スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登頂失敗…

深夜1時。
いよいよベースキャンプから山頂に向けての登頂開始。
押しつぶされそうな不安な気持ちを振り払うように気合いを入れて準備を進める。
外に出てみると、上空に近いという事もあり、いつも見る星より大きく輝いて見える。


綺麗だな…。


外は標高が高いという事もあり、とてつもなく寒いのでしっかり準備して行かなくてはならない。
手袋や、マフラー、上着に下着。
しっかりと着込んで準備を進める。
雪山をひたすら登って行くので、しっかり靴底にはザックをはめ込み、ヘルメットにはヘッドライトもしっかりはめ込む。


さて、いよいよ出発。
オーストラリア人2人にガイド1人。
フランス人2人にガイド1人。
僕1人にガイド1人という組み合わせで開始する。


全く前が見えない真っ暗闇。
ヘッドライトを頼りに進み始める。
順調だ。
腰が思った以上に悪くないし、高山病も若干回復出来ている。


順調に、ひたすら雪道を進んで行く。


はぁ~、はぁ~…。
はく息はもちろん、真っ白の中、どこまで進むのか分からない道を永遠に進んで行く。
話に寄ると、5時間程で到着するようだ。
5100mの世界から6100mの世界へわずか5時間で一気に上がってしまう訳だ。
高山病が心配なのと、全然、想像がつかない世界が待っているだけにさらなる不安の心がつきまとう。
前日に見た、体のコントロールが効かなくなった人を目の前で見てるだけに、自分が同じようになったらと考えると、とても怖いものだ…。


徐々に高度を上げて行くに連れて、細い道になったり、傾斜が急になってくる。
高地という事もあり、想像以上にすぐに息切れを起こしてしまうし、傾斜が急になればなるほど、腰に痛みが走り徐々にスピードに遅れをとり始める。


自分のペースで進もう。
無理してもダメだし、周りに流されずに…。
欧米人はガタイも良いし、同じように考えちゃダメだ。


徐々に進んで行くと、やがてラパスの夜景が見えてきた。
キラキラと輝いている。
なんて綺麗なんだろう…。
カメラで撮りたいとこだけど、なぜか寒過ぎるせいか古いせいか分からないけど、カメラのシャッターが開かなくなった為、肝心なところで写真を撮る事が出来ないという悲しい現象が起きている。


1時間、2時間と進んで行く。
まだまだ先は長い。
山に登りながら、いろんな感情がこみあげてくる。
気持ちの面で弱かった頃の昔の自分。
そして今の不安な気持ちなどをその時の感情と重ねるように。


どうやったら人は気持ちの面で強くなれるんだろうね。
本当に不安な気持ちや緊張がMAXに達した時にそれを乗り越えようとする気持ち乗り越える力。
何度も窮地に立たされる経験をする事で強くなれるのかな。
スポーツの世界でもそうだけど、どんなに技術があってもメンタルが弱い人は上に上がれない。
そういうシビアな世界で勝ち抜いている人達が本当のプロのスポーツ選手なんだろうな。


まだまだ自分には弱さがあると、追い込まれて改めて気づかされる。
少しずつ、いろんな経験をして、さらに強くなっていかなくちゃね…。


5500m時点を過ぎ、さらに急な坂が自分自身に立ち向かう。
いままで歩き続けてきたペースも徐々にスピードが落ち始め、少しずつ休憩を取り始めている自分がいた。
歩き続けてる事で体内から汗が放出され熱気を帯びていた体内も、ペースが落ち休憩を増やす事で、体温が序徐々に下がり始めている事を感じた…。


ヤバいな…。
少しスピードあげて行かないと本当にヤバい…。
5600mという想像がつかない世界は予想以上に寒く、凍てついている…。


5700mに達した時だったか…。
完全に体温が外気に吸い取られ、手が一気に冷え込む…。
ヤバい…。
自分が耐えれるレベル以上に手が凍てつき、コントロールがつかなくなってる…。


