮影許可を頂き、インド人のギャグにとぼけて返す作戦成功となります。
若干、あれも撮れ、これも撮れとウザさはあったけど。。笑
君も店の商品と一緒に入って撮らせてくれと多少面倒ではあったものの、冷静に対処出来ました。


DSC07726.jpg

DSC07727.jpg

DSC07728.jpg

DSC07729.jpg


そういう絡みを繰り返して行くうちにインド人がだんだん面白く感じて来ました。
それにアグラの子供達は外国人の僕たちに興味津々。
Helloと声をかけて来たり絡もうとしてきます。


DSC07730.jpg


子供と絡むのが大好きな僕は、すこし嬉しい気持ちになりました。
コルカタやバナラシの子供達と絡む事はあまりなかったし、特にバナラシの子供達は徹底してお金くれと言って来てたのでなかなか仲良くなる事はありませんでした。


DSC07732.jpg


そして夜、悲しい事が起きてしまいます。
50ルピー(100円)でトマトチーズサンドイッチを頼みました。
メニューの写真から僕は日本で出されるサンドイッチを想像してたのですが出て来たのはこれ。笑
物価が5倍違うので、もし日本で500円で注文して、これが出て来たらマジでショッキングな訳です。


悲劇は前回もありました。
ミルクシェークを頼んで冷たいシェーク気分を堪能しようとしてたのに、届いたのは、ぬるい牛乳でした。
その時のショックと味を思い出しただけで悲しい気持ちになります。
確か30ルピー(60円)だったので、日本で300円のミルクシェーク頼んで、生温い牛乳出て来たら、みなさん含め僕もショッキングな気持ちになるはずです。涙。


DSC07733.jpg


夜、歩いてるとラクダさんが歩いておりました。
ラクダが路上で歩くというのは初めての光景で何だか驚きもありました。


DSC07862.jpg


翌日、仲良くなったリキシャのおっちゃんに城まで連れてってと頼んで乗る事にしました。
すると、リキシャのおっちゃんは、途中でお土産に寄ると言い出しました。
萌性さんは、城以外の余計なとこは行くなと怒る中、なんだか冷静な僕がいました。


そんな、ふざけた事かましてきたら、僕がおっちゃんと入れ替わって、おっちゃんがお客さん、僕がリキシャをこいでいくという、オモロい事かましたろうかなって。笑
そんな事を想像しながら、リキシャから降りて歩いて城まで行く事にしました。


DSC07863.jpg


歩いているといろんな発見があります。
僕たちが見て来たのは主に観光地のエリアだったけど、1歩、観光客が通らないような道を通ってみると、いろんな出会いがありました。


DSC07864.jpg

DSC07865.jpg


家族で仲良く家でゆっくりしてる家族を発見し、案内されたのでお話ししてみる事にしました。
すごく家族団らんを楽しんでて、みんな笑顔。
なかなか街中でこんな光景を見てこなかっただけに、心が和みました。

DSC07866.jpg


お母さんもおばあちゃんも大笑い。
しまいには、お母さん、パーティグッズを持って来て笑いを取り始めました。
インド人がこんな事してるのに、驚きと笑い。


DSC07867.jpg


みんな子供のように大笑いをしている姿に、やはりインド人は感情豊かなんだな~って思いました。
映画の時だって、映画なのに大盛り上がりで歓声や拍手なんかも起きてました。


決闘をするはずだったサドゥー先輩もそうだったんですが、ホーリー祭りの最中に僕たちと最後の別れに結果的になったのですが、その時、実は先輩の眼から涙が出てました。
その時はなぜ先輩が泣いてるのか分からなかったのですが、その日以降、先輩は僕たちの前に姿を現す事はありませんでした。
僕が思うに、いつも先輩のとこ通ってたので、最後の別れが悲しくて先輩は涙を僕たちの前で流し始めたのではないかと思ってます。


