スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前に進み続けるしか無い

翌日、朝目覚め、門の上に登る為、準備をしようとする。
が、若干、体が重い…。
少し疲労が溜まってるみたい。
近くのカフェでフラペチーノを飲みながらwifiを繋げようと思い、ゆっくりする事にした。

DSC06810.jpg

が、wifiが遅過ぎて繋がらないと言っても過言ではない…。
日本から連絡が入っていて、どうしても至急で連絡を取りたいけど、取れずにモヤモヤし始める。
ラオスはシェークが50円で飲める中、わざわざwifiを繋ぎたいが為に4倍の200円もするフラペチーノ頼んだのに全くもって意味が無い…。

仕方なく、昨晩、日本食を食べたお店の近くに行き、wifiパクって、連絡を取る事が出来た。
気持ち的にも観光気分じゃなく、荷物をまとめて、ビエンチャンからタイの国境付近に行けるバス乗り場に向かった。
が、行く途中に何度か足が吊り始める…。

DSC06811.jpg

1時間ほど、このバス停で待つ事になる。
周りでは普通に葉っぱを作って吸ってるフランス人がいたりもした。
普通過ぎて、若干怖いなとも感じた。

バスが進み始めると、まずはラオスのイミグレーションに到着し、そこでスタンプを押してもらう。

DSC06812.jpg

DSC06813.jpg

スタンプを押して、外に出ようとするが、なぜかゲートが存在し、100円のカードを買ってこなければ、通る事が出来ないと言われる。
僕は意味不明なまま、途中、さきほどのフランス人に尋ねたり、ついていきながら従い言われた通りに購入してゲートをくぐる。

DSC06814.jpg

その後、もう1度バスに乗り込み、ラオスとタイの友好橋をくぐる事になる。

くぐり終えると、今度はタイの入国イミグレーションに到着する。
普通にバスから降り、進んでいると、さきほどのフランス人が焦った様子で僕のところにやってきた。


君の荷物、道路に置かれっぱなしになってるよと。
そういえば、どこの国も入国の際は、荷物検査がある。
マレーシアでもシンガポールでもあった。
無かったのはラオスくらいかな。
急いで道ばたに置かれた荷物を抱え、タイのARIVALLカードに必要事項を記入してイミグレーションをくぐった。

DSC06815.jpg

バスはここまでで、駅に行くにもバスステーションに行くにも歩くか待ち構えているソンテオに乗らなければ進む事が出来ない。
足が軽く、つってて体力に自信が無かった僕は30B払って、最寄り駅のノーンカーイ駅に行った。
ノーンカーイ駅からバンコクまで直接、電車で12時間ほどで行けるので、チケットを購入。

DSC06817.jpg

寝台車の2等席が欲しかったけど、空いてたのはファーストクラスか3等席のみ。
ちなみに、ファーストクラス 1250B(4000円くらい)
3等席 250B(800円くらい)
迷わず3等席を購入。
地球の歩き方で料金を確認したりしながら、購入する事に成功。
3等席は狭い座席の席ね。


で、荷物をかついで休憩しようとするが途中で、地球の歩き方を開いてチケット売り場の窓口に置き忘れた事に気付いた僕は、すぐに引き返して、取りに戻るも、そこには3ヶ月近く一緒に旅を続けてきた地球の歩き方 東南アジア編は無くなっていた…。
多分、パクられた…。笑


その後、食事を摂るため近くのお店でチャーハンを食べる。

DSC06819.jpg

まだ出発まで4時間もある。
どうやって時間潰そうかな…。
とりあえず、この辺に座っておこう。

DSC06820.jpg

もちろん、荷物パクられたらいけないもんね。
寝ている隙にとか。
だから、防犯グッズもしっかり用意。

DSC06821.jpg

南京錠と一緒に体の一部にも繋げるし、全ての荷物が繋がるようにしてるから若干安心。

DSC06822.jpg

昼の14時過ぎ。
それにしても暑さがハンパじゃない。
出発時刻までの18時までは、あまりにも果てしなく長く感じる。

あれ…?
ちょっと、ヤバいかも…。。。
疲労と緊張もピークに達してるのかな…。
そういえば、前日、1人で部屋にいたけど、誰か入ってこないか心配で深く睡眠取れて無かった事もあり、疲労もたまってるもんな。
足もつりかけてるし…若干、けいれん気味…。
なにより、気温が暑過ぎて、体温のコントロールが出来ない…。