手を動かそうとするが、想像以上に手が、かじかんでしまい、コントロール出来ない…。
冷たさで痛みが生じ始めてる…。


ヤバい…。


今まで体感した事無い痛さと寒さに、テンパり始める…。
いや、完全にテンパっていてパニック状態に陥る…。
ガイドはまだ僕の手の状態を完璧には把握しきれて無く、どうしたんだとこっちに近づき始める…。


急いで予備の手袋をバックパックから取り出し、はめようとするが全くコントロール効かずに、さらにパニックに陥る…。
ヤバい…本当に手がヤバい状態になってる…。
もしかしたらすでに凍傷を起こしてるかもしれないが…感覚が分からずに、全く状態が分からない…。


ガイドに急いで手袋をはめてもらい、ポケットの中で暖める。
その時点で自分の中で覚悟は出来ていた…。


これ以上、上に行く事は出来ない…。
目の前には大きな山が立ちふさがる。
さらなる傾斜が待っていて、これ以上先に進むにはザックが必要になるし、もちろん両手を使わなくてはならないエリアも出てくる…。


ガイドがこれ以上進む事が出来ない事を僕に告げる。
覚悟していたから、すぐに受け入れる事にした。
それを聞いて、もしかしたら、心の中でこれ以上、キツい事をしなくて良いという安堵感が1番最初に出てたのかもしれない…。
やはり気持ちの面で負けていた…。
高山病、腰痛、不安…いろんなマイナス要素に打ち勝つ事が出来なかった…。
それどころか、安堵という弱い気持ちが出てしまってる…。


帰りは坂道という事もあり、登りの3倍近い早さで下山して行く。
一生懸命登った坂道を、簡単に下山して行く自分自身がなんだか虚しくなってきた…。
自分自身の心に負けてしまった…。
悔しさが急に込み上げてきて、あたり真っ白の雪山で大泣きした。


本当に限界だったのか…。
まだやれたんじゃないか…。
いろんな悔しい気持ちが込み上げてくる一方で、もし手が完全に壊死してしまったら将来的にどうなってたんだろうかと、いろいろと考え込んでしまう。
手が使えなくなったら…、帰国しても仕事ができなくなる…。
改めて手が自由に使える事の有り難みを感じた。


ポケットの中で暖めてたおかげか、若干のしびれはあるものの、右手に関しては問題無さそうだ。
左手はいまいち感覚が戻らない。
とりあえずベースキャンプに戻ってから確認しなくては。


帰り道は、手をポケットの中で暖める事を優先して、手持ちザックを使わずに進んで行く。
別の山々を見渡しながら徐々に下山して行く。
また、行きと同じようにラパスの夜景を眺めながら…。
早くラパスに戻ってゆっくり暖まりたいな…。


行きと同じようにやがて細い道に差し掛かり慎重に進み続ける。


その時だった…。


順調に歩きながら交互に交差してた僕の両足…。


その片足の靴底にしてた金属のザックが、もう片足の靴底にしてあるザックに引っかかってしまった…。


一瞬、ヤバいと反応したが時既に遅し…。


一気にバランスを崩して雪山から落ちてしまう…。


ヤバい…。


そう思った一瞬の事だった…。


ガイドがとっさに反応し、お互いのお腹に巻いていた命綱を一気に引っ張る。


それと同時に命綱は一気にピンと張り、僕はその命綱に助けられた…。


ドキドキ…。


本気で危なかった…。


もし、そのまま落ちてたら骨折は免れなかっただろうか…もしくは勢い余って大きな石に体をぶつけるものなら、本当にヤバい事になってたんじゃないだろうか…。
いろんな状況を想定すると、改めて山の恐怖を実感する事になる。


その後は慎重に進み続け、行きの2~3倍近い早さでベースキャンプに戻ってきた。
ベースキャンプの中は外の冷気で冷えきっていた。
しばらく、今日起きた出来事に呆然と考え込みながら、座り込んでいた。
相変わらず、寒い…。


