スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パレスチナ自治区

DSC00448.jpg



イスラエルに来て、宗教の事にすごく考えさせられています。
まだまだ勉強中で理解出来てない事も多く、ブログでみんなに伝えられるほどの知識はありません。
インターネット等で調べたらいろいろな情報が出てきますが、今回、情報とか関係なしに行ってみて感じた事を素直に書いてみたいと思います。
今回、同じ宿の大学生がパレスチナ問題を勉強していて、案内してくれる事になり、パレスチナ自治区のヘブロンに行ってみました。
このパレスチナ自治区のヘブロンはパレスチナの中でも、イスラエルの監視がとても激しい場所と言って良いと思います。



DSC00451.jpg



到着して、すぐにイスラエル兵が銃を構え、走ったりしていて緊張しました。



DSC00452.jpg



なかなか兵隊を直接撮影する事は難しく、後ろから撮影。
間違って撃たれないか心配にもなります。
いきなり集団で走って何かを追いかけているので怖い…。



DSC00454.jpg



ここはパレスチナだとパレスチナ人(アラブ人)が壁に訴えています。
そもそもなぜイスラエルという国でパレスチナ人がここはパレスチナと訴えてるのでしょう…。



DSC00456.jpg



全ての1階の扉は南京錠によって閉ざされています。



DSC00459.jpg



上を覗くと、このような金網があり物が投げ落とされています。



DSC00461.jpg



ヘブロンの中に入るにしてもセキュリティー等があり、ますます緊張します。



DSC00465.jpg



このパレスチナ自治区に入り、最初の道を通ろうとすると誰1人いない…。
まるでゴーストタウンのようで緊張感があり、全く違う空気を感じます。
気味が悪い…。



DSC00466.jpg



建物の1階は全て頑丈な鍵で固定…。



DSC00467.jpg



道を歩いているのはイスラエル兵のみ…。



DSC00469.jpg



そうやら、向こう側にパレスチナ人が住んでるようです…。



DSC00470.jpg



車などでパレスチナ人を通させないように大きな石などで行き止まりを作っていました。



DSC00471.jpg



本当に誰もいない…怖い…。



DSC00472.jpg



ここに住んでいる住人が訴えています。
イスラエル人によるアラルトヘイト(人種隔離政策)だと。



DSC00473.jpg



ヘブロン同盟という、それぞれパレスチナとイスラエルの土地を決めたのも関わらず…



DSC00478.jpg



イスラエル側が同盟を破り、土地を占領してきたと壁に訴えています。



DSC00482.jpg



上からイスラエル兵がパレスチナ人を監視。



DSC00486.jpg

DSC00487.jpg

DSC00490.jpg



誰も人がいなすぎて本当に怖い…。



DSC00491.jpg



もともとはパレスチナ人(アラブ人)の国であったパレスチナ。
そこにイスラエル人(ユダヤ人が)勝手に自分たちの国だと言い始め、ある日突然、全ての家の1階をこのように封鎖し、嫌がらせを始めました。
あくまでも武力行使はせずに。
先ほどの金網も、イスラエル人による嫌がらせで以前はレンガなども投げ込まれていて非常に危険だったらしいです。
そこにイスラエル人が住み込み始め、終いにはこの場所はイスラエルの物だと訴え、世界中から承認をもらい、パレスチナにイスラエルという国を作ってしまいました。



情報が間違ってたらごめんなさい。
まだまだ勉強中で、わずか数日の滞在ではまだまだ理解出来てない部分も多く、情報が誤ってる部分もあるかもしれません。
もし、間違ってたら、ご指摘頂けると僕自身の勉強にも繋がり助かります。



DSC00492.jpg

DSC00493.jpg



途中でパレスチナ人の住居に繋がる道を見つけました。
近づくと、イスラエル兵の目に止まりそうなので、ほどほどに。
先ほどの道も誰もいない道も本当はパレスチナ人の道なのに、通ってはいけないような暗黙の了解があるらしいです。
通るにしても何時間もイスラエル人にチェックされたり、嫌がらせのような事もあるらしいです。
とは、言っても買い物に行くにも、お参りに行くにもあの道を通る必要があるらしく、かなり苦痛を感じているのは間違いないようです。



DSC00496.jpg



パレスチナなのにイスラエルの国境が掲げられています…。



DSC00499.jpg



監視するイスラエル兵と道を歩くパレスチナ人という不思議な光景です。



DSC00500.jpg



上から監視するイスラエル兵。
毎日のように監視される生活というのもいいものではありません。
パレスチナ人による暴動などを防ぐため、24時間態勢で監視にあたり、自治区の中にイスラエル兵が寝泊まりする施設もあります。



DSC00501.jpg



パレスチナ人の民家。
パレスチナの子供がイスラエル兵に何か叫んでました。



DSC00502.jpg



パレスチナ人にとって、大事なマークらしい。



DSC00504.jpg

DSC00505.jpg

DSC00510.jpg



パレスチナ自治区ヘブロン…。
最初にここに来て、いろいろ考えさせられる。
でも、数日の滞在だけでは、パレスチナの歴史を理解するのはあまりにも時間が無さ過ぎる気もする。
少し時間をかけて、いろいろ学んで行こうかなと思う。


よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

スマホ・携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

再出発おめでとうございます!

