スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レバノン料理で昇天。

DSC09303.jpg


翌朝、ムツミさんは出勤で朝早く仕事に行かれました。
僕は、ジェフさんが散髪中なので終わるまで周辺を散歩したりして過ごしてました。


DSC09304.jpg


ジェフさんは英語の先生をしていてお昼から仕事なので僕を本日宿泊予定のユースホステルまで車で連れて行って頂けます。


DSC09305.jpg


本当にいろいろな部分でおもてなしをして頂き感謝でいっぱいです。


DSC09306.jpg


公園やスーパーマーケットを散策して30分程でジェフさんの散髪が終わったのでユースホステルに連れて行って頂きます。
それにしても高級車がいっぱいだし、道路も広くきれいで高層ビルがいっぱいでドライブをしているだけでも景色が新鮮です。


DSC09308.jpg


そして本日はユースホステルに宿泊です。
ドミトリーで100Dh(2700円)。
ドバイの中では安い方です。
が、wifiが一日1350円なので、しばらくはwifiが使えなさそうです。


場所はメトロ・グリーンラインのstadium駅で降り、降りると目の前にハイパーマーケットがあるので、そこを300メートル程、右に進むとあります。


DSC09307.jpg


お部屋の中はこんな感じで4人部屋で冷蔵庫も完備されております。


DSC09309.jpg


少しお昼寝をして、以前からムツミさんにぜひドバイに来た際はレバノン料理を食べに行きましょうと誘われていたので夕方待ち合わせをして行く事にしました。
待ち合わせはメトロ・レッドラインのAl Rigga駅。
降りると、モスクがありました。
モスクは数キロ半以内に必ず1つ置かなければいけないという事が国のルールで決まっている為、至る所で見る事が出来ます。


DSC09310.jpg


降りて、すぐに思ったのが、ここ福岡市中央区の桜坂駅で降りてすぐの景色と全くそっくりじゃんって思いました。
まー、ローカルネタなんだけど。
ムツミさんは前、福岡市住んでたので、自分が言いたい事が伝わる訳です。
確かに桜坂で降りたら、まさしくこんな感じだね〜、そう言われてみればってね。


DSC09312.jpg


良い具合に夕日が差し込みながら、行く予定の店探しをします。


DSC09313.jpg


でもどこか分からなくなって、いつの間にかスーパーに。
僕は、ドバイのスーパーだ大好き。
想像と違ってめちゃくちゃ安い。
コーラとかスプライトとか缶ジュースが50円くらいで売られているしね。
僕はアップルジュースが安くて美味しいので、毎回スーパー行ってはアップルジュース買ってるんだけど。
パンとかも60円ちょいとかで買えちゃうよ。


DSC09314.jpg


徐々にいい感じで夕日が沈む。
UAEの国旗が風になびかれる。


DSC09315.jpg


そして当初行く予定だった店とは違うけど、別のレバノン料理屋さんに到着。
まずは、ムツミさんおすすめのミントレモンティーを頂く事に。
今までに飲んだ事がない。
でも飲んでみると、レモンのすっぱさとミントの和やかさがマッチし、絶妙な甘さ、酸っぱさ、苦さを繰り広げめちゃくちゃ美味しい。
これを福岡の天神で売ったらバカ売れするに違いない。
商売目線になってしまう。
それくらい間違いなく流行るだろう。


DSC09316.jpg


そして、前菜が運ばれる。
久々に新鮮な野菜が食べられて、とても嬉しい気持ちになる。
インド、ネパールではなかなか難しかったから。


DSC09317.jpg


席はあえて外にして、夜風と景色を楽しみながらの食事が始まる。


DSC09318.jpg


そもそもレバノン料理とはどういうものなのか知らなかった僕は、どんなものが出てくるのかワクワクなのである。
ついでに久々に魚料理が食べれるという事もあって若干興奮気味。
食べる前からイッちゃうのではないかと心配だ。


DSC09319.jpg


野菜も、新鮮なだけあって、歯ごたえもよくケチャップと絡めるとさらに食欲を促進させる。


DSC09320.jpg


ニャンコ先生も、まだかまだかと僕たちから頂けるであろう、残り物を強引過ぎず、おとなしすぎず、程よい距離感と見つめる攻撃でそのチャンスを伺っている。


DSC09321.jpg


そして、いよいよ魚料理と、炭火焼チキンが運ばれて来た。


DSC09322.jpg


もう、テンションはMAXと言って間違いないだろう。


DSC09323.jpg

DSC09324.jpg


あまりの僕たちの楽しそうな食事風景に気分を良くしたのか、店のスタッフがスイカをサービスしてくれた。
なんだか、僕のドバイの旅はとても良い旅になっている。
やはり、その国の印象や楽しかった度合いは、その土地で出会う人に大きく左右される。


そういう部分で、ネパールでは田舎に泊まらせて頂き、パパやママにすごく親切にしてもらった。
ドバイではムツミさん夫婦にお世話になり親切にして頂いた。
たくさんの優しい気持ちを受け止め、僕の心は優しさに満ちあふれてたのかもしれない。


普段はスルーしてるであろうニャンコ先生にも、僕はお魚さんとチキンを分け与えた。
なかなか食事にありつけず、胃が小さくなってるのであろう。


程なくして、ニャンコ先生はお腹いっぱいになり、テーブルの下で満腹顔でまったりしていた。
ムツミさんも僕も店のスタッフもニャンコ先生も、それぞれが幸せな時間と満腹感でとても素晴らしい時間で満たされていた。
何より、外で食べる食事は、様々な人の流れや風の流れ、雰囲気を感じる事が出来、最高の空間を作り上げてくれる。


実は、インドもネパールもこんなオシャレな感じで食事出来てなかったから少し憧れていたんだよね…。
いやー、全てが満たされて本当に満足だ!!


DSC09325.jpg


オーナー自らが出て来て、おもてなしをしてくれる。
彼はエジプト出身で名前はアムロというから、僕たちはアムロちゃんと言う事にした。


DSC09326.jpg


とにかく、アムロちゃんは今、この空間に包まれて絶好調なのだ。


DSC09327.jpg


こっそり、後ろからレバノン人の彼が、にっこり笑顔。


DSC09328.jpg


こんな風に遊び心がある仕事場って素敵だな。


DSC09329.jpg


日本でも、こんな感じの職場が増えたらいいのにね。
海外だと、至る所でこんな感じなのに。


DSC09330.jpg


ムツミさんにレバノン料理を頂いた僕は最高の気持ちで帰宅するのであった。




よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。