悔しさと安堵感が残る中、寝袋の中にくるみ、他のメンバーが帰って来るのを寝ながら待つ。
やがて、オーストラリア人の2人組が戻ってきた。
どうやら話を聞くと6000m付近で天候上それ以上、上に登れないとガイドが判断して下山してきたようだ。
でも、スゴいな…。
6000mまで登れたのか…。


改めて身体能力の高さを痛感した。
日本人の方も登られた方がいるみたいで、前日登った方から話を聞いたが、やはりリベンジだったりで最初に失敗して2度目で成功したらしく、そういう方も多いようだ。
ベースキャンプの中にもリベンジ成功!!などが書かれてあったりする。
でも、登りきれたのはスゴいな…。


朝になり、フランス人の2人組も戻ってきたのでみんなで下山を開始する。
手は若干のしびれがしばらく続いたものの、問題は無さそうだ。


その後、車でラパス市内に戻り、3日ぶりにシャワーを浴びた。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村
「世界一周」を1クリックして頂けるとブログの順位が上がる仕組みです。
時間があれば1クリックよろしくお願いします。
見て頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とある掲示板で話題になっていたので拝見しました。
その感想・意見を言わせてください。

訪れる全ての人が見る事のできる、ブログとしてやっている以上、応援・批判・擁護・罵声などを全て受け入れ・流せる力量が必要ではないでしょうか。
先日あなたがやられたIPを載せる行為だったりは、正直、ブログをする資格に欠けると思います。

ブログとして発信し、コメント欄を入れている以上、見る人がどんなコメントしようと自由なんです。
勿論、自分の意図しない嫌な気分になるコメントもあると思いますが、削除や無視等十分対処する事が出来ます。
自分の嫌なコメントには子供のように反抗したりと、大人な対応で割り切ることが出来ないのであれば、facebookやtwitter等で身内にだけ発信するべきではないでしょうか。

尚、批判のコメントのIPを晒し上げるというのは、おかしな話です。
IPはスパム等を拒否する為に分かるようになっているだけで、記載は利用規約にも十分抵触し、法的にも非常にグレーな内容になってきます。
IPを載せるなどの、了承を得る文章をブログ内に載せられていますか?
そもそも、「コメントされた方のIPを記載します」などと書けば誰もコメントしなくなると思いますが。

No title

うむむ、ちょっと迷走しすぎじゃないですか?
スペイン語、ブログ休止、ワイナポトシ、全てが中途半端に終わってますよね。

お昼の1時間だけブログをすると仰ってますが、語学学校に行ってるなら休み時間にクラスメイトとおしゃべりもできますよね?それを、パソコンに向かって日本語でブログの更新をすることが今あなたが本当にしなければいけない事ですか?もったいないなと思ってコメントしました。批判と捉えてもらってもかまいませんが少し自分を見つめ直してほしいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。
ワイナポトシ登頂断念は残念でしたが、貴重な体験をされましたね。
今後の方向性を探りたい時、非日常の何かに挑戦する事で視界がクリアになることもあると思います。ましてや大きな旅の最中ですから時に様々な事象を体験して考え方や気持ちの在り方、方向性がぐるぐる変化するのは必然な事と私は思います。
時に外からの声に耳を傾けることも大事かもしれませんが後悔のないよう自分自身、納得できるように動くのが一番です。これからもふみさんの旅が充実しますよう、応援しています。

No title

僕は逆に途中で諦められず頑なになってしまうタイプの人間なので、かえって途中でも割り切れることに強さを感じます。
登頂失敗は残念ですが、貴重な経験でしたね!


No title

山に登るのも、スペイン語習うのもIP晒すのもあんたの勝手だけど
事件や事故に巻き込まれて、誰かに迷惑かけた挙句、ニュースになるのだけは避けた方いいのでは?
冬彦さんメジャーデビューは見たくありません><

No title

日本に帰国したら「旅はち」とかのイベントに出るんですか?
旅はち関係で組織票とかあるんですか?
これからも応援してます

出た!

3連投おつw

曲がった事が嫌いなら、自分で宣言した
事くらいは実行しようやw

ほんと、続けようが休止しようが構わない
んだよ。それを屁理屈付けて宣言した上で
逆の事やるから叩かれるのさセニョール!