DSC07868.jpg

DSC07869.jpg


お母さんは奥に行きました。
何をするのかなと思ってたら…
おもちゃの斧を取り始めました。笑


DSC07870.jpg

DSC07872.jpg


その後、その光景に子供達が珍しがって集まって来ました。
なので子供達と遊びます。
子供達の笑顔はやっぱし純粋。


DSC07873.jpg


僕が見て来た、お金をせびる子供達は1部であり、インドの子供達がみんながみんなそうではない。
逆にそういう風に外国人から物乞いのように教育されてしまった子供達も悲しく感じてしまいました。


DSC07874.jpg


この子はとても人懐っこく、ずっと僕のそばから離れようとしませんでした。


DSC07875.jpg

DSC07876.jpg


今まで牛ばかりしか見なかったものの、この少し入った道にはヤギさんもたくさんいます。


DSC07878.jpg

DSC07881.jpg

DSC07882.jpg

DSC07883.jpg


子供達と遊んだ後、城に向かって歩いて行くと、ラクダさんを発見しました。
ラクダさんはおむつをしております。笑
おむつをしてないラクダさんは、道にう○こしちゃうからです。笑
公園の草取りをしているおばあちゃん。


DSC07884.jpg

DSC07885.jpg


ようやく途中、金目的でやってくるインド人達をかわしながら、アグラ城にやってきました。
ちなみに世界遺産です。
1565年に作られたとの事。
インカ帝国の権力の象徴だったみたい。


DSC07886.jpg


旅仲間の萌性さんと記念撮影。
ちなみに、インドの床屋で髪切ってもらったら、とんでもない事になってて、終了後、めちゃくちゃ文句言ってました。笑
なのでオレンジターバンでアレンジしております。笑(僕の推測w)
入り口をくぐると、このような大きな壁が立ちはだかります。


DSC07887.jpg

DSC07889.jpg


中には修復中の箇所も。


DSC07890.jpg


この大きな建物に進んで行く訳です。


DSC07891.jpg

DSC07892.jpg

DSC07895.jpg

DSC07898.jpg

DSC07900.jpg


インドの女性はサリーを来てる人が多いけど、私服ってのも珍しい。


DSC07901.jpg

DSC07903.jpg


むこうには、タージマハルものぞけます。


DSC07904.jpg

DSC07905.jpg

DSC07907.jpg


きれいな緑の木。
下にはカップルがお話ししてました。
なんだか絵になってます。


DSC07909.jpg


木にはリスさんがどんぐりを頂いてます。
リスは何て鳴き声なのでしょうか?
分かりませんが、ちゅーちゅーって事にしておきましょう。


DSC07912.jpg


ちゅーちゅー。


DSC07918.jpg


ちゅーちゅー。笑


DSC07922.jpg


リスさん、可愛過ぎです。
かなり夢中になってシャッター押しまくってました。笑


DSC07926.jpg


とても大きな城壁。


DSC07930.jpg


家族で観光に訪れたみたい。
やっぱし、インド女性はサリーが象徴だね。


DSC07932.jpg


この前、散髪してもらったライバル店発見。笑


DSC07933.jpg


食べ物にたかる、ハエや虫達。
やっぱし、インドの汚さはカオス。笑


DSC07934.jpg




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ
このfacebookページをいいね、押してもらえると更新の度に、タイムラインに載ると思います。
時間あればリアルタイムを呟いてるので、興味あったら見てみてください。
Facebookしてる人限定で覗けるので、してない人は、見せてあげれずゴメンなさい><


スマホ表示の方はページを1番上にスクロールして右上のPC押してください。
背景が緑水色の方はスマホ表示、背景が青で周りに☆があるのがPC表示です。
背景を青にしてください。
スマホ表示だと写真が半分で切れているはずなので、PC表示で写真を全表示にしてもらえると嬉しいです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

イヴリンさん

いつも読んで頂きありがとうございます。
数あるタージマハルの写真の中から僕の写真を選んで頂けるとは少し恥ずかしくもあり、嬉しい気持ちでもあります^-^
また思い出したい時に写真を見て思い出して頂けると嬉しいですね!
僕のブログが、何かしらのきっかけになれて嬉しいです^-^
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。