DSC06823.jpg

かなり、キツいな…

DSC06824.jpg

ちょいと、あかんかも…

座ってるのもいっぱい、いっぱいだ…。
僕は周りの目を気にせず、駅構内の道で体を横にする事にした。

DSC06826.jpg

僕の寝床。
そして僕の枕代わりの靴。

DSC06828.jpg


道行く人は道ばたで横になっている僕を廃人のような、乞食のような視線で僕の顔をこっそりのぞいてくるが、僕と視線が合うとすぐに視線をそらす。
でも、僕自身、周りにどう思われようとどうでも良かった。
あくまで再優先順位は、他人にどう思われるかではなく、体力を確実に回復させる事だった。
この景色とともに、僕はいろいろな想いが脳裏をかすめる。

DSC06825.jpg

まだ、今ならファーストクラスに席が変更出来る。
今の状況だと3等席だと体力的にもたない…。
ただ、値段差が5倍はキツいな…

日本円で3500円くらいの差だけど…
タイだと、2〜3日の生活費に充てられるもんな…。

それに今は一人旅…。
ここで体が動かなくなったとこで助けがある訳でなく、自分で何とかしなくちゃ行けない…。
だからこそ、僕の体が動かなくなった時点で…気持ちが折れた時点で…前に進む気力がなくなった時点で終わりを意味する。
だからこそ、体が前に進めなくなっても、気持ちだけは絶対に前に進み続けなけれな行けないんだって…。


そんな事を考えつつも、灼熱の暑さに体温調節が効かなくなってる体を無理やり水分を流し込む事で調節しようとする。

DSC06829.jpg

もう2本目がカラカラになってしまった。
足は痙攣を起こし始めてる。
ん…あかんな。


とにかく今は冷たい水分ときちんとした食事を心がけて、もう1度お店に行く事にする。
お金を出そうとすると、なぜか行った事の無いフィリピンのお金が入っていた。
なぜ入ってるのか意味不明…。

DSC06831.jpg


今日のおまけ写真。
題名、弱肉強食。

DSC06833.jpg

僕も心折れて、ダメになったら、こんなふうになる…。
前に進み続けなくちゃ。



よかったら、トマトの世界一周押してね。
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯からはこちらから。
↓↓↓
世界一周ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

歩き方パクるなやぁ

 ^^○¨

 体と心のバランス。○

体がしんどくてもキツくても、心だけは前を! と思って、ある程度まではそれでいけるんだけど、

やっぱりどっちもあっての いま ここ じぶん なんよね○¨

 
 ふみやくんの体、だいじょうぶ? 

 体がSOS出してるときは、ムリしないで体の声、聴いてね

悔しさもあるかもだけど、やっぱりどっちもたいせつだしね^^○¨


 ふみやくんのペースで顔晴ってね^^○¨

 日本から応援していまーす‥*¨


 ああ Fried Riceが恋しいや。 ´∇`

No title

ふみさん、大丈夫っすか?
更新も少ないと不安になります。
とにかく無理しないように、元気でいてください。

No title

いつもブログ見させていただいてます!


同い年なので色々みてて共感できることがたくさんあって
色々考えさせられます!


大変なことこれからも沢山あるかと思いますが
ひそかに応援してます!

Re: No title

MOISEIさん

まさかまさかですよ 笑
全く警戒してないのがやられるとは 笑

Re:  ^^○¨

とっとちゃん

しばらく動くのやめました^-^
東南アジアの旅もかなりハードだったので、インド行く前にしっかり体を休めてから行こうと思う!
毎日、チャーハン生活 笑

Re: No title

マロさん

大丈夫ですよ^-^
この前、シンガポールだったのに、もうヨーロッパ行かれたんですね!
でも、あまり旅人が行かない中東エリアを回ってるのはスゴいですね〜^-^

Re: No title

たかしさん

コメントありがとうです!
こんな僕のブログをいつも見てくれてて嬉しい限りです!
もうすぐ旅が始まるんですね!
同じく西回り!
お互い頑張りましょう^-^
プロフィール

ふみ

Author:ふみ
2012,12,31に世界一周に挑戦、大分出身福岡市住み1987,1生。☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻
ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑↑↑の世界一周のトマトを押して頂けると順位が上がっていくので1日1回押してもらえると嬉しいです。
☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻☻

アクセス数
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

つながり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。