トゥカンさんの親身なアドバイスもスルー
してるし、冬彦!母さんは悲しいわよ

Re: No title

おっさんさん

これからは気をつけますね。

Re: No title

Sさん

全然、批判だなんて感じてませんよ!
むしろ僕の事を思っての言葉として受け止めてるところです。
ありがとうございます。

Re: それはそれで良いのです

通りすがりさん

すごく心に響く言葉でした。
そういう風に思って頂けてる人がいるという事をしっかり受け止めておきます。
本当にありがとうございます。
僕も通りすがりさんと思ってる事は全く、いや全てと言って良いくらい同じなので気にしてません^^
それより今は、スペイン語が少しずつ成長してる事に嬉しさを噛み締めてる毎日です。

Re: No title

孝行者さん

この時期は特に先の目標が決まらず、いろいろ心の中で迷いが出てました。
そういう時にこの挑戦は気が引き締まるのもでした。
受け止めるべき言葉はしっかり受け止めてますし、必要性を感じなければ流してます。
これからも、1日の1つの楽しみとしてブログを楽しんで頂けたら嬉しいです。

Re: No title

じゃきーちゃんさん

いつもコメントありがとうございます。
じゃっきーちぇんさんの毎日のコメントが僕の励みにもなってるんで、これからも時間がある時はブログ見て頂けると嬉しいです。

Re: No title

えりこんぐさん

そうですね、常に事故などは起きないように注意は払いながら行動してます。
心配して頂き、ありがとうございます。

Re: No title

とくめいさん

応援して頂きありがとうございます。
いろいろな考え方があるとは思うのですが、僕個人は旅とお金を繋げたくないと考えてます。
なので、入場料等が発生するイベント等は出る予定はないです。
帰ったら、のんびり過ごしたいなと考えてます。
が、仲良くなった旅仲間同士で飲み会や九州出身のブロガーさん達と普通の飲み会をしてみたいなと旅仲間と話してるとこです。
組織票とかは分からないです。

Re: 出た!

ほっぴーさん

すんませんが、今まで会った事の無いキャラで絡みづらいです…。
どう対応したら良いか分かりません。
ごめんなさい。

ほっぴーさーん!

はじめまして。
ふみさんは、自分のコメントを聞き流してるわけではないのです。隠しコメントで「あなたは反論すればするだけ、ボロが出るタイプなんだから、私のコメントには返事不要ですよ。」と書いたのです。

ほっぴーさんが「冬彦さんの母」ということは「桂田悦子(野際陽子さん)」ですね!!

冬彦さんの元ネタは『ずっとあなたが好きだった』1992年7月3日から9月25日までTBS系列において、金曜ドラマ枠(22:00 - 22:54、JST)で放送された日本のテレビドラマ。主演は賀来千香子さん。ですね。

ちなみに冬彦が「んん~」と唸るシーンが登場するのは第4話・第8話・第9話だけだそうです。11話で木馬に乗っていた冬彦は、おぞましさの余りに身震いして「あああ!」とは叫んだものの、唇を歪めたり唸り声を発したりは一切していない。だそうです。

登頂失敗は、やはり
残念だとは思いますが、
ふみさんのなかで
何かが変わったのなら
すごく良い経験だったな!と^^

とりあえず、
お身体は大切に><

トゥカンさーん!

どうも、はじめまして!

いえ、僕も記事ごと削除ってアドバイスに
賛同だったのですが、冬彦さん頑なに
聞かねーなと思ってw

トゥカンさんは色々と詳しいですね!

Re: ほっぴーさーん!

トゥカンさん

トゥカンさんは何をとっても知識が豊富過ぎです。
旅に関しても。
元旅人さんだったのかな、テレビに関しても知識が豊富で、すごいなと関心してる今日この頃です。

Re: タイトルなし

ありささん

お気遣いありがとう。
変わったものは何も無いけど、気づかされたものは多いかな。
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。