イスラエルとパレスチナの対立は、大きな構図を理解するといいと思います。下が分かりやすかったです。

http://www.ijournal.org/IsraelTimes/mepeace/plo.htm

かいつまんで言うと・・・1900年頃にまではエルサレムはオスマントルコ領であり、そこは多くのアラブ人と少数のキリストユダヤ教徒が住んでいました。イギリスはオスマントルコとの第一次世界大戦においてアラブ人に蜂起して加勢してもらう代わりに彼らの独立を支援する約束をしました(フサインマクマホン協定)。他方で資金も調達しなければならないのでユダヤ人のシオニスト運動をも支持しました(バルフォア宣言)。ユダヤ教もイスラム教もエルサレムを聖地としているのでそれぞれの民族がこの地の領有権を主張し手に負えなくなりました。そこでイギリスは、国連に問題を移譲することにしました。国連は、第二次世界大戦後この地をアラブ人とユダヤ人に分割しました。しかし双方が不満を持ち小競り合いからの戦争に発展し、アラブ人を支持するアラブ諸国(ヨルダン、エジプトなど)とユダヤ人(イスラエル)を支持する米英仏等も巻き込んでの中東戦争に発展し、現在まで決着は付いていません。

日本では言いにくいことが外国では言えたり、その逆もあったりします。その地域の王様を崇めるべし、と言われたこともあるし、日本の天皇を倒せ、と言われたこともあります。当地では余計なことを口にせず、トラブルを避けるのが懸命な選択となります。国同士の近親憎悪は至る地域にみられます。

Re: No title

lonelyさん


お久しぶりです^ー^
無事に再出発出来、これからも楽しくブログ読んでもらえそうで嬉しいです。
様々な宗教があり、少々ごちゃごちゃになってました。
ここにキリストなどの歴史もあり、複雑ですね。
ユダヤにアラブにキリストと。
しっかり、まとめてブログに書けたらいいのですが難しく考えるほど難しくなるばかりです。
情報いただきありがとうございます^ー^

もともとパレスチナという国があったわけではありません。
パレスチナとは土地の名前であって、国家のではないのです。

そこのところは間違って伝わりやすいので訂正してください。


ちょっとイスラエルに行ったくらいで
イスラエルにもパレスチナにも関係のないあなたが
間違った知識を日本人に向けて発信していることに腹が立ちます。

無知なあなたにはパレスチナ人だけが被害者でかわいそうに思えるのでしょうが
現実はもっと複雑ですよ。


Re: タイトルなし

ブログでみんなに伝えられる程の知識はないと言う事は前置きしてますし、僕は実際に行って感じた事と写真で伝えられたらと思ってブログにしてます。
あなたが、パレスチナに対してどういう思い入れがあるのかは分かりませんし、知識が無いので、どこが間違ってるのかは分かりませんが、腹立たせてしまったのであるなら、すいません。
実際に複雑なのは今、よりニュースになっていて感じますが、ガザなどの危険地域に足を運んだ訳ではないので、メディアで流れている事以外は分かりません。

No title

パレスチナ人が可哀想だけど、歴史が複雑だからどうだと言う意見こそ大きな誤りだと思います。

昔日本が戦争をしたと言う事実も色々なことを考えるとアメリカ、イギリスなどの世界の覇権を握っていた国の経済封鎖が原因という側面もあるのです
それにしても戦争をして良かった教科書に載せるのは一部の野蛮な国くらいです
ユダヤ人が歴史的に祖国無き民として迫害されていたからと言ってパレスチナの人々を差別していいはずがない、それを正当化するならアウシュビッツで人体実験で仲間が毎日殺されたり、看守の気まぐれで殺されていた日々が楽しかったですとでも言ってからだと思いますよ

上に人の言うことは日本における竹島のようなものです、自分の負の歴史をひけらかして意味不明な理論を正当化しているとしか思えない

…旅行記?を見ていて良い旅をしたんだなぁ〜と閲覧した後に酷いコメントがあったので荒ぶりました、すいませんorz
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。