スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッパドキアで宿見つからず…野宿…。

DSC02825.jpg


アンカラからカッパドキアまで40リラ(2000円)。
ラマダン明けで若干高い…。
どうやら4時間ほどで行けるようです。


DSC02826.jpg


行く途中に塩湖を発見。
観光地なのかな…?湖に出来た塩の上を歩いていました。
昼間は暑過ぎて歩く気力も起きないので、行かずにスルー。


DSC02827.jpg


よーく見ると、看板にSalt Lakeと書いているので間違いなく塩の湖なのでしょう。
それにしても広過ぎて、ずっと塩湖は続いていました。
無事にカッパドキアに到着したのは予定より1時間以上遅れた夜20時過ぎ。
宿探しをするものも、なかなか見つかりません。
ラマダン明けという事もあり、観光地は特に人が集まっている訳です。
その結果、こういう事になりました。


DSC02830.jpg


あえて中心エリアから離れた宿に行ったものの満室…。
でも親切に、いろんな宿に空室があるか確認してくれました…が、見つからず…。
最終的には庭を貸してくれる事になりました。
テント泊と言いますか、野宿ですね。
余裕でスカスカなので虫も入って来る訳です。


DSC02831.jpg


とは思っていたものの、寝てみると意外にすんなり寝れて朝になっていました。
なんだか目がかゆい…。
目の前にはニャンコちゃんが寝ているではありませんか…。
いつも猫の写真をブログにアップしている僕なのですが、実は猫アレルギーを持ってるのです…。笑
なので、見る分にはいいのだけど、触ると目がかゆくなるので、朝からかゆくてかゆくて仕方ない…。
荷物も取られておらず、無事に朝を迎える事が出来ました。


DSC02832.jpg

DSC02833.jpg

DSC02834.jpg

DSC02835.jpg


新たな宿探しを終えてなんとか決まりました。
2人で1泊60リラ(3000円)。
パラダイスホテル。
早速、チェックインすると朝食を食べて良いとの事で頂きます。


DSC02836.jpg


ホテルの周りも、カッパドキア名物の岩に覆われてます。


DSC02837.jpg


チェックインしてすぐに、その日は頂けないはずの朝食を頂けるという気遣いにもトルコ人の優しさを感じさせられます。


DSC02838.jpg


カッパドキアは完璧なまでに観光地化されていて、至る所にお土産屋さんとレストランが隣接してます。
なんだか、エジプトのダハブを思い出させるような街並み。


DSC02839.jpg


お昼は暑過ぎて行動する気にならないので、夕方まで休んでから散歩してみる事にしました。
どうやらカッパドキアのある国立公園は数十kmに及ぶエリアなので、歩いて全部回るのはとてもじゃないけど出来ないのでレンタカーやバイクを借りてみんな観光してます。
今日は歩ける範囲で。


DSC02840.jpg

DSC02841.jpg


歩いていくと至る所に広がる岩山。


DSC02842.jpg


結婚の記念撮影もしていました。


DSC02843.jpg


木に何かをぶら下げている。


DSC02844.jpg


トルコの至る所で見かけるようになる、お守りの意味らしい。


DSC02845.jpg


宇宙人なんかも発見しました。


DSC02846.jpg


ここで日本語の出来る韓国人に声をかけられて一緒に行動する事に。


DSC02847.jpg

DSC02848.jpg


周りを見渡しても全部、岩山であります。
なんで、こんなにいっぱいあるんだろー、すげー。


DSC02849.jpg


お盆休みという事もあってか、日本の旅行会社も至る所で見かけます。


DSC02850.jpg


どんどん坂道を登っていきましょう。


DSC02851.jpg


上から見渡すと、こりゃまたスゴい!!
左手に何か見えるぞ!!


DSC02852.jpg


なんじゃ、ありゃ?
何かの巣みたい。
一瞬、ハンターハンターの蟻の巣を思い浮かべる。
ハンターハンターが連載休止し過ぎる事に悔やむ僕。


DSC02853.jpg

DSC02854.jpg


なんだか、とても景色がいいですね、道があるのでどんどん奥に進んでいってみましょう。


DSC02855.jpg


近くから見るとさらに立体的だ。


DSC02856.jpg

DSC02857.jpg

DSC02858.jpg

DSC02859.jpg


おっさんですら、かっこ良く映ってしまうのだから、素晴らしい景色だ。


DSC02860.jpg


雲の景色もきれいだ。


DSC02861.jpg

DSC02862.jpg

DSC02863.jpg

DSC02864.jpg

DSC02865.jpg

DSC02866.jpg

DSC02867.jpg

DSC02868.jpg

DSC02869.jpg

DSC02870.jpg


そんなこんなで観光終了。
最後にfacebook交換したら、まさかの共通の友人が1人。
誰かと見てみると出発前に情報交換会&交流会を開いた時に知り合ったなおちゃんではないですかい。
なおちゃんは東周り。
こちらの彼女も東周りでメキシコで会ったらしい。
旅人同士、どこかで繋がってるんだな〜。
メキシコでなおちゃんと会った彼女が、トルコで僕と会うというね。
偶然。


DSC02871.jpg

DSC02872.jpg

DSC02873.jpg


夕飯はひろこちゃんの友達つながりで、れみちゃん、あさみちゃん、くまちゃんと連絡取り合って夕飯食べたよ〜。
くまちゃんのブログ→こちら





よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング

時間あったらのぞいて見てね。
↓↓↓
ふみさんの世界一周facebookページ


トマト祭りも近づいて来て少し、inポイントをあげておきたいとこです、よかったらよろしくです^ー^
という事で今週1週間はブログランキング強化月間と名付ける。笑
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

青い目のお守り

ナザールボンジュー(ナザール邪視 ボンジュク目玉のお守り)です。
イランではチェシュメハサド(恨みの目)というそうです。

かわいい赤ちゃんや金持ちハンサムガイ等「羨ましい対象」に向けられる嫉妬や悪意の眼差しから身を守るお守りだそうです。
強烈な目ににらまれると割れるらしいす。おそろしす!

No title

ねこずきのねこアレルギー゚(゚´Д`゚)゚

Re: 青い目のお守り

トゥカンさん

どうして、そんなに詳しいんですか!?
萌氏と2人で、どうして世界中の情報に関して詳しいんだろうと尊敬の意を持ってるところです!!

Re: No title

もこもこ

そーなのだ。
なので撮影専門係。
ところで体調大丈夫?
萌氏から軽く話は聞いたけど。
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。